iMac Proの27インチ5Kディスプレイの輝度や解像度が最高な理由。

imac pro 5kディスプレイ記事のアイキャッチ

圧倒的に美しいディスプレイとはこのことだ。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

ブロガーPEITAの写真

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

2017年6月のApple WWDC2017で発表された「iMac Pro」の凄さに笑い転げた人も多かったでしょう。

今までのあらゆるApple製品と比較してみても、その史上最強最高感半端のない「iMac Pro」

それらのスペックも最強ながら、発売価格も4,999ドル(約57万円)最小構成という爆笑価格になっていることも、この上ない笑撃っぷり。(笑)

「すげ〜!!!欲しい!!!でも俺には買えない……」

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「5Kディスプレイ」ついてご紹介します。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

Apple関連の記事クリック画像

iMac Proとは?

プロに力を。

iMacはプロに愛用されています。だからプロの皆さんからものすごいiMacを作って欲しいという声が届いた時、私たちのモチベーションに火がつきました。そしてその火は「ものすごい」をはるかに超えたものを生み出しました。Mac史上最も圧倒的な力を持つワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだiMacです。しかも、iMacの象徴的なオールインワンデザインは1ミリも厚くしていません。ビデオ編集者から3Dアニメーター、ミュージシャン、ソフトウェアデベロッパ、科学者まで。あらゆるプロが、これまでできなかった方法で仕事ができるようになります。iMac Pro。削ぎ落とし、鍛え上げ、あらゆることへの準備ができた、夢のマシンをどうぞ。引用元|Apple

以下の記事での「iMac Pro」に関して書いていますので合わせてお読み下さい。

▶▶【WWDC2017】Appleが発表したiMacと、破壊力抜群のiMac Proの新製品まとめ。 

 では、本題である「iMac Pro」の「5Kディスプレイ」についてご紹介します。

圧倒的な5Kディスプレイ

iMac Pro 5Kディスプレイの写真

改めて書くまでもないことですが、iMacと呼ばれるものは美しいディスプレイを搭載しています。もちろんiMac Proもその期待を裏切りません。事実、圧倒的な500ニトの輝度、1,470万のピクセル、P3カラーを持ち、10億色以上に対応するこの27インチのスクリーンは、Appleがこれまで作った中で最高のスクリーンです。あらゆる画像が限りなく現実世界に近い、息をのむようなクオリティで再現されます。引用元|Apple

  • 27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ
  • 5,120 x 2,880ピクセル解像度、数十億色以上対応
  • 500ニト
  • 43%明るさが向上
  • 広色域(P3)

ピクセルの凄さ

MacBookProとLG 5K displayの写真

上記の写真をご覧の通り、俺はTouch Bar搭載型 Apple MacBook Pro 15インチの外部ディスプレイとしてLG UltraFine 5K Display 27インチでを使っているんで、5,120 x 2,880ピクセルは経験済みです。

それは、YouTubeで4K映像を視聴したり、Blu-rayの再生HD画質の底上げ、さらにはただのウェブページに掲載されている写真までも、すべてにおいて感動させられます。

企画書などの書類やウェブページなどの細かいテキストでも、本当に聡明に表示されるので、とても見心地が良いです。

また、27インチということもあり、作業スペースを半分ずつに画面を分割した作業でも窮屈な印象はありませんので、デザインやあらゆるクリエイティブな作業、そしてブログ執筆にもとっても最適ですね。

数十億色って?

表示色とは、液晶パネル(ディスプレイ)上で表示できる色の数のことを表しています。

参照|カラーについて

主な表示色はこちらの3タイプ

  • 約1619万色「類似フルカラー」
  • 約1677万色「フルカラー」24ビットカラー
  • 約10億7374色「ディープカラー」30ビットカラー

つまり、この「iMac Pro」の表示色は約10億7374色「ディープカラー」30ビットカラーと言えます。

俺がバリバリ使っているLG UltraFine 5K Display 27インチとほぼ同等のスペックと言ってもいいでしょう。

この記事《【MacBook Pro専用の外部ディスプレイ】驚愕するほどに桁が違う LG Ultra Fine 5K displayと4K displayの”表示色”のスペックについて。》でも紹介していますが、5Kディスプレイは明らかに圧倒的な美しさ=解像度を誇るディスプレイというわけです。

 ニトとは? 

物体の表面(ディスプレイ)から観測者(使用者側)のほうへどれくらいの光がきているかを表す心理物理量で,単位としてはニト(記号nt),スチルブ(記号sb)などがある。例えば1ntは,その表面の1m2の面積から観測者のほうへ向かって1立体角内に1lmの光束がきている場合のその表面の輝度の値である。引用元|コトバンク

つまり、500ニトという数字は、輝度を表したものということですので、この500ニトという数字の恩恵を受け、「iMac Pro」は43%も明るさが向上しているということが考えられます。

広色域のP3とは?

あまり聞き慣れない言葉とは思いますが、いわゆるiPhoneやiPadなどのApple製品に主に使われている色域(しきいき)です。

ということは、日本ではiPhoneの普及率が70%(2017年時点)近くあることからすると、日常的に我々が見ている色ということでもあります。

この広色域のP3は簡単に言うと”派手”な色に見せる?見える?ことで知られているようなので、iPhoneやiPad、Apple社製品のどれからも見ても、色に統一性があるという点で、搭載されています。

詳しくは、こちらの記事《DCI-P3広色域デバイスの普及とsRGB》が分かりやすかったです。

明らかな真実の色

iMac Pro 10億色のディスプレイの写真

10億色を映し出すディスプレイ。それはつまり、グラデーションが驚くほどなめらになり、バンディングが大きく低減し、あらゆる写真が撮影された時のまま再現されるということです。引用元|Apple

色々とディスプレイについて書きましたが、それらが最大限に発揮された「iMac Pro」の5Kディスプレイは、我々が見たままを表現してくれるディスプレイであるということが言えると思います。

まとめ

iMac Pro横向きの写真
  • 圧倒的な美しさのRetina 5Kディスプレイ
  • ウェブページのテキストも聡明に表現する5,120 x 2,880ピクセル解像度
  • 表示色が数十億色以上対応の30ビットカラー
  • 輝度が約500ニトになり、43%明るさが向上
  • Apple社製品ではお馴染みの広色域(P3)

「iMac Pro」に搭載されている5Kディスプレイが最高な理由がこれだけでも分かりますね。

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「5Kとディスプレイ」についてご紹介しました。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

その他に「iMac Pro」に関連した記事を書いていますので、合わせてお読み下さい。

Apple関連の記事クリック画像

では、またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

imac pro 5kディスプレイ記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。