iPhone12 カメラ機能を画素数はどうなる?アイフォン11よりすごい!

今、iPhone11が安い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

/新しい読書のおすすめは”本を聴く”\

iPhone12のノッチについての進捗の情報と、背面カメラの配置とサイズについて、さらにはナイトモードやオートフォーカスについての細かいカメラ機能のリークが出てきましたのでご紹介します。

さらに僕の今一番の悩みのタネである、5.4インチのiPhone12と6.1インチのiPhone12Proのどちらを買おうかという視点でもお話します。

最新のiPhoneやApple製品などのテック系の情報やガジェットレビューなどについては、YouTubeチャンネルの動画でもアップしていますので、ぜひチャンネル登録して頂いて、定期的な情報収集にお使いください。

また、noteというプラットフォームで、僕のテック&ガジェットのレビュー記事やコラム、YouTubeの戦略や収益などを発信していますので、「イシハラさんの好きなこと」もチェックしてみてください。

では本題です。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone12Pro カメラのココがすごい!

この記事の内容はこちらの動画で詳しく解説していますので合わせてチェックしてください。

また以下より詳しく文章でも解説致します。

iPhone12のノッチはやはり変わってない

Appleのリーカーであるジョンプロッサー氏がTwitterで、iPhone12のノッチに関するサイズの疑問ついて予測コメントをしました。

ノッチのサイズですが、以前の記事で、iPhone12シリーズのノッチのサイズはやはりiPhone11シリーズのノッチのサイズと同じだとした上で、コンパクトに見えたり、ノッチのサイズが変わって見えるのは、5.4インチのサイズに小型化されたり、6.7インチのサイズに大型化されたりする影響で、「コンパクトになった印象になる」という仮設を立てています。

iPhone12にUSB-C搭載の可能性が再熱?ノッチ問題など

僕もiPhone12のノッチに関しては、色々と今までリーク情報をお伝えしてきましたが、そのプロセスの中で、ノッチについてのサイズが変わるのか変わらないのか?という疑問については、あまりに情報がありすぎてなかなか予測がつきにくくなっている状況だと感じています。

ノッチは確実にiPhone12に存在する

可能性として高いことは、ノッチは確実にiPhone12に存在し、しかもノッチがあるおかげで、バッテリーの残量を数字で確認することができないとは言えると思います。

やはり、ノッチレスのホームボタンありのiPhone8以前のモデルや、iPhoneSE 第2世代については、ホームスクーリング上でバッテリーが数値でしっかり表示されているので、このちょっとしたユーザビリティだけでも、使い勝手は変わり、実際にiPhoneSE第2世代を使っていて、メリットであるポイントになっています。

つまり、ノッチについては、残念としか言いようがありません。もちろん、FaceIDなどのメリットはあるにせよ、動画の全画面再生や、ゲームアプリでは、割と邪魔な存在ではあります。

source:Jon Prosser@jon_prosser

iPhone11と比べて背面カメラレンズは10%巨大化

過去の記事で、背面カメラユニットといいますか、カメラのレンズの配置について、均等に4つ並ぶのか、それともiPhone11やiPhone11Proシリーズのようば配置になるのか? などいくつかご紹介してきました。

iPhone12の高性能カメラ・Apple Watch S6 ミッドナイトブルー追加

その中でもやはりiPhone11のようなカメラ配置になる可能性が高いということをお伝えしていました。

その情報と合わせて、同じくAppleのリーカーであるジョンプロッサー氏がTwitterで、同じカメラ配置にはなるが、カメラのレンズ自体が10%ほど巨大化するとコメントしています。

カメラユニットはiPhone11とiPhone12が同じ

leek-image

要は、カメラユニットは、iPhone11とiPhone12が同じ、iPhone11ProとiPhone12Proが同じではあるが、それぞれのカメラレンズ自体が多少大型化して、さらにiPhone12Proに限っては、iPhone11Proのカメラ配置に加えて、LiDARスキャナがフラッシュの位置、もしくは下部に配置されるようです。

このLiDARスキャナについては、このiPadProもそうですが、めちゃくちゃ存在感があるかと言えば、それほど存在感はないので、デザイン的にはあまり気になることはなさそうです。

source:Jon Prosser@jon_prosser

iPhone12Proシリーズのカメラ性能はやっぱりすごそう

iphone12-pro-camera

本日3度目のご登場となるAppleのリーカーであるジョンプロッサー氏が、iPhone12ProシリーズのカメラやLiDARスキャナの設定画面のスクリーンショットを公開しました。

動画およびナイトモードやオートフォーカス機能の改良

それによりますと、LiDARスキャナの搭載により、オクルージョンできる他、ARでの距離の計測やスキャニングは、こちらのiPadProですでにチェック済みですが、その他に、iPhone12では、動画およびナイトモードにおいて、オートフォーカス機能の改良、被写体の認識精度が向上としています。しかも、より長い露出時間を確保できる拡張機能のナイトモードや、ノイズ削減、色深度ビデオ、ズームなどの設定に加え、動画機能では4K:120fpsおよび4K:240fpsのスローモーション撮影機能が検証されているとのことです。

サイズかカメラか

iphone12-Rendering-size-hikaku

僕は5.4インチのiPhone12と6.1インチのiPhone12Proのどちらを買おうか悩んでいる要因として、サイズとカメラであるとお伝えしました。サイズを取るなら5.4インチのiPhone12、カメラ機能を取るなら6.1インチのiPhone12Proです。

このリークが正しければ、カメラ機能はLiDARスキャナ搭載の恩恵により、やはりProシリーズは向上するようです。これは、かなり嬉しい悩みが大きくなってきました。

ここでもし仮に、iPhone12Proでは4K:120fpsおよび4K:240fpsのスローモーション撮影機能ができるけど、iPhone12のエントリーモデルではできないとなると、もはや6.1インチのiPhone12Proを買うしかないかもしれません。

SONYのVlogcamのZV-1もほしいので、それ買うなら5.4インチでも良いんですが…

iPhone12の画素数は?

現段階で予測されているのが、iPhone12シリーズの画素数は6400万画素(64Pixel)とされています。

iPhone11などは1200万画素なので、かなり高画質化が望めると思います。

source:Jon Prosser@jon_prosser

iPhone12の5Gモデルの発売はいつ?

iPhone12の発売についてですが、最新の情報によると、10月12日の週に発表があり、同じ週にiPhone12のエントリーモデルが予約開始。

さらには発売に関しては、10月19日の週になると最新の予測がされています。

iPhone12Proシリーズについては、11月に発売と言われており、具体的な発売日まではわかっていない状況にあります。

詳しくは以下の記事に書いていますので、合わせてチェックしてください。

iPhone12の発売はいつ?10月12日発表&予約で10月19日発売か

iPhone12は5G対応しない?

iPhone12には5Gが搭載されるとしていますが、5G対応しないのでは?という声や情報もいくつかあるようです。

実際に、現時点(発表前)で、以下の記事でも書いていますが、4GモデルのiPhone12の発売のリークもあります。

このように、4Gモデルが発売されるというリークもあれば、必要ないというリークもあり、さらには日本は未発売だけど、後進国ではまだまだ4Gが必要な状況にあるので、海外での4G版iPhone12が発売される可能性はあると。

とにかく日本では、iPhone12の5Gモデルの発売は確実かと思いますので。今後も追いかけていきたいと思います。

iPhone12の値段や発売については、こちらの記事にまとめて解説していますのでぜひそちらもチェックしてみてください。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

iphpne12-pro-Design-13

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

iPhone12 ケース 軽い 超薄型 高透明TPU 全面保護 ケース
Frusde
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。