iPhone Xの使い方!アプリ起動などのジェスチャー操作方法まとめ。

iPhone Xの新しいジェスチャーの使い方アイキャッチ

iPhone Xの使い方「新しいジェスチャー」の操作って、どんなものがあるかご存知ですか?

初めましての方、そして俺的デザインログを読んで頂いている読者の方、いつもありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

このブログは、UlyssesというMac,iPhone,iPadアプり(MacOSアプリ、iOSアプリ)を使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

2017年11月3日に発売となった「iPhone X」。

あなたはもうゲットされましたか?

俺は、発売日当日にはゲットできずに、「iPhone X」を待つこと12日。

こちらの記事《 iPhone Xの発売から12日後。やっと入荷連絡がドコモから来た!》にも書いていますが、無事にゲットできました。

▶▶ iPhone Xの発売から12日後。やっと入荷連絡がドコモから来た!

そこで今回は、Apple Japanより「iPhone X」に関しての操作をビデオでガイドした動画「iPhone X−ビデオガイド」が公開されましたので、その動画を参照しながら「iPhone X」に関しての操作を詳しく解説しますので、iPhone Xの操作《ジェスチャー)の振り返りの参考にして頂ければと思います。

また、iPhone X」の操作に関して、ただ直感的に操作していた方には、新たな発見があるかもしれませんので、ぜひチェックしてみて下さい。

iPhone Xの新ジェスチャー

ホーム画面に戻る

ホーム画面に戻るの写真

画像元|Youtube

  • 下から上にスワイプするだけ

どの画面上であっても、下(末端)から上(中段ほど)にスワイプして、そのまま指をiPhone Xのディスプレイから離す感じの動作で、ホーム画面に戻ることができます。

アプリのタスクを表示

アプリのタスク操作の写真

画像元|Youtube

  • 下から上にスワイプして、STOP!

どの画面上であっても、下(末端)から上(中段ほど)スワイプして、そのまま指を0.5秒ほど停止させると、アプリのタスク切り替え画面になります(表示)。

アプリのタスク切替

アウリタスク切り替え操作の写真

画像元|Youtube

後は、左右スワイプしてアプリを切り替え〜選択できます。

そして、アプリの切り替えにはもう一つ方法があります。

下部をスワイプ操作の写真

画像元|Youtube

アウリタスク切り替え操作②の写真

画像元|Youtube

下部(末端)スワイプすると、直接アプリのタスクを切り替えられます。

コントロールセンター表示

コントロールセンター表示の写真

画像元|Youtube

コントロールセンター表示②の写真

画像元|Youtube

  • 画面右上部分から上にスワイプすると、コントロールセンターが表示

さらにそこから、コントロールセンターに表示されている項目の詳細を、3Dタッチ(少し強く押す)することで、より詳細な設定が可能になります。

3Dタッチ操作の写真

画像元|Youtube

例えば、上記のように明るさを調整する項目を3Dタッチすると、以下のように細かい設定画面に切り替わります。

3Dタッチ詳細操作の写真

画像元|Youtube

これは、コントロールセンターに表示されている以外にも、ほとんどのアプリ(アイコン3Dタッチ)が3Dタッチに対応しており、簡易的なアクセス動作から詳細ばアクセス動作まで、アプリによって操作できるようになっています。

コントロールセンターを閉じる

コントロールセンターを閉じる操作の写真

画像元|Youtube

  • 画面右上を下から上にちょっとスワイプするだけ

コントロールセンターを閉じるには、画面の右上を下から上にスワイプ(1cmほどの距離感でOK)するだけです。

すべての通知を表示

全通知表示の写真

画像元|Youtube

  • 画面左上から下にスワイプで通知表示
iPhoneX通知画面表示の写真

画像元|Youtube

厳密に言えば、画面の左上(赤枠部分、つまり上段の約70%あたり左側ならばどこから下にスワイプしてもすべての通知を表示することができます。

ウィジェットへアクセス

全通知を表示した状態から、各種ウィジェットアクセスするには、

iPhoneXウィジェット表示操作の写真

画像元|Youtube

 
  • 左から右にスワイプするだけウィジェット

全通知表示画面から、そのまま左から右へスワイプ操作するだけで、ウィジェット(カレンダーなどの簡易情報)画面に瞬時に切り替えられます。

カメラにアクセス

全通知を表示した状態から、カメラ素早くアクセスするには、

iPhone Xカメラにアクセスの写真

画像元|Youtube

  • 右から左にスワイプするだけカメラ起動

全通知表示画面から、そのまま右から左へスワイプ操作するだけで、カメラを瞬時に起動できます。

カメラや懐中電灯へのアクセス

カメラや懐中電灯へのアクセスの写真

画像元|Youtube

  • いずれかのアイコンを強く押す

ホーム画面、または通知表示画面より、それぞれのアイコンを強く押す(押し込む)とそれおぞれが瞬時に起動します。

Siriを呼び出すには

「iPhone X」では、Siriの呼び出し方(起動方法)には基本的に2つの方法があります。

Siriの呼び出し方の写真

画像元|Youtube

  • iPhone Xの近くで「Hey!!Siri!!」と呼びかけ方(起動方法)
iPhone XのSirを呼び出し方②の写真

画像元|Youtube

  • 画面向かって右側のサイドボタンを長押しでSiriを呼び出す(起動方法)

iPhone Xの電源をオフにする

iPhone X電源をオフにする方法の写真
  • 右側サイドボタンと左側サイドボタン(音量調節ボタン)いずれかを同時に長押し
  1. スライドで電源オフ
  2. メディカルID
  3. 緊急SOS

上記(1〜3)いずれかの項目が表示されますので、意図にあった項目を右から左へスワイプすると、それぞれが起動します。

まとめ

ホーム画面に戻る

  • 下から上にスワイプするだけ

アプリのタスクを表示

  • 下から上にスワイプして、STOP!

アプリのタスク切替

  • 左右にスワイプしてアプリを切り替え〜選択
  • 直接アプリのタスクを切り替えは、下部(末端)を右にスワイプする

コントロールセンター表示

  • 画面右上部分から上にスワイプすると、コントロールセンターが表示
  • より詳細な設定は、項目を3Dタッチ(少し強く押す)する

コントロールセンターを閉じる

  • 画面右上を下から上にちょっとスワイプするだけ

すべての通知を表示

  • 画面左上から下にスワイプで通知表示

ウィジェットへアクセス

  • 左から右にスワイプするだけウィジェット

カメラにアクセス

  • 右から左にスワイプするだけカメラ起動

カメラや懐中電灯へのアクセス

  • いずれかのアイコンを強く押す

Siriを呼び出すには

  • iPhone Xの近くで「Hey!!Siri!!」と呼びかけ方(起動方法)
  • 画面向かって右側のサイドボタンを長押しでSiriを呼び出す(起動方法)

iPhone Xの電源をオフにする

  • 右側サイドボタンと左側サイドボタン(音量調節ボタン)いずれかを同時に長押し

いかがでしたでしょうか?

今回は、Apple Japanより「iPhone X」に関しての操作をビデオでガイドした動画「iPhone X−ビデオガイド」が公開されましたので、その動画を参照しながら「iPhone X」に関してのアプリ起動などのジェスチャー操作方法を詳しく解説しさせて頂き、iPhone Xの操作《ジェスチャー)の振り返りや操作の参考としてご紹介致しました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

iPhone Xの予約や購入は下記より。

 ドコモから購入はこちら  ドコモオンラインショップ

 Amazonから購入はこちら   iPhone X 256GB SIMフリー 

iPhone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhone Xの新しいジェスチャーの使い方アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA