AppleがiPhoneX 発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない?

未来をその手に。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

このブログは、UlyssesというMac,iPhone,iPadアプり(MacOSアプリ、iOSアプリ)を使って執筆しています。

今回は、タイトル通りにiPhoneXの発売日やスペックの抑えておきたいポイントと、「iPhoneX、買う買わない?」というところで、現段階で実際にiPhoneXがどうなのか?というところを、簡単にまとめてみました。

リーク情報そのまんまのデザインだったのでそれほど驚きはありませんでしたが、iPhone10周年モデルであるiPhoneXiPhoneシリーズよりも最先端の技術を取り入れたスマートフォンはいくらでも発売されているので、その昨今のスマートフォンのトレンドの市場に、Appleブランドの新たなアプローチ戦いを挑んできた、紛れもなく今からのトレンドセッターになることは間違いないですね。

「iPhoneは、常に新機軸」であってほしいものです。

では、早速iPhoneXについてご紹介します。

iPhoneXの予約&発売

Appleは、2017年9月13日AM:2:00(日本時間)より開催したApple special eventで、iPhone発売10周年を記念する iPhoneX を発表しました。後で詳しく書きますが、ディスプレイには有機ELを初採用し、画面がほぼベゼルレスとなり、所有者の顔を自動で認識してロックを解除、さらには様々な決済時に本人確認を行う「フェイスID」も導入しています。

Appleの発表では、2017年10月27日より予約受け付け開始とのことですので、日本のdocomoauSoftBankも同様に予約開始を行うと予測されます。

そして発売(出荷)11月3日です。

同日に発表されたiPhone8Applewatch series3に対して、iPhoneXの発売時期が後になってしまったことは、少し残念でありますね。

去年(2017年)に発売されたiPhone7ジェットブラックやAirPodsのように、過剰な人気も相まって、何らかの生産における問題や不具合があって、発売時期がやむなく遅れている可能性も否定できないので、素直に「大丈夫か?」と疑問です。

 CHECK  ▶ AirPodsのレビューは今年はおあずけだけど、AirPodsがようやく発売。|AirPodsをポチりましたって話。

 CHECK   Apple iPhone7発売&なんとかゲット。おすすめのケースはApple純正のシリコンケース!

iPhoneXのモデルと価格

カラーバリエーションは、シルバーとスペースグレイの2色展開で、容量の方は64GBと256GBの二種類。

最安価格は¥112,800 (税別)〜となっています。

容量 iPhone X AppleCare+の価格
64GB 112,800円 22,800円
256GB 129,800円

価格帯は予想範囲内ではないでしょうか?スマートフォンで10万円を超える価格帯は高すぎる!と思われる方のいるとは思いますが、俺的には10万円前後は妥当だと思います。

だって、PCよりもスマホが実用的なライフツールに打って変わっている時代ですので、パソコンにお金をかけるよりも、スマートフォン(iPhoneなど)にお金をかけるのは、当然の流れだし、価格が高いのも、次世代の最先端テクノロジー技術が注ぎ込まれているんですからね。

まず、iPhoneXの動画を。

iPhoneXのビジョン

私たちはずっと変わらないビジョンを持ち続けてきました。すべてがスクリーンのiPhoneを作ること。デバイスそのものが体験の中に消えてしまうほど夢中になれるiPhoneを作ること。あなたの指や声、さらには視線にも反応できるインテリジェントなiPhoneを作ることです。iPhone Xが、そのビジョンをすべて現実のものにします。iPhone Xへようこそ。

ここから未来が始まります。

引用元|Apple

「夢中になれるiPhoneを作ること」って、すごく奥が深いですよね。

もう実際に、ここ日本では明らかに、iPhoneに夢中な人ばっかりですけどね。

すべてがスクリーン

iPhone Xでは、デバイスそのものがディスプレイです。まったく新しい5.8インチのSuper Retinaのスクリーンがあなたの手の中に広がり、あなたの目を魅了します。

引用元|Apple

その名も、”Super Retina ディスプレイ”だそうです。

iPhoneXベゼルレス化は、本当に嬉しい限りですね。

ハイテクが積み込まれた

優雅に丸みを帯びたコーナーに至るまで、デザインの様々なカーブに精緻にフィットさせる

ため、ディスプレイには新しい手法やテクノロジーを採用しました。

引用元|Apple

ベセルレスになったことで、ディスプレイの真正面から見ると、そのデザインは圧巻です。しかし、真横から見ると、iPhone8やiPhone7のデザインとあまり変わらない印象はありますね。

それでも、卓越した最新のテクノロジーデザインであることは間違いではありませんので、ただただ素晴らしいばかりです。

色彩が目を奪う

正確で目を奪う色彩。真の黒。高い輝度。1,000,000:1のコントラスト比。iPhoneにふさわしい基準に初めて到達したOLEDスクリーンです。

引用元|Apple

この素晴らしさは、もはや人間の目では確認できないほどの技術だと思います。現に、iPhone6やiPhone7のディスプレイでさえ、どちらもとても美しいんですから。

TrueDepthカメラ

Face IDを機能させるカメラやセンサーなど。Appleが開発した中で最も高度なテクノロジーのいくつかを、極めて小さなスペースに詰め込みました。

引用元|Apple

このカメラのテクノロジーは、その他のスマートフォンとは格段に別世界ですね。実際に使用するとその驚きを裏切らないのもAppleですので、実用的なクオリティにも期待できます。

デザインがえげつなく美しい

前面と背面は、これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性のあるガラスで作りました。フレームは、医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製です。ワイヤレス充電機能を搭載し、耐水性能と防塵性能も持たせました。

引用元|Apple

「医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製」と、なにやら専門的なところからのワードをいれてきましたね、どのような戦略なのかは俺の頭じゃ理解できませんが、医療に使われるからクオリティがある?ってことですかね。特にそんなこと感じませんが。

また、「耐水性能と防塵性能」とありますが、これについては俺は完全に100%信じていませんよ!だってだって、そのことを鵜呑みにしてしまって、悲惨なことがありましたので。

詳しくは以下に記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶ 【悲報!経験者が語るiPhone7の防水機能】水没&水濡れなどでタッチパネルの操作が反応しない時の対処法。 iPhone7が防水機能だからって水中撮影なんてやめとくべき。    

直感は当たり前

慣れ親しんだジェスチャーで自然に直感的に操れます。ボタンを押す代わりに、スワイプ一回でどの画面からでもホームに戻れます。

引用元|Apple

ホームボタンが廃止されているので、それは必要ですよね。従来のiPhone7やiPhoneシリーズだって、めっちゃ画面をスワイプしてどこか遠くへ行ったって、ホームボタンのワンクリックでホームには戻れたんですから、iPhoneXにホームボタンがない分、技術でカバーするしかなかったでしょう。

FaceID

革命的に認証します。

引用元|Apple

それ、絶対にお願いしますね。俺に似た人だったら、簡単に認証できるとか、顔芸ができる人が勝手に認証できるとか、そんなレベルで製品化、実用化しているもんなら、クソですよ。Apple様に関して、そんなことはないでしょうけど、実際に試すのが楽しみですね。

セキュア認証

これからは、あなたの顔がパスワードになります。Face IDは、ロック解除、認証、支払いを安全にできるようにする新しい方法です。

引用元|Apple

このFaceIDは、その他の最先端スマートフォン(Androidなど)ではすでに搭載されているデバイスも多いんですが、Appleがどれだけ高精細で高性能の技術仕様で投入してきたかの検証は必要ですね。実際に触ってみるのが楽しみです。

俺の顔、分かるの?

Face IDは、TrueDepthカメラによって機能します。設定方法は簡単です。30,000以上の目に見えないドットを投射して解析することで、あなたの顔の精緻な深度マップを作ります。

引用元|Apple

俺の顔もちゃーんと認識して下さいね。どこにもであるアジアン系の薄い顔だから……

Apple Pay

Face IDは、Apple Payでも利用できるほど高い安全性を持っています。しかも、一目見るだけで支払いを済ませることができます。

引用元|Apple

デュアル12MPカメラ

より大きく、より速くなった12MPのセンサー。新しいカラーフィルタ。より深いピクセル。OISを備えた新しい望遠カメラも搭載しました。

引用元|Apple

Appleのカメラに対するこだわりは、毎回のiPhone発表の時は驚かされますね。今回も素晴らしいことが起こることは間違いないですね。

超人的な頭脳

ニューラルエンジン

A11 Bionic、登場。 これまでのスマートフォンの中で最もパワフルで、最も賢いチップです。毎秒最大6,000億の演算処理ができるニューラルエンジンを搭載しています。

引用元|Apple

より高速なCPU

まったく新しいCPUの中にある4つの効率コアは、A10 Fusionより最大70パーセント高速。2つの性能コアは最大25パーセント速くなりました。

引用元|Apple

GPU

Appleが設計したGPU
 
Appleが設計した新しい3コアのGPUは、A10 Fusionよりも最大30パーセント高速です。
 
引用元|Apple

ワイヤレス充電

iPhone Xは充電ケーブルがいりません。ワイヤレスの未来を見つめて設計されました。

引用元|Apple

これは、本当にようやく登場といった感じですね。ワイヤレスで充電できるのは、何気に助かるのは間違いなしですね。

iPhoneXののためのiOS11

すべてがスクリーンのiPhoneを作るためには、OSのすべてを一から見直す必要がありました。iOS 11には、新しい能力やジェスチャーの数々が加えられています。

引用元|Apple

そんな風に言われたら、iPhone8じゃなくて、iPhoneXを買わなきゃならないですよね…。

iPhoneXの呼び方

iPhoneX(アイフォーン エックス)なのか?iPhoneX(アイフォーン テン)なのか?

答えはCMの後で。

いやいや、ブログにはCMありません。すみません。iPhoneX発売に浮かれていて調子に乗っただけです。

答えは、iPhoneX(アイフォーン テン)でした。

日本では、iPhone6のことを、アイフォーンシックスと呼ぶ人もいれば、アイフォーンロクと呼ぶ人もいて、様々でしたが、今回の新型iPhoneXは、アイフォーン テンですよ。

まとめ

iPhoneXは買う買わない?

それはそれは欲しくてたまりませんよね。でも、去年iPhone7を購入したばかりですし、1年毎にiPhoneの新型に変えていてはきりないですよね。高級取りでもあるまいし。

つまり、お金持ちでも資産家でもない、いわゆる凡人の俺は考えなければならない。

iPhoneXを買うか?iPhone8を買うか?

両方は無理でしょ……。

やっぱりiPhoneXがほしい

強いて言うなら、もちろんiPhoneXですよね。今回ご紹介した主なスペックだけでみても、iPhoneXかiPhone8なら、iPhoneXですよ。

また、スペックが同じだとしても、iPhoneXですよ。iPhone8のデザインは、ほぼほぼiPhone7のデザインと同じですし、多少はガラス加工で見た目がより繊細にはなりましたけど。

iPhoneXは何より、iPhone誕生からの10周年記念モデルですよ!この特別感は他にはないでしょ!

でも、発売されてもすぐには手にいれることができないことは、格段に確実に予想できますので、俺みたいにiPhoneXの購入を検討されている方は、覚悟を決めて下さい。

iPhoneXの、iPhone8|8s、Apple watch series3が今回のApple special eventでは目玉のラインナップでしたが、どれを買おうか迷いどころですよね。

次回は、さらに詳しくiPhoneXについて書きたいと思います。

では、またお会いしましょう。

 ◉2017.10.28追記◉  

宣言通りに、iPhoneXとiPhone XのApple純正シリコンケースを買いました。

 CHECK  ▶  iPhone X Apple純正シリコンケースをいち早く予約注文しました。 

 CHECK  ▶ iPhone Xをドコモで予約(機種変更)!年を追うごとに、iPhoneの人気が高まり、予約するのも一苦労。

さらに以下に追記します。

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA