iPhone8/8Plusの8つの魅力。スペックや機能やカメラ性能の実力!

iPhone8/8Plusの8つの魅力のアイキャッチ画像

iPhone Xを買う予定でいますが、iPhone8はほぼiPhone Xと変わらないスペックなのは言うまでもありませんね。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMac,iPhone,iPadアプり(MacOSアプリ、iOSアプリ)を使って執筆しています。

iPhone Xを待たずに、iPhone8を買う価値は十分あります。それを証明する動画が、AppleJapanの公式サイトから公開されましたので、その動画を交えて、iPhone8の8つの魅力をご紹介致します。

では、iPhone 8とiPhone 8 Plusの魅力を順番に書き出す前に、それをまとめた動画をご覧ください。尚、iPhone8/8PlusとiPhone Xは共通する魅力がいくつもあります。

iPhone8の8つの魅力

新しい強靭なガラスのデザイン

手触り(店頭確認)としては、やはりガラス素材になったことで、非常に手に吸い付きもあり、滑りにくくなり、それでいて滑らかで高級感があり、すごくグレイトフルで美しいデザインであります。

根本的には、こちらの記事にも書いてある屁理屈(iPhone Xを買うべきではない17の屁理屈)のように、ほとんどのデザインはiPhone X(全面画面以外)もiPhone8も、iPhone 6時代からそれほどガッツリ変わっていないという事実があるにせよ、ガラス素材ボディが変わるだけで、非常にデザインの雰囲気に”進化”は見て取れます。

iPhone 8はサイドにアルミニウム(7000シリーズ)が使われており、最も耐久性の高いガラスが背面に使用しているということも、公式で発表されています。

ガラス塗装は、7層のカラープロセスを使用し、正確な色調と不透明度を実現、深みのある色を再現していることにより、非常に高品質なデザインにまとめ上げられています。

何よりも、前作の丸みの形状をそのままに2.5Dガラスの素材は、非常に手に馴染み、フィット感は最高でした。

ガラスボディについては、iPhone Xと共通する部分もありますので、詳しくは以下の記事にも書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶  AppleがiPhoneX 発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない? 

iPhone 8 Plusポートレートライティング

iPhone8PlusとiPhone Xにも搭載されている、被写体や背景の明るさをコントロールしてくれるのが、ポートレートライティングです。

ポートレートライティングの種類は「自然光|スタジオ照明|輪郭強調照明|ステージ照明|ステージ照明(モノ)」5つほど用意されています。

 CHECK  ▶  iPhone Xのカメラの機能と性能(スペック)をズバリ解説するとこうなる。

ワイヤレス充電

今回のワイヤレス充電に採用された方式は、Qi方式です。この方式は、すでにいくつもの製品が発売されていますので、来年(2018年)に発売されるAirPowerを待たずに、色々な製品でiPhone8/8Plusでワイヤレス充電可能でのすので、いくつか試してみるのもいいと思います。

ワイヤレス充電に関しては、iPhone Xも同様の機能を搭載していますので、詳しくは以下の記事に書いていますので、合わせてお読み下さいませ。

 CHECK  ▶  iPhone X,Apple Watch,AirPodsがワイヤレス充電!AirPowerで未来が始まる。

パワフルで賢いA11Bionic

上記の画像グラフを見ると一目瞭然なのが、Apple iPhone 7 PlusとのiPhone X のベンチマークの歴然の差。これについては、iPhone8にも、iPhone Xと同様のチップである「A11Bionic」が搭載されているので、iPhone8の性能もすこぶる良いと言えますね。

つまり、iPhone7/7Plusに搭載されていた「A10Fusionプロセッサ」は、iPhone XやiPhone8/8Plusに搭載されている「A11Bionic」では、2倍近い性能差があることが分かると思います。

従来のスマホは、シングルコアが主流でしたが、1つのCPUに複数のコアを搭載させる方式が、これからの主流になると言えます。

今回の最新式のCPUである「A11Bionic」は、なななんと6つのコアを搭載した非常に優秀なプロセッサなんです。

「A11Bionic」についての詳しい解説は、以下の記事に書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶  iPhone XのCPUである「A11 Bionic」のずば抜けた性能は、Macを超える。

さらに進化したカメラ

毎度のことならが、iPhoneのカメラの進化は止まりません。

iPhone 8/8Plusのカメラについて「より大きく高速なセンサを用い、動画手振れ補正の改善とハイスピード動画撮影のフレームレートを向上させている」と公式で発表されていますので、実際に画質の向上についてはかなり期待の持てるところです。

豊かな色彩がよりシャープに再現され、暗部ディテールや色濃度も十分に出ているようです。

カメラの進化については、以下の記事に詳しく書いていますので、合わせてお読み下さいませ。

 CHECK  ▶  iPhone Xのカメラの機能と性能(スペック)をズバリ解説するとこうなる。

耐水性能

iPhone 8とiPhone 8 Plusには、前作のiPhone7/7Plus同様に、防滴、防塵性能が備わっている訳ですが、どのくらい耐えられるのか?というところが非常に気になるところです。Appleの公式サイトを確認すると、「IP67等級」との表示があります。

「IP67等級」ということは、非常に優れた防水規格でありますが、公式サイトでは以下のようにアナウンスされています。

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。引用元|Apple

そうです。非常に優れた防水規格なのは言うまでもありませんが少々気をつけておく必要があります。

iPhone7と同様の防水防塵規格ですので、その規格については以下に詳しく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶ 【悲報!経験者が語るiPhone7の防水機能】水没&水濡れなどでタッチパネルの操作が反応しない時の対処法。

新しいRetina HDディスプレイ

新しい4.7インチと5.5インチのRetina HDディスプレイは、True Toneテクノロジーが加わったことで、ディスプレイのホワイトバランスを周囲の光に合わせ、より自然で、まるで紙を見ているような視覚体験を実現します。Retina HDディスプレイの鮮やかな広い色域は業界最高の色精度を提供します。引用元|Apple newsroom

iPhone XのSuperRetina HDディスプレイとどのように違うのか?については、以下の記事に詳しくiPhone Xのディスプレイについては書いていますので合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶  Apple iPhone Xを買う理由は、圧倒的なデザインとディスプレイにある。

拡張現実|AR

A11 Bionicチップにより、ARを使ったゲームとアプリケーションが、新しいレベルのなめらかさとリアル感を手に入れます。

引用元|Apple

 CHECK  ▶  iPhone XのCPUである「A11 Bionic」のずば抜けた性能は、Macを超える。

iPhone Xとの性能比較

機種 iPhoneX iPhone8
本体色 シルバー、スペースグレイ ゴールド、シルバー、スペースグレイ
重量 174g 148g
寸法 143.6 x 70.9 x 7.7mm 138.4 x 67.3 x 7.3mm
バッテリー 通話 21時間
インターネット通信 最大12時間
ワイヤレス動画再生 最大13時間
ワイヤレス音楽再生 最大60時間

30分で最大50%充電

通話 14時間
インターネット通信 最大12時間
ワイヤレス動画再生 最大13時間
ワイヤレス音楽再生 最大40時間

30分で最大50%充電

プロセッサ A11 Bionic +
ニューラルエンジン
M11モーションコプロセッサ
ディスプレイ 5.8インチSuper Retina HD
OLED Multi Touch
True Tone ディスプレイ
1000000:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
4.7インチRetina HD
True Toneディスプレイ
1400:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
画面機能 3D Touch 3D Touch
デュアルドメインピクセル
画面解像度 2436 x 1125 1334 x 750
PPI 458 326
生体認証 Face ID
(Apple Pay対応)
Touch ID
(Apple Pay対応)
ストレージ 64 / 256 GB
背面カメラ 12MP カメラ x2
広角:f1.8
望遠:f2.4
光学手ぶれ補正
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
光学ズーム
10倍デジタルズーム
ポートレートライティング(ベータ版)
12MP カメラ
f1.8
光学手ぶれ補正
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
5倍デジタルズーム
ポートレートライティング(ベータ版)
前面カメラ 7MP True Depthカメラ
ポートレートモード
ポートレートライティング(ベータ版)
Retina Flash
広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
7MP FaceTimeカメラ Retina Flash
広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
動画撮影 4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
NFC リーダーモード対応FeliCa対応
位置情報 Assisted GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
デジタルコンパス
センサー 3軸ジャイロ/加速度
/近接/環境光/気圧
防水防塵 IP67(耐塵防浸型)
機種 iPhoneX iPhone8
予約開始日 10/27 (金) 16:01 9/15 (金) 16:01
発売日 11/3 (金) 9/22 (金)
税別価格
(SIMフリー版)
64GB 11万2800円
256GB 12万9800円
64GB 7万8800円
256GB 9万5800円
予約サイト ▶ docomoでiPhoneX、iPhone8を購入する。

まとめ

  1. 新しい強靭なガラスのデザイン
  2. iPhone 8 Plusのポートレートライティング
  3. ワイヤレス充電
  4. かつてないほどパワフルで賢いチップ、A11Bionic
  5. さらに進化したカメラ
  6. 耐水性能
  7. 新しいRetina HDディスプレイ
  8. 拡張現実

いかがでしたでしょうか?

上記のiPhone8/8Plusの8つの魅力をご紹介しました。

iPhone XとiPhone8/8Plusのどちらを買おうか悩んでいる方や、iPhone8/8Plusをすでにお持ちの方にも参考になったのではないでしょうか?

また、iPhone X関連の記事も他にも色々書いていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶  iPhone Xを買うべきではない17の屁理屈。iPhone 8との違いなど。

 CHECK  ▶  iPhone Xを買うべき7つの理由と予約購入方法をご紹介。

 CHECK  ▶  iPhone X、未来がここに。10年後には伝説の名機となる。

月刊ODELOの10月号にも、iPhone Xの記事をまとめていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶ 【月刊ODERO Vol.3】2017年9月のブログ運営報告&ハイライト記事など。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhone8/8Plusの8つの魅力のアイキャッチ画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。