Apple HomePodの動画を公開!音質に自信のAIステレオスピーカー!日本での発売日は未定。

HomePodについての記事のアイキャッチ

Appleが「HomePod」の”サウンド”にこだわったCMを4本公開しました。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、Appleが公式のYouTubeチャンネルで「Bass」「Beat」「Distortion」「Equalizer」というタイトルで公開された4本の動画をご紹介します。

結論から言いますと、サウンドに対する自信が伝わる広告動画になっており、ユーザーの購買意欲を掻き立てるというのではなく、あくまでも「HomePod」”サウンドに強み”があることを表現した動画です。

Apple HomePodの発売記事のアイキャッチ

HomePodの詳しいスペックや概要について書きました。

HomePod広告動画

Beat

使用されている曲

  • アーティス|Kendrick Lamar
  • タイトル|DNA

Distortion

使用されている曲

  • アーティス|Hembree
  • タイトル|Holy Water

Bass

使用されている曲

  • アーティス|Lizzo
  • タイトル|Ain’t I

Equalizer

使用されている曲

  • アーティス|Big Boi
  • タイトル|All Night

HomePod動画広告について

サウンドスピーカーとして

HomePodの写真

それぞれの広告動画を見て頂ければ分かる通り、映像やビジュアルは非常にシンプルになっており、バックで流れる曲に合わせてHomePodのテキストが軽快にリズムを刻む動画となっています。

動画で使われている音楽は、上記の動画の後に紹介している通り、それぞれの動画で別々のアプローチをしかけています。それはまるで「HomePod」が、Amazonが販売している「AmazonEcho(=Alexa)」やGoogleが発売している「」Google Home」などの、いわゆる:AI(=人工知能)スピーカーという枠には収まらない、【HomePod=サウンドスピーカー】であることを主張しているように感じます。

AmazonEchoシリーズについての記事も合わせてお読み下さい。

AmazonEchoシリーズでAmazonMusicUnlimitedを利用する記事のアイキャッチ

HomePodについて

Appleはアメリカの公式サイトで「HomePod」を以下のように説明しています。

HomePodは素晴らしいサウンドを発する強力なスピーカーで、どこでも再生でき、Apple Musicと一緒に世界最大の音楽カタログに簡単にアクセスできます。 すべてがSiriとの自然な声のやりとりによってコントロールされます。これは全く新しいレベルの聴取経験をもたらします。 それはほんの始まりです。

参照元▶HomePod – Apple

「HomePod」のデザインと内部構成

カラーバリエーションはホワイトとスペースグレーの2色の展開になっているようですね。

デザインについては、Mac Proを彷彿させるような外観デザインになっていますが、メッシュデザインが採用されているようです。

ボディの上部に4インチウーハーを搭載され、ホディの下部に、先述している”7方向ビームフォーミング対応のツイーター・アレイ”が装備され、6つのマイクアレイとA8チップ搭載。

「HomePod」最適な音響効果を発揮

HomePodは、部屋のスペースを認識把握して、その”音”をコントロールしてくれるそうです。

つまり、狭い部屋と広い部屋で、音楽をかける時や話しかける時など、自動的に”音”を最適化してくれるようですね。

あらゆることが自動でできる

部屋を感知して音楽をチューニングする

それは自動的に音響を分析し、スピーカーの位置に基づいて音を調節し、音楽を最適な方向に操縦する。 ホームポッドが壁、棚、または部屋の真ん中にあるかどうかに関係なく、誰もが没入感のあるリスニング体験を得ます。

参照元▶HomePod – Apple

ハイテクノロジーな技術で、スペースを認識し、Siriのアシスタント機能との連動で、快適な空間を作ることができるようですね。

WWDC2017でクックが話されていたように、「Appleは音楽が基本」というだけあって、音へのこだわりが強く出ています。

それは、先述した「Amazon Echo」と「Google Home」との差別化をする上では欠かせないコンセプトですね。

また、Siriが搭載されていますので、音楽の再生以外にも、ニュース、ポッドキャスト、天気予報、スケジュール、リマインダー、タイマーなどにも対応するそうですので、画期的なライフスタイルの未来がみえますね。

さらに、HomeKitに対応しているので、「ヘイ、Siri、◯◯して」と音声によって、様々なスマートホームのデバイスコントロールができるようです。

HomePodについて詳しくまとめた記事はこちら

HomePodの写真

各国の発売日は2月

2018年2月9日にアメリカやイギリス、オーストラリアなどの国から発売となっており、すでに1月26日から予約受け付けも開始されています。

日本ではまだ未発売とされていますが、早く今春にも発売が発表されるものと思います。

最後に

「HomePod」の購入は実際の実機レビューなどの様子を見つつ、購入の検討をしようと思いますが、「とにかく使ってみたい!」というのが率直なところです。

ということで今回は、Appleが公式のYouTubeチャンネルで「Bass」「Beat」「Distortion」「Equalizer」というタイトルで公開された4本の動画をご紹介しました。

「HomePod」”サウンドに強み”があることに、心の底から期待感が溢れてきますね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

iPhoneXの情報が詰まった俺的デザインログで書いた「iPhoneX」についての44記事を集結した記事をまとめてみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

HomePodについての記事のアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。