iPhone XS おすすめ純正ケース!シリコン,レザー,手帳型の特徴を解説!

iPhone Xsの純正ケース3種類解説の記事アイキャッチ

iPhoneXS / Xのケース選びで迷ったら、Apple(アップル)が発売している純正のケースで決まり!

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

Apple(アップル)から公式に発売されているiPhone XS / XのApple純正のケースは3種類。そのシリコーンケースレザーフォリオケースレザーフォリオ(手帳型)ケース”特徴””仕様”について徹底解説しています。

まさに今、iPhone Xのケースを購入&ケース選びに困っている方、その種類について知りたい方、Apple純正ケースのメリットデメリットを知りたい方、また「Apple純正ケースを買うことは決めている!」、でも3種類のうちのどの種類にしようか悩んでいるあなたにとって、非常に参考になります。

iPhone XS/Xのケース選びで悩んでいる方や迷っているなら、ぜひ読んでみて下さい。

iPhone XSとXの本体サイズについて
両者とも5.8インチOLEDディスプレイであり、本体サイズも70.9mm☓143.6mm☓7.7mmと同等です。こちらの記事『iPhone XS と X の違いは?CPU,スペックを徹底比較!買うならどっち?』に詳しく書いていますので参考にして下さい。 

では、まずそれぞれの詳しい仕様デザインについてご紹介し、長所短所の違いなどの統括、共通する特徴、そしてそれぞれのケースに向いている方について、しっかりガッツリどっさりきちんと書いています。

iPhone Xsシリコンケース

画像元|Apple

iPhoneのためにAppleがデザインしたフォルムが、あなたのiPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。iPhoneを一段としっかり守れるよう、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しました。外側はシリコーンで絹のように柔らかに仕上げてあるため、あなたの手に心地よく収まります。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することさえできます。

引用元|Apple

外観のデザインはシンプル

外観のデザインに関しては、背面部分にアップルロゴがあるだでそれ以外の装飾は一切ありません。iPhone Xs/Xの仕様上、前面(ディスプレイ部分)はオールディスプレイなので開口されています。正面向かって左側のサイレントオン・オフボタン部分、背面カメラ部分、下部の電源コネクタとスピーカー部分以外の上部や側面は、シリコンで保護されています。

シリコン素材の特徴

iPhoneの仕様上保護できない部分以外は、ほぼすべてシリコン素材なのでしっかりとした保護性能があります。Apple純正のシリコンケースについての保護性能や耐衝撃性については、実際に僕が使用して書いた記事『 iPhone XのApple純正シリコンケースをレビュー!衝撃&強度,耐衝撃も良し!』にも特徴や使用感も書いていますので参考にして下さい。

カラーバリエーション/色

iPhone Xsシリコンケースのカラバリの画像

画像引用元:Apple

iPhone Xシリコーンケース のベースカラーバリエーションは、右から(product)RED|ブラック|ピンクサンド|ミッドナイトブルー|ホワイト|コスモスブルー|スパイシーオレンジ|フラッシュ|ウルトラバイオレット|ローズレッド|ダークオリーブ|ブルーコバルト|デニムブルー|レッドラズベリー|レモネード|スカイブルー|マリングリーン|ピーチ18種類あります。

カラーバリエーションの種類の豊富さは圧巻です。自分の好みに合わせて選ぶことができます。

シリコンケース価格

  • ¥4,800 (税別)

価格だけでみると、シリコンケースなのに高額な価格設定だと思います。しかし、その価格以上に高品質なのでご安心下さい。

シリコンケースの魅力と欠点

|8つの魅力

  1. iPhone専用ケースの最もな安心と信頼の証であるAppleロゴ
  2. iPhone本体のフォルムを崩さず、飽きのこないシンプルなデザイン
  3. シリコンなので、アグレッシブに手荒に扱っても水場に持ち込んでも問題なし
  4. シリコン素材の保護性能でiPhone X本体に傷がつく可能性は極めて低い
  5. 落下させたりしてもケースに傷がつきにくい
  6. 各種物理ボタンも容易にアクセスができ、押しやすさも向上している
  7. シリコン素材でグリップ力がある
  8. 活動的な状況や場所でも使える

|4つの欠点

  1. シリコンの割に価格が高い
  2. 高級感ゼロ
  3. 安っぽさがある
  4. 本体からサイズアップしてしまう

純正のシリコンケースの欠点といえばこのくらいだと思います。

こちらの記事『iPhone Xs ケース 最強のおすすめは純正シリコンケースである理由!』にさらに詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

シリコンケースおすすめ度は?

PEITA
このシンプルな外観のデザインが、飽きのこない愛着感を持たせてくれます。様々な凡用性を考えても、シリコンケースを選ぶのが一番最適だと思います。一般的な使用にも、ファッションにも、活動的な人にオススメです。

iPhone Xsレザーケース

画像元|Apple

Apple製のこのケースは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーを使っているため、外側は柔らかな手触りがあり、時とともに自然な風格が加わります。機械加工されたアルミニウムのボタンは、それぞれのレザーケースのカラーにマッチします。内側には、あなたのiPhoneをしっかり保護できるよう、マイクロファイバーの裏地を採用しました。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することさえできます。

引用元|Apple

レザー素材で大人の雰囲気

形状はほぼシリコンケースと同じで、背面部分には「Appleロゴ」があるだけでそれ以外の装飾は一切ありません。開口部分や形状以外で決定的に違うのが素材です。レザーケースということで素材にレザーが使われています。手触りの質感もよく、見た目の高級感はシリコンケースとは比べ物にならないほど大人の雰囲気を表現しています。まさにスマートなケースと言えます。

保護性能や汚れやホコリについて

iPhoneXsの仕様上、保護できない部分以外については、レザーでしっかりと保護できているので、パフォーマンスとしてはシリコンケースと同等の保護性能が期待できます。ゴミやホコリについては、シリコンケースほどは目立たないように感じます。

|レザー特有のキズ

iPhone レザーケースのキズの画像

iPhone Xで使用していた実際のレザーケース

画像のように、何かに少しでも掠れたりしてしまうと、いとも簡単にレザーに傷がついてしまいます。毎日のように使っていくと、結果傷んできます。しかしこれはこれはレザーケースの短所の部分でもあり、逆に使い込むほどにダメージジーンズのように、”レザー特有(財布やバッグなど他の革製品)の味”が出て来ますので、そういう見方としては”長所”であると言えますので、これは好みの問題です。

背面のAppleロゴは、シリコンケースにようにくっきりと見える印象ではなく、結構うっすらな感じです。

カラーバリエーション/色

iPhone Xs レザーケースのカラバリの画像

画像元|Apple

iPhone Xsレザーケース のベースであるカラーバリエーションは、(product)RED|ブラック|サドルブラウン|ミッドナイトブルー|ピンクフクシア|コスモスブルー|ダークオバージン|チャコールグレイ|トーブ|ソフトピンク|エレクトリックブルー|スプリングイエロー|ブライトオレンジ|13種類が用意されています。

カラーバリエーションについては、シリコンケースよりも数は少ないですが、これだけカラバリがあれば文句ないでしょう。

レザーケース価格

  • ¥5,800 (税別)

素材がレザーですので、シリコンケースと同じ価格ではありません。しかし、その価格以上に高品質なのでご安心下さい。

レザーケースの魅力と欠点

|5つの魅力

  1. iPhone専用ケースの最もな安心と信頼の証であるAppleロゴ
  2. iPhone本体のフォルムを崩さず、飽きのこないシンプルなデザイン
  3. 各種物理ボタンも容易にアクセスができ、押しやすさも向上している
  4. 高級感がありスマート
  5. 使い込むほどに味=ビンテージ感が出る

レザーケースの最大の魅力と言える”レザーなので使えば使うほど、味が出てくる”。

|4つの欠点

  1. レザーなので割高
  2. すぐに傷がつく
  3. 水や雨に塗らせない
  4. 本体からサイズアップしてしまう

レザーケースおすすめ度は?

PEITA
デザインの形状はシリコンと同等ですが、最大の売りはレザー素材。レザーであるだけで非常にスマートな印象を引き出してくれます。レザー素材を長く愛用していきたい方、ケースに高級感を求めている方におすすめです。

純正 手帳型/レザーフォリオケース

画像元|Apple

特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーで作られた、見た目も手触りも上質なiPhone Xレザーフォリオケースは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。ケースを開くとiPhone Xがスリープ状態から復帰し、閉じるとスリープ状態に戻ります。内側には、iPhoneを一段としっかり保護できるよう、柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用し、紙幣、小さなメモ、カード数枚を入れられるスペースも用意しました。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することさえできます。

引用元|Apple

フリップで安心に使える

シリコンケースとレザーケースとの違いは、何と言ってもフリップ。さらにそのフリップの裏に、収納スペースがあります。そして最大の魅力でもあるフリップがあることで、iPhoneXsのディスプレイも完全に保護することができます。背面部分には「Appleロゴ」あり、その他なシリコンとレザーと同様です。また、素材がレザーになっています。

保護性能は抜群!汚れやホコリ

フォリオ(手帳型)ですので、iPhoneXのディスプレイを完全に保護がすることができますので、シリコンケースやレザーケースよりも高い保護性能を発揮すると期待できます。もしかしたら、落下した瞬間にフリップが開く場合もあると思いますのでその点注意です。

ゴミやホコリについては、レザーケースと同様にシリコンケースよりは目立たないようです。そして、レザー仕様ですので、さきほどご紹介したレザーケースと同様に”レザー特有(財布やバッグなど他の革製品)の味”が出て来ますので、そういう見方としては”長所”であると言えますので、これは好みの問題です。

カラバリエーション/色

iPhoneXApple純正レザーフォリオのカラバリの写真

画像元|Apple

iPhone Xレザーフォリオケースの新色3種類の写真

画像元|Apple

iPhone Xレザーフォリオケース のカラーバリエーションは、コスモスブルー|トーブ|ブラック|ベリー|エレクトリックブルー、ソフトピンク、(product)REDと、シリコンケースやレザーケースよりもさらに少ないい7種類となっています。

手帳型/レザーフォリオケース価格

  • ¥10,800 (税別)

シリコンケースとレザーケースからすると、ざっと2倍の価格差。これはかなり高額な価格設定です。Appleはかなり強気です。

手帳型/レザーフォリオケースの魅力と欠点

|7つの魅力

  1. iPhone専用ケースの最もな安心と信頼の証であるAppleロゴ
  2. iPhone本体のフォルムを崩さず、飽きのこないシンプルなデザイン
  3. 各種物理ボタンも容易にアクセスができ、押しやすさも向上している
  4. 高級感がありスマート
  5. 使い込むほどに味=ビンテージ感が出る
  6. 便利な収納スペース
  7. ディスプレイ完全保護

レザーケースの最大の魅力と言える”レザーなので使えば使うほど、味が出てくる”。しかも全面保護も!

|5つの欠点

  1. レザーなので割高
  2. すぐに傷がつく
  3. 水や雨に塗らせない
  4. 本体からサイズアップしてしまう
  5. 動作にフリップを開けるワンクッション必須

iPhoneXsを使用する際にフリップ動作が必要になります。例えば、急いでいる時に電話が鳴った時、”ポケットからサッと片手で取り出して着信を確認する”というシーケンスに、”ポケットからサッと片手で取り出して【フリップを開けて】着信を確認する”というように、ワンアクションがiPhoneXsを使う時に必要だということです。

手帳型/レザーフォリオケースおすすめ度は?

PEITA
かなり好みが絞られるので、iPhone Xsを財布のように使う。または決済などがすべてクレカやApple Payで済ませている方にとっては、フリップ収納部分に免許証や保険証をいれておけば財布を持ち歩かなくてすみます。

あなたどれを選ぶ?

画像元|Apple

デザインや外観では?

デザインは3種類ともシンプルで余計な装飾などは一切なく、その仕上がりは一級品のAppleクオリティーで素晴らしいです。僕の観点から言わせてもらうと、iPhoneXsのデザインを活かしたスマートな使い方は?と考えた場合、こちらの記事『』でも書いているように、せっかくシンプルになったジェスチャー操作も、手帳型ケースではフリップさせるという余計なアクションが発生するので、レザーフォリオケースはおすすめできません。

PEITA
デザインや外観についてはシリコンケースレザーケースです。

カラー/色では?

シリコンケースは、全体的に鮮やかでポップな印象ですし、カラーバリエーションも18種類とかなり豊富です。業界最高のカラバリでしょう。レザーケースとレザーフォリオケースについては、どちらのカラバリも上質で大人っぽく落ち着いた色合いになっています。

PEITA
派手好きならば迷わず純正シリコンケースシックな色が好きな方にはレザーケースとにかく目立ちたくない方はレザーフォリオケースをおすすめします。

持ちやすさでは?

iPhone Xs本体と、それぞれのケースのフィット感は純正品だからこそ寸分の狂いもなくピッタリとジャストフィットします。なので、持ちやすさとしては素材によって変化します。その中でも、シリコンケースの方はしっかりと手に吸い付き、レザーケースやレザーフォリオケースはシリコンと比べると多少は滑りやすいと言えます。

PEITA
ここはやはりグリップ力のあるシリコンケースをおすすめします。

汚れやホコリは?

3種類とも全く汚れないとかホコリがつかないわけではありません。レザーケースやレザーフォリオケースは、使えば使うほどに味がでますが、それが汚れに見える可能性もあります。その反面、雨など水に濡れた場合(泥被害など)を考えると、すぐに洗い流せるシリコンケースの方が良さそうです。

PEITA
汚れもホコリが目立っても、すぐに洗い流せる!雨にも風にも負けないシリコンケースをおすすめします!

僕がおすすめするケースは?

結果、いずれの項目に顔を連ねた”シリコンケース”を購入することを僕はおすすめします。こちらの記事『iPhone Xs ケース 最強のおすすめは純正シリコンケースである理由!』でもご紹介している通り、なにわともあれシリコンケースが最強です。

3種類のケースの共通点

では、僕のおすすめケースはさておき、シリコンケース、レザーケース、レザーフォリオ(手帳型)ケース、3種類のApple純正ケースについてご紹介致しましたが、それぞれにもちろん魅力があることもわかって頂けたかと思います。そして欠点もあることもわかって頂けたかと思います。

購入を検討している方は、ある程度どれにしようか?という答えが絞られてきたと思いますが、3種類のケースすべてに共通していることを改めてまとめてみます。

  • iPhoneの本体にぴったりフィットするAppleクオリティ
  • 柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用していること
  • そのままワイヤレスで充電することができる

そしてもうひとつ忘れてはならないたったひとつのずば抜けた最大の長所があります。

Appleロゴがあること

そうです。”Appleロゴ”が背面にあるということです。Appleロゴの表記は、Appleにしか出せない、純正だからこそなし得る特徴 なんです。

まとめ

上記に書いた共通点のメリットを前提に、それぞれのケースの長所短所欠点などを踏まえ、以下にそれぞれのケースの購入に向いている方について、改めてまとめてみました。

シリコンケース向きな方

  • 汚れやホコリが気になる方
  • 雨にも風にも負けたくない方
  • 本体が防水防塵だから、そのまま水の中でも使いたい方
  • 派手な色が好きな方
  • iPhoneのデザインをできるだけ失いたくない方
  • Apple純正ケースを安く買いたい方
  • Apple純正ケースを遊びで使い倒す方

レザーケース向きな方

  • 汚れや傷の”味”を楽しみたい方
  • 長期間使おうと考えている方
  • 落ち着いた色が好みで、それなに色をこだわりたい方
  • iPhoneのデザインをできるだけ失いたくない方
  • Apple純正ケースを少し安く買いたい方
  • Apple純正ケースをシンプルにかっこよく使いたい方

レザーフォリオケース向き方

  • 汚れや傷の”味”を楽しみたい方
  • 長期間使おうと考えている方
  • 派手過ぎない色が好み方
  • iPhoneを財布代わりにしたい方
  • 収納スペースがほしい方
  • 画割れをできるだけ防ぎたい方
  • Apple純正ケースの高級感を味わいたい方
  • Apple純正ケースをインテリジェンスに使いたい方

さぁ!あなたは、iPhone XS専用の3種類あるApple純正ケースのどれを買いますか?

ということで今回は、Apple(アップル)から公式に発売されているiPhone XS / XのApple純正のケースは3種類。そのシリコーンケースレザーフォリオケースレザーフォリオ(手帳型)ケース”特徴””仕様”について徹底解説しています。

PEITA
僕は、汚れもホコリが目立ってもすぐに洗い流せる!雨にも風にも負けないシリコンケースをおすすめします!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたのiPhone Xs専用のApple純正ケース選びの参考になれば幸いです。では、またお会いしましょう。

|iPhone XS/XS MAX/XRの最速予約&最速購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS MAX/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS MAXのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

iPhone Xs / X関連商品

iPhone Xs / Xについては、ケースなどがいくつか販売されていますので、本体を手に入れる前にCHECKしておくことをおすすめします。とは言え、僕は絶対にApple純正のシリコンケースをオススメします。

 キャリア購入はこちら   ドコモオンラインショップ

|合わせて読みたい記事

|iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「 WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhone関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhone Xsの純正ケース3種類解説の記事アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。