macOS Mojaveのおすすめ機能「stacks(スタック)」の使い方を解説!

macOS_preview_Stacksのアイキャッチ画像
iPhone14を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

Macのデスクトップ画面がいつも散らかっていませんか?そんな散らかったデスクトップの画面を一瞬で整理整頓してしまう機能がMacOS「Mojave」にデフォルトで搭載されています。

MacOS「Mojave」の機能について、主な特徴を知りたい時に読んで下さい。

今回は、MacOS「Mojave」の主な特徴と機能 「stack(スタック)」について解説します。

iPhone14の予約・購入はこちら

iPhone14の予約開始・発売日時

■発表日 : 2022年9月7日(日本時間で9月8日 午前2時)

■予約開始日 : 2022年9月9日(金)

■発売日 :2022年9月16日(金)

■iPhone14/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MAXは

■発売日 :2022年10月7日

■iPhone14 Plus

キャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)のiPhone14シリーズも同日時で予約・発売されます。

すぐにiPhone14を予約する

auでiPhone14を予約・購入する方法

au

au Online ShopでiPhone14を予約する方法は以下の通りです。

予約方法

  1. au公式サイトにアクセス
  2. 画面左上のメニューから「au Online Shop」をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「予約する」をタップ
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「手続きに進む」をタップ
  6. 「au Online Shopで契約・購入」をタップ
  7. au IDでログイン
  8. お客様情報を入力して次へ進める
  9. 申し込み完了メールが来たら予約完了

ドコモでiPhone14を予約する方法

予約方法

  1. 予めdアカウントでログインしておく
  2. docomo Online Shopにアクセス
  3. 画面左上のメニューから「機種をさがす」をタップ
  4. 希望のiPhone14モデルをタップ(「予約する」と表示されていれば予約が可能です)
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「予約する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来る
  8. 機種変更予定の電話番号から「0120-131-226」(通話料無料・自動音声・24時間対応)へ電話尾かけて予約完了

ソフトバンクでiPhone14を予約・購入する方法

Softbank

予約方法

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
  2. 画面上のメニューから機種を選ぶ。「iPhone14 Pro/Pro MAX」は左をタップ。「iPhone14/Plus」は右をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルの「購入する」をタップ
  4. 手続内容を選択後「自宅で受け取る」をタップし進む
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「予約情報を入力する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来たら予約完了

楽天モバイルでiPhone14を予約・購入する方法

予約方法

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセス
  2. 画面右上メニューから「製品」→「iPhone」とタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「iPhone14を購入する」をタップ
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「カートに追加する」をタップ
  6. 楽天会員情報でログイン
  7. 契約者情報・申込内容を確認して次へ進める
  8. 申し込み完了メールが来たら予約完了


macOS Mojaveのおすすめ機能「stacks(スタック)」の使い方を解説!

macOS_preview_Stacksの画像

image|Apple

スタックは、ファイルを自動的にグループ化して整理し、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれます。

引用元|Apple

デスクトップの整理が簡単になる機能、「Dynamic Stacks」。要は、ファイルやデータをファイル別(種類)に自動でグループ化してくれます。

散らかったデスクトップを自動で整理整頓してくれる

movaje スタックのビフォー・アフターの画像

例えば、JPEGなどのデータはデスクトップ上では、自分で意識的に整理しなければJPEGデータはそれぞれ孤立してデスクトップ上に表示されます。しかし、このスタックは、自動で上記の写真ようにJPEGデータはJPEGデータとして自動でまとめて表示してくれるので、Macのデスクトップ上がいつでも自動整理された状態になりますので、使っていて気持ちがいいです。

stack=スタックの使い方

左上のメニューバーから

左上のメニューバーから、Use Stack(=スタックを使用)という項目がMacOS Mojaveにアップデートすることで使用できるようになりますので、デスクトップ上の画面を常に自動で簡単に整理することができます。

もちろん自動整理のカスタマイズや種類の属性も変更可能

整理する属性は主に、以下の7項目になります。

  1. None=なし(自動)
  2. Kind=種別
  3. Date last opend=最後に開いた(日付)
  4. Date added=追加された(日付)
  5. Date modified= 日付が変更された
  6. Date created= 作成日
  7. Tag=タグ

これらの項目を自分で選択して整理できますので、目的や自前の整理術に近いものを選び、デスクトップを整理できます。もちろん、日頃からファイル整理をやっている方にとっては、そもそもデスクトップ上にファイルを配置しないという方も多くいると思いますので、使い方も色々とハックしていくといいかもしれませんね。

俺的な使い方としては

常に「Kind=種別」に設定して置いて、常時デスクトップ上に表示させておくのではなく、簡易的な使い方をしようと思います。つまり、何らかのレポートや企画書、写真などなどを、それぞれ自前で整理しているフォルダへ移動させる前の段階で整理しておければ、さらに効率的にMacの中身を整理することができると思います。

スタックに頼りすぎない

ここで注意しておかなければならないことは、”スタックに頼り切らないこと”です。デスクトップ上ですべてのファイルを自動で整理してくれるからといって、そのままにしておくと、どんどんどんどんカテゴライズされていないデータやファイルがスタックで整理されてしまいます。つまり、スタックは”階層で保存できない=項目のみ”であることをちゃんと認識しておく必要があります。

例えば、ファイルなら「写真⇒日付⇒名前」という階層を加えながら保存できるので、意図したファイルを見つけやすいです。しかし、スタックは階層保存できないので、大きなイベントで、名札を付けていない友人を探すようなものです。

ただ、スタックで見た目上は整理しながら、macOSのデフォルトの機能である”Spotlight”で検索してファイルを探すという手もあります。このSpotlightは、非常に優秀な機能ですので、使っていない方はぜひ活用することをおすすめします。詳しくは以下に記事にしています。

【関連記事】MacBook Pro を使いこなす!おすすめの活用術!便利機能「Spotlight」。

最後に

ということで今回は、MacOS「Mojave(=モハーヴェ)」の主な特徴と機能 「stack」について書きました。

あなたが知りたかった、MacOS「Mojave(=モハーヴェ)」の機能や主な特徴の知識の参考になれば幸いです。

また、Macを使いこなすために、俺は以下のような書籍を常に参考していたりします。

最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

|合わせて読みたい

|Mac関連サービスはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

新しいiPhone14を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



macOS_preview_Stacksのアイキャッチ画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。