iMac Proの最強GPUグラフィックス「Radeon Pro Vega」の実力!

iMac ProのGPUについての記事のアイキャッチ

そのGPU/グラフィックスがパワーの化身である理由。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

ブロガーPEITAの写真

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

2017年6月のApple WWDC2017で発表された「iMac Pro」の凄さに笑い転げた人も多かったでしょう。

今までのあらゆるApple製品と比較してみても、その史上最強最高感半端のない「iMac Pro」

それらのスペックも最強ながら、発売価格も4,999ドル(約57万円)最小構成という爆笑価格になっていることも、この上ない笑撃っぷり。(笑)

「すげ〜!!!欲しい!!!でも俺には買えない……」

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「GPU/グラフィックス」ついてご紹介します。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

Apple関連の記事クリック画像

iMac Proとは?

プロに力を。

iMacはプロに愛用されています。だからプロの皆さんからものすごいiMacを作って欲しいという声が届いた時、私たちのモチベーションに火がつきました。そしてその火は「ものすごい」をはるかに超えたものを生み出しました。Mac史上最も圧倒的な力を持つワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んだiMacです。しかも、iMacの象徴的なオールインワンデザインは1ミリも厚くしていません。ビデオ編集者から3Dアニメーター、ミュージシャン、ソフトウェアデベロッパ、科学者まで。あらゆるプロが、これまでできなかった方法で仕事ができるようになります。iMac Pro。削ぎ落とし、鍛え上げ、あらゆることへの準備ができた、夢のマシンをどうぞ。引用元|Apple

以下の記事でも「iMac Pro」に関して書いていますので合わせてお読み下さい。

▶▶【WWDC2017】Appleが発表したiMacと、破壊力抜群のiMac Proの新製品まとめ。 

では、本題である「iMac Pro」の「GPU/グラフィックス」についてご紹介します。

GPU/グラフィックスが最強

iMac Pro GPUグラフィックスの写真

このiMacが持つべき性能の高さを考えた時、ある一つのグラフィックチップしかそれを達成できないのは明らかでした。でも、そのチップはまだ存在していませんでした。だからiMac Proを登場させます。Radeon Pro Vegaです。これまでのどんなiMacのGPUよりも3倍以上高速で、ダブルワイドグラフィックカードの力が一つのチップの中に搭載されています。そのすべてが、VR、リアルタイム3Dレンダリング、より臨場感あふれるスペシャルエフェクト、最大設定でのゲームプレイに適した、一段と高いフレームレートをもたらします。このチップこそ、iMac Proがパワーの化身である唯一の巨大な理由です。引用元|Apple

5つのポイント

  • Radeon Pro Vega
  • 11テラフロップスの単精度
  • 22テラフロップスの半精度
  • 8GBまたは16GBの高帯域幅メモリ
  • 400GB/sメモリ帯域幅

上記の5つのポイントが、iMac Proがパワーの化身である唯一の巨大な理由です。

では、そもそもGPU/グラフィックスとは?というところを以下に簡単にご説明します。

GPU/グラフィックスって何?

MacBook Pro 2016の15㌅のGPU搭載可能な「Radeon Pro 450/455/460」ってどうなの?って話。
  • GPU( Graphics Processing Unit / 画像処理回路)

その他には”グラフィックチップ””ビデオチップ”、GPUのさらに強化版として”VPU” ( Visual Processing Unit )なんて呼ばれたりします。

もう、わけわからんですが…(笑)

とまぁ、ここでGPUを簡単に説明すると……

サッカーで言うところの、CPUが監督GPUが画像編集や映像編集(3Dなど)に特化したポジション、つまり”得点を決めるポジションをFW”と表現するような感じですかね。

つまり、「チームの戦術」=「PCの方向性」として、グラフィックス関連(GPU)の強みを出したいチーム戦術であるなら、このGPUというポジションに良い選手を置きたいですよね。

サッカー界のスーパースターである”リオネル・メッシ””クリスティアーノロナウド”などは起用できないにしても、それを考慮した選手起用(グラフィックボード/GPU)を行う必要があります。

そして「iMac Pro」に起用されたGPU/グラフィックスが「Radeon Pro Vega 」ということになっています。

Radeon Pro Vegaとは?

通常のエントリーモデルのiMacのGPU/グラフィックスよりも3倍以上高速、さらに最高で11テラフロップ単精度性能400GB / Sのデータ転送速度を誇る16GB(Radeon Pro Vega 64)HBM2ビデオメモリを搭載したAMDの最先端のグラフィックプロセッサが「Radeon Pro Vega」です。

 AMDとは? 

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (Advanced Micro Devices)、アメリカ半導体メーカー。世界規模でCPUAPUGPUチップセットを開発、販売している。引用元|Wikipedia

GPUのメモリ

その「iMac Pro」のGPUである「Radeon Pro Vega」には、「Radeon Pro Vega 56=8GB HBM2メモリ」「Radeon Pro Vega 64=16GB HBM2メモリ」という2種類から、CTOモデルでカスタマイズ選択可能です。

この記事《MacBook Pro 2016の15㌅のGPU搭載可能な「Radeon Pro 450/455/460」ってどうなの?》でもご紹介していますが、GPU/グラフィックスにも”メモリ”という概念が存在しますので、カスタマイズする際はそれぞれのメモリの数字が違うという点に注意して下さい。

簡単に説明すると、GPUメモリとは、パソコンにメモリがあるように、グラフィックボード専用のメモリってことです。

まずは、グラフィックボード(GPU)の処理能力が何よりも必要不可欠ですが、やはり予期せぬシステムエラーや、遅延が置きてしまうので、アイコンクルクル発生や処理に時間を要してしまったり、効率的に作業ができなくなる場合があります。

なので、GPUのメモリ容量が大きいほど、多くの情報処理も行うことが可能なんで、アイコンクルクル発生遅延もなく、効率的な作業ができるようになるってことですよ。

ある程度はね、ある程度は。

100%改善できるとは限りませんよ、そりゃ。

理由は、GPUメモリは、2GBであろうが、4GBであろうが、16GBであろうが、GPUそのものの性能によったりするし、ソフトやアプリなどによって、GPUメモリを効率的に使うことができない場合もあるから厄介なんですよ〜!(笑)

つまり、GPUの性能、ソフトやアプリ、OSにとっても、GPUメモリを効率的に動かすことができるのか否かは、「個人差があります」って感じでしょうか(笑)

また、「HBM2」ビデオメモリの技術の中でも非常に価値の高い最先端のモデルです。

VRがリアルになる

iMac Pro VRの写真

新しいVega GPUを搭載したiMac Proなら、VRの世界に没入できるだけでなく、それを一から作り上げることができるようになります。引用元|Apple

まとめ

iMac Pro横向きの写真

なにわともあれ、史上最高のGPU/グラフィックスが搭載されているのが「iMac Pro」というわけです。

その中でも、「Radeon Pro Vega 56=8GB HBM2メモリ」「Radeon Pro Vega 64=16GB HBM2メモリ」という2種類から選択可能ですので、どちらをCTOで搭載するかは悩みどころかもしれませんが、言えばどちらも最高です。

今まで使ってきたものよりも、格段にハイパフォーマンスなのは言うまでもありません。

それでもどちらにするか選択に困ったなら、画像や動画編集、デザインやゲームをする、これからの次世代グラフィック処理の効率を少しでも上げたい、グラフィックボードの選択肢の中で一番良いやつがほしい、兎にも角に最高のものを、金銀銅とあれば金メダルが好きなどなどの人は、迷わず「Radeon Pro Vega 64=16GB HBM2メモリ」一択ですね。

それ以外の人は、 「Radeon Pro Vega 56=8GB HBM2メモリ」でも十分なパフォーマンスを得られると思います。

ということで今回は、そんな史上最高にして最強のApple製品「iMac Pro」「GPU/グラフィックス」ついてご紹介しました。

「iMac Pro」を買うべきか見送るべきかを考えている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

その他に「iMac Pro」に関連した記事を書いていますので、合わせてお読み下さい。

Apple関連の記事クリック画像

では、またお会いしましょう。

Source|Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iMac ProのGPUについての記事のアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA