Apple iPhone X搭載の顔認証「Face ID」の機能とは?買う前に知っておくべきことのすべて。

触れるよりも先のことを認識するシステム。それは”見る”という動作を認識すること。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

このブログは、UlyssesというMac,iPhone,iPadアプり(MacOSアプリ、iOSアプリ)を使って執筆しています。

Appleは、2017年9月13日AM:2:00(日本時間)より開催したApple special eventで、iPhone発売10周年記念する iPhoneX を発表しました。

iPhoneXについての発売日や価格、大まかなスペックのポイント、されにはiPhoneXを買うか?買わないか?というところは以下の記事に書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK   AppleがiPhoneX発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない? 

今回は、そのiPhone発売10週年を記念するモデル”iPhoneX(アイフォーン テン)” ”Face ID” という新機軸最新テクノロジーが注ぎ込まれた新機能に特化して、ご紹介致します。

iPhoneXのFace IDは、人間のあらゆる動作の中で、最も早く、最も自然な”動作”を形にした、紛れもない超越した技術が、手のひらサイズに収まっている新感覚新機能と言えます。

言わば、iPhoneXのFace IDは、我々の生活においての”動作””始まり”です。

まずは、iPhoneXの動画を。

Face IDとは?

触れることよりも自然な動作は何か。見ることです。Face IDはそんな視点から生まれました。パワフルで、安全で、Touch IDよりもさらに便利なこの認証システムなら、すばやく、簡単に、直感的に、ロック解除と支払いができます。

引用元|Apple

このiPhoneXには、ホームボタンがありません。従来のiPhone7などに搭載されていたTouchI D(ホームボタン)さえもありません。ですので、Touch ID、またはホームボタンの代替機能として、このiPhoneXには搭載されているということになります。

しかし、それらを進化させたシステムであること間違いありません。

要は、指先でロックを解除するのではなく、顔パスってことですよね。

TrueDepthカメラシステム

TrueDepthカメラシステムは、複数の革新的なテクノロジーで構成されています。それらがリアルタイムで連係しながら、あなたの顔の精緻な深度マップを使って、あなたを一瞬で認識します。

引用元|Apple

「TrueDepth」というApple独自のカメラセンサーシステムは、ただのカメラではありません。写真撮影に使うようなカメラ機能に、赤外線カメラのセンサーや近接センサー、環境光センサーが組み込まれた次世代型のカメラシステムのことです。

所有者がiPhoneXを”見た瞬間”に顔のサーチを開始して、赤外線センサーがそれをイメージとして捉え、3000を超えるドットのマッピングにより、顔の立体的なパターンを生成して、認証するとのことです。えげつな!

赤外線カメラ

赤外線カメラがドットのパターンを読み取り、赤外線画像を撮影します。このデータが照合のためにA11 BionicチップのSecure Enclaveに送られます。

引用元|Apple

iPhone Xで新たに搭載された「A11 Bionic」プロセッサーに、認証データが送られ、顔認証をするというシステムになっています。

凄まじい膨大な数の画像データから「所有者の顔」を瞬時に測定しているそうです。

投光イルミネータ

目に見えない赤外線により、暗い場所でもあなたの顔を特定しやすくなります。

引用元|Apple

一瞬…明るいところなら顔認証もできるけどど、暗いと無理なんじゃない?って思われると思います。しかし、ご安心下さい。

暗闇だろうがなんだろうが、認識しちゃうそうです。多分。

ドットプロジェクタ

3万以上の目に見えないドットをあなたの顔の上に投射し、あなただけの顔のマップを作ります。

引用元|Apple

さらに、顔を認証するために平面ではなく、立体を捉えるためのプロジェクション技術も搭載しているとのこと。

顔がパスワード

Face IDを搭載したiPhone Xは、あなたが見ている時だけロックを解除します。写真やマスクを使ったなりすましには、だまされないように設計しました。あなたの顔のマップはSecure Enclaveによって暗号化されて守られ、認証はクラウド上ではなく、デバイス上で瞬時に行われます。

引用元|Apple

つまり、この顔認証のTrueDepthカメラシステムは、所有者の画像や写真によるセキュリティー解除は不可能というわけです。

画像や写真は立体ではありませんので、”立体ではない”時点で認証は不可能ということになります。

では、ある程度立体的であるフィギアやマスクなどではどうでしょうか?

めちぇくちゃ似ていたとしても……”3万以上の目に見えないドットをあなたの顔の上に投射”して認識するんですから、セキュリティー解除は無理ということが言えます。

それだけの先進的なテクノロジーが、単なるマスクやフィギアで認証を解除できたとしたら、Touch IDの指紋認証だって簡単に誰にでも破られてしまっっているでしょうから。

整形しない限り大丈夫

A11 Bionicチップは機械学習を使って、あなたの外見の変化を認識します。メガネをかけても、帽子をかぶっても、ひげを生やしても大丈夫。友だちがあなただとわからなくなるほど変わってしまっても、iPhone Xなら認識できます。

引用元|Apple

A11 Bionicチップは2つのハイパフォーマンスコアと、4つの高効率コアを搭載しており、iPhone 7のA10チップと比べるとハイパフォーマンスコアは25%、高効率コアは70%高速化されているということです。

だから、変装したって見破られます。

これについては、YouTubeなどで検証の動画がたくさんあがるでしょうね。

しかし、顔を認識する=顔を確認するという単純な機能ではないことは、今まで読んでいてもわかると思います。

これはマッピングをしているんです。

つまり、厚化粧したって、変装したって、所有者の顔を約3万ものマッピング処理を行い、認証されるからです。

ただ……ボッコボコに顔が腫れるくらい殴られちゃったら……顔認証効かないかもですね。

いやいや、その前にケンカはやめましょう。(笑)

注視した時だけに反応

セキュリティをさらに強化するため、Face IDはあなたが注視した時だけ認識します。つまり、あなたが目を開けてiPhone Xのほうを見ている時しかロックを解除しません。そのためFace IDは、届いた通知やメッセージを表示して、あなたが読んでいる時には画面を明るいままにしたり、アラームや着信音の音量を下げることができます。

引用元|Apple

セキュリティー100万分の1

iPhone7|Plusに搭載されているTouch IDと比べ、iPhoneXのFace IDは、セキュリティー面がすこぶる向上しているとのことです。

iPhone7|7PlusのTouch IDは、非常にセキュリティーは安全であり万全であるとされていながらも、超人的な頭脳を持ったハッカーによって突破されたこともありました。

そのこともあったので、Appleではセキュリティー技術を、Face IDという最新テクノロジーで大きく向上させることに成功したと思いたいです。

もしかしたら、そのセキュリティーも破られる可能性がありますが、Touch IDでは「5万分の1」の確率でセキュリティー解除される危険性がありましたが、今回のiPhone XのFace IDでは「100万分の1」ということで、理論上は限りなくセキュリティー解除は不可能な数字になっています。

まとめ

ざっとな感じご説明しただけでも、この”Face ID”の最新テクノロジーを駆使した先進的な技術が伝わったんではないかと思います。まず、iPhone Xのセキュリティーに関しては安心していいのではないでしょうか。

小ネタ|思わぬ珍事

2017年9月13日2:00(日本時間)に行われたApple special event内で、”思わぬ出来事”が起こったようです。

意気揚々とiPhone Xの”Face ID”である顔認証のお披露目をしよう登壇したAppleの上級副社長でソフトウェアエンジニアを管轄しているCraig Federighi氏でしたが、まさかの1発目の顔認証の誤動作が発生したようです。

こんな大事な大事な発表会ではあってはならないことですよね。ただ、これについてThe Vergeでは、Face IDの認証の初期状態であったため、Face IDで顔認証してロック解除する以前の段階である”パスワード”の入力が成されていなかったとのことです。

しかし、Appleというビッグブランド企業が、special event開催の事前にきちんと確認しておかなかった理由、または確認できなかった理由があるんでしょうね。今回のiPhoneX発売イベントを天国から悠々自適に観賞していたスティーブ・ジョブズの激怒した顔が目に浮かびます。

実際に、投影されたスクリーン上写っていたiPhoneXのディスプレイには 「Your passcode is required to enable Face ID.(Face IDを有効にするにはパスワードが必要。)」と表示されていたようです。

だから、誤動作でもなんでもなく、Face IDの初期設定を行うシーケンスであったことが言えると思います。

この話を知って、俺はなぜリアルタイムにApple special eventを見ずに寝てしまったのかを、後悔しまくっています。

Apple special eventについては、去年発売したiPhone7の時に書いた記事、その他Appleのイベントについての記事も合わせてお読み下さいませ。

 CHECK   Apple iPhone7発売&なんとかゲット。おすすめのケースはApple純正のシリコンケース!

 CHECK  ▶ 【Apple WWDC2017まとめ】iPad Pro、iMac Pro、MacBook Pro、HomePod、iOS、MacOS、watchOS、AirPodsなど史上最大の発表。

では、またお会いしましょう。

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

iPhoneX関連製品

iPhoneXについては、ケースなどがいくつか販売されていますので、本体を手に入れる前にCHECKしておくことをおすすめします。とは言え、俺は絶対的にApple純正のシリコンケースをオススメしますよ。その理由を記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】前編。

 CHECK  ▶     Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】後編。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA