iPadの使い方!Apple Pencilを仕事に最適な手書きメモアプリで活用!ノートや紙をデータ化して書き込む。

iPadの使い方!Apple Pencilを仕事に最適な手書きメモアプリの記事アイキャッチ

iPadとApple Pencilをまだまだ使いこなせていないあなたに、その2つの最高のデバイスを活用する方法をご紹介します。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。iPadとApple Pencilを最高のライフツールにするべく奮闘中のデザインブロガーPEITAです。

iPad & Apple Pencil, Paperless Paperwork

こちらはAppleの公式のPR動画「Paperless Paperwork」。動画の内容は、iPadを使えばペーパーワークを紙なしでも行えることを提案している内容です。

紙にペンで書くのは もうやめよう

紙にペンで書く様子の写真

紙とペンのこんなところが物足りない!

  • 紙にペンで書いても、消せますか?
  • 紙にペンで書いても、色を瞬時に変えられますか?
  • 紙にペンで書く時、ペンの種類(鉛筆、ペン、蛍光ペンなど)を瞬時に変更できますか?
  • ペンで書いた書類(紙)は、ひとつのデバイスで一元管理&整理ができますか?
  • ペンで書いた書類(紙)を、何百枚も持ち歩けますか?

iPadとApple Pencilなら解決

iPadとApple Pencilならそれらすべてをもっと効率的にできます。

もはや、Apple Pencilを使ってiPadのデータに直接手書きのメモや入力を行う実用性は、スタンダードになっていると僕は思います。

もちろんテキスト入力などは、愛用しているiPad Pro専用のsmart keyboardで行っていますが、「書類や紙にペンで書き込む」ということは、書類や紙の整理整頓にもつながるし、さらにはペンで書き込む際の”間違い・訂正・修正”に関しても、Apple Pencilを使ってiPadに書き込めば、それらを容易にすることができます。

では、Apple Pencilを使って、iPadで手書きメモアプリを活用する方法をご紹介致します。

Apple Pencilを使ってiPadの手書きメモアプリを活用する方法

各書類をメモアプリでスキャンしてデータ・デジタル化

紙媒体の書類の画像

普段、あなたが仕事で使用している紙媒体の書類など、カテゴリごとにリングファイルやクリアファイルなどで整理し、必要に応じてそれらを持ち出していると思います。しかし、書類やリングファイルやクリアファイルそのものを忘れることってありませんか?

クラウドなどに保存してあるデータならば、出先でもどうにかアクセスするれば引き出すことができます。しかし、紙媒体のものは、忘れてしまえば終わりです。

そこであなたにおすすめするアプリが、Appleの標準メモアプリです。

メモ

メモ (無料)
(2018.08.01時点)
posted with ポチレバ

書類をスキャンしてデータ化しておけば大丈夫

そのメモアプリの「書類をスキャン」する機能を使って、紙媒体の書類などすべてデータ化(デジタル化)しておけば、常にiPadを1台持ち歩けば、いつでもどこでも書類にアクセスすることができます。

メモアプリの書類スキャンの使い方

書類スキャン機能とは?

標準のメモアプリの新規メモ、もしくは既存メモとして、

”紙媒体(写真なども含む)をカメラで撮影してデータ・デジタル化する”

ことができます。また、書類の傾きや色の調整や補正、カメラで撮影した時の邪魔な影や照明になども動的に修正してくれますので、標準のカメラアプリで写真として撮影するよりも間違いなく高精細に取り込めます。

紙媒体をデータ・デジタル化するための手順

Apple メモアプリの画像

メモアプリを起動し、新規メモ、または既存メモをタップ。

メモ内の右下にある【+】をタップ。

iPadのメモで書類をスキャンする方法の画像

表示された項目の中の【書類をスキャン】をタップ。

メモアプリで紙をスキャンしている画像

すると、カメラが自動で起動するので、必要な紙媒体にかざすと、自動(手動も可)でスキャニング(黄色に表示される枠)。

自動(手動も可)でスキャニングされますが、紙媒体の色は基本的には白が多いと思いますので、その紙媒体とその背景のコントラストがあった方が、より自動(手動も可)スキャニング後の高精細などに違いがでます。

スキャニング画像

スキャニング後、枠の角をキレイに切り取れていない場合は、手動でキレイに切り取る(調整)ことができます。

データ化された紙の画像

そして、そのまま【保存】を行い、紙媒体がデータ・デジタル化されました。

データ・デジタル化した書類にApple Pencilで書きこむ

メモアプリ内にあるデータ化された紙媒体の画像

データ・デジタル化された書類をタップして開きます。開いたら、その生類データをApple Pencilでダブルタップします。

メモアプリ内でApplePencilで書き込む画像

すると、Apple Pencilで直接手書き入力できるようなインターフェイスに切り替わります。

メモアプリ内にあるデータにApplePencilで書き込んだ画像

あとはこんな風にApple Pencilで入力、書き込むだけ。

Apple Pencilでの書き心地はどうか?

Apple PencilでiPadに手書き入力をしている画像

紙にペンで書き込む質感とは間違いなく違うもの。端的に言うと、鏡に爪でなぞるような感覚と似ています。もちろん、スルスルと滑りやすいし、漢字などのとめはねっ!的にはかっちりと書けるには程遠い書き味です。

しかし、よく考えてみて下さい。大人になり、パソコンなどの普及で、色々な書類の作成、レポートや企画書に至るまで、もはや”長文で文字を書くことが減ってきた”と言えます。これはつまり、メールの普及により、手紙という媒体が衰退化したことと似ています。デジタル化の流れはもはや必然です。

なので、”手書きで書く”という行為自体、短文、もしくはチェックマークや線を引くなどの端的な作業でしか使われなくなることを考えれば、Apple PencilでiPadに手書きで書き込む行為としては、”単純な作業”である場合が多いと思います。

だから、Apple Pencilの書き心地など、もはや意味を成さない。イラストレーターやクリエイター、デザイナーであっても、”書き心地よりも優先するべきこと”があると思います。それは、修正訂正、持ち運び、データの整理や管理といった部分です。

最後に

iPadとApple Pencilを使っている様子の写真

ということで、iPadとApple Pencilをまだまだ使いこなせていないあなたに、その2つの最高のデバイスを活用する方法をご紹介しました。

Apple Pencilを使って、iPadに手書きで入力、書き込むなら、Appleの標準”メモアプリ”を活用しましょう。

  • メモアプリを開き、書類(紙)をスキャンしてデータ・デジタル化
  • データ・デジタル化されたものに、Apple Pencilで書き込む
  • それをデータとしてiPadに保存しておく

そうすることで、よりあなたのiPadとApple Pencilの活躍の幅は広がります。

冒頭でお伝えした”紙とペン”についての物足りさなは、iPadとApple Pencilを使えば、以下のように言い直すことができます。

  • Apple Pencilで書いたものは修正したり消したりが簡単にできます。
  • Apple Pencilなら、あらゆるカラフルな色に瞬時で変えられます。
  • Apple Pencilなら、その種類(鉛筆、ペン、蛍光ペンなど)を瞬時に変更できます。
  • iPadなら、ひとつのデバイスで一元管理&整理ができます。
  • iPadなら、書類データを何百枚でも保存、持ち出すことができます。

いかがだったでしょうか?

あなたのiPad&Apple Pencilの活用の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

iPhone&iPad関連のおすすめサービス

iPad関連のおすすめ本

iPad仕事術!

手書きノートを『考えるツール』として徹底活用する方法や、PDFにフリーハンドでサラッと赤字を入れてサクサクと処理していく方法、またApple Pencilで快適なフォトレタッチを行う方法など、iPadならではの「手書き」を効果的、かつスピーディーに仕事に活かす方法を完全網羅しています。

iPad教育活用7つの秘訣

育現場でのiPadの活用事例を、小学校(2例)、中学校(2例)、高校(2例)、特別支援学校(1例)に分けて紹介。おすすめのアプリ&ツールとその活用法も紹介しています。

iPad 超活用術

iPad、iPad Proシリーズのご紹介と自分にあったモデルの選び方。そして性能を引き出すためのノウハウも解説。また、実際に活用しているユーザーや教育現場への導入事例などもご紹介しています。

一歩進んだiPad活用術

使い勝手のよさが魅力のiPadですが、日々さまざまなアプリやサービスが登場し続けている中で、自分に合った活用法を探るのは、なかなかハードルが高く感じられるのではないでしょうか。本書は通信環境の確保をはじめ、iPadを便利に使いこなすためのテクニックを数多く紹介しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPadの使い方!Apple Pencilを仕事に最適な手書きメモアプリの記事アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA