iPhoneのカメラで撮影した写真を瞬時にMacに取り込む機能&方法!MacOS「Continuity Camera」 の使い方。

MacOS Mojave(読み方は”モハーヴェ”)の機能、「iPhoneのカメラとの連携」について知りたいと思った時に読んで下さい。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、MacOS「Mojave(=モハーヴェ)」「iPhoneのカメラとの連携」機能である、iPhoneのカメラを利用して、Macに写真を撮る(取り込める)ための「Continuity Camera」をご紹介します。

iPhoneのカメラとの連携

Continuity Cameraとは?

iphonecontinuityの画像

image|petapixel

iPhoneのカメラで撮影した写真を、そのまま瞬時にMacのドキュメントに埋め込む事(取り込める機能)ができるiPhoneのカメラとMacの連携機能「Continuity Camera」をmacOS Mojaveは搭載しました。

どんな時に使える?

例えば、MacでKeynoteやPagesなどのドキュメントを制作しながら、急に必要になった写真をiPhoneのカメラ撮影しシームレスに転送する時に使えます。これまでは、AirDropを使ってiPhoneからMacへ写真を転送する作業を行っている方がほとんどだったと思いますが、この「Continuity Camera」ではその手間が省けます。あらゆる必要な写真をiPhoneのカメラで撮影すると、瞬時にMacに転送されるので、さらに生産性の高い作業効率が期待できます。また、送られた写真は、それをPDFで表示できるといった機能もあるそうです。

Continuity Camera の使い方

ここからiPhoneカメラを使って、Macのドキュメント上に写真を追加する方法をご紹介致します。

  1. TextEdit、Pages、Keynoteなどのアプリケーションで作成する文書またはファイルをクリック【選択】。
  2. そのドキュメント内で、右クリックで表示される画像を追加する場所(カーソル位置)を選択します。
  3. 「iPhoneまたはiPadから挿入(仮)」をクリックし、「写真を撮る(仮)」をタップします。
  4. iPhoneで写真を撮る
  5. 写真を撮ったら、「写真を使う(仮)」をクリック。
  6. 情報を追加するには、Macのドキュメントにある画像をダブルクリックする。
  7. その写真にURL、説明、およびタイトルを挿入。
  8. 削除する場合は、ポップアップで写真を【削除】または【削除ボタン】をタップ。

source|how to isolve

Continuity Cameraを動画で解説

video|Youtube

最後に

ということで今回は、MacOS「Mojave(=モハーヴェ)」「iPhoneのカメラとの連携」機能である、iPhoneのカメラを利用して、Macに写真を撮る(取り込める)ための「Continuity Camera」をご紹介しました。

あなたが知りたかった、MacOS「Mojave(=モハーヴェ)」の機能「iPhoneのカメラとの連携」についての知識の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

|macOS Mojave関連記事

|合わせて読みたい記事

|Mac関連サービスはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA