YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

iPhone11 Pro/Pro Maxアップル純正クリアケースがおすすめ+13選

iPhone-11-Pro-Apple-Clear-Case
iPhone 11を買うなら!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要などで通常のショップよりお得に購入できます。
au公式ショップを見る
ソフトバンク公式ショップを見る
ドコモ公式ショップを見る

iPhone11 Pro / Pro Maxの本体のデザインと色を活かしたケースがほしい。

そこで今回は、Apple Storeから公式に発売されているiPhone11 Pro / Pro Maxの本体のデザインと色を活かせる最高のクリアケース「iPhone11 Pro /Pro Max アップル純正 クリアケース」の特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについてご紹介します。

iPhone11 Pro / Pro Maxのケース選びで悩んでいるなら、参考になります。

当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


この記事の目次

iPhone11 Pro/Pro Maxの本体のデザインと色を見せるならアップル純正クリアケースがおすすめ!

iPhone11-Pro--Pro-Max-Apple-Clear-Case-2

iPhone11 Pro/Pro Maxのクリアケースは”アップル純正”が最強

iPhone11 Pro / Pro MaxのAppleオリジナルの純正クリアケースは、「iPhone11 Pro / Pro Maxの魅力的な色とデザインを楽しめことに加え、薄くて、軽くて、持ちやすい」。

iPhone11 Pro / Pro Max自体を作り上げた技術を注ぎ込んだAppleの純正だからこそ、どの角度から見ても、確実にiPhone11 Pro / Pro Maxにフィットしているので、クリアケースをお探しなら、アップル純正が最強としか言いようがありません。

iPhone11 Pro / Pro Maxの本体の色やデザインが見えるケースを探しているなら、絶対に「iPhone11 Pro /Pro Max アップル純正 クリアケース」おすすめです!

iPhone11 Pro / Pro Max アップル純正のおすすめオリジナルクリアケースとは?

iPhone11-Pro--Pro-Max-Apple-Clear-Case

iPhone11 Pro / Pro Maxの本体の色とデザインを楽しむには最適なケース

  • 薄くて軽くて持ちやすい
  • 透明度の高いポリカーボネートと柔軟性があるTPU素材
  • iPhoneのボタンにぴったりフィット
  • 内側の面にも傷に強いコーティング
  • Qi規格の充電器/ワイヤレス充電に対応
  • コーティングは長期に渡って使用する際に黄ばみを防げる
  • 設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施

iPhone 11 Pro /Pro Maxを一段としっかり守りながら、その美しい色と仕上げを楽しみたいなら、薄くて、軽くて、持ちやすいこのApple製ケース。

透明度の高いポリカーボネートと柔軟なTPU素材を組み合わせて設計されたiPhone 11 Pro Maxクリアケースは、しっかりとした感触がありながら、手に心地よくなじみます。背面は高い耐久性を持つように作られていて、側面では一段とソフトで柔軟性がある素材がiPhoneのボタンにぴったりフィットし、持ちやすさを向上させます。iPhoneをワイヤレス充電する時は、ケースに入れたままQi規格の充電器の上に置くだけです。

内側も外側も表面には傷に強いコーティングが施されていて、すべての素材とコーティングは長期に渡って使用する際に黄ばみを防げるように考慮されています。

ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

カラー/色 

クリアケースのベースカラーは、もちろんクリア(透明)のみです。本体の色やデザインが見えます。

クリアケースの素材

光学的に高い透明性を持つポリカーボネートと柔軟なTPU(熱可塑性ポリウレタン)をブレンドした素材を使用しています。

クリアケース価格/値段

  • 価格|¥4,500 (税別)

価格設定が少し高めな印象を受けますが、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているので、安心価格として評価しましょう。

では以下より、アップル純正クリアケースの特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについて詳しく解説していきます。

iPhone11 Pro / Pro Max アップル純正のおすすめクリアケースのメリット・デメリットを解説

iPhone11 Pro / Pro Maxの本体の色とデザインを見せる活かせるクリアなケース

ほぼすべての外観がオールクリア(透明)が最大の特徴であるクリアケースです。iPhone11 Pro / Pro Maxのホワイト・ブラック・ゴールド・ミッドナイトグリーンの4色の本体のカラーリングを活かせるケースということになります。

iPhone11 Pro / Pro Maxを購入する時に、「どの色にしようかな」なんて悩んでおきながら、その本体の色を隠すような手帳型たシリコンやレザーなどを選んでしまうより、デザインと色を惜しげもなく見せましょう。

せっかく本体の色とデザインが魅力的なiPhone11 Pro / Pro Maxだからこそ、本体の見える(透ける)クリアケースを選びましょう!

背面のアップルマーク(ロゴ)も見える

iPhone11-Pro--Pro-Max-Apple-Clear-Case-logo

iPhone11 Pro / Pro Maxの背面部分にある”アップルマーク(ロゴ)”も見えるので、クリアケースをつけていても、iPhone11 Pro / Pro Maxの最高なデザインフォルムを損なうこともありません。そして、それこそ所有欲を満たしてくれる1つの大きなポイントにもなります。

耐衝撃性や保護性能はどうか?

iPhone11 Pro / Pro Maxの仕様上の前面(ディスプレイ部分)と切替式のサイレントオン・オフ、そして下部のコネクタとスピーカー部分、そして背面カメラ以外は、クリアケースで保護されています。保護されている部分はもちろん傷や衝撃などについて安心しておいて大丈夫です。しかし、保護されていない部分(ディスプレイ)については、やはり破損のリスクは考えれます。

また、「外側の表面だけでなく、内側の面にも傷に強いコーティングが施されています。」と公式で言われているように、iPhone11 Pro / Pro Max1が直接触れる内側部分についてもちゃんと考えられた仕様になっています。

カメラ部分の保護はデスクや机に置いた時に守られるのか?

iPhone11 Pro / Pro Maxの本体からトリプルカメラは多少は突出しているが、ほんの数ミリ程度なので、ケースを何もつけていない状態で、デスクや机に置く場合と、純正のクリアケースをつけたてデスクや机に置いた場合とでは、カメラを保護するという観点からして、クリアケースをつけている方がより守られます。

また、もちろんトリプルカメラ自体がクリアケースで保護されているわけではないので、デスクや机にクリアケースを装着したiPhone11 Pro / Pro Maxをカメラ側を下にして置いた場合、何らかの形で摩擦が生じることもあります。

Apple純正のクリアケースって高くないか?

これはデメリットの部分でも触れますが、どう考えてもApple製品のアクセサリーは高いです。それはブランド力もさることながら、”完璧なまでの純正”ということでもあります。

iPhone11 Pro / Pro Maxそのものを製造しているAppleだからこその自信、そして他のサードパーティ製には出せない、フィット感、そして技術革新の表れでもあるかもしれません。それに、【設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施】と公称にあるように、それだけ、”純正”というものの価値という視点からみても、その価格は他の複製されたケースよりも安くはありません。

アップル純正は薄型のクリアケースなのか?

アップル純正のクリアケースは、薄型ではありません。でも、分厚くもありません。もちろん薄型よりも多少は厚みがあるので、それだけ保護性能をも高いことが言えます。

また、薄型ではないので、それなりに本体サイズもアップしてしまいます。

クリアケースはTPU素材のものよりシリコン製やプラスック製が良くないのか?

素材についてはもちろんそれぞれに長所短所があります。荒を探せばそれぞれに色々と出てくるわけですが、シリコンで言うなれば、素材特性上は完璧なまでの透明色を出すことはできませんし、プラスチック製は柔軟性がないので、ケース自体がそもそも割れやすいという短所もあります。

その点で言えば、先ほどはもお伝えし他通り、TPU素材はそれらのちょうど真ん中の良いところを取っています。

TPU素材やプラスチックやシリコンなどのケースの素材について詳しくは以下の記事に解説していますので、そちらを合わせてチェックしておくといいかもしれません。

記事iPhone(スマホ)ケースの選び方!おすすめの素材や形状の種類を比較!

クリアケースは黄ばみが出てしまうのではないか?

「クリアケースを数ヶ月使っていると黄ばみが出る」という情報が見受けられます。これはもちろん使う人の環境や状況にもよるし、実際にクリアケース自体のTPU素材のにもよります。

クリアケースというか、TPU素材の経年劣化については、おそらく”黄ばみ”が原因で懸念されている方もおられると思います。しかし、ひとつだけ確実に言えることは、Appleの純正の公式のケースですので、100均やそこらのコストを下げて制作されたクリアケースよりも遥かに質の高いクリアケースであることは言うまでもありません。

  • コーティングは長期に渡って使用する際に黄ばみを防げる

このように公称でも商品の概要に記載されています。

またTPU素材の黄ばみは、酵素系漂白剤に入れたりすると取れるような知識もありますが、あまりおすすめしません。理由は、黄ばみとは経年劣化であるので、新しいものに買い替えたほうが得策です。

汚れやホコリ(埃)が目立つのではないか?

こちらのApple純正のクリアケースの素材は「光学的に高い透明性を持つポリカーボネートと柔軟なTPU(熱可塑性ポリウレタン)をブレンドした素材」なので手垢が付いてもあまり目立ちません。

先ほども書きましたが、高品質なTPU素材なので、色の劣化(黄ばんだり)もほぼありませんので、意外と長くキレイな状態で使えそうです。仮に汚れた場合でも、レザーなどのケースと違って、まるっと水洗いができることもポイントです。

TPU素材のクリアケースのフィット感は?

「光学的に高い透明性を持つポリカーボネートと柔軟なTPU(熱可塑性ポリウレタン)をブレンドした素材」なので、キュキュっとしすぎるのかな?と思ってしまいますが、全くそんなことはありません。

サラサラだけど、ズボンのポケットやバッグから取り出す時の引っかかりも少ないです。しかも、滑りがいい反面、適度に滑りも悪いので、本当に適度なフィット感とホールド感もあります。

また、質のあまり良くないTPU素材のクリアケースは、背面などにフィット感がなく、プカプカと湿気が滲むようなこともあります。しかし、このアップル純正のクリアケースにはそれもないので、確実にフィットしてくれます。

夏は熱い?冬は冷たい?季節相応の温度はどうか?

ハードケースやアルミニウム製のケースであれば、夏の暑い時期には本体とケース自体も熱くなっていたり、逆に冬はキーンと冷えていたりすることがあると思います。しかし、Apple純正クリアケースの素材を考えれば、夏場でも異常に熱くなることはなく、冬場でも異常に冷えてしまうことはなく、季節によってそれなりに「季節相応の温度=触れるくらいの温度」を保ってくれそうです。

なんと言っても最高のデザイン

Appleの純正のケースを選択することは、”白ご飯に梅干し”のようなものです。すなわち、好き嫌いがあるにせよ、ベストマッチなデザインです。合わないはずがありません。

音量ボタン、電源ボタン、サイレントオン・オフボタン、そしてカメラの開口部、どのデザインや形状を見ても、収まりが良すぎる洗練されたデザインになってます。

iPhoneのデザインを隠してしまっても、それを上回るデザインとまでは言えませんが、ケースとしてはシンプルかつ洗練された最高のAppleクオリティです。

TPU素材のクリアケースは安っぽいのか?

TPU素材のクリアケースはお世辞にも高級感があるとは言えません。逆に、テカテカと光っているので安っぽい雰囲気はあります。ただ、iPhone11 Pro / Pro Maxの特徴である本体の色を活かすなら、高級感よりも、カジュアルな感じの方が外観もマッチングするので、それとクリアケースの相性は良い方ではあります。

アップル純正のクリアケースにスマホ用のバンカーリングはつけられるのか?

iRingなど、iPhoneのケースにバンカーリングリングをつける方も多いはずです。もちろんアップル純正のクリアケースにもそれらのリングはつけることができます。

では、今までのメリット・デメリットをおさらいしましょう。

アップル純正のクリアケースには10のメリットがある

  1. 本体色を活かせる
  2. 本体のアップルロゴが見える
  3. 外側も内側の保護も良い
  4. カメラ部分もある程度保護している
  5. TPUはちょうどよい素材
  6. 黄ばみのリスクは少ない
  7. 汚れや埃がついても水洗いできる
  8. 適度なフィット感
  9. 夏も冬も季節相応の温度
  10. 最高のデザイン

以上の10のメリットが、アップル純正のクリアケースにはあります。

アップル純正のクリアケース4つの欠点

  1. クリアケースの割に価格が高い
  2. クリアケースの中でも薄型な方ではない
  3. 高級感ゼロ(テカリがひどい)
  4. 安っぽさがある
  5. 本体から多少サイズアップしてしまう

以上の5つがデメリットだと思います。

クリアケースなので、完全にiPhone11 Pro / Pro Max本体の色とデザインに依存します。

しかし、ケース選びをする際に、その性能もさることながら、やはり価格は気になるところです。

アップル純正であるからこその品質である分、それなりに価格が高いことは、残念ながらデメリットの方が大きいかもしれません。

「クリアケースの割に価格が高い」というデメリットをどうしても見過ごせないのであれば、その他のサードパーティ製にクリアケースを選びましょう。アップル純正に比べて、かなり価格が安いのが相場です。

参考までに、以下にiPhone11 Pro / Pro Max用のサードパーティ製のクリアケースで、特におすすめな厳選をいくつかご紹介しておきますので、手頃な価格でクリアケースを手に入れたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

iPhone11 Pro / Pro Maxにおすすめのクリアケース5選

【Spigen】 iPhone 11 Pro TPU クリア ケース

[Spigen]-iPhone-11-Pro-TPU-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【定番ながらも、妥協のないソフトケースを追求】
    スマートフォンケースでは最も使用されるソフトな材質「TPU」を使用し、端末毎に最適なサイジングを施しています。
  • 【押しやすさにこだわった独自の製法】
    フィッティング性だけでなく、ボタン本来の押しやすさにこだわりました。独自の切り抜きを施す事で、本体の押しやすさを損なう事なく操作が可能です。
  • 【背面ドットコーティングによる美しさの追求】
    ケース背面に微小のドットパターンを施す事で、ケース装着時にありがちな「にじみ現象」を解消。ソフトケースのデメリットを克服しています。
  • 【薄さと保護性能を両立させるエアクッション構造】
    保護性能が低いと言われがちな「ソフトケース」に対し、四隅にクッションを設ける事で、落下時のエネルギーを分散。使用時に起こりえる危険を限りなくクリアにしました。

【RANVOO】iPhone 11 Pro クリアケース

[RANVOO]-iPhone-11-pro-clear-case

 

クリアケースの特徴は?

  • 【大事な新型iPhoneをしっかり保護】
    こだわりのポリカーボネートとTPU素材により堅牢な一体感を実現し、シンプルで装着時驚きの透明度にも関わらず、米国軍事規格「MIL-STG-810G」落下テストをクリアした耐衝撃ケースです。1.8m高度から落下テストにおいて、あらゆる26角度から、100回数落下させる試験をパスしました。全方向の衝撃からあなたの大事なiPhoneを守ります。
  • 【ドット処理なし、透明度99.99%】
    背面にドット処理なし。加えて、耐衝撃に優れた透明度の高いポリカーボネートを採用することにより、iPhone美しいデザインを最大限に活かしています。
  • 【滑りにくい素材 ぴったりフィット】
    側面TPU素材で作られているため、丈夫で柔軟性があり、程よいグリップ感を生みます。端末にぴったりフィットし、快適にボタン操作を行えます。
  • 【すり傷と密着痕防止】
    ケースは液晶面とカメラよりわずかに高く設計されておりますので、接地面との直接触を避け、すり傷等を防止します。また、本体とケースの間に若干の空間を設けることで、密着痕を防止しながら本体の色鮮やかさを楽しめます。
  • 【ガラスフィルムとの不安を解消】
    このケースはすべてのガラスフィルムと併用可能です。 また、ガラスフィルムよりもケース側部の高さを出すことで、フィルムが端から破損することを防いでいます。フィルムの端に指が触れることもないので、フィルムがキレイに貼られた状態を維持できます。

【Spigen】 iPhone 11 Pro ウルトラ・ハイブリッドケース

[Spigen]-iPhone-11-Pro-Ultra-Hybrid-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【キレイに使ってもらう為の工夫】
    少しでもキレイな状態で使い始められるよう、背面の裏表に【Remove Protective Film】と記載された「キズ防止保護シート」を貼付しています。ご使用の際は剥がしてから装着してください。
  • 【ユーザー目線で作り上げたハイブリッドケース】
    側面を”TPU”のソフトな素材で衝撃を吸収させ、背面は透明度が維持出来るハードな”ポリカーボネート”をハイブリッドしたこのケースは、ブランドの代名詞へと成長しました。
  • 【カメラレンズも守れる薄さ】
    本体の薄さを維持しつつ、カメラレンズもしっかり保護出来る高さで設計されています。両面とカメラレンズにフチを設置し、予期せぬキズから守ります。
  • 【使用面へのこだわり】
    落下時の衝撃を出来る限り緩衝出来るよう、四隅で衝撃を吸収する「エアクッションテクノロジー」を採用。本体機能でもある「ワイヤレス充電」もケースを装着したまま行えます。

【DADAKU】iPhone 11 Pro クリアケース

[DADAKU]-iPhone-11-Pro-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【365日保証】
    品質に絶対の自信があるから、割れたり、ずれたり、気泡が入ったら、両側が浮ったら、弊社までメールにてご連絡お願いします ②ご連絡の方法:アカウントサービス内の「アカウントサービス」→「注文履歴」→「販売元」→「質問する」から、お気軽にお問合せ下さい。弊社より改めて新品のガラスフィルムを発送します。
  • 【驚くほど薄くて軽い】
    クリスタルクリアの極薄ケースが携帯の良さをそのままに、美しい携帯本来のデザインを保ちます。携帯専用にデザインされ、ぴったりとフィットするケースで手にも心地よくフィトします。
  • 【360°の保護機能】
    携帯を完全に包み込むデザインで、大切な携帯をダメージからしっかりと守ります。フレックスプレス機能で、ボリューム調整ボタンなどを押しやすくし、また、携帯本体に傷が付くのを防ぎます。他社製品: ボタン箇所の切れ込みが、ボタンを押す妨げになり、ボタンを押しにくくしています。
  • 【柔軟性の高い設計】
    高い柔軟性を持ち、凹凸を防ぐ素材で、着脱回数に関わらずケースが変形することがないように仕上げられています。
  • 【黄ばまず長持ち】
    もしもケースが汚れたら、水で汚れを落とし自然乾燥してください。また、新品同様にご使用いただけます。

【EasyAcc】iPhone 11 Pro クリアケース

[EasyAcc]-iPhone-11-Pro-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【iPhone11 Pro 向けカスタムメイド】
    —透明度の高いデザインは、すべてのボタンをカバーし、ワイヤレス充電をサポートし、電話の元の色を明らかに強化します。
  • 【アンチスクラッチと衝撃吸収設計】
    角にエアクッションを備えたソフトTPUフレーム+ハードPCで作られているため、携帯電話のガラスが割れたり、毎日の傷が落ちたりすることはありません。
  • 【画面とカメラの保護】
    —画面とカメラの周りの盛り上がったところは、電話が下向きになったときに適切な保護を提供します。 ケース全体は黄変防止加工施されているので、黄変する心配はいりません。
  • 【正確なカットアウト】
    ケースにはすべてのボタン、ポート、カメラ用の正確なカットアウトがあるため、使用中はボタンを押すだけで簡単にアクセスできます。
  • 【シンプルでスタイリッシュな外観】
    軽量でかさばらず、簡単にポケットに入れられます。 また、超スリムなプロファイルと簡単なグリップを提供します。 電話を傷つけることなく、すばやくケースを脱いで装着できます。

また、iPhone11 Pro / Pro Maのアップル純正ケースには、クリアケース以外にシリコン、レザーケース、そして手帳型(フォリオ)のものがありますので、そちらも合わせてご紹介しておきます。

クリアケースに飽きた時は、ケースを新調して気分転換を図りたい時の参考にして下さい。

ではまず、アップル純正のシリコンケースからご紹介します。

iPhone11 Pro / Pro Maxのアップル純正シリコンケースとは?

iPhone-11-Pro-Silicone-Case-IMAGE

本体の色は見えないが色を変えたい時には最適

  • Appleがデザインしたフォルム
  • ボディにぴったりフィット
  • 内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地
  • ワイヤレスで充電対応
  • 設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施

iPhone11 Pro / Pro MaxのためにAppleがデザインしたフォルムが、あなたのiPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。

iPhoneを一段としっかり守れるよう、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しました。外側はシリコーンで絹のように柔らかに仕上げてあるため、あなたの手に心地よく収まります。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。

ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

カラー/色 

  • クレメンタイン
  • パイングリーン
  • アラスカンブルー
  • ピンクサンド
  • ミッドナイトブルー
  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド

シリコンケースの素材

  • シリコン

シリコンケース価格/値段

  • 価格|¥4,500 (税別)

こちらもクリアケースと同等で価格設定が少し高めな印象を受けますが、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているので、安心価格として評価しましょう。

では次に、アップル純正のレザーケースをご紹介します。

iPhone11 Pro / Pro Maxのアップル純正レザーケースとは?

iPhone11-Pro--Pro-Max-Apple-genuine-leather-case

ヨーロピアンレザーの上質なケース

  • iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィット
  • 特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザー
  • アルミニウムのボタンはレザーケースの仕上げマッチ
  • 内側のマイクロファイバーの裏地
  • ワイヤレスで充電対応
  • 設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施

Apple製のこのケースは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーを使っているため、外側は柔らかな手触りがあり、時とともに自然な風格が加わります。機械加工されたアルミニウムのボタンはレザーケースの仕上げにマッチし、内側のマイクロファイバーの裏地があなたのiPhoneを守ります。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。

ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

カラー/色 

iPhone11-Pro-Pro-Max-Apple-genuine-leather-case-color
  • マイヤーレモン
  • フォレストグリーン
  • ミッドナイトブルー
  • サドルブラウン
  • ブラック
  • レッド

シリコンケースの素材

  • ヨーロピアンレザー

シリコンケース価格/値段

  • 価格|¥5,800 (税別)

こちらはクリアケースやシリコンケースよりも、価格設定が高めです。もちろんそれは上質なヨーロピアンレザーを使用しているので、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているという評価をしましょう。

では最後に、アップル純正のフォリオケース(手帳型)をご紹介します。

iPhone11 Pro / Pro Maxのアップル純正レザーフォリオケース(手帳型)とは?

iPhone11-Pro-Folio-case

収納スペースを搭載したヨーロピアンレザーの上質な手帳型ケース

  • 特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザー
  • iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィット
  • ケースを開くとiPhone 11 Proがスリープ状態から復帰
    (閉じるとスリープ状態)
  • 柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用
  • 紙幣、小さなメモ、カード数枚を入れられるスペースも用意
  • ワイヤレスで充電対応

特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーで作られた、見た目も手触りも上質なiPhone 11 Proレザーフォリオは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。ケースを開くとiPhone 11 Proがスリープ状態から復帰し、閉じるとスリープ状態に戻ります。内側には、iPhoneを一段としっかり保護できるよう、柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用し、紙幣、小さなメモ、カード数枚を入れられるスペースも用意しました。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。

ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

カラー/色 

iPhone11-Pro--Pro-Max-Apple-genuine-leather-folio-case-color
  • オウバジーン
  • ブラック

シリコンケースの素材

  • ヨーロピアンレザー

シリコンケース価格/値段

  • 価格|¥14,800 (税別)

こちらはクリアケースやシリコンケース、そしてレザーケースよりも、かなり価格設定が高めです。もちろんそれは上質なヨーロピアンレザーを使用し、そして収納スペースを確保しているので、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているという評価をしましょう。

また、アップル純正ケース以外のサードパーティ製のものは、ハードケースやシリコンなどリーズナブルな価格のもあるので、参考までにそのケースの中でも特におすすな厳選のケースをいくつかご紹介しておきます。

クリアケース以外のiPhone11 Pro / Pro Maxにおすすめケース5選

【PITAKA】iPhone 11 Pro Magcase ケース

[PITAKA]-iPhone-11-Pro-Magcase-Case

ケースの特徴は?

  • 【素材】
    100%アラミド繊維。アラミド繊維とは、軍用素材、ボディアーマー(防弾チョッキ)、スーパーカー、飛行機、宇宙船、F1マシンなどよく利用される素材です。
  • 【規格】
    薄さ0.85mm、重さ14g;ケースを装着していないかのように軽く、薄い装着感でiPhone 11 Proをしっかり保護します。紙のように薄くて、鉄のように強い。iPhone裸派でiPhone 11 Proを保護したい人におすすめ!
  • 【互換性】
    メタルプレートが内蔵されており、PITAKA車載ホルダーと併用可能。メタルプレートの位置に工夫がされていて、スマホ中央を避けるようにメタルプレートが配置されているため、NFC通信やおサイフケータイ、qiをそのまま使用できます。
  • 【手触り】
    3Dデザインでソフトで優しい温もりがある手触りのコーティングと仕上げを実施しました。カーボン風な高級感;PITAKAブランド、PitakaDirect直売。
  • 【こだわりの設計】
    iPhone 11 Proにぴったりの設計で、カメラレンズを保護する枠が付いています。ボタン部分は開口で全てのボタンを押しやすい設計。 (パッキング内容:iPhone 11 Proスマホケース*1枚 ) 商品のパッケージは予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。
【PITAKA】iPhone 11 Pro Magcase ケース
PITAKA

【GUDREX】iPhone 11 Pro 全面保護 ケース

[GUDREX]-iPhone-11-Pro-full-protection-case

ケースの特徴は?

  • 【衝撃吸収 全面保護】
    軍用MIL規格810G-516防振材料が採用されていますので、衝撃にとても強いです。嵌め込み式前カバーと透明バックカバーの組み合わせにより、360°全方位からスマホを保護してくれます。落下、衝撃、擦れ傷など一切心配ありません。粉塵も中に入らない、砂や埃が舞う過酷な環境でも端末をしっかり包んで保護します。
  • 【ピッタリフィット&着脱簡単】
    最先端の3Dラウンドエッジ工芸を採用する嵌め込み式前カバー、厚さ0.26mmの超極薄、何も貼っていないような感じで液晶画面の美しさをお楽しみいただけます。画面の精細さを損ないません。そして画面上の操作もスムーズ行えますので、他のガラス保護フィルムを追加する必要ありません。
  • 【ワイヤレス充電対応】
    装着したままiphoneの全機能が利用できます。 操作感とスムーズ感に損はありません。ケースを装着して、透明で綺麗で楽に操作できます。ワイヤレス充電、音量調節あらゆる操作が付けたままできます。

【MSOVA】iPhone11 Pro クリアケース

[MSOVA]-iPhone11-Pro-Clear-Case

ケースの特徴は?

  • 【柔軟性】
    TPU素材を採用し、柔軟性もあり、変形しにくくなっています。薄型、軽量型を考慮して最も便利な設計になっております。長く持っても手が疲れる感じもありません。
  • 【高透明】
    透明度の高いバックカバーが後ろからの衝撃を守り、本来の美しさを活かしたクリアソフトケース。ケースはとても柔軟なので、取り付けも取り外しも簡単にできます。
  • 【フィット感】
    本体にぴったりフィットするように設計されており、ケースを装着していない時と操作感は変わりません。
  • 【使用邪魔しない】
    ケース装着したまま、充電もイヤホーンの使用もできます。さらに、前面のフチを少し高く設計し、液晶画面をキズから保護します。

【Spigen】iPhone 11 Pro Max ウルトラ・ハイブリッドケース

[Spigen]-iPhone-11-Pro-Max-Ultra-Hybrid-Case

ケースの特徴は?

  • 【最適な角度でセッティング出来るワンタッチスタンド】
    背面に設置された「ワンタッチスタンド」は軽いタッチで開閉でき、動画が最も見やすい角度に設計されています。リングを後から購入する必要はありません。
  • 【キレイに使ってもらう為の工夫】
    少しでもキレイな状態で使い始められるよう、背面の裏表に「キズ防止保護シート」を貼付しています。ご使用の際は剥がしてから装着してください。
  • 【カメラレンズも守れる絶妙の高さ】
    本体の薄さを維持しつつ、カメラレンズも保護出来る高さを計算し、作成致しました。両面とカメラレンズにフチを設置し、予期せぬキズから守ります。
  • 【ユーザー目線で作り上げたハイブリッドケース】
    側面を”TPU”のソフトな素材で衝撃を吸収させ、背面は透明度が維持出来るハードな”ポリカーボネート”をハイブリッドしたこのケースは、ブランドの代名詞へと成長しました。

【ESR】 iPhone 11 Pro ソフトバンパーケース

[ESR]-iPhone-11-Pro-Soft-Bumper-Case

ケースの特徴は?

  • 【キックスタンド】
    メタル製で耐久性があり安定感も抜群です。はめ込み構造により、しっかりデバイス本体を支え、ぐらつくこともありません。
  • 【最適な角度にセッティングできる】
    縦置きスタンドにより、最大60度でFaceTimeを快適にご利用いただけます。また、横置きスタンドにより、最大61度の角度で映画をストレスなしで鑑賞できます。
  • 【全面保護】
    落下時の衝撃を出来る限り吸収できるよう、背面はPCバックケースで傷から保護されています。ケースの縁部分をせり上げ、デバイスを平らな所に置いても、スクリーンとカメラが擦れたり傷ついたりしないよう保護します。
  • 【ワイヤレス充電】
    このキックスタンドケースをつけたまま、ワイヤレス充電が可能です。(*注意:ワイヤレス充電器を使用する場合は、充電器の中央にメタルスタンドの部分がこないように置いてください。ワイヤレス充電に影響が出る可能性があります。

アップル純正ケースとして、クリアケース以外のケースや、サードパーティ製のケースもいくつかご紹介しました。

とは言え、iPhone11 Pro /Pro Maxの本体のデザインや色を活かすには、クリアケースが最強です!

改めて結論!iPhone11 Pro/Pro Maxの本体のデザインと色を見せるならアップル純正クリアケースがおすすめ!

iPhone11-Pro--Pro-Max-Apple-Clear-Case-2

iPhone11 Pro/Pro Maxのクリアケースは”アップル純正”が最強

iPhone11 Pro / Pro MaxのAppleオリジナルの純正クリアケースは、「iPhone11 Pro / Pro Maxの魅力的な色とデザインを楽しめことに加え、薄くて、軽くて、持ちやすい」。

iPhone11 Pro / Pro Max自体を作り上げた技術を注ぎ込んだAppleの純正だからこそ、どの角度から見ても、確実にiPhone11 Pro / Pro Maxにフィットしているので、クリアケースをお探しなら、アップル純正が最強としか言いようがありません。

iPhone11 Pro / Pro Maxの本体の色やデザインが見えるケースを探しているなら、絶対に「iPhone11 Pro /Pro Max アップル純正 シリコンケース」おすすめです!

最後に

いかがだったでしょうか?

ということで今回は、Apple Storeから公式に発売されているiPhone11 Pro / Pro Maxの本体のデザインと色を活かせる最高のクリアケース「iPhone11 Pro /Pro Max アップル純正 クリアケース」の特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについてご紹介しました。

iPhone11 Pro / Pro Maxのケース選びで悩んでいるなら、参考になります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。またお会いしましょう。

|iPhone11を購入
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

では最後に、今回は薄型のケースをご紹介しましたが、iPhoneのケースにはシリコンや手帳型やTPU素材などなどの色々なケースが販売されています。

それらのケースの種類には一体どんなものがあるのか?またはどの種類のものを買うと、どんなことにメリットがあるのか?について詳しく解説した記事をご紹介しておきますので、あなたのiPhone(スマホ)のケース選びの参考にチェックしておきましょう!

次は、iPhone(スマホ)ケースの選び方をチェック!

iPhone(スマホ)ケースの選び方!おすすめの素材や形状の種類を比較!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone11,11 Pro Max 公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

iPhone-11-Pro-Apple-Clear-Case

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。