YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

iPhone XS ケースの超薄型おすすめブランド「KASE Go Original」

iPhone 11を買うなら!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要などで通常のショップよりお得に購入できます。
au公式ショップを見る
ソフトバンク公式ショップを見る
ドコモ公式ショップを見る

iPhoneのデザインとフォルムを隠したくないから、「ケースをつけない」と言いたいところだけど、やっぱり本体に傷をつけたくない。

iPhoneの本体のデザインやフォルムそのものを活かせるような超薄型ケースはないのか!

そんな悩みを解決するのに最適な超おすすめの薄型ケースを発売しているブランド【KASE】スリムケースのご紹介と、実際に超薄型のiPhoneケースの使用レビューをお届けします。

今回使用しているのは「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」になります。

このケースには、iPhone8〜最新モデルのiPhone11iPhone11 Pro/Pro Max販売されています。

あなたの所有するiPhoneモデルも一緒にチェックしましょう。

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun

当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


この記事の目次

iPhoneにおすすめの超薄型ケース「KASE Go Oliginal スリムケース」を動画で解説

この動画では、記事の中で紹介している内容をまとめてお届けしていますので、テキストより動画でサクッとレビューをチェックしたい場合、ぜひ視聴して下さい。

【結論】iPhoneの超薄型のケースを探しているなら【KASE】ブランドがおすすめ!

iPhoneの本体のデザインをあまり損なわず、超薄型なのでケースをつけている感じがしない装着感ゼロ!

  1. 超薄型でiPhoneのデザインフォルムを活かせる
  2. 厚さ0.35ミリで装着感ゼロ
  3. ピッタリとフィットし保護性能もある

特に上記の3つの主な理由から、iPhoneの本体のデザインやフォルムそのものを活かせるような超薄型ケースを探しているからには超絶におすすめするケースです!

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun

ではまず、今回の記事で実際に使用レビューをご紹介する「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」に仕様や概要をご紹介します!

KASEのiPhoneXS Go Originalの薄型ケースとは?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-image

KASEの特徴とは?

付けている感触がほとんどない

KASE-Go-Original-Slim-1

超薄型。スムーズなグリップ。付けている感触がほとんどなく、傷や毎日の使用、軽い衝撃から携帯電話をしっかり守ります。

厚さはわずか0.35ミリ

KASE-Go-Original-Slim-2

iPhoneのために特別に設計され、厚さはわずか0.35ミリ。スリムなケースは、携帯電話の見た目をそのまま保ちます。 正確にぴったりはまるカットアウトで、ボディ全体を保護します。

それなりの保護性能

KASE-Go-Original-risk

iPhoneを間違って目の高さくらいから落としてしまってもしっかりと保護してくれます。

色/カラー

KASE-Go-Original-color
  • 透明
  • トランスルーセントブラック
  • トランスルーセントホワイト

販売価格

  • 29ドル(日本円で約2,000円ほど

海外ブランドの日本販売サイトなので購入価格は豪ドル表記になっていますが、クレカなどで普通に買えます。日本語サイトなので全く心配する必要なし。ただ、価格の表記が豪ドルというだけです。

ケースを装着することが嫌いなあなたにおすすめ!

ケースなしで携帯電話を使いたいけど、傷がつくのが心配?Go Originalスリムケースなら、オリジナルデザインが楽しめて、人間工学に基づいた設計で手に優しく、毎日の使用にも耐えられます。ケースが嫌いなあなたのために、特別に作りました!

参照元【Kase】

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun

では次に、実際の「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」の商品の開封&装着レビューをご紹介していきます。

iPhoneXSのKASE GO ORIGINALの薄型のスリムケースの開封&装着レビュー

開封からのファーストインプレッションの評価

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-4

外観のパッケージ。白と黒の配色で、白のテキストは【KASE】というブランド名と商品名をパッケージデザインに使っています。それほど高級感はないですね、表面がテカっている普通の紙ケースといったところ。

ケースの重さは6グラムと限りなくゼロに近い

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-3

パッケージから商品を取り出し机に置いてみました。パッケージの重さは、ケースを取り出す前と取り出した後でもほとんど変わりません。それだけ、「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」自体の重さがゼロであるということです。

実際に、パッケージからケースを取り出して、机に置く瞬間も、ほぼケースの重さは感じませんでした。なんか、ケースを持っているんだけど、A4サイズ1枚の紙程度の重さしか感じません。

半端ないほどの透け感

そして、見るも無残なほどにすっけすけです。ちょうど、ラブホテルか何かのバスルームが透けて見えるすりガラスよりも透明感があります。完全に僕の指が透けてます。

名刺を曲げるくらいの力で曲がる

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-5

超薄型ケースですので、それはそれは意図も簡単にグニャリと名刺を曲げるくらいの力で曲がります。なんと言っても0.35ミリというスば抜けた薄さは伊達じゃないありません。

では早速、「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」を装着してみましょう。

ケースを装着してからの外観やデザインのファーストインプレッション

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-11

装着はめちゃくちゃ簡単です。説明するまでもありません。そして、実際に上記の写真は「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」を装着している写真です。

電源ボタンや音量やサイレントボタン付近の外観はどうか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-16

iPhoneXSの向かって右側にある電源ボタン付近は開口されています。つまり、むき出しになっているわけなので保護されてはいません。しかし、ピッタリとiPhoneXSのデザインのフォルムを忠実に活かすようにフィットしています。

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-6

電源ボタン付近と同様に、左側にあるサイレントボタンと音量調節ボタンも開口されています。そしてもちろんピッタリとiPhoneXSのデザインフォルムを崩さずにフィットしています。

スピーカー部分とLightningポート部分の外観はどうか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-17

シリコンケースやハードケース、そしてTPUケースは、iPhoneの下部(スピーカーやLightningポート部分)は開口されているので、iPhoneの本体がむき出しになっている形状のものが多くあります。

しかし、こちらの「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」は、上記の写真を見て頂ければ分かる通り、しっかりと保護され、さらにピッタリとフィットしています。とは言え、iPhoneのスピーカーの穴の数とケースの穴の数は同じではありませんので、iPhoneのスピーカー部分が隠されています。これは仕様上(強度)仕方のないことなのかもしれませんが、若干、残念に思う点ではあります。

カメラ部分の外観はどうか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-15

カメラ部分もしっかりとiPhoneXSのカメラのフォルムに合わせてフィットしています。上記の写真をパッとみる限り、「ケースつけてるのか?」と疑問がでるくらい、全く違和感なく「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」がiPhoneXSに装着されています。

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun

では次に、実際に「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」を使っての使用レビューをご紹介します。

iPhoneXSのKASE GO ORIGINALの薄型のスリムケースの実際の使用レビュー

電源ボタンや音量やサイレントボタンは押しにくくないか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-14

開封のファーストインプレッションでお伝えしたように、電源ボタンや音量、サイレントボタンはむき出しで保護されていません。つまりそれは、超薄型というケースですが、0.35mmほど電源ボタンや音量、サイレントボタンが沈むということです。その分、iPhoneXSを裸で使用している場合とでは、押しにくい場合もあります。しかし、これは慣れの問題でもあるので、特別に欠点だとも言えません。

重さやサイズ感はどうか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-13

サイズ感は全く変わらない感じです。ケースを装着してiPhoneXSを使用していて本当に装着感ゼロの体験です。上記の写真を見て頂ければ分かる通り、外観のデザインはケースを装着してる分、ケースの配色とマット感がありますが、iPhoneそのもののデザインは損なっていません。

一見しても、iPhoneを裸で使用していると思えるくらいかなり馴染んでいます。

実際の保護性能はどうか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-8

素材がマットなので、最初は少し「滑る」感じがありました。しかしこれも慣れで、いつの間にか自然と手で「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」を装着したiPhoneXSを掴む時、自然と力加減を調整できています。

まだ一度も落下されたことはありません。もちろん、「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」で保護されている部分のiPhoneXSの本体に傷がつくこともなく、超薄型とはいえ、保護性能は十分にあると感じます。

実際に使用してみてのケースのフィット感はどうか?

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-9

一言で「フィット感は抜群」です。

公称で言われているように、ケースをつけている感覚がほとんどありません。シリコンケースやTPUケースは、フィット感はありますが、手で持った時にiPhoneの本体のサイズ感がアップしてしまいます。

しかし、この「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」は本当にしっかりと圧倒的なフィット感に加え、0.35ミリという超薄型によるサイズ感の変わらなさ、さらに限りなくゼロに近い6グラムという重さが全くわかりません。

それはまるで ―


iPhoneXSをケースをつけずにそのまま使っているかのようだ
\

という事を声を大にして言いたい!

だからこそ、【KASE】ブランドで取り扱っているiPhoneのケースのほとんどが超薄型であることから、冒頭で書いた結論に至ったわけです。

【改めて結論】iPhoneの超薄型のケースを探しているなら【KASE】ブランドがおすすめ!

iPhoneの本体のデザインをあまり損なわず、超薄型なのでケースをつけている感じがしない装着感ゼロ!

  1. 超薄型でiPhoneのデザインフォルムを活かせる
  2. 厚さ0.35ミリで装着感ゼロ
  3. ピッタリとフィットし保護性能もある

特に上記の3つの主な理由から、iPhoneの本体のデザインやフォルムそのものを活かせるような超薄型ケースを探しているからには超絶におすすめするケースです!

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun

とは言え、薄型のスリムケースについては、色々な疑問などがあると思いますので、ここからは、「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」での視点で、薄型ケースの諸々の疑問&質問に答えます!

iPhoneの薄型スリムケースの疑問&質問に答えます!

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-7

ブランドによって「薄型」と「超薄型」という表記があるがその違いは?

今回紹介している「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」「超薄型」と公称で言っています。0.35ミリという薄さに「超」をつけているということになります。実際に僕はこちらの「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」は「超」がつくほど薄い!と感じました。

しかし、ブランドや販売会社それぞれの戦略があるので、「薄型」と「超薄型」との明確な区別(数字)はありません。言葉選びのひとつとして認識しておきましょう。

薄型のスリムケースは装着&脱着時に本体に傷が入らないのか?

実際に僕は「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」をiPhoneの本体に装着しましたが、傷がつくどころが、逆にケースの方が割れてしまわないか?!と思うくらい、ケースが超薄型なので、そっちの方が気になりました。

もちろん、「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」の素材は、プラスチックですので、極端に手荒に装着しない限り、iPhone自体に傷がつく心配はありません。それは脱着の時もそうです。手で簡単に脱着も装着もできますので、傷なんてものはつきません。

iPhoneの背面のアップルマークは見えるのか?

先程から紹介している写真を見て頂ければ分かる通り、超薄型なので、iPhoneの背面は透けて見えます。アップルマークも透けて見えています。

もちろん、はっきりと!とまでは言いませんが、かなり透けているのでアップルマークだとすぐに認識できます。

Suicaやワイヤレス充電(QI)はできるのか?

ケースの厚みが0.35mmなのでSuicaをiPhoneのケースの背面に忍び込ませていても使えます。また、もちろんワイヤレス充電も普通に使っています。

薄型ケースは割れやすいのか?

実際に僕はこちらの「iPhoneXS KASE Go Original スリムケース」を使っていますが、いきなり割れるようなことは起きてません。仮に、何かに勢いよく叩きつけた時は、割れてしまうというよりも、白くなってしまうのではないかと思います。理由は、きっちりiPhoneXSの本体にフィットしていますので、ケースと本体の間に一切の空洞がない分、衝撃に関してはケースが割れるなら、iPhoneも割れてしまうと思います。

とは言え、超薄型ケースとはいえ、保護性能は公式ホームページにもあるようにある程度ありますので、普通に使っている分には問題ありません。

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun

最後に

iPhoneXS-KASE-GO-ORIGINAL-Case-20

iPhoneの本体のデザインやフォルムそのものを活かせるような超薄型ケースはないのか!という悩みを解決するのに最適な超おすすめの薄型ケースを発売しているブランド【KASE】スリムケースのご紹介と、実際に超薄型のiPhoneケースの使用レビューをお届けしました。

iPhone11/11 ProシリーズのKASE Go Originalも販売!

このケースには、iPhone8〜最新モデルのiPhone11iPhone11 Pro/Pro Max販売されています。

あなたの所有するiPhoneモデルも一緒にチェックしましょう。

▽公式サイトでチェック▽KASE Link URL Bottun最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたのiPhoneのケース選びの参考になれば幸いです。

では最後に、今回は薄型のケースをご紹介しましたが、iPhoneのケースにはシリコンや手帳型やTPU素材などなどの色々なケースが販売されています。

それらのケースの種類には一体どんなものがあるのか?またはどの種類のものを買うと、どんなことにメリットがあるのか?について詳しく解説した記事をご紹介しておきますので、あなたのiPhone(スマホ)のケース選びの参考にチェックしておきましょう!

次は、iPhone(スマホ)ケースの選び方をチェック!

iPhone(スマホ)ケースの選び方!おすすめの素材や形状の種類を比較!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone11,11 Pro Max 公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。