iPhone Xどう?使用レビュー!新ジェスチャー操作が合理的な理由。

iPhoneXファーストインプレッション「新ジェスチャー」のアイキャッチ

iPhone Xを使用すること1ヶ月経過。

ホームボタン廃止したことが功を奏しており、スマートフォンの未来をいち早く体現することができている。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

今回は、「iPhone X」をゲットしてから約1ヶ月が経ちましたので、特徴的な部分として「ホームボタン廃止に伴っての影響で生まれた”ホーム画面に戻る”、”アプリのタスク表示〜切り替え”についての新しいジェスチャー操作」について、俺的な1ヶ月使用インプレッションレビューをさせて頂きます。

 【iPhone X関連オススメ記事】 

»» iPhone Xをドコモで予約(機種変更)!どのモデルを購入した?

»» iPhone Xの入荷連絡が来ずに発売日にゲットできない10の理由。

»»iPhone X入荷連絡が来ない時の予約状況を確認する方法|ドコモ編。

»» iPhone Xの発売から12日後。やっと入荷連絡がドコモから来た! 

iPhone

iPhone Xの新ジェスチャー

iPhoneのホームボタンが廃止になった「iPhone X」には、これまで触ってきたiPhoneと操作性が全く違う、新しいジェスチャー操作が搭載されました。

iPhone Xの新ジェスチャー操作についての詳しい操作方法は記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

»»iPhone Xの使い方!アプリ起動などのジェスチャー操作方法まとめ。

ホーム画面に戻る

ホーム画面に戻るの写真

画像元|Youtube

  • 下から上にスワイプするだけ

どの画面上であっても、下(末端)から上(中段ほど)にスワイプして、そのまま指をiPhone Xのディスプレイから離す感じの動作で、ホーム画面に戻ることができます。

インプレッションレビュー

ホームボタンが廃止されたことで、一番に影響してくる操作が「ホーム画面に戻る」という操作になります。「iPhone X」を購入した直後〜数日間は、ありもしないホームボタンを押そうと、「iPhone X」のSuper Retina ディスプレイになっている旧ホームボタンの位置周辺を、カツカツ!!とタップしてしまうという幼気(いたいけ)である一方、ある意味で慢性化(iPhone4より蓄積された操作法)されてしまった操作をして、「あっ、ホームボタンないんだった」という旧型のiPhoneから「iPhone X」に乗り換えたユーザーの”あるある”を幾度となく繰り返していました。

いくら触っても、そこにはホームボタンの姿形はないのに。

「そっか、あいつどっか行っちまったんだったな」

そんな哀愁めいた名セリフを吐き捨てながら、「ホーム画面に戻る」という新しいジェスチャー操作を繰り返していきました。

自然にすぐ慣れる

すると、あれよあれよと自然に体に染み付き、終いには妻のiPhoneを操作する際に「ホーム画面に戻る」という操作を、ホームボタンが存在しているiPhoneなのにも関わらず、下から上にスワイプしてしまい、「あれ?なんでホーム画面に戻らないの?」と逆に戸惑ってしまうこともありました。

ホーム画面に戻るために、 下から上にスワイプする新しいジェスチャー操作は、抜群の合理性を生んでいると感じています。

つまり、ホームボタンがあるiPhoneでは、ホームボタンをタップした後に、さらにホームボタンを押し込まなければならないので、動作×力2つ必要になるのに対して、ホームボタン廃止に伴っての新ジェスチャー下から上にスワイプするだけの動作になり、全く”力”を使わずに行えるようになりました。

1つの動作を行うにあたってのアクションを1つ減らしているということが言えるので、ホームボタン廃止の恩恵は、非常に合理性も高く、それでいて効率的ということが言えます。

言わば、親指を本体末端部分から上にシュッと上げるだけ、それだけの操作。

サムズアップをするよりも遥かに手軽に「iPhone X」の新ジェスチャーを使えば、「ホーム画面に戻る」ことができます。

アプリのタスクを表示

アプリのタスク操作の写真

画像元|Youtube

  • 下から上にスワイプして、STOP!

どの画面上であっても、下(末端)から上(中段ほど)スワイプして、そのまま指を0.5秒ほど停止させると、アプリのタスク切り替え画面になります(表示)。

アプリのタスク切替

アウリタスク切り替え操作の写真

画像元|Youtube

後は、左右スワイプしてアプリを切り替え〜選択できます。

そして、アプリの切り替えにはもう一つ方法があります。

下部をスワイプ操作の写真

画像元|Youtube

アウリタスク切り替え操作②の写真

画像元|Youtube

下部(末端)スワイプすると、直接アプリのタスクを切り替えられます。

インプレッションレビュー

ホームボタンの存在が確認されているiPhoneでは、ホームボタンをダブルタップすると「アプリのタスク表示」ができました。一方、ホームボタンが廃止された「iPhone X」では、下から上にスワイプしてSTOP!という操作を行うことで「アプリのタスク表示」になるので、こちらも「ホーム画面に戻る」=新ジャスチャー操作と同様のことが言えます。

つまり、動作×力2つ必要になるのに対して、ホームボタン廃止に伴っての新ジェスチャー下から上にスワイプしてSTOP!するだけの動作になり、全く”力”を使わずに行えるようになりました。

それはつまり、非常に合理性も高く、それでいて効率的ということです。

「ホーム画面に戻る」という下から上にスワイプの新ジャスチャーに、STOP!(止める)という動作を組み込んだだけですので、非常に応用が効いた親切な操作性ですね。

こちらもすぐ慣れました。今では、ホームボタンを押し込むという力を使わない分、明らかに軽快な操作性が生まれています。

そして、アプリを表示させたら今度はアプリの切り替えを行ったりするわけですが、下部(末端)スワイプすると、直接アプリのタスクを切り替えられるという動作が非常に快適です。

また、アプリのタスクを表示させていなくても、ホーム画面のどこからでも下部(末端)スワイプすると、使用していたアプリ(立ち上げている)に瞬時に移動できます。

ホームボタンが存在しているiPhoneでは、STEP①「操作する指をホームボタンの位置に持っていく」、STEP②「ホームボタンを押し込むようにダブルタップする」、STEP③「アプリ選択画面から必要なアプリを選択する」STEP④「アプリを使う」という動作を行っていくわけですが、ホームボタンが廃止になった「iPhone X」では、STEP①「下部(末端)スワイプする」だけで必要なアプリを選択することができます。

非常に使い勝手は上がっています。

最後に

iPhoneXディスプレイの写真

いかがだったでしょうか?

1ヶ月経過せずとも「iPhone X」の「新ジェスチャー」という操作にはすぐ慣れます。それは、息を吸って吐くのを覚えたように、あまりにも自然であり、エッセンシャルなジェスチャーであることを俺的に結論づけておきます。

つまり、ホームボタンが廃止されたことによって搭載された新しいジェスチャーは、画期的な操作法ではなく、無駄な動作そのものを減らすことができた当たり前の進化と言えるんじゃないでしょうか。

ということで今回は、「iPhone X」をゲットしてから約1ヶ月が経ちましたので、特徴的な部分として「ホームボタン廃止に伴っての影響で生まれた”ホーム画面に戻る”、”アプリのタスク表示〜切り替え”についての新しいジェスチャー操作」について、俺的な1ヶ月使用インプレッションレビューをさせて頂きました。

iPhone X」の新ジェスチャーは、ホームボタン必要論を打ち砕き、新たなスマートフォンの未来のあり方を示すキッカケとなることは間違いありませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

ドコモから購入はこちら  ▶ドコモオンラインショップ

 Amazonから購入はこちら  ▶iPhone X 256GB SIMフリー 

また、iPhone Xの予約や、それに関してのケースなどのアクセサリーも購入して、記事にしていますので合わせてお読み下さい。

▶▶  iPhone X Apple純正シリコンケースをいち早く予約注文しました。 

▶▶ 【最速】iPhone XのApple純正シリコンケース開封レビュー! 

▶▶ iPhone Xをドコモで予約(機種変更)!年を追うごとに、iPhoneの人気が高まり、予約するのも一苦労。

iPhone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhoneXファーストインプレッション「新ジェスチャー」のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。