iPhone Xs,Xケースおすすめ!Apple純正シリコン素材が最強のバランス!

Appleから発売されているiPhoneに、Appleから発売されている純正のケース/カバーを装着することは、ご飯を箸で食べるという理屈と同じ。

今回は、こちらの記事『iPhone Xs,X 専用ケースおすすめ!Appleオリジナルシリコンケースレビュー』でご紹介したiPhone Xs/XのApple純正のシリコンケース【コスモスブルー】を実際に使ってみた感想を備忘録的にレビューしていきたいと思います。(iPhone Xsにはコスモスブルーはありませんので、色ではなく評価自体を参考にして下さい。)

ではまず、実際に使用してみての僕なりの総合評価をお伝えしておきます。

ケースの色味について
以下にご紹介しているケースの写真の色は、明暗によって異なる場合があります。この記事で紹介しているケースの写真は、日中のより多くの光(明るさ)の下で撮影したものです。実際に目にする印象よりも明るいので、室内ではもう少しダークな色味と感じる場合もあります。 

Apple純正のシリコンケースの僕なりの評価/結論

どの角度からみても最強のバランスを発揮している

iPhone Xs/X Apple silicone case back

僕の結論から言いますと、Appleの純正シリコンケースは「どの角度からみても最強のバランスを発揮している」と思います。

これは良い【GOOD】ポイント

  • 各部位の保護と機能性のバランスが良い
  • iPhoneの美しいデザインを損うことのないメロウで優れたデザイン
  • カラーを変えれば男性にも女性にもマッチする凡用性の高いデザイン
  • 水や砂やホコリがついてもサッと拭き取れる
  • アップルマークが胸熱!

これは最悪【BAD】ポイント

  • ポケットに入れる時に引っかかってしまう
  • 落下させるとシリコンケース自体にすぐに傷がつく
  • 保護性能は完璧ではない

ではまず、iPhone Xs/XをApple純正のシリコンケースに装着した状態の各部位についてご紹介します。

Apple純正シリコンケースレビュー

ケースの上部について

iPhone Xs/X apple case 5

ケースの上部の部分はすべてシリコンで保護されています。iPhone Xs/X自体には上部に物理的なボタンなどはありませんので、上部がすべて保護されているのはとても安心して使えます。

ケースの下部について

iPhone Xs/X apple case 7

ケースの下部の部分は、大きく開口されています。これは、iPhone Xs/X自体の下部に、「電源コネクタ」、「スピーカー」が配置されている影響もあります。また、その他のサードパーティ製のドックなどを挿しても、ケースと干渉することはありませんので、保護性能よりも機動性を重視している考えられます。

音量/サイレント部分について

iPhone Xs/X apple case 6

iPhone Xs/Xの物理的なボタンである「音量ボタン」、「サイレントオン・オフ」部分についてですが、「音量ボタン」に関してはすべてシリコンで保護されています。特に押しにくいという印象もなく、逆にシリコンケースで一回りほど大きくなったので、押しやすくなった印象を持っています。

「サイレントオン・オフ」ボタン部分については、可動式ですので、シリコンで保護されてしまうと問題です。その問題を懸念し、可動する部分はすべて開口された状態になっています。使用する際は、シリコンケースの影響で、若干奥に入り込んだ形になっていますので、シリコンケース装着前よりも押しにくくなった印象ではあります。しかし、押せないことはまったくないし、それでイライラすることもありませんので、”サイレントオン・オフが押しにくくなったこと”はそれほど問題にはならないと感じます。

スリープボタン部分について

iPhone Xs/X apple case 8

スリープボタン部分についても物理的な箇所になりますので、シリコンですべて保護されています。先ほどご紹介した「音量ボタン」と同様に、特に押しにくいという印象もなく、逆にシリコンケースで一回りほど大きくなったので、押しやすくなった印象を持っています。

背面カメラ部分について

iPhone Xs/X apple case 10

カメラ部分について、写真でご確認頂いている通り、iPhone Xs/ Xのカメラに干渉することありません。まさにジャストサイズ。

あらゆるホコリや水などがカメラ部分から内側に侵入するリスクは極めて低いと思います。現に、僕はケースを装着したまま入浴中にYouTube視聴したりしていますが、「内部に浸透した」という状況に陥ったことはありません。

しかしながら、完璧にそれが保証されているわけではありませんので、水没させてしまったり、土砂降りの雨に打たれた場合、水などが内部に侵入することは考えられます。

ケースのデザイン性について

iPhone Xs/X Apple silicone case grip

シンプル/無地だけど メロウで美しいデザイン

シンプル イズ ベスト!という言葉がとても板についたデザインではないでしょうか。

iPhone Xs/Xの本体の曲線部分にそのままアーチを描くように合わさっているので、iPhone Xs/Xの外観のフォルムを損なうことなく、さらにメロウ感を出したシンプルで飽きのこないデザインだと感じます。

色を変えればメンズ・ウィメンズどちらにもマッチするデザインに変化

iPhone Xsシリコンケースのカラバリの画像

画像引用元:Apple

こちらのiPhone Xs/XのApple純正ケースには、以下の記事で紹介しているように、様々なカラー/色が9〜18種類も用意されています。極端に言えば、ブラック系を選べば男性向けになり、ピンク系を選べば女性向けにもなるので、かなり凡用性の高い性別不問なフレキシブルなデザインだと言えます。

iPhone Xs/Xのカラーバリエーションについて

カッコよくて可愛くておしゃれ

iPhone Xs/X Apple 純正ケース

あなたの性別やライフスタイルなどに応じたカラー/色を選択することで、カッコよくもなり、可愛くもなり、そしておしゃれにもなる、非常にバランスの良いデザインを兼ね備えたケースであると思います。

ケースの耐衝撃性や衝撃吸収について

iPhone Xs/X apple case 1

シリコンなので耐衝撃性には強い

僕はiPhone 4から歴代のiPhoneに、Apple純正シリコンケースを使用してきましたので、もちろん何度となくiPhoneを地面に落下させた経験があります。しかし、シリコンで保護されている部分のiPhoneの筐体には一切の傷はついたことはありません。

以下の記事でご紹介しているようにケース自体が開口されている部分(ディスプレイ、電源コネクタやスピーカー部分など)については、多少なりとも傷や破損のリスクはありますが、僕の経験上ではかすり傷はあったにせよ、それほど大きな破損はありません。

iPhone Xs,X 専用ケースおすすめ!Appleオリジナルシリコンケース解説!【レビュー】

保護性能と機能性のバランス

iPhoneやスマホに限らず、毎日のように使っているデバイスやガジェットであれば、落下のリスクは必ずあります。落下させてしまった時のことを恐れ、ガッチガチに保護されたケースを使う方もいるでしょうが、やはり機能性や機動力を考えたばいい、どんなガジェットでも”身軽”な方が使いやすいはずです。

だから僕は、ある程度の保護性能とある程度の機動性を兼ね備えたAppleの純正ケースを選択し続けています。

シリコン素材ならではのこと

シリコン素材なので、どんなに砂で汚れようが、どんなにホコリがつきまくろうが、どんなに雨に濡れようが、タオル1枚でササッと拭き取ることができますので、本当にお体入れ簡単です。

しかし逆に、シリコン素材はズボンからの出し入れやバックから取り出す時に、引っかかってしまいます。ササッと取り出す時に引っかかってしまうと、落下させてしまう危険性、さらには少しイライラしてしまう要因にもなってしまいます。

シリコンケース自体への傷

iPhone Xs/X apple case 9

Apple純正シリコンケースで保護されている部分のiPhone Xs/Xの筐体に関しては一切の傷や破損はありませんが、先日落下させた際に、上記の写真(ケース右上部付近の凹み)のようにケース自体には傷や破損がついてしまいました。これは仕方のないことではありますが、如何せん傷や破損してしまうと、そのデザイン性や見た目が悪くなってしまいます。

シリコン性ですので、落下した際の耐衝撃性はあるにせよ、ケース自体への破損についてはいとも簡単についてしまいます。しかも、傷というか、くり抜かれたような感じです。

Appleオリジナルだからこそ

アップルマークが心を熱くする

iPhone Xs/x apple case back apple logo

こちらの写真のように、Apple純正の各ケースには「アップルマーク」が施されています。これは、他のサードパーティ製のケースには絶対に真似できない、紛れもなく特別なものです。

信頼以上の技術と経験が注がれたケース

iPhone Xs/X apple case 2

iPhoneを作り続けているオリジナルブランドである”Apple”。それらの技術と経験、そして実績があるからこそ、iPhoneにマッチングした優れたケースを作り上げられる”信頼以上の価値あるケース”であると言えます。

iPhone XSとXのケースの互換性

iPhone Xs/x apple case

両者とも5.8インチOLEDディスプレイであり、本体サイズも70.9mm☓143.6mm☓7.7mmと同等です。ただ、カメラ部分が1mちょっとの違いがあるようですので、ケースの種類(背面カメラの開口度合い)によっては、特に問題ないケースも多くありますので、”背面カメラ部分の開口度合い”は購入前のXS用とX用のケースであることをちゃんと確認しておく必要はあります。

こちらの記事『iPhone Xs と X の違いは?CPU,スペックを徹底比較!買うならどっち?』に詳しく書いていますので参考にして下さい。

各Apple純正オリジナルケース

シリコンケース

iPhone Xs 用

iPhone X 用

iPhone Xs,X液晶ガラスフィルム

Jasbon ガラスフィルム

iPhone X用Jasbon液晶保護ガラスフィルム記事のアイキャッチ写真

ついでにご紹介しおくと、僕が実際に使用しているガラスフィルムのブランドは、JASBONです。

特徴としては、高透過率は95%日本製旭硝子素材を使用、全面保護気泡防止の自動吸着、さらに極薄0.26mmの業界最高硬度9Hを誇る、低価格でありながら、1年はコストをかけずに使える稀に見るコスパ最高のガラスフィルムです。

その開封と装着感などのファーストインプレッションレビューについては以下の記事に動画を交えて詳しくご紹介していますので参考にして下さい。

iPhone Xs/Xの液晶保護ガラスフィルムをお探しなら、迷わずこれを僕はおすすめします。

 iPhone X ガラスフィルムのおすすめは装着感が最強なJasbon製!貼付け〜装着レビュー|動画付き! 

最後に

iPhone Xs/X apple case 11

iPhone Xs/Xを「落として傷をつけたくない!」と心配する一方で、いつでもどこでもiPhone Xs/Xをアグレッシブに使わないと非常にもったいないです。

あなたの人生を、より効率的に、より快適にしてくれるiPhone。

だからこそ、ガチガチにハードな保護性能に特化したケースよりも、「ちょっとくらい落としても大丈夫」というくらいの保護性能と、それなりにアグレッシブにiPhoneを使える機能性、そしてどんなライフスタイルにもマッチする飽きの来ないデザインを兼ね備えた「最強のバランス」がApple純正のシリコンケースにはあります。

ということで今回は、こちらの記事『iPhone Xs,X 専用ケースおすすめ!Appleオリジナルシリコンケースレビュー』でご紹介したiPhone Xs/XのApple純正のシリコンケース【コスモスブルー】を実際に使ってみた感想を備忘録的にレビューさせて頂きました。

あなたのiPhoneのケース選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またお会いしましょう。

次はこの記事『 iPhone XS 耐衝撃性ケースおすすめ!ガジェットブロガー厳選の8個! 』で、耐衝撃性に特化したiPhone Xsのケースをチェックしておきましょう。

|iPhone XS/XS Max/XRの購入
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS Max/XRのおすすめのケース
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS Maxのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

|iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhone関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA