iPhone Xのカメラの機能と性能(スペック)をズバリ解説するとこうなる。

手軽に美しい写真を撮り、息をのむほどの映像を動画に残す。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

Appleは、2017年9月13日AM:2:00(日本時間)より開催したApple special eventで、iPhone発売10周年を記念する ”iPhoneX(アイフォーン テン)” を発表しました。

iPhoneXについての発売日や大まかなスペックのポイント、されにはiPhoneXを買うか?買わないか?というところ、そして新機能のFcae ID、そしてデザインディスプレイフロントカメラやA11Bionicチップについても、それぞれ詳しく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK    AppleがiPhoneX発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない?

 CHECK   Apple iPhone X搭載の顔認証「Face ID」の機能とは?買う前に知っておくべきことのすべて。

 CHECK  ▶ Apple iPhone Xを買う理由は、圧倒的なデザインとディスプレイにある。 

 CHECK  ▶  iPhoneXのフロントカメラでポートレート撮影。驚愕の進化を遂げた機能と性能のすべて。

 CHECK  ▶ iPhone XのCPUである「A11 Bionic」のずば抜けた性能は、Macを超える。

今回は、初代iPhoneが発売されて10週年を記念するモデル”iPhoneX(アイフォーン テン)カメラ【デュアル12MPカメラの機能と性能】”について、俺的見解を交えつつ、ご紹介致します。

まず、iPhoneXを動画で

デュアル12MPカメラ

画像元|Apple

カメラは人間の目に映る以上のものをとらえられるか。その答えを見つけるために、私たちはより高速な光学式手ぶれ補正を備えたカメラと、A11 Bionicチップの先進的な機械学習を組み合わせました。こうして生まれたのが、より細かく見て、より深く理解し、より多くのことをこなす写真撮影システムです。

  • 広角レンズと望遠レンズ |12MP
  • 広角の開口部 |ƒ/1.8
  • 望遠の開口部 |ƒ/2.4
  • デュアル光学式手ぶれ補正 |OIS

引用元|Apple

12MP(画素数が1,200万、つまり1,200個の光センサー搭載)については、iPhone7と同等のスペックです。高速な光学式手ブレ補正については、前機種である”iPhone7”についても、かなり手ブレ補正は効いていましたので、今回はA11 Bionicチップとの連動により、さらに効いてくると思います。くっきりとした写真を撮影するためには、あくまでも両手で撮影しないとダメでしたが、今回のiPhoneXのカメラは、片手で撮影しても大丈夫そうかも?!

広角カメラ

ƒ/1.8の6枚構成のレンズ、光学式手ぶれ補正(OIS)、より大きく、より高速な12MPのセンサーが、世界中で大人気のカメラをさらに進化させます。

引用元|Apple

f/1.8のレンズ+光学式手ぶれ補正により、暗所には強いはずです。

望遠カメラ

iPhone Xは最先端のセブンマグネット方式の採用により、ƒ/2.4のパワフルな望遠カメラの中に2つ目のOISシステムを組み込んでいます。iPhone Xの2つのカメラが一体となって光学ズームを機能させることで、あなたは被写体に一段と寄ることができ、ポートレートモードを使って驚くような一枚を撮ることもできます。

引用元|Apple

ポートレートモード

画像元|Apple

より美しい被写界深度エフェクトを。

ポートレートモードがさらに進化します。ディテールはよりシャープに、背景のぼかしはより自然に。十分な明るさがない場所でのパフォーマンスも向上し、必要な時にはフラッシュをすばやく使えます。

引用元|Apple

俺が愛用しているiPhone7には、ポートレートモードが搭載されていません。ですので、多少なりともiPhone7Plusのポートレート撮影によだれを垂らす時期もありました。今回、iPhoneXを買えば、ポートレート撮影を味わえるということで、非常に楽しみですね。

ちなみに、iPhone7Plusのポートレートについての記事も書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK     iPhone7Plusのカメラのポートレート撮影って、めちゃ素敵やん|Apple「Take Mine」のTVCMを公開。

ポートレートライティング

リアルタイムのスタジオ照明エフェクト。

ポートレートライティングは、写真撮影のライティングの基本原則にもとづいて作られました。この機能は、深度を感知するカメラや顔のマッピングといった複雑なソフトウェアとハードウェアを組み合わせ、本物のスタジオ照明のようなエフェクトを生み出します。

引用元|Apple

こちらは、iPhoneXのフロントカメラにも搭載されているモードですね。以下に記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶  iPhoneXのフロントカメラでポートレート撮影。驚愕の進化を遂げた機能と性能のすべて。

自然光撮影

画像元|Apple

背面カメラでポートレートの撮影を行う時のスタンダードモードといったイメージでしょうか。背景をぼらしながら、自然光で撮影するモードのようです。

スタジオ照明撮影

画像元|Apple

まず、スタジオ照明というものを想像してみて下さい。スタジオ照明って、結構大きなイメージはありませんか?しかもたくさんの照明の数があったり。このスタジオ照明撮影は、目や表情をすっきりと見せる露光の調整やハイライト調整が自動で行われるモードと思っていて間違いないかと思います。

輪郭強調撮影

画像元|Apple

輪郭を強調することで、明るさの強弱を使い、背景と人物との間の影を作る撮影モードのようです。スタジオ照明と輪郭強調撮影の違いなどは、同じ環境下で撮影してみないと、どうにも結論は出ませんね。実際に撮影するのが楽しみです。

ステージ照明

画像元|Apple

顔にスポットライトが当たることは考えられますが、背景を黒くするには、ある程度の環境の条件がないと厳しいでしょうね。こちらの撮影モードが一番楽しみですね。

ステージ証明(モノクロ)

画像元|Apple

こちらの撮影モードは、ステージ照明撮影のモノクロバージョンですね。こちらもやはり、背景をすべて真っ黒にするには、ある程度の環境の条件が必要になると思います。多分、そのまま撮影したら、ただのモノクロ写真になるだけじゃないでしょうかね。

新しい先進的なISP

画像元|Apple

撮るたびにベストショット。

Appleが設計した賢い画像信号プロセッサが、人、動き、周囲の明るさといったその場の要素を検知し、あなたが撮影する前から写真を最適化します。さらに、高度なピクセル処理と広色域キャプチャを実現し、オートフォーカスをより速く、HDR写真をより美しくします。

引用元|Apple

iPhone7で撮影したHDR写真についても、相当キレイに撮影することができましたので、それより上を行く写真が撮影できるのは、楽しみですね。

撮影:Jason Nocito

画像元|Apple

これ、編集も一切してないんでしょうか。すごく、グッとくる1枚ですよね。iPhoneXだけで撮影したこともあり、写真の画質は申し分ないですが、やはり写真の構図や撮影センス必要ですよね。絶対。(笑)

デュアルOIS

画像元|Apple

薄暗い場所でも輝くような一枚を。

写真撮影で最も難しいことの一つは、十分な明るさがない場所で美しい写真やビデオを撮ることでしょう。それを簡単にするのが、両方のバックカメラに搭載されている光学式手ぶれ補正です。これからは一日の終わりが、あなたの創造力の始まりになります。

引用元|Apple

先ほども書きましたが、ƒ/1.8の6枚構成のレンズ、光学式手ぶれ補正(OIS)を搭載していますので、暗所でもそれなりにノイズを回避した写真撮影が可能です。

新しいフィルタ

進化したフラッシュ。より大きな楽しさ。

写真を撮った瞬間から仕上げの編集まで、iPhone Xなら目を見張るような一枚をさらに簡単に作り出せます。しかも、次世代のHEIF圧縮テクノロジーにより、これまでと同じ画質の写真を半分のファイルサイズで撮影できるようになります。さあ、思う存分に撮りましょう。

引用元|Apple

これは非常に助かりますね。ファイルサイズが半分になるだけで、iPhoneの容量を気にして、チマチマいらない写真を消したりせずに済みますね。ていうか、俺は写真はCloud上に保存しています。

Live Photosエフェクトと新しいフィルタ

画像元|Apple

お気に入りのLive Photosを楽しいビデオループに変換したり、Live Photosの再生と逆再生を繰り返したり。美しい長時間露光エフェクトを使って、花火を夜空に輝く軌跡に変えることができます。新しいフィルタを適用して、肌のトーンをより自然にしたり、ポートレート写真にクラシックな雰囲気を加えることもできます。

引用元|Apple

エフェクトについては、iPhoneにデフォルト搭載されなくても、かなりたくさんの写真編集アプリが発売されていますので、それでいいかと思います。

クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ

画像元|Apple

スローシンクロのフラッシュは、低速のシャッタースピードと短いストロボ発光時間を組み合わせたものです。この機能は十分な明るさがない場所で、手前の被写体を明るく照らしながら、背景を適正露出でとらえたい時に便利です。さらにクアッドLED True Toneフラッシュは、均一性が最大2倍高い照明を作り出し、ホットスポットを減らせるようにします。

引用元|Apple

これね、絶対に手持ちじゃ厳しいですよ。三脚なんかがないと上手く撮影することができないと思います。

映画館レベルのビデオ

画像元|Apple

自慢の子を持つお父さんお母さんも、映画を専攻する学生も、プロの映画監督も。iPhone Xを使えば、息をのむようなムービーを撮影できます。Appleが設計したビデオエンコーダがリアルタイムの画像処理を行い、最適な画質にします。しかもHEVC圧縮により、これまでと同じ画質のビデオを半分のファイルサイズで撮れるようになります。

  • 4Kビデオ|最大60fps
  • スローモーション|最大240fpsの1080p
  • タイムラプス|ビデオ

引用元|Apple

言いましたね。プロの映画監督もって、言いましたね。

その素晴らしい自信に、何の疑いもなく、俺は騙されるとします。

より安定したビデオ

先進的なビデオ手ぶれ補正は、より大きな新しいセンサーとパワフルなISPを使って、あなたが撮影するあらゆるものを安定させます。光学式手ぶれ補正は、十分な明るさがない場所でビデオを撮る時に、被写体のぶれと手ぶれを減らすように作られています。だから、あなたの手が動いても、ムービーは安定したままです。

引用元|Apple

こちらもiPhone7でも相当の手ブレが効いていましたし、iPhone7Plusなら尚の事でしたでしょうから、期待大です。

まとめ

画像元|Apple

iPhoneXに搭載されたデュアル12MPカメラの機能と性能はいかがでしょうか?

ざっとスペックを見てみると、iPhone7とほぼ同等のスペックとなっています。しかし、A11 Bionicチップの搭載、OISシステムやデュアルOISとの連動により、文章では説明できないところなど、スペックアップしていることが間違いありません。

ただ実際に、自分で撮影してみないことには詳しいレビューはできませんが、明らかに”進化したカメラ”だということが言えると思います。

このブログでご紹介している商品写真は、俺の愛用カメラのEOS 60Dを使って、ほとんど撮影しています。しかし、もっと気軽に手軽にササッと”質の良い写真”が撮影できれば、あらゆる効率化も図れるので、iPhoneXのカメラにはとても期待しています。

そうです、俺はiPhoneXを買う気満々です!

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

また、iPhoneXで写真を撮影する前に、iPhone7|7Plusでも素晴らしい写真が撮影できるコツ、その方法をAppleさんが解説動画をアップしていますので、その解説動画の記事を、以下に詳しく書いていますので、合わせて読んでおくといいと思います。

 CHECK   iPhone7とiPhone7 Plusのカメラをうまく使った12個の撮影方法で、写真がより面白く撮れる。

では、またお会いしましょう。

iPhoneX関連商品

iPhoneXについては、ケースなどがいくつか販売されていますので、本体を手に入れる前にCHECKしておくことをおすすめします。とは言え、俺は絶対的にApple純正のシリコンケースをオススメしますよ。

その理由を記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】前編。

 CHECK  ▶     Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】後編。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。