iMac ProのThunderbolt3やUSB-Type-Cの接続&拡張の高速ポート。

iMac pro 接続&拡張ポートの記事のアイキャッチ

その高速な速度を複数出せるのは、「iMac Pro」だけ。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

ブロガーPEITAの写真

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

2017年6月のApple WWDC2017で発表された「iMac Pro」の凄さに笑い転げた人も多かったでしょう。

今までのあらゆるApple製品と比較してみても、その史上最強最高感半端のない「iMac Pro」

それらのスペックも最強ながら、発売価格も4,999ドル(約57万円)最小構成という爆笑価格になっていることも、この上ない笑撃っぷり。(笑)

「すげ〜!!!欲しい!!!でも俺には買えない……」

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「高速ポート」ついてご紹介します。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

Apple関連の記事クリック画像

iMac Proとは?

プロに力を。

iMacはプロに愛用されています。だからプロの皆さんからものすごいiMacを作って欲しいという声が届いた時、私たちのモチベーションに火がつきました。そしてその火は「ものすごい」をはるかに超えたものを生み出しました。Mac史上最も圧倒的な力を持つワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだiMacです。しかも、iMacの象徴的なオールインワンデザインは1ミリも厚くしていません。ビデオ編集者から3Dアニメーター、ミュージシャン、ソフトウェアデベロッパ、科学者まで。あらゆるプロが、これまでできなかった方法で仕事ができるようになります。iMac Pro。削ぎ落とし、鍛え上げ、あらゆることへの準備ができた、夢のマシンをどうぞ。引用元|Apple

以下の記事でも「iMac Pro」に関して書いていますので合わせてお読み下さい。

▶▶【WWDC2017】Appleが発表したiMacと、破壊力抜群のiMac Proの新製品まとめ。 

では、本題である「iMac Pro」の「高速ポート」についてご紹介します。

ずば抜けた高速ポート搭載

iMac Pro I/O ポートの写真

プロ向けマシンを使うあなたは欲しいはず。だから、高性能ワークステーションを構築するための高速ポートもたっぷり用意しました。まずは4つのThunderbolt 3ポートです。これを使って2台の5Kモニタを接続できるので、合計で4,400万ピクセルという途方もない解像度が目の前に現れます。データ転送は40Gb/sという火を吹くような速さです。さらに、おそらくあなたがiMacに期待していなかったものも組み込みました。10Gb Ethernetです。そのため、デスクトップ同士でファイルを共有したり、高性能なネットワークストレージで作業をするのが最大で10倍高速になります。引用元|Apple

  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
  • 最大4,400万ピクセル
  • 10Gb Ethernet

Thunderbolt 3とは?

Macユーザーであれば、何度も聞いたことのある言わずと知れたインターフェイス。

Thunderbolt 3というくらいですので、もちろんThunderbolt 2もありました。

しかし、Thunderbolt 2はUSBなどのコネクタの形状が異なり、すごく限られた周辺機器にしか対応していませんでした。

しかし、このThunderbolt 3は、コネクタの形状がUSB Type-Cと同じであり互換性があります。

USB Type-Cを簡単に説明すると、複数の形状に分散していたUSBを、Type-Cという形状に統一化し、尚且つ、データ転送速度が10Gbps最大100Wまでの給電にも対応している規格です。

なので、通常のUSBコネクタから時代は変わり、USB Type-Cという規格今後大きく普及していくことになります。

とまぁ色々と互換性もあり、共通点の多い「Thunderbolt 3」と「USB Type-C」ですが、データの転送速度だけは大きな違いがあります。

  • Thunderbolt3|最大40Gbps
  • USB Type-C|最大10Gbps

速度だけ違うだけで、仕様はほぼ同じです。

つまり、USB Type-Cとほぼ同じ仕様だけど、データ転送速度だけが4倍になったThunderbolt 3のポートが、この「iMac Pro」には標準で搭載されているということです。

また、「Thunderbolt 3」と「USB Type-C」は、その規格を接続するにあたり、ハードウェアの仕様や対応機器によって、データ転送速度の恩恵を受けられない場合もあります。

例えば、「USB Type-C」には対応しているけど、「Thunderbolt 3」未対応のハードウェア機器に、「Thunderbolt 3」のケーブルを挿しても、「USB Type-C」のデータ転送速度しか発揮できないということです。これは逆も然りです。

2台の5Kモニタを。

iMac Pro ディスプレイ環境の写真

2台のRAIDシステムと2台の5Kディスプレイを4つのThunderbolt 3ポートに接続して、パワフルなワークステーションを作り上げられます。あたなの作業を4400万ピクセルのキャンパス上で眺めてみませんか。引用元|Apple

Thunderbolt 3で2台まで5Kのモニターを接続することができますので、あらゆるクリエイティブな作業を効率的にすることができます。

これは、鳥肌ものですね。

この記事《MacBook Pro 15インチ1年使用レビュー!最高だと言える5つの理由。》にも書いていますが、俺はMacBook Pro Touch Bar 15インチ LG UltraFine 5K Display 27インチの組み合わせで、現状でベストなディスプレイ環境を構築しています。

《おすすめMacBook Pro関連の記事》

▶▶ MacBook Pro 15インチ1年使用レビュー!最高だと言える5つの理由。

▶▶MacBook Pro 15㌅ 2016レビューまとめ|どこが変わった?これだけは抑えておきたい!進化した⑤つのポイント。

《おすすめ外部ディスプレイ関連の記事》

▶▶外部ディスプレイならこれでしょ!LG UltraFine 5K Displayの開封の儀と雑感レビュー|MacBook pro 2016専用ディスプレイの、美しすぎる画面(発色)と、広大な画面(表示領域)に、悶絶。

▶▶【MacBook Pro おすすめ ディスプレイ】 LG Ultra Fine 5K displayと4K displayの決定的な3つの違い。

接続と拡張

iMac Proの拡張と接続の配置写真
  • Nbase-T Ethernetは1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応

    (RJ‑45コネクタ使用)
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
  • USB 3ポート x 4
  • SDXCカードスロット(UHS‑IIに対応)

TouchBar搭載のMacBook Pro Touch Bar 15インチでは、すべての接続と拡張コネクタがUSB-Type-C/Thunderbolt3のみになってしまいましたが、この「iMac Pro」では、通常のUSBやSDXCカードスロットを搭載しているようで、少し肩透かし感が否めません。

とは言え、俺はUSB-Type-C以外のコネクタやUSBデバイスは、ほとんど使っていませんので慣れましたが、まだまだ世の中にはUSBやSDXCカードスロットを多くのユーザーが必要としているということですかね。

まとめ

iMac Pro横向きの写真
  • 最大40Gbps高速データ転送速度を誇るThunderbolt3搭載
  • 2台の5Kモニターを接続し、4,400万ピクセルのワークステーション環境を構築できる

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「高速ポート」ついてご紹介しました。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

その他に「iMac Pro」に関連した記事を書いていますので、合わせてお読み下さい。

Apple関連の記事クリック画像

では、またお会いしましょう。

Source|Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iMac pro 接続&拡張ポートの記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA