fig_main

iPhone XS ケース 最強のおすすめは純正シリコンケースである理由!

iPhone Xs 純正シリコンケースの記事アイキャッチ画像

iPhoneXs / Xのケース選びで迷ったら、Apple(アップル)が発売している純正のシリコンケースで決まり!

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

Apple(アップル)から公式に発売されているiPhone XS / XのApple純正のシリコーンケースが最強におすすめな理由として、その”特徴””仕様”、”魅力””欠点”についてお届けします。

まさに今、iPhone XS/Xのケース選びに困っている方、Apple純正シリコンケースのメリットデメリットを知りたい方、また「Apple純正ケースを買うことは決めている!」、でも3種類(シリコン、レザー、手帳型)のうちのどの種類にしようか悩んでいるあなたにとって非常に参考になります。

iPhone XS/Xのケース選びで悩んでいる方や迷っているなら、ぜひ読んでみて下さい。

こちらの記事もおすすめ
iPhone XS用の純正ケース3種類について、こちら『iPhone XS おすすめケースブランドはApple純正!人気の3種類を解説!シリコン,レザー,手帳型! 』の記事で詳しく解説していますので、合わせてお読み下さい。 

|iPhone XS/XS MAX/XRの最速予約&最速購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS MAX/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS MAXのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧


iPhone XSとXのケースの互換性

両者とも5.8インチOLEDディスプレイであり、本体サイズも70.9mm☓143.6mm☓7.7mmと同等です。ただ、カメラ部分が1mちょっとの違いがあるようですので、ケースの種類(背面カメラの開口度合い)によっては、特に問題ないケースも多くありますので、”背面カメラ部分の開口度合い”は購入前のXS用とX用のケースであることをちゃんと確認しておく必要はあります。

こちらの記事『iPhone Xs と X の違いは?CPU,スペックを徹底比較!買うならどっち?』に詳しく書いていますので参考にして下さい。

Apple 純正 シリコンケース

画像元|Apple

iPhoneのためにAppleがデザインしたフォルムが、あなたのiPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。iPhoneを一段としっかり守れるよう、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しました。外側はシリコーンで絹のように柔らかに仕上げてあるため、あなたの手に心地よく収まります。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することさえできます。

引用元|Apple

外観のデザインはシンプル

外観のデザインに関しては、背面部分にアップルロゴがあるだでそれ以外の装飾は一切ありません。iPhone Xs/Xの仕様上、前面(ディスプレイ部分)はオールディスプレイなので開口されています。正面向かって左側のサイレントオン・オフボタン部分、背面カメラ部分、下部の電源コネクタとスピーカー部分以外の上部や側面は、シリコンで保護されています。

カラーバリエーション/色

>iPhone X シリコンケースのカラバリ

iPhone Xsシリコンケースのカラバリの画像

画像引用元:Apple

iPhone Xシリコーンケース のベースカラーバリエーションは、右から(product)RED|ブラック|ピンクサンド|ミッドナイトブルー|ホワイト|コスモスブルー|スパイシーオレンジ|フラッシュ|ウルトラバイオレット|ローズレッド|ダークオリーブ|ブルーコバルト|デニムブルー|レッドラズベリー|レモネード|スカイブルー|マリングリーン|ピーチ18種類あります。

カラーバリエーションの種類の豊富さは圧巻です。自分の好みに合わせて選ぶことができます。

>iPhoneXSのカラバリ

iPhone XS シリコンケースカラーの画像

画像引用元:Apple

iPhone XSシリコーンケース のベースカラーバリエーションは、ネクタリン|ラベンダーグレイ|ブルーホライゾン|ストーン|ピンクサンド|ミッドナイトブルー|ホワイト|ブラック|product(RED)の9種類あります。

カラーバリエーションについては文句ない種類の豊富さです。あなたの好みやライフスタイル、ファッションに合わせて選ぶことができます。

価格/値段

  • ¥4,800 (税別)

普通に考えたら、高い基準の価格設定ですよね。しかし、その価格以上に高品質なので、ご安心下さい。下手に安いクソみたいなケースよりも、長持ち&コスパ高いです。

シリコン素材の特徴

|保護性能

iPhoneの仕様上保護できない部分以外は、ほぼすべてシリコン素材なのでしっかりとした保護性能があります。Apple純正のシリコンケースについての保護性能や耐衝撃性については、実際に僕が使用して書いた記事『 iPhone XのApple純正シリコンケースをレビュー!衝撃&強度,耐衝撃も良し!』にも特徴や使用感も書いていますので参考にして下さい。

|シリコンだからグリップ力がある

iPhoneXApple純正シリコンケースグリップ力の写真

シリコン製なので、グリップ力はシリコンケース未装着時よりも格段に上がります。多少は本体のサイズがアップしてしまうので、大きくなった分持ちやすくなるという特徴もあります。ただ、仮にサイズダウンしたと考えても、シリコン素材なのでグリップ力の向上に関しては、その他の素材のケースよりも高いと言えます。

|雨や水場やお風呂でも使える

iPhoneXApple純正シリコンケース水場での写真

普段の生活の中で、iPhone Xs/Xが雨や水に濡れてしまうという状況であっても、iPhone Xs/X自体が防水防滴であるのに加え、ケースがシリコン製でなら、ササッと水滴を拭き取ってしまえば問題ありません。また、入浴などの際にもケースを外さずにそのまま浴室へ持っていくことができます。レザー(フォリオケース含む)の場合はそうはいきません。

|キズがつきにくい

iPhoneXApple純正シリコンケース外で使える写真

アスファルトなどの固い地面(場所)に落下させたり、ハサミや刃物で切りつけない限り、傷(切り目)のつく心配もほとんどないように思います。少し爪を立てても、ほぼ傷もつかないです。これはシリコンケースの長所でもあります。

|汚れやホコリ

こちらの記事『iPhone X 人気のApple純正シリコンケースを選ぶべき!耐衝撃にも備えよし!』でも書いていますが、iPhoneXのシリコンケースを実際に使用した経験から言わせてもらうと、ゴミやホコリについては多少は目立つ傾向にありました。

シリコンケースの魅力と欠点

|8つの魅力

  1. iPhone専用ケースの最もな安心と信頼の証であるAppleロゴ
  2. iPhone本体のフォルムを崩さず、飽きのこないシンプルなデザイン
  3. シリコンなので、アグレッシブに手荒に扱っても水場に持ち込んでも問題なし
  4. シリコン素材の保護性能でiPhone X本体に傷がつく可能性は極めて低い
  5. 落下させたりしてもケースに傷がつきにくい
  6. 各種物理ボタンも容易にアクセスができ、押しやすさも向上している
  7. シリコン素材でグリップ力がある
  8. 活動的な状況や場所でも使える

|4つの欠点

  1. シリコンの割に価格が高い
  2. 高級感ゼロ
  3. 安っぽさがある
  4. 本体からサイズアップしてしまう

純正のシリコンケースの欠点といえばこのくらいだと思います。

シリコンケースは最強!おすすめ度は?

PEITA
このシンプルな外観のデザインが、飽きのこない愛着感を持たせてくれます。様々な凡用性を考えても、シリコンケースを選ぶのが一番最適だと思います。一般的な使用にも、ファッションにも、活動的な人にオススメです。

最後に

iPhoneXの画像

ということで今回は、Apple(アップル)から公式に発売されているiPhone Xs / XのApple純正のシリコーンケースが最強におすすめな理由として、その”特徴””仕様”、”魅力””欠点”についてお届けしました。

まさに今、iPhone Xs/XのApple純正ケース3種類(シリコン、レザー、手帳型)のうちのどの種類にしようか悩んでいるあなたに、僕が最強におすすめするのはApple純正シリコンケースです。

Apple 純正のシリコンケース

>こちらがiPhone X/XS シリコンケース用

いかがだったでしょうか?

あなたのiPhone Xs/Xのケース選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

次は、こちらの記事『iPhone Xs / X ケース おすすめブランド!実際に使用レビューした5選!』でApple純正以外のサードパーティ製のケースをご紹介していますので合わせてお読んでみて下さい。

|iPhone XS/XS MAX/XRの最速予約&最速購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS MAX/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS MAXのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

|iPhoneXs関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhoneXs関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone XS/XS Max/XR 公式サイトで購入

SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

iPhone Xs 純正シリコンケースの記事アイキャッチ画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

7 件のコメント

  • わたしもApple純正シリコンケースを長年愛用していたので、とても納得のいく記事でした!
    今回iPhone6からX Sに機種変する予定なのですが、公式ではケースの互換性がないような感じなんですよね…
    iPhone Xのシリコンで気に入った色があって、互換性確かなら購入したいのですが、悩み中です

    • 返信が遅れてしまい申し訳ありません。公式ではケースの互換性がないようです。カメラサイズに若干の違いがあるようです。iPhone XとiPhone XSのケースの記事に、互換性のないことを追記しています。また、新たにiPhone XSの純正ケースの記事をアップしていますので、そちらを参考にして頂くか、公式のApple StoreですでにiPhone XSの純正ケースが発売されていますのでチェックしてみてください。

  • >ケースがシリコン製でなら、ササッと水滴を拭き取ってしまえば問題ありません。

    とありますがゲリラ豪雨を食らった、全体が水に浸かった等派手に濡れた場合は外して乾かさなくても大丈夫なのでしょうか?
    内側のマイクロファイバーが吸った水がふとした時に出てきたりしないの?とか
    乾くのに時間がかかってカビ生えるのでは?と思ってしまいました。

    • ご質問ありがとうございます。僕は普段、毎日のようにお風呂に持ち込んでいます。お風呂から上がり、そのままタオルでササッと拭き取るくらいです。しかしながら、きなこもさんがおっしゃる通り、仮にゲリラ豪雨で内側のマイクロファイバーが吸った水は乾かした方がいいと思います。ただ、中にマイクロファイバーまで水が浸透したことは僕にはまだありません。カビが生える可能性もあるので、ゲリラ豪雨や完全に水没した場合は乾かす方が賢明だと思います。1年以上使ったこともありますが、カビは生えたことはないです。参考までに。また、何かありましたら、DMなどでお気軽にご質問下さいませ。

  • はじめまして。
    僕はiPhone を 4Sの時から 5C ・ 6S ・ X と現在ではXs を使用しています。
    6Sの時からアップル純正ケースを使用していますが、Xの時にレザーフリオを使用していた際にガラスフィルム不具合でレザーフォリオケースを取り外す際(携帯ショップの店員さんが)5箇所程の傷(爪や作業スペースの角と思われる)を付けられてしまい。
    しばらくアップル純正シリコンケースを使ってきましたが、Xの画面ガラス形状の個体差でガラスフィルムがエアーが抜けない等の問題から、Xsに機種変更し現在はベルキンガラスフィルムをアップルストアーで貼り付けて戴きガラスフィルムの問題は解決しました。

    現在ではXの時のレザーフォリオケースに傷が付いた怖い経験から、Xsではアップル純正シリコンケース(ブラック)を装着しています。
    しかし、ベルキンガラスフィルムはセンサー部分だけ保護されていない為(アップルアクセサリー部署やアップルストアーさんの見解では通常使用でセンサー部分に傷は付かないガラス強度との事)心配しております。
    ですので画面もフィルムの上から保護出来るレザーフォリオを検討していますが、シリコンケースでも気にせず使用していても大丈夫でしょうか?
    御回答を戴けると幸いです。
    宜しくお願い致します。

    • コメントありがとうございます。その個体差の問題は残念ですが、ともあれiPhone Xsに機種変羨ましいです。僕も検討はしましたが、やはりiPhone Xの現状維持という結論に至りました。

      さて、松山さんのご質問ですが、僕が使っているガラスフィルム(Jasbon)は、こちらの記事(https://oreteki-design.com/iphone-x-glass-film-jasbon-unbox-review)で紹介していますが、センサー部分まで保護されています。ただ、センサー部分は保護されていますが、シリコンケースですので。フォリオと違ってディスプレイは全面むき出しです。センサー部分にフィルムがあろうがなかろうが、センサー部分に何かの衝撃があれば、心配です。しかしながら僕はフォリオだと。iPhone Xを使用するまでのアクションがひとつ増えるので(フリップを開ける動作)、シリコンケースを使っています。
      松山さんが心配されているように、ディスプレイの保護はフォリオと比べると心配です。しかし、歴代のiPhoneで純正シリコンケースを使っていますが、いまだに、落下させて画面が割れたということは起きてません。

      僕の回答としては「僕はシリコンケースでも気にせずにガンガンに使っている」です。最新の記事11/29で新しいシリコンケースを買い、使ってます。

      ご参考になれば幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。