iPhone13の情報はこちら

Amazonでお得(ポイント還元)にApple製品を買おう!

iPhone 14 ProではFaceIDが画面内蔵になりノッチがなくなる

iPhoneSE 第3世代を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhoneSE 第3世代最新まとめ
iPhone SE 3の最新情報

Amazonで買えばお得!

iPad mini

公式Apple Storeよりも安く手に入れたい方はこちらです!

▽Amazonならポイント分お得▽

iPad mini (2021)を見る

iPhone 14 Proモデルは、ディスプレイの上部に丸薬の形をしたカメラの切り欠きがあり、ノッチが削除されている。

>最新のiPhone14の情報はこちら

また、著者が運営するYouTubeチャンネルでiPhone 14の最新情報を動画でチェックして頂ければと思います。

また、多くのiPhoneユーザーの中には、iPhoneSE 第3世代やiPhone14に関しての情報もチェックしたいところだと思いますので、こちらの記事の最後に「iPhone14を待つべきか?」、それとも「iPhone13を買うべきか?」、いやいや「iPhone12でもいいのかな?」という部分の悩みや迷いについての著者の結論をお伝えしておりますので、iPhoneの購入の参考までにぜひチェックしてください。

/iPhone使うなら楽天モバイルがお得!\


iPhone 14 Proではノッチがなくなる

FaceIDがディスプレイ画面下に移動する

Appleのリークや噂などの発信で注目を集めるleaker@dylandktが発信したツイートで、iPhone 14 Proモデルでは、ディスプレイの上部にノッチ型ではなく、パンチホールというか、ピル型のカメラカットアウトとなり、FaceIDは、ディスプレイ画面の下に移動される報じました。

Phone 14 Proモデルは、アナリストのミンチークオ氏、さらにはBloombergのマークガーマン氏らも、同じように2022年の新しいiPhoneにはノッチがないと報告されていました。

iPhoneX以降ではノッチ型が主流

iPhoneX以降のフルディスプレイモデルでは、ノッチが定番化しており、2021年iPhone13では、そのノッチがややコンパクトになりました。

今回、各海外メディアから報じられているiPhone14Pro(仮)のパンチホールではなく、ピル型のカメラカットアウトになる可能性が報じられています。

FaceIDがディスプレイ画面の下に移動したといてもシステム的には問題ないとしています。

2021年に発売された新しいiPadminiに、ホームボタンがなくなり、8.3㌅になるという正確な噂やリークを報じたアナリストのロスヤング氏も同様に「FaceIDはディスプレイ画面に埋め込まれる」としていますので、かなり現実的な進化のポイントとなりそうです。

iPhone14・14Proは4つのモデルラインナップになる

  1. 6.1インチのiPhone14
  2. 6.7インチのiPhone14 Max
  3. 6.1インチのiPhone 14Pro
  4. 6.7インチのiPhone14 ProMax

Appleは、2022年9月に発売が噂されているiPhone14シリーズは上記の4つのラインナップになるとされています。

現在のところ、これらのモデルにはノッチがあり、ピル型のカメラカットアウトはProモデルに限定されているようです。

source:macrumors.com

>最新のiPhone14の情報はこちら

では最後に「iPhone14を待つべきか?」、それとも「iPhone13を買うべきか?」、いやいや「iPhone12でもいいのかな?」という部分の悩みや迷いについての著者の結論をお伝えしておりますので、iPhoneの購入の参考までにぜひチェックしてください。

【結論】iPhone14を待つべきか?

噂されている進化に期待するなら待つべき

iPhone14を待つべき理由としてはいくかあり、それは進化という意味では非常に重要なポイントになってきます。

今回の記事の中で紹介されていた情報や、こちらのiPhone14の最新の情報の中で、「その進化に期待したい!」と感じるならば、

iPhone14は待つべきです。

そこで、その噂の中でも特に期待される進化のポイントについてこの記事の後半で詳しく解説しながら、iPhone14を待つべきかについて考察していきたいと思います。

その噂されている進化に対して、「それなら欲しい」「それなら、今、買い換えずに待とう」という判断の材料になると思います。

別に進化せずに良いならばiPhone13を買おう

2021年9月15日午前2時に、iPhone13が発売されました!

以下の記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報をまとめています。

各モデルの違いや性能、iPhone13とiPhone12(値下げ時)との値段・価格の違いも解説’していますので、購入の際の参考になります。

iPhone 13 機能・値段・スペック(性能)まとめ!各モデルの違い比較を解説

今はAmazonで最新型のiPhone13のシムフリーモデルがApple公式ストアとしてオープンしているので、公式のモデルが買えるのでおすすめです!

iPhone12とiPhone13ならどちらを買うべき?

iPhone12-mini

iPhone14に魅力的な進化がないと感じる場合は、iPhone13シリーズで問題ないのですが、それならiPhone12シリーズはどうか?という選択肢も出てきますよね?

iPhone13と比べて、iPhone12でも当然スペック的には問題ありません。

ひとつ注意すべき点としては、カメラの進化になります。

iPhone12シリーズならプロモデル

iPhone12シリーズを選ぶなら、iPhone12ProかiPhone12Pro Maxかのどちらかをおすすめします。

理由はシンプルで、カメラ性能です。

iPhone13とiPhone12を比較して、一番の違いはカメラの性能になります。

つまり、iPhone12 miniやiPhone12では、カメラ性能が低いので、iPhone14との差が大きく出てくるでしょう。

しかし、iPhone12ProかiPhone12Pro Maxは、iPhone13Proと同等のカメラスペックですので、iPhone14が発売された後でも、カメラの進化に遅れが出ません。

今はAmazonで最新型のiPhone12のシムフリーモデルが整備済み品で安く買えるのでおすすめです!

ちなみに著者は、もちろんiPhone信者なので、iPhone13も買いました。

では、iPhone14に期待したい!それでもiPhone14を買うかまだまだ考えたいなら、このまま読み進めてください。 つまり、TouchIDの復活は、iPhoneユーザーにとって非常に関心があるキーワードになっています。

なので、いくつかのAppleのアナリスト、海外メディアは、Face IDとTouch IDが共存する未来、2つのテクノロジーは互いに補完し合う必要があると予想を立てています。

なので、iPhone14にTouch IDが搭載される可能性としてはゼロではないという状況です。

最後に

といことでこの記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報に加えて、iPhone14を待つべきなのか?について、iPhoneSE 第2世代やiPhone12、iPhone13というラインナップの選び方について解説しました。

より最新の情報については、以下のiPhone14の専用ページで随時更新していきますのでぜひチェックしてください。

>>最新のiPhone14の情報はこちら

また、著者が運営するYouTubeチャンネルでiPhone 14の最新情報を動画でチェックして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

新しいiPhone13を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA