Macに最適!LG UltraFine 5K Display(ディスプレイ,モニター)レビュー!

Macの外部ディスプレイ(モニター)はどれを選んだ方がいいのか迷っている方へ。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

MacBook pro 2016 15㌅モデルの外部ディスプレイの購するにあたり、この記事:LG UltraFine 4K DisplayとLG UltraFine 5K Displayの購入を迷ってまいる にも書いたように色々と外部ディスプレイ(モニター)選びに悩んでいました。

そして悩んだ結果、この記事:LG Ultra Fine 5K Displayを購入した3つの理由。でもご報告したように、LG UltraFine 5K Display 27インチ を買いました。

ということで今回は、MacBook Proを最大限に活かすために、5KディスプレイであるLG Ultra Fine 5K Displayを購入したので、その開封とインプレッションレビューをさせて頂きます。

あなたがLG Ultra Fine 5K Displayの購入を検討している、またはMacBook Pro用の外部ディスプレイ(モニター)選びに悩んでいるなら参考になるはずです。


UltraFine 5K Display 開封の儀

外箱/パッケージ

MacBook pro をフル活用しよう!と思い立ち、色々な外部ディスプレイを探し求め、ようやくLG Ultra Fine 5K Displayとご対面。ただただ、デスクに収まりきれないほどの大きさです。さすが27インチ。

ちなみに僕が購入したMacBook Proはこちらです。

僕のMacBook Pro 2016

MacBookPro2016の写真

こちらの記事:MacBook Pro 15インチ どこが変わった?進化した?5つのポイント!  にスペックの紹介やキーボードについてなど、色々なレビューしていますので、そちらも合わせてチェックして下さい。

外箱だけでもこの存在感

斜めから見ても圧巻のデカさです。

真横からでもこのの圧力

もちろん、横から見たって圧巻のデカさです。

そして背面からもこの圧力

そんで、背面から見たって圧巻のデカさです。どちらが正面なのかは分かりませんが。27インチの驚異的な大きさを伝えたかっただけです。

27インチ 5Kディスプレイ(モニター)

「LG UltraFine 5K 27” display for Mac」と書かれています。Appleの公式オンラインストアでも販売されているように、Mac専用と言っても過言ではないディスプレイ(モニター)です。

Apple推奨の5Kディスプレイ

また「Mac」という文字とアイコンも表記されていますので、Appleが推奨しているディスプレイになります。

開封していく

ディスプレイは保護材で包まれています。さっきから「デカイ」しか言ってないですが、デカイです。

僕は今まで27インチというディスプレイ(モニター)を使ったことがなかったので、初めての大型ディスプレイになります。

LG UltraFine 5K Displayデスクに設置

LG Ultra Fine 5K Displayを置けるように、デスクの上をキレイにしました。

デスクの上に置くと、外箱の時よりはそれほど圧迫感がありません

LG Ultra Fine 5K Display 本体

僕の愛用するMacBook pro 15インチをLG Ultra Fine 5K Displayにデュアルモニター接続してみました。まさに最高にして最強のコラボレーション。

MacBook pro のサイズが15インチとラップトップの中では大きい方なんですが、LG Ultra Fine 5K Displayの27㌅のディスプレイと比べるとかなり小さく感じます。

LG UltraFine 5K Display コネクタ周り

前面の内臓カメラのスペックなどについてはこちらの記事:LG UltraFine 4K DisplayとLG UltraFine 5K Displayの購入を迷ってまいる にも書きました。

最大解像度は1920×1080なのでFaceTimeやSkypeなどのビデオ通話も快適な写りを実現します。

ビデオ通話を行う相手のネット回線の速度?によっては意味をなさないことにもなる可能性はあります。

USB-Type C(Thunderbolt3)搭載

この記事:LG Ultra Fine 5K Displayを購入した3つの理由。にも書いていますが、4つ並ぶコネクタが、USB-Type C(Thunderbolt3)での映像の入力になります。写真の一番右側が、基本的な映像入力(hunderbolt3)のコネクタになります。

電源のコネクタ部分は、このような感じです。USB-C(Thunderbolt3)が4つと電源コネクタが1つというコネクタ周りになっています。

電源のオンオフボタンもなければ、物理ボタンさえありません。

ディスプレイアームもしっかりしている

ディスプレイアームも太くて硬くしっかりとしています。

同梱品

  • 本体
  • Thunderbolt3ケーブル(2m)
  • 電源コード(2種類)
  • クイックセットアップガイド
  • VESAカバー

インプレッションレビュー

電源のオン・オフに未来を感じる

LG Ultra Fine 5K Displayには物理的に電源を入れるボタンがどこを探してもありません。

最初は「あれ?どうやって電源つけるんだ?」と不安を感じていたんですが、MacBook ProとLG UltraFine 5K DisplayをThunderbolt3ケーブルで繋いだだけで、勝手に電源が入ってました。そして、充電もできてました。

ディスプレイ画面が美しい

こちらの記事:LG UltraFine 4K DisplayとLG UltraFine 5K Displayの購入を迷ってまいる でも書いたように、LG Ultra Fine 5K Displayの解像度が¥は5,120×2,880という驚異的な解像度の5K。それに加え、P3の広域(色再現の向上)がより忠実に表現されており、人の視覚以上に写真や文字などの写りが美しい。

実際に体感しないとわからないと思いますが、スペックの数字以上の美しさを感じます。大画面なのにすべてが明瞭に見えています。

デザインやブログ執筆作業が捗る

macbokkproにkickflip装着してキーボードタイピングしている写真

僕のライフワークのひとつとして「ブログの記事を書く」というライティング作業があります。こちらの記事:ブログ書くならおすすめの執筆ツールに最適なPCやアプリを5つ紹介! にブログの執筆環境をご紹介していますが、ブログエディタと調べもの、そして画像処理という作業をやりながら、記事や写真のデザインレイアウトや構成をしていきますので、MacBook Pro 15インチだけのディスプレイ画面だけでは限界があります。

しかし、15インチよりもさらに大画面であるLG Ultra Fine 5K Displayならば作業効率は格段に上がります。

画面が広いのは正義

実際に、iPhoneやiPad proのUlysses – The Soulmen GbRというアプリでブログ記事の下書きをしつつ、まとまってきたら、Mac版のUlyssesでレイアウトや構成やマークダウン、そして投稿用の画像編集と画像レイアウトをして、WordPressへアップロードし、最終調整をして、記事をアップするというシーケンスを組んでいるんですが、作業効率上がってます!

この記事もLG Ultra Fine 5K Displayで画像編集〜マークダウンまでやってます。画面が広いので、いちいちアプリ画面などの切り替えをせずとも、それこそシームレスに作業ができて、最高です。また、広告などのチラシうやポスターなどのデザイン作業についても画面が広いので作業が捗ります。

最後に

MacBook Proの外部ディスプレイ(モニター)の購入を検討しているなら、間違いなくLG UltraFine 5K Display 27インチ は選択肢のひとつとして選考するべき外部ディスプレイ(モニター)です。

2016年モデル以降のMacBook ProはRetinaディスプレイによる5K出力に対応しているので、外部ディスプレイもHDではなく、4Kや5Kにするべきです。

ということで今回は、MacBook Proを最大限に活かすために、5KディスプレイであるLG Ultra Fine 5K Displayを購入したので、その開封とインプレッションレビューをさせて頂きました。

あなたがLG Ultra Fine 5K Displayの購入を検討している、またはMacBook Pro用の外部ディスプレイ(モニター)選びに悩んでいるなら参考になるはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次はこちらの記事『 LG Ultra Fine 5K displayと4K displayの決定的な3つの違い。 』で、4Kと5Kの違いについても合わせてチェックしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。