iPhone12 miniやProのカラーバリエーション(色)の展開は?

iphone-12-color-lineup
iPhone12が発売!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年10月16日に予約開始!
発売日は10月23日と11月中旬!

予約や購入はお早めに

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

iPhone12シリーズのめちゃくちゃオシャレなカラーラインナップのリーク予測と、有機ELディスプレイパネルのリーク写真から、またまたノッチの縮小化に対しての問題が発生しております。さらにはiPhone12に搭載が予測されていたリフレッシュレート 120Hzの搭載未搭載問題に、おおよその終止符というか、結論と言っても良いリークが出てきましたので解説していきます。

最新のiPhoneやApple製品などのテック系の情報やガジェットレビューなどについては、YouTubeチャンネルの動画でもアップしていますので、ぜひチャンネル登録して頂いて、定期的な情報収集にお使いください。

また、noteというプラットフォームで、僕のテック&ガジェットのレビュー記事やコラム、YouTubeの戦略や収益などを発信したり、Appleのことについて限定公開しているマガジンもありますので、ぜひ「イシハラさんの好きなこと」もチェックしてみてください。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone12の新カラバリ(色)・ノッチ縮小化と120Hz問題

こちらの動画で、この記事の内容をすべて解説していますので合わせてチェックしてください。

iPhone 12に搭載予定の有機ELディスプレイ写真が公開

2020年10月に発売が噂されているiPhone12シリーズに搭載されるディスプレイは、iPhone12シリーズすべてのモデルで有機ELディスプレイ見込みです。

その有機ELディスプレイの写真が、海外メディアであるMacRumorsが、AppleのリーカーであるMr.white氏がTwitterに投稿した写真を報道しました。

それがこちらの写真です。

iPhone11シリーズから変わっている

こちらの写真が、なぜiPhone12だと分かるのかといいますと、コネクタやロジックボードの位置、さらには5Gアンテナ部分のSIMトレイの場所が、iPhone11シリーズから変わっているとのことなので、明らかにこのディスプレイパネルの写真は、新しいiPhone、つまりiPhone12のものだと考えることができます。

そしてさらにMr.white氏はもう1枚の有機ELディスプレイの写真を公開しています。

この写真を見て、皆さん何か気になるところはありませんか?

そうです、なんと、ノッチのサイズです。

ノッチのサイズは変わらない?

Mr.white氏も、この写真のツイート内容に、「Same Face iD Size」としており、iPhone11シリーズとFace IDのサイズが同じではないかと指摘しています。

リーク予測では、ノッチはあまり変わらないけれど、少なくとも14%は縮小化しているとされていましたが、この写真を見る限り、本当に同じサイズに見えます。

ただ、iPhone12のノッチは、ディスプレイサイズの違うモデルごとでもサイズは変わらない、一定サイズのままなので、この写真のディスプレイパネルは5.4インチのiPhone12のものだとも考えられます。

とはいえ、6.1インチのiPhone12とiPhone12Proが、先行して発売されると予測されていますので、このディスプレイパネルについて、こうも5.4インチのものばかりのディスプレイパネルのリーク写真があるのもにわかに信じがたいです。

そしてよくよくこのリークされた写真の全体的なバランスを見てみると、6.1インチサイズに見えなくもない気がします。

もしこれが仮に6.1インチのディスプレイパネルならば、明らかにノッチはiPhone11シリーズからコンパクトにはなっていないと考えられます。

これは非常に怖いです。ホラーです。

source:MacRumors

iPhone12のリフレッシュレート120Hzは完全に未搭載

iphpone12-pro-120hz-Display

iPhone12の中でも、6.1インチiPhone12Proと6.7インチiPhone12Pro Maxに120Hzのディスプレイが搭載されるとかされないとか色々なリークが出ておりまして、一番最近のリークでは、iPhone12ではリフレッシュレート120Hzのプロモーションディスプレイは搭載されるが、実装テストの段階で不合格となり、事実上、搭載されるが、その機能は無効化された状態で出荷されるとされていました。

また、ソフトウェア上で、120Hzか60Hzを使用するかは設定で変更できるとのリークもあります。

しかしここに来て、残念とも言える、新しい情報が出てきました。

iPhone12のディスプレイには120Hzを実現するためのドライバ未搭載

ディスプレイ関連の情報通なDSCCのCEOであるロス・ヤング氏が、「iPhone12のディスプレイには、リフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバIC自体が搭載されていない」ツイートしました。

ディスプレイ関連に詳しいとされているロス・ヤング氏は、自分の評判を落とすやもしれないことをわざわざツイートするとも思えません。

iPhone12シリーズには120Hzは搭載されない

つまり結論としては、iPhone12シリーズには120Hzは搭載されない、もしくは搭載されても使えないということになりますので、iPhone12で120Hzは実現されない可能性が高くなってきました。

もちろん、120Hz搭載でのメリットもありますが、逆にバッテリーの減りが早いというデメリットもあるので、どちらかというと、120Hz未搭載でも問題ないのかなと思います。

source:Ross Young/Twitter

iPhone12の本体カラーラインナップ(色)のレンダリング画像公開

iphone12-mini-4

このブログでも、iPhone12のエントリーモデル、そしてiPhone12Proシリーズのハイエンドモデルのカラーラインナップは何度かお伝えしてきました。

iPhone12Proシリーズは4色

iphone12-pro-color

 

その中で、iPhone12Proシリーズのハイエンドモデルのカラーラインナップは、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、新色ネイビーブルーとおおよその予測はつきますが、iPhone12のエントリーモデルに関しては、多彩なカラーラインナップになるとのリークがあるために、どんな色になるのかがまだまだ予想の範囲を超えていません。

そしてここに来て、Apple製品のレンダリング画像をいくつも公開しているTwitterアカウントのApple Hubが、iPhone12エントリーモデルのカラーラインナップを公開しました。

iPhone12エントリーモデルのカラー

ホワイト(シルバー)、ブラック(スペースグレイ)、PRODUCT(RED)、ライトブルー、ライトオレンジ、パープルとなっております。

そしてさらに、iPhone11シリーズとそのカラーラインナップがどう変わったのかについても公開していましたのでお伝えしておきます。

比較するとこのようになっております。

iPhone11のカラーバリエーション

iphone11-color
  • ホワイト
  • ブラック
  • PRODUCT(RED
  • グリーン
  • イエロー
  • パープル

 iPhone12のカラーバリエーション

iphone-12-COLOR
  • ホワイト
  • ブラック
  • PRODUCT(RED)/なし
  • 新ライトブルー
  • 新ライトオレンジ
  • パープル

iPhone11シリーズと比べると、まずはiPhone11の中でもかなりオシャレなカラーであったグリーン、ミントに近い色で人気がありましたが、そのグリーンが、iPhone12では廃止となり、代わりにライトブルーという新色が追加されています。

また、iPhone11のイエローがなくなり、iPhone12にはライトオレンジが追加されています。

このようなカラーラインナップになると予測しています。

ライトブルーは良さそう

特に注目すべきは、ライトブルーかと思います。これはiPhone12Proシリーズに新色として追加されるネイビーブルーと同様に、新色としてブルー系のカラーが追加されると予測されているようです。

どのカラーも非常にカジュアルでオシャレなので、かなり迷うところです。

僕は5.4インチのiPhone12にしようと思っているので、どのカラーにしようかと今から本当に真剣に考えておこうかと思います。

source:Apple Hub(@theapplehub)/YouTube

iPhone12の値段や発売については、こちらの記事にまとめて解説していますのでぜひそちらもチェックしてみてください。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

iphpne12-pro-Design-13

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max クリアケース カバー 片手持ち スマホリング付き TPUケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

iPhone12 /12 Max /12 Pro /12 Pro Max TPU カーボン調 ケース
keitaiichiba
  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

iPhone12 ケース 軽い 超薄型 高透明TPU 全面保護 ケース
Frusde
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



iphone-12-color-lineup

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。