Mac,iPhone,iPadにおすすめのBluetoothワイヤレスキーボードは純正の【Apple Magic Keyboardレビュー】

キーボードはあなたの「書く能力」を引き出す大切なモノです。

いつも俺的デザインログを読んで頂きありがとうざいます。

今回は、MacやiPhone、それにiPadでも使えるApple(アップル)純正のBluetoothキーボード「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」の使用感のレビューと、僕がおすすめする理由をご紹介致します。

Macに関わらずiPhoneやiPadの外付けキーボード選びで悩んでいる方で、”ちょうどええ打鍵感”がお望みの方はにとっての ベストチョイスなキーボード であることは間違いないです。

キーボードのおすすめ|マストバイアイテムのApple純正のApple Magic Keyboardを買ったから、開封の義、そして特徴や魅力、欠点を雑感レビュー。


Apple Magic Keyboardの使用感レビュー

テキスト入力するという作業のあるブログを書くのに使ってみて

”ブログを書く”ということは、記事の内容や構成やネタを”キーボードでタイピングして書く”ということです。つまり、ブログを書く上で”キーボード”は、とても欠かせないモノであるわけです。

そしてもちろん、ブログに関わらず、本の執筆、企画書などのあらゆるテキスト(文章)を書くのに必要なわけですので、キーボードは”自分の最高の能力を引き出すためのツール”である必要があります。しかし、世界にはあらゆる種類の何千個ものキーボードが存在しているので、どれを選んだらいいのか、選ぶのにも困るので、「とりあえず、安ければいい」、「とりあえず、みんな使っているものでいいか」、「なんでもいいか」、「こだわりはない」という結果につながってしまう方がほとんどだと思います。

でも、よく考えてみて下さい。

たかがキーボード、されどキーボード!

キーボード選びは自分に合ったものを

特にパソコンを頻繁に使う方にとってのキーボードとは、あなたの一つひとつの言葉を紡ぎ出す、”あなたらしさを表現するモノ”、すなわち”自分を表現するために使うモノ”です。

だから、自分に合ったキーボードをこだわって使うことは、あらゆる”書く”というライフワーク生産性効率化を引き出すために、選びに選び抜かなければはならないくらい、重要な存在だと考えています。

サッカー選手で言うならそれは”スパイク”であり、野球選手で言うならそれは”バット”であり、スケーターで言うならば”スケートボード”であり、ギタリストで言うならば”ギター”であり、マラソン選手で言うならば”シューズ”であり、作家で言うならば”ペン”であり、ライターやブロガーで言うならば”キーボード”ということです。

キーボードへのこだわりについては、以下にいくつか”キーボード”についての記事を書いていますので、合わせてお読み下さい。

Apple MacBook Pro の進化したバタフライ式のキーボードは、本当にうちやすいのか?

なぜ僕がApple Magic Keyboardを購入したのか

さて、そんなこんなで僕は「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」を選び、”自分の最高の能力を引き出すためのツール”として使い始めたんですが、それに至るまでにはいくつかの課題がありました。

Touch Bar搭載のMacBook Proを購入し、それがメインマシンになりました。最初は、そのTouch Bar搭載のMacBook Proのキーボードを使ってブログを書いていたわけです。

しかし、それに搭載されていた新しいバタフライ式のキーボード(2015年に登場したMacbookと同じ方式)が、残念なら僕には合いませんでしたもちろんタイピングできないこともないんですけど、キートップの押し込み感が無さすぎて(軽すぎる)、押下してもそれほどの打鍵感がなく、非常にタイピングしている感じが弱いこと、そしてその打ちにくさにより腱鞘炎の心配も出てきました。

以下の記事に詳しく書いていますが、Touch Bar搭載のMacBook Proのキーボードで腱鞘炎への不安を抱えていた時期もあり、そこで購入してみたのが、このApple純正のキーボード「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」でした。

以下に、Touch Bar搭載のMacBook Proのバタフライ式のキーボードのついて詳しく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

MacBook Pro 15インチレビュー|進化したバタフライ式のキーボードは、本当にうちやすいのか?

そして、以下の「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」の購入レビュー記事を読むとさらに理解して頂けると思いますので、こちらも合わせてお読み下さい。

Apple キーボードのおすすめ|マストバイアイテムのApple純正のApple Magic Keyboardを買ったから、開封の義、そして特徴や魅力、欠点を雑感レビュー。

純正キーボードは やはり打鍵感がとてもちょど良い

ブログもそうですが、企画書などのテキスト入力に関して(特に長文)は、Apple純正のキーボード「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」を買って正解でした。

本当に打ちやすいんです。

もちろん、個人差があり、言葉で説明するのは難しいんですが、適度な打鍵感と押し込み感で、タイピングが非常に快適になりました。

MacBook Pro 15インチに、外部ディスプレイのLG Ultra Fine 5K displayと「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」を接続した環境が、現段階での最高な組み合わせとなっています。

外部ディスプレイならこれでしょ!LG UltraFine 5K Displayの開封の儀と雑感レビュー

Apple Magic Keyboardはどんな人におすすめなの?

2016年以降に発売したMacBook Proや2015年以降に発売されたMacbookの”バタフライ式のキーボードが合わない”と感じている方、または外部ディスプレイにMacのLaptopを接続していて外部キーボードの購入を検討している方は、ぜひApple純正のキーボード「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」をおすすめします。

タイピングもそうですが、Apple純正ですのでデザイン製も優れていますので、Apple信者としては所有欲も満たされて、最高です。

Mac,iPad,iPhoneにおすすめのApple Magic Keyboardとは?

製品情報/概要

Magic Keyboardは美しく生まれ変わったデザインに、充電式の内蔵バッテリーと強化されたキーの機能を組み込みました。それぞれのキーの下にある改良されたシザー構造により、キーの安定性が向上しています。そのうえ、キーの運びが最適化され、より低いフォルムになったため、極めて快適で正確なタイピングを行えます。あなたのMacと自動的にペアリングできるので、すぐに作業に取りかかれます。バッテリーは驚くほど長持ちで、一回の充電で約1か月、あるいはそれ以上駆動します。

引用元|Apple

技術仕様

  • 高さ:0.41〜1.09 cm
  • 幅:27.9 cm
  • 奥行き:11.49 cm
  • 重量:0.231 kg
  • 一般
  • マルチメディアキーボード
  • 接続と拡張性
  • Bluetooth
  • Lightningポート
  • ワイヤレス

引用元|Apple

まとめ

今回は、MacやiPhone、それにiPadでも使えるApple(アップル)純正のBluetoothキーボード「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」の使用感のレビューと、僕がおすすめする理由をご紹介致しました。

このApple純正のキーボード「Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)」は、Bluetooth接続のキーボードですので、もちろんiPhoneiPadにも接続できますので、製品自体がコンパクトなので、モバイル性も抜群。バッテリー駆動時間も長期的でのすで外出先に持ち出して使えます。

では、あなたの”自分の最高の能力を引き出すためのツール”であるキーボード選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。では、またお会いしましょう。

iPadなどにおすすめのキーボード記事関連

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

おすすめ関連記事を特集!!



最新情報はこちらから!

バナー

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA