iPhone X 使いやすさは?買うべきか悩む君に 僕が薦める2つの理由。

iPhone X-about-img

様々なiPhone シリーズが発売される中で、iPhone X(Plus 発売予測も含む)を買おうかどうか悩んでいる方に、僕がiPhone Xをおすすめする理由を書いています。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。iPhone Xを愛用している デザインブロガーPEITAです。

僕がiPhone Xをおすすめする2つの理由とは、”ジェスチャー操作(タッチ&スワイプ)””サイズ感”です。

全く新しい合理的なジェスチャー操作

iPhoneのホームボタンが廃止になったことにより、iPhone Xでは様々なジェスチャー操作が新たに加わりました。

iPhone Xの新ジェスチャー操作についての詳しい操作方法については、コチラ記事『iPhone Xの使い方!アプリ起動などのジェスチャー操作方法まとめ』でご紹介していますので合わせてお読み下さい。

ホームボタンがなくなったおかげで ジェスチャー操作がより快適になった

iPhoneXの画像

iPhone Xが発売された直後、”ホームボタンがない”ことに、僕も含めて多くの方が違和感を持ったことは言うまでもありません。しかし、iPhone Xを手に入れてからちょうど1ヶ月くらいたった時に、コチラの記事『iPhone Xどう?使用レビュー!新ジェスチャー操作が合理的な理由。』でも書いていますが、すぐに新しいジェスチャー操作に慣れました。

僕は基本的に、どんなデバイスやガジェットも説明書というのを読むのが好きなタイプではありませんので、”触りながら覚える”質です。iPhone Xのジェスチャー操作も触りながら慣れていきました。

力のいらないジェスチャー操作

ホームボタンのあるiPhoneでは、ホームボタンを押すという力が発生しますが、iPhone Xでは一切の力が必要なくなりました。これだけでも非常に効率的な操作が行えるようになりました。例えば、「ホームボタンを押してホーム画面に戻る」というジェスチャーは、ホームボタンのあるiPhoneでは、ホームボタンを押す力が必要でした。しかし、iPhone Xでは「下から上にスワイプするだけ」という非常に効率的な力のいらない操作でホーム画面に戻ることができます。

ホームボタンがあるよりも、ホームボタンのないシームレスな状態の方が物理的な操作が必要ない分、合理的であると言えます。

つまり、ホームボタンが廃止されたことによって搭載された新しいジェスチャーは、画期的な操作法ではなく、無駄な動作そのものを減らすことができた、当たり前の進化と言えると感じています。

だから、迷わずiPhone Xを選びましょう。新しいジェスチャー操作で、ほんの一瞬の無駄な物理的な操作をなくし、より先進的な操作方法であなたの毎日のライフスタイルが快適になります。

驚くほどにジャストなサイズ感

iPhoneXディスプレイの写真

iPhone 8では小さく、iPhone 8 Plusでは大きすぎる。まさにこの間を縫うようにして、僕にはiPhone Xのサイズ感がちょうどいい。

| iPhone XとiPhone 8シリーズのサイズや重さ比較

  • iPhone 8:4.7インチ/高さ138.4mm/厚さ7.3 mm/幅 67.3mm/重量148 g
  • iPhone X:5.8インチ/高さ 143.6 mm /厚さ 70.9 mm /幅 7.7 mm /重量 174 g
  • iPhone 8 Plus:5.5インチ/高さ 158.4 mm /厚さ 78.1 mm /幅 7.5 mm /重量 202 g

このように、iPhone Xはちょうど真ん中にあたるサイズ感になります。もちろんこれには個人差がありますし、特に女性にはiPhone 8くらいがちょうどいいとも言えます。でも、実際はiPhone 8 Plusを購入しているケースも多くあり、家事や育児、さらには仕事や趣味に至るまで、持ちにくさはあるものの、”サイズが大きい=ディスプレイが大きい方が操作しやすく使いやすい”という意見もよく耳にします。

片手操作も十分できる

片手操作をしている時に、右手の親指(またはその逆)が左上の隅まで届くことが、操作のしやすさの定番となっていますが、iPhone 5の時代からもそうですが、持ち手の親指が逆の上部の隅まで届かせるには、本体を傾ける動作が必要になっていました。だから、iPhone Xでも持ち手の親指が逆の上部の隅まではもちろん傾けなければ届きません。でも、操作がしづらいということはなく、もはやそれも慣れると全く問題にはなりません。

ジャストなサイズ感という表現は完璧にフィットするというニュアンスではなく、ある程度余裕のあるサイズであることが望ましいと思います。ましてや、持ちやすさだけを優先してiPhoneのサイズを選んでしまい、ディスプレイサイズまで小さくなってしまっては、大切な視認性を欠いてしまうことになるので、もはや本末転倒と言えます。

視認性においてもジャストなサイズ感

iPhoneXディスプレイに傷の写真

やはり、iPhone Xを操作する上でもっとも重要なものは視認性です。オールディスプレイであるからこその高い表現力と色彩は、iPhone 8のサイズでは小さいし、iPhone 8 Plusでは大きすぎる。視覚的に認識しやすい大きさがiPhone Xのサイズだと思います。

iPhone Xを使用しながら、まったくサイズ感には不満を抱いたことはありません。iPhone 7を使っている時は、動画や映画を見る時に「画面が小さいな」という印象を受けることも多かったので、あまりiPhoneで映画や動画(長編)を観ることはなかったんですが、iPhone Xにしてから映画や動画(長編)も観るようになり、視認性についてもちょうどいいし、iPhone 8 Plusよりも持ちやすいし、こちらの記事『iPhone X どう?1ヶ月使用レビュー!ディスプレイとサイズ感が最高。』に使用1ヶ月後のレビューも書いていますが、さらに使い続けていると、iPhone Xがまさにジャストなサイズ感だという実感を感じています。

最後に

iPhoneX液晶ガラスフィルム貼った写真

iPhone Xは、その操作や動作だけではなく、あらゆるモノゴトを効率的にしていくあなたの人生の第一歩を後押しするものでもあると考えると、新たな操作性、オールディスプレイによるサイズ感は、あなたの未来を大きく躍進させるほど、とても魅力的なことだと僕は思います。

現に僕の生活は、iPhone Xのこの2つの魅力により格段にクオリティがアップしています。

iPhone X(Plus 発売予測も含む)を買おうかどうか悩んでいる方に、僕がiPhone Xをおすすめする2つの理由、”ジェスチャー操作(タッチ&スワイプ)””サイズ感”についてご紹介致しました。

あなたの新しいiPhoneの選択肢の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。またお会いしましょう。

|iPhone XS/XS MAX/XRの予約&購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS MAX/XRのおすすめのケース一覧
>>iPhone XS/Xのおすすめケース一覧
>>iPhone XS MAXのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

|iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「 WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhone関連おすすめサービス

iPhoneTips画像クリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhone X-about-img

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA