死ぬ前に後悔する5つの質問!後悔せずに自分らしい生き方をするには?

後悔しない生き方の記事のアイキャッチ-2

「もっとあの時…こうしておけばよかった」

あなたも一度は口にしたことのある言葉なんじゃないでしょうか?

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、後悔の少ない人生にしようと奮闘中のデザインブロガーPEITAです。(自分らしく生きるためのアウトプット記事はコチラ

そこで今回は、あなたが人生を後悔しないように生きるために、”自分らしさ(本当の気持ち)を我慢すること=自分を尊重せずに周りに合わせたり、周りの空気を読みながら生きてしまうと、人生の後悔につながってしまう”ということについて、誰しもが死ぬ直前に後悔してしまう5つのことを用いながら僕の経験を基に解説致します。

わがままではなく自分に正直に

my-self-image

周りに振り回されるな

僕は普段、よく人から髪型や身だしなみのことで「なぜ、もっと身だしなみを整えないの?」「いつまでチャラチャラしているの?」なんて言われたり、行動に対しても「なぜ、周りの空気を読んで行動ができないの?」なんて言われたりすることがあります。

もちろん褒められてる感覚は全くありませんので、非常に不愉快です。自分の意図した髪型や自分の理にかなった行動(本能)や自分の意思について、周りの人と同じようにしてない=合わせることができないと言うだけで、人から非難されているようで、なんだか気分が悪いです。

それは”非難されてる”というより、”否定されている”という言葉の方がうまくハマるのかもしれません。

そんな風に人から自分の意思を否定された経験、あなたにもありませんか?

でも、そんな風に誰かに自分の人生を否定されるということは、自分の人生に後悔の少ない生き方をしているということであり、自分らしく生きている証拠だから自信を持っていいんです。

関連記事:社会人35歳過ぎても,好きな髪型さえ貫けないゴミで終わるのか?!髪型は自分らしさを持って良い。

自分の意思で生きるために

他人から否定されたり非難されたりしたとしても、大なり小なり、自分の人生は自分で決めていく=自分のやりたいことや好きなことをやり通す(突き通す)こと人生を後悔しないように生きるためには絶対に絶対に大切です。

単なるわがままとしてではなく、自分の意思で生きるということです。

それはつまり、自分に正直になることです。

自分が本当にやりたいこと

それにはたくさんお金がかかるから無理だとか、歳だから無理だとか、時間がないから無理だと、周りに否定派が多いから無理だとか、挑戦する前から勝手に諦めてしまうと、それだけ後悔してしまうことに繋がっていきます。

夢を叶えるためにお金が必要ならどうやってお金(資金)を稼ぐか?歳だから無理だと言う前に、歳でも挑戦した人生にするにはどうすればいいのか?時間がないと言うなら、その夢を達成するためにどれくらいの時間が必要なのか?否定した相手のことをそのまま鵜呑みにしてしまっていないか?など。

長期的に考えるのではなく、一つひとつ目の前のことをクリアしていく人生にすること。

自分の気持ちに正直に向き合い、それを行動に移すことで、後悔の少ない人生になります。

常識の枠の外にあるのが個性だ

my-self-image

人に合わせることが正義ではない

「なぜ、もっと身だしなみを整えないの?」

「なぜ、周りの空気を読んで行動ができないの?」

そんな風に言われたり思われたりする度に、僕はいつも疑問に思うことがあります。

自分らしさを出すと悪で、なぜ周りに合わせることが正義なのか?

もちろん僕には秩序があるし、反社会的な行動をしたいとも一切思わないし、絶対に戦争反対派であり、コンプライアンスも理解はしています。つまり、非人道的なことは人間として生きる限りはみ出す気はさらさらない。でもその上で、好きなファッション(髪型など)で毎日を楽しく生きたいし、自分が面白いと思うことや楽しいと思うことを率先してやって、毎日を楽しく生きていきたいと思っています。

しかし、よく人は周りに合わせることの方が正義だと言う。

全くもって理解できない。

逆にそういう人には、

「あなたは自分の人生の終わり方を意識しているのか?」

「あなたはそれで良い人生と自信を持てるのか?」

と逆に問い正してやりたいと思うほどです。

常識の外にある個性こそが、自分らしく生きるための答えだと僕は考えています。

関連記事:自分らしく生きるとは?常識や世間体,他人の目を気にしない生き方。

同じ服に同じ髪型で同じ行動をすることの何が楽しいのか

あなたは、周りにいる人と同じ人生を生きていくことになんの不満もありませんか?

そう聞くと、人は決まってこう言います。

「不満はあるけれど、社会のルールに沿って生きることが常識。常識ある行動をとれない方が問題だ。」

つまり「人間として生きている以上、常識を持て」と。

社会が右を向いたら、自分は左を向きたいのだけれど、そこを我慢してちゃんと右を向く。

それが常識であり正義だと。

極端に言えば”同じ服に同じ髪型で同じ行動をする”ことが正義ってことに聞こえてきます。もちろん、そんな極端なことを言っているつもりは誰にもないとは思いますが、残念ながら自分らしさを出すと、根本的には「なんでちゃんとしたないの?」という捉え方をされる方が多いと僕は思っています。

そしてその「常識を持て」ということを言われる度に、以下の5つのことが僕の脳裏を横切ります。

常識にとらわれていては、自分の人生が後悔ばかりになってしまうのに。

死の直前に本気で後悔する事

  1. もっと自分らしく生きればよかった
  2. あんなにガムシャラに働かなくてもよかった
  3. 言いたいことははっきりと言えばよかった
  4. もっと友達と連絡をとればよかった
  5. もっと自分の幸せを追求すればよかった

出典:看護師が語った、死の直前に誰もが口にする「後悔のことば」

後悔する人生と後悔しない人生

この5つのことを死の直前に後悔するのとしないのとでは、あなたの人生の振り幅のプロセスが大きく変わると思います。僕は死んだことはありませんが、これらの5つの事が胸にささるくらいの辛い体験や苦い経験はしてきているつもりです。こちらの記事『無銭カツアゲ暴行事件』にも書いていますが、初な10代の頃に半殺しにも合いました。

この5つのことが、まさに今あなたの心に刺さったとしたら、すぐに行動に移しましょう。

とは言え、「死ねば終わり」。死ぬ直前に後悔などしても意味のないことなのかもしれません。

でも、よく考えて下さい。

あなたは、後悔する人生にしたいですか?

あなたは、後悔しない人生にしたいですか?

もちろん後悔しない人生の方がいいけれど、そんな風にうまくいくわけない!なんて思ってしまうと思います。もちろん僕もそうだと思います。しかし、そこでそうやって「できない」と決めつけてしまうことが、人生を後悔してしまう根本的な原因になっていることに気づいていますか?

後悔のない人生はないけれど それを少なくしたい

「後悔先に立たず」という言葉があるように、人生には否応なしに”後悔”してしまう瞬間がたくさんあります。だからこそ、できるだけ後悔をしないように生きることを誰しもが考えながら毎日四苦八苦しているわけです。

後悔先に立たずとは?
すでに終わったことを、いくら後で悔やんでも取り返しがつかないということ。
引用元:ことわざ辞典

後悔の少ない人生にするためには、死の直前に誰もが本気で後悔する5つのことを、今生きている自分に投げかけてみると分かりやすいです。

人生を後悔しないための質問⑤

自分らしく生きればよかった

あなたは自分らしく生きていますか?

こちらの記事『僕が0歳の時、実の父は死にました。悔いのない人生にするために、そこから学んだ自分の生き方。』でも書いていますが、自分らしく生きるからこそ、後悔しない人生になります。

「いつでもできることだから、明日でもいいや」なんて思っていませんか?

誰にとっても明日は平等ではありません。つまり人の命も平等ではありません。でも、生き方は皆に平等に与えられたものです。

自分らしく生きる生き方。

自分らしさとは、自分の良心が感じている本音で生きることです。

自分らしさを我慢していませんか?

あんなにガムシャラに働かなくてもよかった

仕事を優先しすぎていませんか?

生きるためにがむしゃらに働かなくちゃ!と考えていませんか?

前ウルグアイ大統領で「世界一貧しい大統領」で知られるホセ・ムヒカ氏の言葉が心の中で大きくうなずける言葉がありますので、いくつかご紹介させて頂きます。

生きるということは、単純に仕事をするということだけではないのです。ほかの言い方をすれば、ほかにいろいろなことをする必要があります。なぜならば、あなたがもし何かを買う時、それは、あなたは何かをお金で買っているのではないのです。

あなたがモノを買うということは、それはあなたの人生の一部の時間、そして、その時間をお金を稼ぐために費やさなければならなかった人生の一部の時間で払っているのです。

そして、あなたは人生の時間というものをきちんと尊重しなければなりません。ですから、節度ということが重要なのです。なぜならば、時間は必要だからです。重要だからです。人生を楽しむために、享受するために、自由な時間というのが必要だからです。

私にとって大切なのは、例えば社会運動もそうですけど、ほかの人にとっては絵を描くことが大切かもしれません。

魚釣りをすること、遊ぶこと、あるいは、毛糸を編むことが大切な人もいるでしょう。あるいは友人と遊ぶことが好きという人がいるでしょう。そういう時間を過ごすことが自由であるということです。

市場に操られてどんどん必要なモノが増えてしまうと、それは決してあなたは自由ではなくなります。なぜならば、あなたの大切な時間が、その市場によって失われてしまうからです。そして、あなたが欲しいモノを買うためにあなたの自由な時間が失われてしまうのです。

この定義を覚えておいてください。セネカ(注:古代ローマの政治家、哲学者、詩人)です。セネカの言ったことです。「多くのものを必要とする者が貧しいのだ。なぜならば、その限界を知らないから」とセネカは言いました。

引用元:「一番大きな貧困は孤独」 世界で一番貧しい大統領 ホセ・ムヒカ氏の初来日講演

仕事をがむしゃらにやって、お金をたくさん稼いで、欲しいものを手に入れるという時間の使い方の概念を真っ向から断裁しているこの言葉。

家を買ったり、服を買ったり、食材を買ったり、電気代を払ったり、水道代を払ったり、もちろん生きるためにはお金は必要です。でも、そればかりに執着することは不自由の極みだというこです。

がむしゃらに働いてお金を稼ぐ!ということだけに人生の時間を費やさないようにしなけれなりません。

人生で大切なのはお金ではなく、あなたが人生で使える時間だということを忘れてはいけません。

あなたの人生の時間が、お金を稼いで使うことだけに費やされていませんか?

言いたいことははっきりと言えばよかった

自分の意思を伝えず、我慢ばかりしてませんか?

例えば、あなたは行きたくもない飲み会に行っていませんか?

例えば、あなたは引き受けたくない友人からの頼み事を引き受けていませんか?

例えば、食べたくもないものを食べていませんか?

例えば、やりたくない仕事をしていませんか?

例えば、自分の伝えいことを我慢して、相手の意見ばかりを尊重していませんか?

などなど、人生を生きる中で”自分が言いたいことを我慢する”という状況はたくさんあると思います。もちろん僕も我慢することは多々あります。しかし、自分の意見を勇気を持って伝えることは、あなたの人生にとっていくつも点在するターニングポイントの自分らしさの成長につながっていきます。

あなたにとって嫌なことを一つでも受け入れてしまうえば、それ以降も関連する嫌なことを受け入れなければならないということがあなたの周りの常識になってしまいます。

”行きたくない飲み会を断れないから行く”のと、行きたくないならその意思をちゃんと伝え、その上で”それでもしつこく誘われたから行く”というのとでは、明らかに後者を選ぶ方が、後悔の少ない選択肢だと言えます。

あなたは自分の意思を伝えることを恐れたり怖がったりしていませんか?

関連記事:自分らしく生きるために!嫌な飲み会の誘いや嫌な仕事を”断る勇気”とは? 

友達と連絡をとればよかった

寂しいと思うこと よくありませんか?

「ひとりの時間が好きだ」、もしくは「ひとりが気楽でいい」という考えを持ってる人はたくさんいると思います。しかしそういう毎日の中で”寂しさ”を感じている方は特に”もっと友達に連絡をとればよかった”と後悔してしまうと思います。

誰にとっても「ひとりは楽」です。しかし、それが自分の意思とは逆の場合はそうはなりません。本当は友人と一緒に過ごしたいと思っていても、仕事が忙しくて連絡をとれなかったり、毎日の優先順位が影響してしまい、友人と過ごす時間があまり取れなかったりすると、”寂しさ”を感じてしまい、後悔してしまう原因になります。

友人と一緒に過ごしたいと思っているのに、友人と連絡をとれないことを、何かのせいにしていませんか?

もっと自分の幸せを追求すればよかった

自分がやりたいことや好きなことを我慢していませんか?

自分がやりたいことについては、こちらの記事『 人生でやりたいことリスト100!悔いのない人生にするために挑戦中! 』に僕の人生でやりたいことを書いていますので、あなたにとってヒントや参考になるかと思います。簡単に言えば、自分がやりたいと思うことは、できる限り挑戦する必要があります。

あなたは自分のやりたいとを、時間がない、お金がない、歳だから、などの理由で諦めていませんか?

まとめ

後悔しない生き方の画像

世間の常識というものに支配されてしまっては、すべてにおいて後悔することになります。

自分のことは自分が一番わかっているんだから、自分でやったことに自分で責任を取ればいいと思います。あなたのことを否定したりする世間の声は、あなたの責任なんてとってくれません。

自分で責任を取れない人は、世間の常識に耳を傾け、自分のことは後回しに生きていけばそれでもいいです。しかし、人生を後悔させないためには、あなたのことを、あなた自身が認め、尊重してあげてください。

人生において、あなたの良き理解者とは、紛れもなくあなたの中にある自分自身です。

だからこそ、大なり小なり、自分の人生を自分で決めていく=”自分らしさ(本当の気持ち)を我慢しないこと=自分のやりたいことや好きなことをやり通すことが人生を後悔しないように生きるためには絶対に絶対に大切なんです。

自分の意志を、まずは自分が尊重して認めること。

すなわち自分の意思で生きること

自分らしさを出して、人に否定されるのが怖いと思っている方にとっては、人と合わせる=周りの空気を読むことよりも、もっともっと難しいことなのかもしれません。でも、自分の気持ちに正直になることほど、後悔のない人生につながることは間違いありません。

今日からあなたが後悔のない人生を歩むには、今あなたの気持ちの中にある”やりたいと思っていること”に正直に向き合い、結果的にそれができなくても、それをやろうとしたというプロセスを経験するだけで、少なからず後悔のない人生になると思いませんか?

さぁ、あなたの今の正直な気持ちは、人生をどう生きたいと思っていますか?

********

今、あなたが正直に思ったこと、それが答えです。

その正直な自分の気持ちに対して「自分はバカだな」って思ったなら、それが正真正銘の自分らしい気持ちなんだと思います。

そして僕も、自分にできるだけ正直に生きていくように人生を探求中です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またお会いしましょう。

次は、あなたの人生をさらに後悔しないために作っておくべき”人生でやりたいことリスト100”に関する『人生でやりたいことリスト100!悔いのない人生にするために挑戦中!』の記事を読んでおきましょう。

そしてもしもあなたに夢があるけど周りの目が気になって踏み出せないならこちらの記事『自分の夢を他人に反対,否定されて諦めるの?人の目を恐れたら叶わない。やりたいことリスト100の教え。』も参考になると思います。

また、後悔のない人生にするために、僕が自分らしく生きることを学んだ実の死についての記事『僕が0歳の時、実の父は死にました。悔いのない人生にするために、そこから学んだ自分の生き方。』も合わせて読んで見て下さい、

あなたの人生に影響を与える本

死ぬ瞬間の5つの後悔

死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33

死ぬときに後悔すること25

医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト

嫌われる勇気

幸せになる勇気

人生に悩んだら転職すると変わる

転職する時はあなたの専属の転職エージェントに依頼しよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

後悔しない生き方の記事のアイキャッチ-2

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA