iPhone12に5Gと有機ELディスプレイ搭載で値段が上がる可能性

iPhoneSE(第2世代)は買い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

この記事では、iPhone12の5Gやディスプレイについて、そしてその情報と重要な関係だということがわかってきた、イヤホンと電源アダプタの同梱問題、さらにそれらの情報によって大幅に変わってきそうなiPhone12全4機種の値段についての進捗のリーク情報が入ってきました。

また、その値段についての変化に伴い、iPhone11を買うべきか、iPhone12を待つべきかについての僕にも多少の変化があり、それも合わせて解説していきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


【動画】iPhone12の値段がマジで心配…全4機種の価格を改めて予測!

こちらの動画で詳しく解説していますのでぜひ合わせてチェックしてください。

また以下に文章でも解説します。

iPhone12全モデルが5G対応かつ有機ELディスプレイ採用

iphpne12-pro-Design-13

iPhone12のディスプレイサイズのラインナップは、5.4インチ/6.1インチ/6.7インチの3種類であり、その中の6.1インチは、エントリーモデルのiPhone12 MaxとハイエンドモデルのiPhone12Pro Maxとなり、全4機種となっています。

その全4機種全てに5Gと有機ELディスプレイが搭載されると、Nikkei Asian Reviewでは、その予測の裏付けがとれたと報道しています。

5Gと有機ELディスプレイが搭載は確実か

iphone-12-5g

この有機ELディスプレイが搭載されるという予測は、過去にも様々なリーカーがお伝えしてきていますが、このNikkei Asian Reviewという非常に大きなメディアサイトが報じるということは、かなり信憑性も高く、信頼できる情報筋から得た情報だと思います。

また、5Gについても、過去の記事で少し紹介していますが、4GモデルのiPhone12の発売の噂もありましたが、やはりiPhone12は全4機種が5Gモデルであると伝えています。

5.4インチはiPhone12 miniじゃない?4G版はある?サイズは?

今までリークされていた5G対応かつ有機ELディスプレイ採用については、リーカーの予測の範囲を超えてはいませんでしたが、このNikkei Asian Reviewの報道によって、かなり確実性が高い可能性が出てきたと思います。

というか、ほぼこうなると思います。

iPhone12にはイヤホンや充電器が同梱されないけど値上げ?

adapter-iphone12

過去の記事でもいくつか、iPhone12にはイヤホンや電源アダプタが同梱されないのかどうなのかについてご紹介してきました。

5.4インチ iPhone12 miniの新画像・電源アダプタ同梱されない?解説

ConceptsiPhoneがツイッターでiPhone12のパッケージ内の仕切りのプレートのようなリーク画像を公開しました。

それがこちらの画像です。

イヤホンや充電器を同梱するスペースがない

この仕切のプレートには、イヤホンや充電器を同梱するスペースがないことから、iPhone12にはイヤホンや充電器が同梱されないという予測が高まったきています。

しかもこの情報筋は100%信頼できるとコメントもしています。

さらに、先程紹介したNikkei Asian Reviewの別の報道でも、2020年に発売予測のiPhone12やiPadにも、充電器は同梱されないし、別の動画で紹介した通り、ワイヤレスイヤホンAirPodsの売上を伸ばすために、有線イヤホンも付属させないと報じていますので、このイヤホンと電源アダプタの同梱されないという予測は、かなり現実的に考え手差し支えなさそうです。

同梱されないならいくらか値下げはある?

このようなリーク予測に対して、僕自身は、特に同梱されなくてもされても構わないスタンスをとっていますが、このチャンネルの視聴者の方々の中には、やはり「必要だ」というコメントもちらほらありますし、もし同梱されないのであれば、いくらか値下げしてほしいなどのコメントもあります。

もちろん、普通に考えて、イヤホンや電源アダプタが同梱されないのであれば、値段が少なからず安くなると考えてしまいます。現に、それらが同梱されないなら、単価は下がると思います。さらに、イヤホンや電源アダプタが同梱されない理由については、アップルがコスト削減を目的としていると予測されています。

しかし、ここに来て、なんと180度違う理由が明らかになってきました。

iPhone 12の最低価格がiPhone11より50ドル値上がりする

海外メディアサイトであるMacRumorsの情報によりますと、iPhone 12の最低価格は5.4インチモデルで749ドル〜であり、前機種にあたるiPhone 11の699ドル〜より50ドル高くなると予測されているとのことです。

別の記事でご紹介していますが、5.4インチモデルのiPhone12の予測価格は、649ドルからと予測されていました。しかし、現時点では749ドル〜となり、実質100ドルほどの誤差が生じていることになります。これはかなり大きな誤差です。

iPhone12・12 Proの発売日や値段や性能は?

iPhone12が値上がりする理由は?

その理由としては、イヤホンや電源アダプタが同梱されなくても、iPhone 12の全4機種は全て5G対応となっていること、そして安価な液晶ディスプレイではなく、高価な有機ELディスプレイが搭載されるからだとしています。

つまり、当初は5.4インチモデルのiPhone12の予測価格は、649ドルからでしたが、それが749ドルになったということは、各モデルが約100ドルほど値上がりした価格になるかもしれません。

ということはやはり、iPhone11よりも若干安い可能性のあったiPhone12の価格が値上がりする可能性が出てきました。

ということで、ここで新ためて50ドル値上がりしたiPhone12全4機種の値段を確認しておきましょう。

iPhone12の各モデルの値上がりする値段は?

5.4インチのiPhone12

  • 価格は$649から$749へ

6.1インチのiPhone12 Max

  • 価格は$749から$849

6.1インチのiPhone12 Pro

  • 価格は$999から$1099

6.7インチのiPhone12 Pro Max

  • 価格は$1099から1199

もうこれ以上は正直つらいところまできましたね。本当にこの価格ならば、iPhone12の購入を踏みとどまるユーザーも増えてくるのではないでしょうか。

iPhone11でさえ、格安スマートフォンがある中で、この値段は高すぎる!など賛否両論あり、しかも今では120Hzのディスプレイを搭載したスマートフォンが5万円で買える時代の中、iPhoneだけではないですが、僕らの愛するiPhoneの価格がどんどん上がってしまうのは、なかなかつらい状況でもあると思います。

もちろんこれは予測であるので、実際に発売される時に値段については、未確定であるので、どうかこのMacRumorsが報じた、iPhone11よりもiPhone12が100ドル近く高くなるという情報は、半分正解半分不正解くらいなのを祈るばかりです。

iPhone11を買うか、iPhone12を待つべきか

iPhone-12-11-camera

また、別の記事でお伝えしている、iPhone11を買うか、iPhone12を待つべきかについては、iPhone11と同価格でiPhone12が買えるというメリットについても触れているので、ここまでiPhone12が100ドル以上もiPhone11よりも高いとなると、なかなか難儀なことになりそうです。

iPhone12Proシリーズを待つべきか?11Proを買うべきか?徹底解説

しかし、iPhone11を買うか、iPhone12を待つべきかについての結論としては、iPhone12が発売されれば、iPhone11はもちろん値下げされることになるので、どちらにせよ、iPhone11を買うとしても、iPhone12の発売後の方が値段は下がるのでお買い得だという結論になります。

とはいえ、このiPhone12の値段の問題には、かなり慎重にリサーチしていきたいと思います。

source:iphone-mania.jp
source:MacRumors
source:Nikkei Asian Review

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

iphone-12-pro-concept

[最新まとめ]iPhone12・12 Proの発売日・値段・性能・デザインは?

2020年3月27日

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhoneSE第2世代を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。