iMac Proメモリ増設負荷だけどスペックとSSD容量がモンスター級。

iMacProメモリ/ストレージの記事のアイキャッチ

大容量にして爆速!モンスター「iMac Pro」の懐。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

ブロガーPEITAの写真

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

2017年6月のApple WWDC2017で発表された「iMac Pro」の凄さに笑い転げた人も多かったでしょう。

今までのあらゆるApple製品と比較してみても、その史上最強最高感半端のない「iMac Pro」

それらのスペックも最強ながら、発売価格も4,999ドル(約57万円)最小構成という爆笑価格になっていることも、この上ない笑撃っぷり。(笑)

「すげ〜!!!欲しい!!!でも俺には買えない……」

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「メモリ/ストレージ」ついてご紹介します。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

Apple関連の記事クリック画像

iMac Proとは?

プロに力を。

iMacはプロに愛用されています。だからプロの皆さんからものすごいiMacを作って欲しいという声が届いた時、私たちのモチベーションに火がつきました。そしてその火は「ものすごい」をはるかに超えたものを生み出しました。Mac史上最も圧倒的な力を持つワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだiMacです。しかも、iMacの象徴的なオールインワンデザインは1ミリも厚くしていません。ビデオ編集者から3Dアニメーター、ミュージシャン、ソフトウェアデベロッパ、科学者まで。あらゆるプロが、これまでできなかった方法で仕事ができるようになります。iMac Pro。削ぎ落とし、鍛え上げ、あらゆることへの準備ができた、夢のマシンをどうぞ。引用元|Apple

以下の記事での「iMac Pro」に関して書いていますので合わせてお読み下さい。

▶▶【WWDC2017】Appleが発表したiMacと、破壊力抜群のiMac Proの新製品まとめ。 

 では、本題である「iMac Pro」の「メモリ/ストレージ」についてご紹介します。

驚異的なメモリを搭載

iMac Pro メモリの写真

iMac Proは、そのボディの中に最大128GBという驚異的な量のメモリを入れておくことができます。だから巨大な3Dモデルを視覚化し、シミュレートし、レンダリングすることができるのです。クロスプラットフォーム開発用の複数のテスト環境を作成したり、数えきれないほどのアプリケーションを同時に開いておくこともできます。大量のデータ処理を伴うタスクも、あっけないほど簡単にこなします。引用元|Apple

  • 最大128GB
  • 2,666MHz DDR4 ECC

エントリーモデルの「iMac」が2,400MHz DDR4のRAMを採用されていますが、「iMac Pro」のRAMには2,666MHz DDR4 ECCメモリが搭載されていますので、さらにそれを越えたものになっています。

また、「iMac Pro」には「エントリーモデルiMac」の4倍にあたる32GBの高速RAMが標準で搭載されています。さらに、「iMac Pro」のRAMは「ECC メモリ」でというものになっています。

 ECC メモリとは?  

メモリに誤った値が記録されていることを検出し、正しい値に訂正することができるメモリモジュール。この機能がついていない製品はノンECCメモリ(Non-ECCメモリ)などという。引用元|IT用語辞典

つまり、通常のメモリと違って、エラーやデータの消失を防ぐ働きがありますので、さらに高品質なメモリを搭載しているということです。

メモリの容量が選べる

「iMac Pro」は、最大128GBのメモリ(RAM)を搭載できます。

  • RAM|32GB
  • RAM|64GB
  • RAM|128GB

ちなみに、メモリを選ぶにあたっての注意点としては、後からの増設は不可能ということです。

これは公式でAppleも認めております。

つまり、「映画級の作品を制作しているんだけれど、メモリの容量が32GBで作業に負荷がかかってきて効率と生産性が悪いから、思い切って128GBに増設しよう!」ということは不可能ということです。

「iMac Pro」の使用用途として、あらゆるハードな制作物(動画、イラスト、3Dモデリングなどなど)をクリエイトしていこうと考えている、または大容量のメモリをこれから必要としていく状況にある場合は、最初の初期費用としてはメモリを最大までカスタマイズしておく必要がありそうです。

オールフラッシュストレージ

最大4TBのオールフラッシュのストレージは、コーデックに関係なく4KやHDの大規模なプロジェクトに取り組めるようにします。スループットは最大3GB/sなので、巨大なファイルの読み込みもアプリケーションの起動も、これまで以上に速くなります。あまりに速いので、思わず繰り返し見たくなるかもしれません。引用元|Apple

  • 最大4TBのSSD
  • 3GB/sのスループット

「iMac Pro」には、標準で1TB(テラバイト)のSSD のフラッシュストレージが搭載されています。

それは、3GB/Sのスピードを誇る最速のストレージとなっており、通常のSSDドライブの速度がわずか約500MB/Sですので、3GB/Sはその約6倍超弩級のSSDです。

また、「iMac Pro」では、最大で4TB(テラバイト)のSSDに拡張することができますので、4K動画などの大きなデータでも、じゃんじゃん保存して、じゃんじゃん読み書きすることができます。

最強のビデオ編集環境

iMac Proは複数のビデオストリームを楽々と扱うことができる帯域幅を備えています。最大4TBのオールフラッシュのストレージは、巨大なプロジェクトの保存も読み込みもほとんど一瞬で完了できるようにしています。引用元|Apple

メモリとフラッシュストレージの超豪華な連携によって、巨大なプロジェクトでもサクサクとヌルヌルと作業を保存、編集、制作できるということです。

まとめ

iMac Pro横向きの写真
  • 最大128GB搭載(34、64、128GB選択)
  • メモリ増設不可能
  • 2,666MHz DDR4 ECC搭載(エラー防止機能)
  • 最大4TBのSSD
  • 3GB/sのスループット

なにわともあれ、史上最高の「メモリ/ストレージ」が搭載されているのが「iMac Pro」というわけです。

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「メモリ/ストレージ」についてご紹介しました。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

その他に「iMac Pro」に関連した記事を書いていますので、合わせてお読み下さい。

Apple関連の記事クリック画像

では、またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iMacProメモリ/ストレージの記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA