Apple iPhone Xを買う理由は、圧倒的なデザインとディスプレイにある。

片手に収まる、究極の美。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

このブログは、UlyssesというMac,iPhone,iPadアプり(MacOSアプリ、iOSアプリ)を使って執筆しています。

Appleは、2017年9月13日AM:2:00(日本時間)より開催したApple special eventで、iPhone発売10周年記念する iPhoneX を発表しました。

iPhoneXについての発売日大まかなスペックポイント、さらにはiPhoneXを買うか?買わないか?というところ、そして新機能のFace IDについても記事に書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK    AppleがiPhoneX発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない?

 CHECK   Apple iPhone X搭載の顔認証「Face ID」の機能とは?買う前に知っておくべきことのすべて。

今回は、そのiPhone発売10週年を記念するモデル”iPhoneX(アイフォーン テン)”を俺が買う理由として、その”圧倒的なデザイン””圧巻のディスプレイ””手厚い仕様”について、俺的見解を交えつつご紹介致します。

このデザインは、泣けるほど美しい。そして、駄々こねるほど欲しい。

圧倒的なデザイン

継ぎ目のないフォルム

どうしたら筐体とディスプレイを継ぎ目のない一つのフォルムにまとめながら、圧倒的にインテリジェントなデバイスを作れるか。それが初代iPhoneの開発を始めた時からの私たちの挑戦でした。そして、iPhone Xでついにたどり着くことができました。

引用元|Apple

まさに待ちに待ったデザインといった印象です。発表前にすでにリークされた画像そのままですが、期待を裏切らないデザイン。繋ぎ目がないことがインテリジェンスというところに、センスを感じざる終えません。

そのAppleが目指すインテリジェンスなデザインが、こiPhoneXでたどり着いたというならば、これがAppleが、我々に提案する最終形態のiPhoneデザインの答えということですかね。

ここまできたら、次のデザインはどうなるの?と思ってしまいますが、その期待にもきっとAppleはこれからも応えてくれるでしょう。それだけこのiPhoneXのデザインは、我々が求めていた最たる形を示してくれていますよね。

気に入りました。すごく、すごくね。

iPhone is pure

あなたの体験を邪魔するものが何もない。そんな連続した一つの表面を作るため、私たちはホームボタンを新しいのに慣れ親しんでいる操作方法に置き換えました。

引用元|Apple

iPhone7|7Plus、そして2017年9月13日のApple special eventでも同時に発表されたiPhone8|8Plusには、Touch IDという物理的ではないですが、物理的なアプローチのあるホームボタンが備わっています。

しかし、このiPhoneXは画面部分以外のベゼル部分も含めて、ホームボタンも何もない真っ平ら。デザインの究極は、シンプル イズ ベストであることの証明でありますね。

気に入りました。すごく、すごくね。

エッジが美しい

革新的な折り曲げ技術と回路積層技術により、OLEDパネルはデバイスのカーブに沿ってコーナーの先端まで広がっています。さらに、サブピクセルアンチエイリアスと呼ばれる処理によって一つひとつのピクセルを調整することで、なめらかで歪みのないエッジに仕上げました。

引用元|Apple

画面いっぱいに、これでもかと言わんばかりに広がっているディスプレイが、最高の技術によって、iPhoneXのコーナー部分の形状とシャル・ウィー・ダンス?

気に入りました。すごく、すごくね。

圧巻のディスプレイ

強靭なガラス

前面と背面はすべてガラスです。私たちが作った中で最も耐久性があり、これまでより50パーセント深い強化層を持っています。インクを7層にわたって重ねるプロセスが正確な色相と不透明度をもたらし、光の反射層がカラーの美しさを引き立てます。撥油コーティングを施してあるので、汚れや指紋は簡単に拭き取れます。

引用元|Apple

俺が現在愛用しているiPhone7は、購入当初から液晶フィルムは貼っておりません。なので、如何せん指紋がベタベタになってしまうことにストレスを感じてしまうこともあったんですが、液晶フィルムをつけない派の俺としては、“撥油コーティングを施してあるので、汚れや指紋は簡単に拭き取れます”という仕様は、大変ありがたいことです。

iPhoneがRetina displayになってからというもの、俺は液晶フィルムをつけなくなったんです。だって、実際に液晶フィルムをつけるとつけないとでは、displayの美しさが完全に違うんですから。

特に写真なんか見る時などは、液晶フィルムありと液晶フィルムなしじゃ、HDとSD画質を見てるくらいの違いがあると俺は感じます。なので、正直、液晶フィルム自体をつけることは論外。ましてや、いくら指紋や汚れが気になるからと言って、グレアの液晶フィルムをiPhoneにつけている方の気がしれません。ノングレアならまだしも。

俺は断然、液晶フィルムなしをオススメします。

あっ…でも、iPhoneXのように、全部がディスプレイになってしまってるので…落とした時なんかが怖いかも……(笑)

Super Retina

Super Retina HDディスプレイのOLEDパネルは、ただのOLEDではありません。Appleの厳しい基準に従って特別に開発した結果、1,000,000:1のコントラスト比、高い解像度と輝度、広色域対応、業界最高の色精度を持つHDRディスプレイが生まれました。

引用元|Apple

  • Super Retina HDディスプレイ
  • 5.8インチ
  • 2,436×1,125 pixel
  • 458ppi

Retina ディスプレイでも素晴らしいのに、そこからさらに上を目指し、名称に”Super”をつけるAppleさんが、俺は好きだ。

Super Retina の次は、”Ultra”でしょ?そうですよね?(笑)

意図した色を表現

Super Retina HDディスプレイの先進的なカラーマネジメントシステムは、業界で最も優れたものです。あなたのコンテンツが使用するカラーモードがP3でもsRGBでも、iPhone Xはその形式で自動的に映し出します。だからあなたが見る色は、ディレクターやデザイナーが意図した色そのものです。

引用元|Apple

俺、デザイナーです!ありがたい(笑)

True Tone

True Toneテクノロジーが先進的な6チャンネルの環境光センサーを使い、あなたの周囲の光が持つ色温度に合うように画面上のホワイトバランスを微調整します。ディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に見え、目の疲れも軽減できるのは、この技術があるからです。

引用元|Apple

この True Tone機能は、俺の所有しているiPad Proにも搭載されているんですが、寝室で真っ暗な中で電子マンガを読んだり、ネット閲覧をしている時に、ふと気づくと” True Tone”が自動(時間設定)でオンになっていて、非常に快適です。ピカー!って感じではなく、”やんわり照らしてくれる”ので、本当に目が疲れにくいんです。

それがiPhoneXにも搭載されるのは、本当にありがたいですよね。

気に入りました。すごく、すごくね。

HDR

iPhone Xは、本物のハイダイナミックレンジ(HDR)ディスプレイを持っています。だから、映画やテレビ番組をDolby VisionやHDR 10で楽しむことができます。あなたのHDR写真は一段と美しく映し出され、iTunesやNetflixなどにあるHDRコンテンツを観ることもできます。

引用元|Apple

iPadくらいの大きさじゃあるまいし、iPhoneXで映画やドラマは観ません。動画コンテンツのYoutubeくらいですかね。しかし、写真が美しくなるのは本当に嬉しいですね。

手厚い仕様

驚きが最小の場所に

TrueDepthカメラシステムは驚くほど美しい写真を撮ったり、Face IDを使えるようにします。このシステムはディスプレイの一番上にある極めて小さなスペースに収められています。ここまで小さなモジュールにも、Appleが開発したものの中で最も先進的なテクノロジーのいくつかが詰め込まれています。

引用元|Apple

Face IDにについては、以下の記事に詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK   Apple iPhone X搭載の顔認証「Face ID」の機能とは?買う前に知っておくべきことのすべて。

とにかく、すんげーぞ。顔パス認証バンザイ。

ステンレススチール

iPhone Xのボディを囲んで補強するステンレススチール製フレームは、Appleが特別に開発したアロイです。耐久性とさらなる純度の高さを兼ね備えており、美しい光沢を保ちます。スペースグレイの仕上げには、ステンレススチール製フレームの色とガラスの色が正確にマッチするように、物理蒸着と呼ばれる処理を施しました。

引用元|Apple

なんにせよ、信頼おけるAppleが開発したアロイ(合金)ならば、文句なしですね。

ワイヤレス充電

私たちはこれまでずっと、iPhoneを充電ケーブルやヘッドフォンコードのいらない、真のワイヤレスデバイスにしたいと思い続けてきました。ガラスの背面を持ち、ワイヤレス充電システムを組み込んだiPhone Xは、ワイヤレスの未来を見つめて設計されています。

引用元|Apple

電源プラグがあるかないかで、1つのシーケンスがなくなり、生活の”手間”が省けるし、充電が快適になることは間違いなしですね。

そして、すでにAppleが開発発売しているワイヤレスイヤホンAirPodsは、本当にストレスゼロですよ。コードが絡むことはないし、ササッとバッグから取り出して、ササッと耳へ装着。すごく、気に入って毎日使っています。

AirPodsについては、以下の記事に詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK   AirPodsについて、詳しく書いている記事一覧。AirPodsが神になるなどなど

耐水、防沫、防塵性能

水、しぶき、ホコリから守れるように、iPhone Xは顕微鏡レベルで精密に設計されています。

引用元|Apple

本当ですかね…。これについては、完璧に信じるわけにはいきません。だって、俺は過去に散々な目にあってますので。

その散々な目については、以下に詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK   【悲報!経験者が語るiPhone7の防水機能】水没&水濡れなどでタッチパネルの操作が反応しない時の対処法。

操作は直感的

ホームに戻るには

画面の一番下から一回スワイプすると、ホームに戻れます。

引用元|Apple

マルチタスクは

画面を上にスワイプして止めるだけで、開いているすべてのアプリケーションを表示できます。

引用元|Apple

コントロールセンター

画面を下にスワイプすると、カスタマイズできるコントロールセンターを瞬時に開けます。

引用元|Apple

Siriさんを呼ぶ

サイドボタンを長押しすると、Siriに質問ができます。

引用元|Apple

Apple Pay

サイドボタンをダブルクリックすると、Apple Payで安全に支払いができます。

引用元|Apple

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Appleから満を持して発売された iPhoneX

そのデザインは、これまでのスマートフォンのデザインと一見すると同じような方向性に見受けられます。しかし、そのデザインを実現するためには、あらゆるジェスチャー、あらゆる機能、あらゆるUIを見直し、そこに新たな新機軸を搭載させたことで生まれた、まさに究極のデザインとディスプレイであることに間違いはありません。

このデザインは、泣けるほど美しい。そして、駄々こねるほど欲しい。

発売日に欲しいです!

iPhoneXはについては、以下にも記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK    AppleがiPhoneX発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない?

 CHECK   Apple iPhone X搭載の顔認証「Face ID」の機能とは?買う前に知っておくべきことのすべて。

デザインやディスプレイに至るまで、素晴らしい美しさを表現したiPhoneX。

iPhoneXは買いですね。
まさに、未来をその手に。

では、またお会いしましょう。

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

iPhoneX関連商品

iPhoneXについては、ケースなどがいくつか販売されていますので、本体を手に入れる前にCHECKしておくことをおすすめします。とは言え、俺は絶対的にApple純正のシリコンケースをオススメしますよ。その理由を記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】前編。

 CHECK  ▶     Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】後編。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。