MacBook 12インチをCTOで買ったら,スペック性能の割に価格が高額になったシステム構成と,購入理由をご紹介!

MacBook12インチの記事のアイキャッチの画像

20万円以上したCTOモデルのMacBook 12インチを買ったので、そのシステム構成(=CTOカスタマイズ)の紹介と購入理由をつらつらと書いています。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事の内容▼ 

  • 購入したMacBookCTOモデルのスペックと、購入した理由を備忘録的に書いています。

では、まずMacBook 12インチを買った理由を簡単にご紹介します。

12インチMacBookを購入した理由

カフェでライフワークしている写真

ライフワークの効率化に向けて

そもそも俺がMacBook 12インチをなぜ購入しようと思ったかについては、以下の2つの理由からです。

  1. 自宅でもカフェでも外でも中でも、”どこでも気軽に作業”ができるサブマシンがほしい
  2. それでいて、メインマシンのデザイン関連の作業も”ある程度の処理を完結”できるくらいのサブマシンでなければならない

つまり、日々のライフワークを「もっとカジュアルに、どこでも作業をするために」サブマシンが必要だという結論にいたり、購入しました。

その際に、MacBook 12インチか?MacBook Pro 13インチか?のどちらにするかも非常に悩ましかったです。

その詳細については、以下の記事に書いておりますので、合わせてお読み下さい。

【詳しくはこちら】 MacBook12㌅かMacBookPro13㌅をサブ機として買いたい理由。もっとカジュアルに、どこでも作業をするために。

そして、自分のライフワーク効率的にこなしていくためには、MacBook Pro 13インチではなく、MacBook 12インチを購入するという結論にいたりました。

なぜその結論にいたったのかと言うと、「MacBook 12インチは最強の機能性を兼ね備えたモバイルPC」だという自分なりの答えに行き着いたからです。以下の記事にそれについて詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

【詳しくはこちら】MacBook Pro13インチとMacBook12インチ性能比較!どっち買う?購入に迷ったので、優れた特徴の違いを考察した。

旧MacBook ProをMacで下取り

それほど安くはないMacBook 12インチのを購入するために、使用頻度が減っていたMacBook Pro 13インチ 2013モデルを、Mac下取りプログラムに出して下取りしてもらいました。

結果、33,000円という買い取り金額で下取り(=Appleギフトカード)してもらいました。

詳しくは、以下の記事にしていますので合わせてお読み下さい。

【詳しくはこちら】 Macの下取りプログラム!MacBook Pro 13㌅の売却査定金額は?申込みからAppleギフトカード受取までをご紹介!

次に、MacBook 12インチを買ったシステム構成(=CTOカスタマイズ)をご紹介します。

MacBook12インチを購入

購入したCTOモデル(構成)

MacBook12インチに画像

image|Apple

  • 12インチMacBook 256GB シルバー
  • 第7世代の1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • 16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • Intel HD Graphics 615

カスタマイズしたスペック

MacBook12インチCTO購入画面の画像

CPUをグレードアップ

  • 基本|第7世代の1.2GHzデュアルコアIntel Core m3
  • CTO|第7世代の1.2GHzデュアルコアIntel Core i7

+27,500円

メモリをグレードアップ

  • 基本|8GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • CTO|16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ

+22,000円

購入したCTOモデルの価格

  • 基本|142,800円
  • CTO|207,684円

CPUの数字が少し紛らわしい

ここでCPUの表記についての注意書きをしておきます。

MacBook 2016では、m5、m7というCPUスペックの表記でしたが、MacBook 2017からi5、i7と改名しています。

「m5=i5」であり、「m7=i7」ということです。

つまり、iMacやMacBook Proに搭載されているCore i シリーズと名前が同じでありますが、全く処理性能が違うものになりますので、その性能を期待してしまうと、期待を裏切る結果になってしまいますので、注意が必要です。

CPUはそれで充分

12インチMacBookはファンレスであり、内部で可動するものが一切なくなっていますので、消費電力を最小限に抑えることが最優先に考えられたCPUでなければならないので、Core i シリーズなどの処理性能は良くても、負荷のかかってしまうCPUの搭載をしてしまっては、本来のMacBook 12インチの用途である「最強の機能性を持ったモバイルPC」という部分が本末転倒になってしまいます。

以下に記事に「MacBook 12インチは最強の機能性を兼ね備えたモバイルPC」だと言える理由を記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

【詳しくはこちら】MacBook Pro13インチとMacBook12インチ性能比較!どっち買う?購入に迷ったので、優れた特徴の違いを考察した。

まとめ

ということで今回は、購入したMacBookCTOモデルのスペックと、購入した理由を備忘録的につらつらと書かせて頂きました。

あなたのMacBook 12インチの購入の際の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

 ▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼ 
 
MacBookPro使用レビュー記事のアイキャッチ

【記事はこちら】MacBook Pro 15インチ1年使用レビュー!最高だと言える5つの理由。 こんなにも満足のいくマシンは、他にはありません。    

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

MacBook12インチの記事のアイキャッチの画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。