iPhone12 miniなどノッチコンパクト化で電池残量が数字表示に!

iphone-12-Notch-Design
iPhone12が発売!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年10月16日に予約開始!
発売日は10月23日と11月中旬!

予約や購入はお早めに

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

/新しい読書のおすすめは”本を聴く”\

この記事では、ノッチの影響でバッテリーが数字で表示されないフルディスプレイのiPhoneモデルもありますが、iPhone12 miniやiPhone12では、そのノッチデザインがコンパクト化されたことで非常に嬉しいリークがあります。また、ディスプレイ120Hzリフレッシュレート搭載非搭載問題によるメリットデメリットなどを詳しく解説していきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone12nのノッチコンパクト化•120Hz搭載でどう変わる?

こちらの動画の中で、この記事の内容を詳しく解説していますのでぜひ合わせてチェックしてください。

では以下より、文章でも解説致します。

iPhone12のノッチデザインがコンパクトに!

電池残量が数字で確認できるようになるかもしれない

僕が愛用しているTouchID搭載のiPhoneは、ディスプレイ上にノッチがないので、このように、充電残量が数字で表示されるので、あと何%バッテリーが残っているのか詳細に確認することができます。

ノッチ(フルディスプレイ)搭載モデルでは数字表示なし

しかし、iPhoneX以降のFaceIDが搭載されたiPhoneには、ノッチがあります。そのノッチのサイズの影響で、バッテリー残量がアイコンのみになり、数字では表示されなくなりました。数字で確認する場合は、上から下にスワイプしてコントロールセンターを呼び出す必要がありました。

これが意外と不便というか、なんだかなーというユーザーの声も多くありましたし、実際に僕も、iPhoneXやiPhone11Proを使っている時は、うーんと感じていました。

iPhone12の発売と同時リリースiOS14で改善

しかし、iPhone12の発売と同時にリリースされるiOS14では、ノッチがあるiPhoneでも、バッテリー残量をウィジェット化することで、このようにパッと数字を常時確認することができるようになるとのことです。

とはいえ、Apple WatchやAirPodsなどは持っておらず、iPhoneだけというユーザーも多くいるので、iPhoneのバッテリー残量を確認するためだけに、でかでかとウィジェットを表示させておくのもなんだかなーという気はします。

しかし、過去の記事でもリーク予測でお伝えしたとおり、iPhone12ではノッチがコンパクト化されるとのことで、バッテリーの数字表示が復活するとの予測もあるので、ぜひバッテリーの残量を数字表示できるようなUIを改善してほしいところです。

source:TheSkyeLord

iPhone12Proシリーズの120Hz搭載問題を解説

iphone-12-pro-120hz

iPhone12Proシリーズには120Hzのリフレッシュレートのディスプレイが搭載されるという予測があり、それが搭載されるのかされないのかについてはまだまだこれから動きがあるでしょう。

その120Hzに関して、皆さんが疑問に思っていることや不安に思っていることもあると思います。

そこで、実際に僕のYouTubeチャンネルにも120Hzに関して多くのコメントが寄せられているので、そのコメントをいくつか紹介しながら、僕の意見や認識、そして予測されているリークを交えながら、120Hz搭載の有無について解説していきたいと思います。

120Hzについての最新予測と現状

120Hzって何が変わるの?

そもそも120Hzとは何か?についてわからない方もいらっしゃるようです。これについては、色々と難しく説明してもあれなので、そのコメントに実際にわかりやすく返信してくれたうしゅーのキツネさんの解説をご紹介します。

映像をパラパラ漫画に例えて、60hzだと、1秒間に60回パラパラする。それが120hzだと、1秒間に120回パラパラするので、60hzに比べて滑らかに感じるというものです。

またこのようなコメントもありました。

iPhone12の120Hzから60Hzに下げたりできるのか?

iPhone12って120Hzから60Hzに下げたりとか設定で出来ますかね?というコメントがありました。

これに対して僕は「できない」と回答していましたが、実際に色々と調べてみると、iOS14でリフレッシュレートを60Hzに制限するオプションの項目があることがわかりました。

このリフレッシュレートを60Hzに制限するオプションは、120Hzのリフレッシュレートが出ることが前提にもあると予測できますので、せっかくなめらかな120Hzのリフレッシュレートを、わざわざ60Hzに制限するということは、もちろん、120Hzにはデメリットがあるということになります。

それは皆さん心配になっている、電池持ちです。

120Hzのリフレッシュレートの電力消費について、チャンネルのコメントや色々とリサーチする中で、やはり120Hzのリフレッシュレートはかなり電池持ちが悪いという記事やコメントを多くみかけます。シューティング系のゲームアプリなどをしないユーザーにとっては、120Hzだろうが、60Hzだろうが、それほどあまり死活問題にはならいないので、そいったユーザーには、リフレッシュレートを60Hzに制限するオプションがあると安心して使えるということになります。

120Hzと60Hzの違いはあるのか?

ただ、もちろん、ゲームアプリ以外で、120Hzと60Hzの違いが僕たちユーザーにはわかるのか?という問題については、

このように、コメントでもありましたので、実際にツイッターで120Hzと60Hzの動作の違いをスローモーションで解説した動画がありましたのでそちらをまずはご覧ください。

いかがでしょうか?

スローモーションで確認してみると、その違いは明確にわかります。

やはり120Hzは、ネット検索やスクロールの動き、アプリの動きなど非常になめらかなことがわかります。

つまり、これだけなめらかだと、もちろん、電力消費も高いのだと思います。

このように、実際に120Hzを経験されているユーザーの方も、叫んでおられます。

そしてもちろん、それだけ120Hzがなめらかであっても、

結論はこうなります。

とにかく、120Hzは大画面ならともなく、このようなスマホの画面ならば、それほど差し迫って必要なのか?バッテリー持ちを削ってまで必要なのか?というところです。

過去にあげた記事では、120Hzのリフレッシュレートのハードウエアのテスト結果が悪かったので、それをiPhoneの製品版として生産するのに問題が生じたことで、120Hzが非搭載になるというリーク予測があります。

iPhone12の9月発売の予測が揺れてる理由・120Hzか60Hzか?

もちろん、120Hzが非搭載になってしまうことで、残念がる方々もいらっしゃるとは思いますが、現状のリークや期待と不安を踏まえた結果、120Hzが搭載して電池もちが悪くなるリスクもあります。

しかし、iOS14ではその120Hzを60Hzに制限できるオプションがあることから、その電力消費を抑えられる対策が講じられているわけです。とりあえず120Hzが搭載されようがされまいが、iPhoneの動作的には現状でほぼ不満はないと思いますので、それを心配することはないとは思いますが、ひとつ気がかりなことは、120Hz搭載によってのiPhone12シリーズの値段というところだと思います。

iPhone12の値段や発売については、こちらの記事にまとめて解説していますのでぜひそちらもチェックしてみてください。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max クリアケース カバー 片手持ち スマホリング付き TPUケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

iPhone12 /12 Max /12 Pro /12 Pro Max TPU カーボン調 ケース
keitaiichiba
  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

iPhone12 ケース 軽い 超薄型 高透明TPU 全面保護 ケース
Frusde
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

iphone-12-Notch-Design

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。