AirPodsとAirPods Pro 機能の違いを比較!どっちを買うべき?

AirPods-AirPods-Pro-kinoumennnochigai
今、iPhone11が安い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

/新しい読書のおすすめは”本を聴く”\

AirPodsとAirPods Proの機能はどっちが良いんだろう。

ということでこの記事では「AirPodsとAirPods Pro の機能」というポイントで、どちらを購入しようか悩んでいる方に、AirPodsとAirPods Proの両モデルを使ったからこそわかる、「機能面」での僕の結論とその理由をお伝えします。

ではいきなりまずは結論からお伝えしておきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


【結論】機能面でどちらが良いのか悩んでいるならAirPods Proを買おう!

AirPods-Pro

僕は、毎日のように運動もするし、音楽も聴くし、映画も観るし、音楽を聴いたり通話する以外に、集中したいし、没入したいし、さらに周りの音を聞きながら使いたい場合もあるので、ワイヤレスイヤホンというデバイスを使う頻度が高い方です。

なので、機能面においての使い勝手を考えた場合、AirPods Pro 一択だという結論に至る理由があります。

その理由は以下の動画でも詳しく解説していますので、サクッと動画で確認したい方はチェックして下さい。

【結論】AirPods Pro とAirPodsをつけ心地で選ぶならどっちが買いか?

では、以下より文章でも解説致します。

AirPodsにはないAirPods Proの最高の2つの機能

AirPods-Pro-Design-2

ノイズキャンセリングと外部音取り込みモード

ここで注目してもらいたいのが、AirPods Proのノイズキャンセリングと外部音取り込みモードという機能です。

この機能以外にも、性能やスペック、操作方法などの違いはありますが、これ以外の機能面の差はほとんどないと、実際に使ってきて感じています。数字上では大きな違いがあったとしても、それは体感できるほどのことではないのでここでは触れません。

数字上やスペック面での違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事にAirPodsとAirPods Proの違いを詳しく書いていますのでチェックしてみて下さい。

では話に戻りますと、この2つの機能【ノイズキャンセリング】【外部音取り込みモード】いるかいらないか?必要か不要か?によって、AirPodsかAirPods Proを買うか決めてしまってもいいくらいなので、機能面で選ぶなら、これらの2つの機能があなたにとって必要か不必要か?が重要です。

ではここで、実際にこの2つの機能がどう役に立つのか?、そして僕は実際にどう使っているのか?を参考にご紹介させていただきます。

AirPods Proのノイズキャンセリングは集中したい時に最高!

AirPods-Pro-Design

ノイズキャンセリングは環境音を静める

こちらの記事でも書いていますが、ノイズキャンセリングは、周囲の環境音をある程度シャットアウトしてくれます。もちろん完全にではないにしろ、それなりに効果があります。

仕事に集中したいけど、周りの環境音が少しうるさくて集中できない、または音楽をじっくりと聴きたい、映画に没入したい、そんな時に、ノイズキャンセリングの機能が役に立ちます。

つまり、集中したい時には最高なわけです!

AirPodsにはノイズキャンセリング機能はない

AirPodsは、音楽を聴きながらでも外部の音が入ってきます。しかし、AirPods Pro はノイズキャンセリング機能により、ある程度はシャットアウトできますので、AirPodsのようには環境音は耳に入ってきません。

何度も言うようですが、それだけでも、音楽、音への没入感は、AirPodsとAirPods Proでは違いがあります。

ノイズキャンセリングからの外部音取り込みモードの使い方

そして、AirPods Pro のノイズキャンセリングをオンにして、音楽や仕事に没入している最中に、例えば誰かに話しかけられたとしても、いちいちAirPods Pro を耳から外さなくても大丈夫です。

こちらの記事AirPods Proの操作方法は詳しく書いていますが、感圧センサー部分を1秒間長押すと、外部音取り込みモードになります。

外部音取り込みモードとは、ノイズキャン セリングとは全くの逆の機能で、周りの環境音しっかりと耳に聞こえやすくする機能です。

外部音取り込みモードを使えば、AirPods Proを耳に装着した状態であっても、耳を塞いでいないかのように、相手の声が普通に聞こえてきます

この2つの機能を切り替えて使うと便利

没入したい時や集中したい時には、ノイズキャンセリングをオン!逆に、周りの音を聞きながらAirPods Proを装着して何かをしたい場合は、外部音取り込みモードをオンにすれば、状況に合わせて最高の環境を構築できます。

しかし、AirPodsでは、外部音が聞こえますので、音楽や音への没入感が半減します。そして、誰かと話したり、外部の音をしっかりと聞こうとした時は、耳から一度外さなければならないということになります。

つまり、AirPods Pro のノイズキャンセリングと外部音取り込みモードという機能があるおかげで、AirPodsで弱点になっていたことが、解消されたということになります。

要は、ノイズキャンセリングで、周囲の音をお抑えたい、より集中したい、没入したい環境を期待している、必要としているなら、AirPods Pro は最高です。

しかし、そのような事が必要ない、普通に音楽を聴くくらいならAirPodsで十分ということになります。

従って結論に戻りますと―

【結論】機能面でどちらが良いのか悩んでいるならAirPods Proを買おう!

AirPods-Pro

僕は、毎日のように運動もするし、音楽も聴くし、映画も観るし、音楽を聴いたり通話する以外に、集中したいし、没入したいし、さらに周りの音を聞きながら使いたい場合もあるので、ワイヤレスイヤホンというデバイスを使う頻度が高い方です。

なので、機能面においての使い勝手を考えた場合、AirPods Pro 一択だという結論に至る理由があります。

なので、機能面で悩んでいるなら、AirPods Proを買いましょう。

最後に

ということでこの記事では「AirPodsとAirPods Pro の機能」というポイントで、どちらを購入しようか悩んでいる方に、AirPodsとAirPods Proの両モデルを使ったからこそわかる、「機能面」での僕の結論とその理由をお伝えしました。

あなたのAirPodsライフの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また、AirPodsやAirPods Proに関して、当ブログでは新しい情報をアウトプットしたり、YouTubeチャンネルでAirPodsやAirPods Proに関しての動画もアップしていますので、ぜひそちらもチェックして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

AirPods-AirPods-Pro-kinoumennnochigai

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。