iPhone XS おすすめケースブランドはApple純正!人気の3種類を解説!シリコン,レザー,手帳型!

iPhone XSApple純正ケース3種類の記事のアイキャッチ-2

Appleが公式に発売しているiPhone XS専用の純正ケースは、シリコンケース、レザーケース、レザーフォリオケースの3種類が用意されています。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

この記事がおすすめな読者

  • iPhone XSのケースを購入予定の方
  • iPhone XSのケース選びに迷っている方
  • iPhone XSの純正ケースの種類について知りたい方
  • iPhone XSの純正ケースのメリット・デメリットを知りたい方 

Appleから公式に発売されているiPhone XSのApple純正のケース、iPhone Xシリコーンケース、iPhone Xレザーフォリオケース、iPhone Xレザーフォリオ(手帳型)ケース のそれぞれの”特徴””仕様”、そして”それらの違い”についてご紹介します。

そして、それぞれがどのような方におすすめなのか(向いているのか)も提案させて頂いていますので、iPhone XSのケース選びで悩んでいる方や迷っている方、または「Apple純正ケースを買うことは決めている!」、けれど3種類のうちのどの種類にすればいいの?と悩んでいるなら、非常に参考になります。

iPhone XSのApple純正ケースは3種類

シリコン/レザー/フォリオ(手帳型)

iPhone XS Apple純正ケース3種類の画像

画像引用元:Apple

ー 左:シリコン 中央:レザー 右:フォリオ/手帳型 ー

では、まずiPhone XSのApple純正シリコンケースから詳しくご紹介していきます。

iPhone XS シリコーンケース

Apple iPhone XS シリコンケースの画像

画像引用元:Apple

iPhone XSのためにAppleがデザインしたフォルムが、あなたのiPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。iPhoneを一段としっかり守れるよう、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しました。外側はシリコーンで絹のように柔らかに仕上げてあるため、あなたの手に心地よく収まります。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。
引用元|Apple

デザイン/外観について

背面部分に”アップルロゴ”があるだけで、それ以外に目につく装飾は一切ありません。非常にシンプルな外観のデザインとなっています。iPhoneXSの仕様上、前面(ディスプレイ部分)は全開で、側面や上部側面は、切替式のサイレントオン・オフ以外はシリコンで完全に保護されています。下部と背面カメラ部分についてはむき出しの状態です。

>変わらない美しさ

このデザインとフォルムは、iPhone5以降のモデルから発売されているApple公式の純正シリコンケースから変わっていません。変わっているとするれば、歴代のiPhoneに合わせて作られたサイズのみ。だからこそ僕は、変わらない安心と信頼でAppleの純正ケースを使い続けている。

関連記事:レビュー|iPhone X 人気のApple純正シリコンケースを選ぶべき!
関連記事:iPhone7のおすすめ最強ケース!デザイン最高のオリジナルApple純正シリコンケースが人気!

耐衝撃性/保護力/傷について

保護力は歴代のシリコンケースを使ってきた僕の結論からすると、文句なしに保護力は抜群です。このシリコンケースを装着して使用している時に、本体に傷がついたことは一度もありません。仮に、何度か落下させたことはありましたが、シリコンの耐衝撃性もよく、本体が故障したり傷がつくことはありませんでした。

ハサミや刃物できりつけない限り、爪を立てたくらいでは傷はつきにくいと言えます。細かな傷のつきにくさについては、シリコンケースの長所だと言えます。

関連記事:最強の人気色は黒! iPhone XのApple純正シリコンケースをレビュー!衝撃&強度,耐衝撃も良し!

ゴミ,ホコリや汚れについて

シリコンケースのカラーにもよるかもしれませんが、ゴミやホコリについては、それほど気になるレベルではありません。強いて言うならば、シリコンケースのカラーがブラック系なものは、若干のホコリやゴミが目立つ傾向にあります。

カラー/色 9種類

iPhone XS シリコンケースカラーの画像

画像引用元:Apple

iPhone Xシリコーンケース のベースカラーバリエーションは、ネクタリン|ラベンダーグレイ|ブルーホライゾン|ストーン|ピンクサンド|ミッドナイトブルー|ホワイト|ブラック|product(RED)の9種類あります。

カラーバリエーションについては文句ない種類の豊富さです。あなたの好みやライフスタイル、ファッションに合わせて選ぶことができます。

>僕がおすすめするカラー

僕はブラックをおすすめしています。理由としては単純で、”飽きのこない色”だからです。公式のケースですのでそれほど安い買い物ではありません。だから、できるだけ長く使うことを考えれば、飽きのこない色にしておくことが最善だと思います。

iPhone XS シリコンケース価格

価格|¥4,500 (税別)

価格設定が少し高めな印象を受けますが、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているので、安心価格として評価しましょう。

シリコンケースの7つの魅力

Apple純正のシリコンケースには7つの魅力的な理由があります。

  1. 汚れが目立たない
  2. 適度なフィット感
  3. 夏も冬も適度な温度
  4. 裏地がマイクロファイバー
  5. 最強の耐衝撃性と保護力
  6. 最高のデザイン
  7. カラバリが豊富
シリコンケースの7つの魅力に迫る!!

iPhone XS Apple シリコンケース-2

こちらの記事『iPhone XS おすすめシリコンケースはApple純正!メリットデメリットの7つの魅力に迫る!』に、iPhone XS Apple シリコンケースの7つの魅力を更に詳しく掘り下げて書いていますので合わせてお読み下さい。

シリコンケース4つの欠点

  1. シリコンの割に価格が高い
  2. 高級感ゼロ
  3. 安っぽさがある
  4. 本体からサイズアップしてしまう

なんと言ってもシリコンである以上は、少し安っぽさからは抜け出せません。

iPhone XS レザーケースについて

Apple iPhone XS レザーケースの画像

画像引用元:Apple

Apple製のこのケースは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーを使っているため、外側は柔らかな手触りがあり、時とともに自然な風格が加わります。機械加工されたアルミニウムのボタンは、それぞれのレザーケースのカラーにマッチします。内側には、あなたのiPhoneをしっかり保護できるよう、マイクロファイバーの裏地を採用しました。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。
引用元:Apple

デザイン/外観について

シリコンケースと同様に、背面部分に”アップルロゴ”があるだけで、それ以外に目につく装飾は一切ありません。非常にシンプルな外観のデザインとなっています。iPhoneXSの仕様上、前面(ディスプレイ部分)は全開で、側面や上部側面は、切替式のサイレントオン・オフ以外はシリコンで完全に保護されています。下部と背面カメラ部分についてはむき出しの状態です。ただ、素材がレザーですので、質感や高級感については、シリコンケースよりもこちらのレザーケースの方がグッと高くなります。

耐衝撃性/保護力/傷について

保護力はシリコンケースからすると、柔軟性は削られてしまいますが、文句なしに保護力は抜群です。シリコンに備わっている耐衝撃性と同等程度あります。ただ、レザー特有の短所とも長所とも言えますが、少し爪を立てたり、何かにかすれたりすると、いとも簡単に傷になってしまいます。しかしそれは逆に言えば、ダメージジーンズのように使い込むほどにレザー特有(財布やバッグなど他の革製品)の味が出て来ますので、そういう見方としては長所だとも言えます。

ゴミ,ホコリや汚れについて

ゴミやホコリについては、若干目立つ傾向にあります。また、先ほどご紹介した通り、レザー特有の短所長所の部分で言うところでは、汚れたりした場合に洗うことができない点が気になるところです。もちろん洗えないわけではありませんが、レザー素材にはよくない環境と言えます。

長く使えばそれだけビンテージ感が出てきて、味のある外観となりますが、長く使いたいけれどキレイに使いたい人には受け入れられない可能性はあります。

カラー/色 8種類

iPhone Xシリコーンケース のベースカラーバリエーションは、ピオニーピンク|ケープコッドブルー|フォレストグリーン|トープ|ミッドナイトブルー|サドルブラウン|ブラック|product(RED)の8種類あります。

カラーバリエーションについてはAppleの純正シリコンケース(詳しい記事はコチラ)よりも1種類少ない数ではありますが、それでも文句ない種類の豊富さです。あなたの好みやライフスタイル、ファッションに合わせて選ぶことができます。

>おすすめのカラー

僕のおすすめは、ケープコッドブルー、もしくはサドルブラウンです。理由は、レザー素材ということなので、レザー特有の”味=ビンテージ感”がしっかりと表現されそうな色を選ぶのは必然の極みなんではないでしょうか?逆にブラックを選んでしまうと、レザー特有の”味”が視覚的に見えにくい可能性が考えられます。

iPhone XS レザーケース価格

  • 価格|¥5,800 (税別)

普通に考えたら、高い基準の価格設定ですよね。しかし、Appleのシリコンケース(詳しい記事はコチラ)同様に、その価格以上に高品質なので、ご安心下さい。それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているので、安心価格として評価しましょう。

シリコンケースの7つの魅力

Apple純正のレザーケースには7つの魅力的な理由があります。

  1. 適度なフィット感
  2. 夏も冬も季節相応の温度
  3. 裏地がマイクロファイバー
  4. 最強の耐衝撃性と保護力
  5. 最高のデザイン
  6. カラバリが豊富
  7. 使い込むほどに味がでる
レザーケースの7つの魅力に迫る!!

iPhone XS Apple レザーケース-2

こちらの記事『iPhone XS おすすめレザーケースはApple純正!メリットデメリットの7つの魅力に迫る!』に、iPhone XS Apple レザーケースの7つの魅力を更に詳しく掘り下げて書いていますので合わせてお読み下さい。

レザーケース4つの欠点

  1. レザーなので割高
  2. すぐに傷がつく
  3. 水や雨に塗らせない
  4. 本体からサイズアップしてしまう

なんと言ってもレザー素材である以上は、いとも簡単に傷がついてしまうのが唯一の短所であります。

iPhone XS 手帳型レザーフォリオケースについて

Apple iPhone XS レザーフォリオケースの画像

画像引用元:Apple

特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーで作られた、見た目も手触りも上質なiPhone XSレザーフォリオは、iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットします。ケースを開くとiPhone XSがスリープ状態から復帰し、閉じるとスリープ状態に戻ります。内側には、iPhoneを一段としっかり保護できるよう、柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用し、紙幣、小さなメモ、カード数枚を入れられるスペースも用意しました。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。
引用元:Apple

デザイン/外観について

シリコンケースと同様に、背面部分に”アップルロゴ”があります。またフォリオ(手帳型)ということで、iPhone XSのディスプレイにフリップ(蓋)がついています。iPhone XSを使わない時はフリップを閉じた状態が望ましいです。それ以外に目につく装飾は一切ありませんので、非常にシンプルな外観のデザインとなっています。iPhoneXS仕様上の前面(ディスプレイ部分)、側面や上部側面は、切替式のサイレントオン・オフなどの重要な部分は、フリップを閉じるとすべてレザーで完全に保護されています。もちろん、下部と背面カメラ部分については、使用する際のこと考えむき出しの状態です。また、素材がレザーですので、質感や高級感については、シリコンケースよりもこちらのレザー素材の方がグッとインテリジェンス感が高くなります。

耐衝撃性/保護力/傷について

保護力はシリコンケースからすると、柔軟性は削られてしまいますが、文句なしに保護力は抜群です。レザー素材にもシリコンに備わっている耐衝撃性と同等程度ありまし、ディスプレイにフリップ(蓋)がついているので、ディスプレイの保護性能はその他のシリコンケースやレザーケースと段違いです。ただ、傷などに関してはレザー特有の短所とも長所とも言えますが、少し爪を立てたり、何かにかすれたりすると、いとも簡単に傷になってしまいます。しかしそれは逆に言えば、ダメージジーンズのように使い込むほどにレザー特有(財布やバッグなど他の革製品)の味が出て来ますので、そういう見方としては長所だとも言えます。

関連記事:iPhone XS おすすめシリコンケースはApple純正!メリットデメリットの7つの魅力に迫る!
関連記事:iPhone XS おすすめレザーケースはApple純正!メリットデメリットの7つの魅力に迫る!

ゴミ,ホコリや汚れについて

ゴミやホコリについては、若干目立つ傾向にあります。また、先ほどご紹介した通り、レザー特有の短所長所の部分で言うところでは、汚れたりした場合に洗うことができない点が気になるところです。もちろん洗えないわけではありませんが、レザー素材にはよくない環境と言えます。

長く使えばそれだけビンテージ感が出てきて、味のある外観となりますが、長く使いたいけれどキレイに使いたい人には受け入れられない可能性はあります。

カラー/色 8種類

iPhoneXSApple純正レザーフォリオケースのカラバリの画像.jpg

画像引用元:Apple

iPhone Xシリコーンケース のベースカラーバリエーションは、ピオニーピンク|ケープコッドブルー|フォレストグリーン|ブラック|product(RED)の5種類あります。

カラーバリエーションについてはAppleの純正シリコンケース(詳しい記事はコチラ)より4種類少なく、Appleの純正レザーケース(詳しくはコチラ)よりも1種類少ない数になっています。それでも手帳型にマッチングした落ち着いた雰囲気のカラバリを取り揃えいますので、。あなたの好みやライフスタイル、ファッションに合わせて選ぶことができます。

>おすすめのカラー

僕のおすすめは、純正レザーケースと同様に、ケープコッドブルー、もしくはサドルブラウンです。理由は、レザー素材ということなので、レザー特有の”味=ビンテージ感”がしっかりと表現されそうな色を選ぶのは必然の極みなんではないでしょうか?逆にブラックを選んでしまうと、レザー特有の”味”が視覚的に見えにくい可能性が考えられます。

iPhone XS 手帳型レザーフォリオケース価格

  • 価格|¥10,800 (税別)

普通に考えたら、バカ高い基準の価格設定です。もちろん、価格以上に高品質なので、ご安心下さい。かなり優れた一級品に仕上がっていますが、iPhoneのケースということを考えれば高額なカテゴリになります。

手帳型はほしいけど、あまり予算をかけたくない方は、こちらの記事『iPhoneのビジネスでも使える人気のおすすめ手帳型ケース!』で紹介している手帳型ケースをオススメします。

レザーフォリオ|手帳型の8つの魅力

Apple純正のレザーフォリオ(手帳型)ケースには8つの魅力的な理由があります。

  1. 適度なフィット感
  2. 夏も冬も季節相応の温度
  3. 裏地がマイクロファイバー
  4. 完璧な耐衝撃性と保護力
  5. 落ち着いたカラバリ
  6. 使い込むほど味がでる
  7. 便利な収納スペースを完備
  8. ディスプレイ完全保護

レザーフォリオ(手帳型)ケースの最大の魅力は、何と言っても上記に記載してる6つ目の「使い込むほど味がでる」と 7つ目の「便利な収納スペース」と8つ目の「ディスプレイ完全保護」です。

レザーフォリオケースの8つの魅力に迫る!!

iPhone XS Apple純正レザーフォリオケースの画像-2

こちらの記事『iPhone XS おすすめ手帳型レザーフォリオケースはApple純正が人気!メリットデメリットの8つの魅力!』に、iPhone XS Apple レザーフォリオケースの8つの魅力を更に詳しく掘り下げて書いていますので合わせてお読み下さい。

レザーフォリオケースの最大の欠点

  • 欠点「デザイン最低」&「動作にワンクッション必要」

iPhoneXSのデザインをほぼすべて隠してしまうので、非常に悲惨です。

>ササッと使う前のワンクッションがダサい

シリコンケースやレザーケースのように、動作を行う際に予めディスプレイがさらけ出されているわけではないので、iPhoneXSを使用する際(iPhoneにアクセス)に、ワンクッション動作=フリップ動作が必要になります。例えば、急いでいる時に電話が鳴った時、”ポケットからサッと片手で取り出して着信を確認する”というシーケンスに、”ポケットからサッと片手で取り出して【フリップを開けて】着信を確認する”というように、ワンアクションがあらゆるiPhoneXSでの動作時に必要だということです。それは逆に言えば、ディスプレイの保力としては長所とも言えるし、フォリオ(手帳型)の特徴である、フリップサイドにそれこそ紙幣やカードを収納するスペースが確保されているわけなので、個人的な受け取り方や使用方法で見え方は違うと思います。

Appleの純正ケース3種!あなたはどれを選ぶ?

iPhone XS Apple純正ケース3種類の画像

左:シリコン 中央:レザー 右:フォリオ/手帳型 |画像引用元:Apple

デザインの印象

デザインについては、どれもシンプルで、余計な装飾などは一切ない、すっきりしたデザインになっています。デザイン的にはどれもAppleクオリティーで素晴らしいです。保護力も、もちろん申し分ありません。ただ、iPhoneXSを活かすデザインなのか?というところでは、若干、フォリオケースがフリップタイプなので、使い方や使う人によっては必要不必要がありそうです。

PEITA
僕としては、iPhone XSのデザインをできる限り尊重した形状のものが望ましいと考えるので、デザインで選ぶならシリコンケースとレザーケースです。

カラー/色の印象

シリコンケースは、全体的に鮮やかでポップな印象です。レザーケースとレザーフォリオケースについては、上質で大人っぽく落ち着いた色合いになっています。

PEITA
僕としては、派手好きならば迷わず純正シリコンケース、シックな色が好きな方にはレザーケース、とにかく落ち着いた雰囲気のカラーを好む方はレザーフォリオケース!とします。

グリップ力&持ちやすさ

iPhone XS本体と、それぞれのケースは確実にしっかりとフィットするので、ケースを手に持っても不安定なことはありません。シリコンケースの方はしっかりと手に吸い付くので、滑りにくいと思いますが、買ったばかりの段階ではレザーケースやレザーフォリオケースは滑りやすいと言えます。とは言え、レザー(革)なので、時間とともに徐々に馴染んでくれば、自分の手にフィットしていくきます。

PEITA
僕としては、最初っから最後まで手に馴染む純正シリコンケース!です。

ホコリや傷、汚れやすさ

シリコンケースは汚れやホコリはそれほど目立ちませんが、レザーはいとも簡単に傷などがついてしまいます。しかしその反面、レザーケースやレザーフォリオケースは、使い込むうちに磨きがかかり、それが良い雰囲気になり、その汚れやホコリや傷さえも、ビンテージ感=味となっていきます。つまり、ずっと使うならレザーケースの方がいいかもしれません。しかし、雨など水に濡れるなどアグレッシブに使いたい場合(泥被害など)を考えると、シリコンケースの方が良さそうでもあります。

PEITA
僕としては、汚れもホコリも目立たず、雨にも風にも負けない純正シリコンケース!です。

3種類のケースの共通点

iPhone XS専用のApple純正のシリコンケース、レザーケース、レザーフォリオ(手帳型)ケース、3種類についてご紹介致しましたが、それぞれに魅力があり、欠点があることもわかって頂けたかと思います。

この3種類のうちのいずれかを購入を検討している方は、ある程度どれにしようか?という答えが絞られてきたと思います。さらにここで、3種類のケースすべてに共通している4つの魅力を改めてまとめてみます。

  1. iPhoneのなめらかなボディにぴったりフィットすること
  2. 柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用していること
  3. そのままワイヤレスで充電することができる
  4. Appleロゴがあること

iPhone XS本体にぴったりとフィットし、内側のマイクロファイバーでケース装着時の傷も防止し、そのままワイヤレスで充電もできます。そして忘れてはならないのが、Appleロゴ”が背面にあるということです。すなわちそれは、Appleロゴの表示は、Appleにしか出せない、 純正だからこそなし得る特徴であり、それがApple純正のクオリティーということになります。

PEITA
3種類のうち、どのケースを選ぼうと、Appleクオリティーなのが間違いないです。あとは、あなたの使用用途に応じて選択するだけです。

まとめ

上記に書いた共通点のメリットを前提に、それぞれのケースの長所や短所、欠点などを踏まえ、以下にそれぞれのケースの購入に向いている方について、まとめてみました。

iPhone XS Apple シリコンケースがおすすめな方

  • 汚れやホコリが気になる方
  • 雨にも風にも負けたくない方
  • 本体が防水防塵だからそのまま水の中でも使いたい方
  • ポップで派手な色が好きな方
  • iPhoneのフォルムをできるだけ尊重したい方
  • Apple純正のケースをとにかく安く買いたい方
  • Apple純正ケースを遊びで使い倒す方
 

iPhone XS Apple レザーケースがおすすめな方

  • 汚れや傷の”味”を楽しみたい方
  • 長期間使おうと考えている方
  • 落ち着いた色が好みで、それなに色をこだわりたい方
  • iPhoneのデザインをできるだけ失いたくない方
  • Apple純正ケースを少し安く買いたい方
  • Apple純正ケースをシンプルにかっこよく使いたい方

<

iPhone XS Apple レザーフォリオケースがおすすめな方

  • 汚れや傷の”味”を楽しみたい方
  • 長期間使おうと考えている方
  • 落ち着いた色が好みで、それなに色をこだわりたい方
  • iPhone本体を確実に保護したい方
  • Apple純正ケースの中でも一番高級なケースがほしい方
  • iPhoneXSのケースに収納部分がほしい方

さぁ!あなたは、iPhone XS専用の3種類あるApple純正ケースのどれを買いますか?

あなたのiPhone X専用のApple純正ケース選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。またお会いしましょう。

次は、Apple純正ケース以外でiPhone XSのケース『iPhone XS / X おすすめ ケース選びの条件!TPU,耐衝撃,格安の10選!』を読んでおきましょう。

その他のiPhone XSに関連た記事を書いています。⇒iPhone XS関連記事はコチラ

|iPhone XS/XS Max/XRの最速予約&最速購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS Max/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS Maxのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

|iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhone関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhone XSApple純正ケース3種類の記事のアイキャッチ-2

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA