iPhone12の発売のトラブルで延期を回避!Appleの迅速な対応とは?

iphone-12-Toraburu
今、iPhone11が安い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

/新しい読書のおすすめは”本を聴く”\

新型Apple Watch シリーズ6のバッテリーの画像流出でその容量の明らかになった数字、iPhone12とApple純正のワイヤレスパッド「AirPower」の発表について、iPhone12の製造上でのトラブルによる発売状況の遅れの可能性について、さらにはなんとも気が早いですが、 iPhoneSE3の最新情報も出てきましたので解説していきます。

最新のiPhoneやApple製品などのテック系の情報やガジェットレビューなどについては、YouTubeチャンネルの動画でもアップしていますので、ぜひチャンネル登録して頂いて、定期的な情報収集にお使いください。

また、noteというプラットフォームで、僕のテック&ガジェットのレビュー記事やコラム、YouTubeの戦略や収益などを発信していますので、「イシハラさんの好きなこと」もチェックしてみてください。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone12 発売日の延期問題→解決策など

この記事の内容は、こちらの動画ですべて解説していますので合わせてチェックしてください。

また、以下より文章で解説していきます。

新型Apple Watch シリーズ6のバッテリー画像流出

apple-Watch-s6

海外メディアであるMacRumorsから、今年の10月発売が噂されている新型Apple Watch シリーズ6、もしく新型のAirPodsと思われる、バッテリー画像がリークされました。

AppleのリーカーがTwitterに投稿した画像がこちらです。

バッテリーの容量は303mAh

バッテリーの容量は303mAhとのことで、これはApple Watch シリーズ 5用のバッテリー容量の296mAhより大きいと報じています。

どんなデバイスでもそうですが、やはりバッテリーの容量が増えると、なぜか嬉しくなります。

Source:Abhishek Yadav(@yabhishekhd)/Twitter

2021年発売予測のiPhone SE3の電源ボタン部分にTouch ID搭載か

iphone-touchid-tousai

今年の10月に発売が噂されているiPhone12シリーズですが、そのiPhone12は全モデルがフルディスプレイとなりますので、当然のようですが、顔認証センサーのFaceIDが搭載されるでしょう。

つまり、iPhone12シリーズには、僕もしかり、皆さんやiPhoneユーザーが切望しているTouchIDは搭載されない可能性が高いと予測されています。

iPhoneに画面埋込み型TouchIDが搭載されるは低い

過去のリークでは、ディスプレイ埋込み型のTouchIDが搭載されるという噂もありましたが、現実的に考えて、Androidではないので、iPhoneにディスプレイ埋込み型のTouchIDが搭載されるは低いと思います。

そんな中、来年2021年に発売が噂されているiPhoneSE3、つまりiPhoneSE 第3世代について、電源ボタン上Touch ID搭載されるというリークが出てきました。

これはAppleのリーカーであるOmega LEAKS and RUMORSがツイートしました。

世界のマスク着用の頻度が増え来年のiPhoneにTouchID搭載を検討

来年発売が噂されているiPhoneSE3は、iPhoneXRの筐体をブラッシュアップさせたものであるので、ディスプレイはフルディスプレイ、ディスプレイサイズはiPhoneXRと同じ6.1インチになり、ホームボタンが廃止されていることから、もちろんTouchID非搭載の噂もあります。

しかし、このところのコロナウイルスの世界の情勢で、マスク着用の頻度も増え、やはり顔認証ではなかなか使い勝手が悪いのも事実ですので、iPhone12にはもちろん間に合いませんので、来年のiPhoneのラインナップされるモデルに、TouchID搭載を検討することは、必然になるかもしれません。

引き続き、iPhoneSE3についても追いかけていきたいと思います。

source:Omega LEAKS and RUMORS(@omegaleaks)/Twitter

Apple純正のワイヤレスパッドAirPowerの発表は確実か

apple-may-release-airpower先日、iPhone12の有機ELディスプレイパネルのリーク写真を紹介しまして、そこには円形状になっているワイヤレス充電器対応のコイルが搭載されることが判明しました。

そのコイルは、明らかにAirPowerの開発上で起こっていた問題をクリアするための技術であることが予測できます。

AirPowerの開発については、その開発上の問題により、一度生産中止となった経緯もありましたが、今年に入り、再開発に目処がたったという情報もあり、今回のコイルのリーク写真から、2020年10月に発表されるiPhone12と共にAirPowerの発売が大きく期待されると、各社メディアが報じていますので、期待しておきましょう。

iPhone12のカメラレンズ製造で問題発生で発売どうなる?

iphone12-pro-camera

10月に発売が予測されているiPhone12シリーズですがそのiPhone12シリーズのモデルの中で、5.4㌅iPhone12と6.1インチのiPhone12のカメラレンズに製造段階で問題が発生したとのリークが入ってきました。

海外メディアであるMacRumorsが報じた内容によりますと、独自の情報筋を持つAppleアナリストのミンチー・クオ氏が、ある調査資料を明らかにしたようです。

iPhone12のカメラが製造中にトラブル

iphone12-mini-3

台湾のiPhone12のカメラレンズサプライヤーが、カメラレンズの製造中において、高温高湿試験の最中にフィルムが裂けてしまうという品質上の問題が起こり、それに伴い、部品の供給の遅れが見込まれているとしております。

しかしその問題を、Appleは早い段階で、その解決に乗り出し、すぐに台湾の別のカメラサプライヤーからカメラ・レンズを購入し、製造工程の遅れが出ないように最善の策を講じたようです。

つまり、当初予定されていたカメラサプライヤーのカメラレンズではなく、別のカメラサプライヤーのカメラレンズが採用される可能性が出てきました。

Appleの迅速な神対応で発売延期免れる

5.4インチと6.1インチのiPhone12の最終組立に伴った量産については、コロナウイルスで遅れが生じていることを踏まえて、これ以上の発売延期とならないように、10月に発売が予測されているiPhone12の発売を予定通りに行うために、初期出荷されるiPhone12には、第二のカメラサプライヤーのカメラ・レンズを使うとしています。

もちろん、製品テストの厳しいAppleですので、どちらのカメラレンズにしても、そのクオリティの基準を落とすことは考えられないので、そこは安心しつつ、この問題が無事に解決することに期待したいところです。

要は、iPhone12の製造段階で、カメラ・レンズに問題があったが、これ以上発売の遅れを出さないためにAppleは迅速にその問題を解決したようです。

Source:MacRumors

俺的情報:Apple Watchのレインボーバンドのレビュー

Noteというプラットフォームで、ガジェットのことからテックのこと、さらにはYouTubeのことを書いているんですが、その中でもAppleのことだけに限定したレビューやコラム、おすすめのアプリなどの記事を書いている缶コーヒー二杯分の月額マガジンに、今回、Apple Watchのレインボーバンドについての記事を改めて書きましたので、ぜひ皆さん、僕の応援も含めて読んで見てください。

Appleのことしか書いていないマガジンなので、僕目線で色々と毎月何本も記事を書いていきますのでぜひ合わせてチェックしてください。

iPhone12の値段や発売については、こちらの記事にまとめて解説していますのでぜひそちらもチェックしてみてください。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

iphpne12-pro-Design-13

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

iPhone12 ケース 軽い 超薄型 高透明TPU 全面保護 ケース
Frusde
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

iphone-12-Toraburu

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。