新型Macbook AirとMacbook どっちが買い?違いは?スペック比較!

MacBook AirとMacBookどっちが買い?記事のアイキャッチ

僕が普段のライフワークで使っているMacBookと、新型MacBook Airを比較してみました。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。
(SNSこちら⇒インスタTwitter

2018年に発売された新型MacBook Airの購入を検討するにあたり、実際に僕が愛用しているMacBookとの違いを比較した結果 ー

僕は新型MacBook Airを購入(買い替え)するのではなく、2017年に発売されたMacBookを使い続けることにしました。

ということで今回は、僕が新型MacBook AirとMacBookのスペックなどの違いを比較し、なぜ僕がMacBookを使い続けることを選択し、MacBookを使うことがより自分のライフワークに最適であると判断したのか?という理由を紐解きながら、新型MacBook Airを購入する上で、新型MacBook Airか?それともMacBookか?という選択肢で迷っている方の参考になれば幸いです。

ではまず、僕が実際に愛用しているMacBookのスペックとカスタマイズの全貌をササッとご紹介します。

僕の愛用するMacBook

MacBook12インチディスプレイサイズの写真

MacBook スペック/性能

MacBook スペック
  • 12インチMacBook 256GB シルバー
  • 第7世代の1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • 16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • Intel HD Graphics 615

MacBookが到着した時の開封&レビューは以下の記事に詳しく書いていますので合わせてお読み下さい。

MacBook 12インチレビュー,CTO購入(価格)&開封の儀,それと使用感をサクッとご紹介!

CTO/カスタマイズ

MacBook12インチの蓋を開いた状態の写真

CPUをグレードアップ

  • 基本|第7世代の1.2GHzデュアルコアIntel Core m3
  • CTO|第7世代の1.2GHzデュアルコアIntel Core i7【選択】

+27,500円

メモリをグレードアップ

  • 基本|8GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • CTO|16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ【選択】

+22,000円

CTO MacBookの価格

  • 基本|142,800円
  • CTO|207,684円【購入価格】

こちらが僕が愛用しているMacBookのスペックとカスタマイズの全貌です。そして僕がなぜ20万もの大金をはたいて、MacBook Proではなく、MacBookを購入したのか?という理由については、以下の記事に詳しく書いていますので合わせてお読み下さい。

MacBook Pro13インチとMacBook12インチ性能比較!どっち買う?購入に迷ったので、優れた特徴の違いを考察した。

では、ご紹介した僕のMacBookのスペック/性能と新型MacBook Airのスペック/性能をそれぞれ比較し、MacBookが僕のライフワークに最適であるということを決断した理由をご紹介致します。

まず、概要を比較表で見てみましょう。

MacBook Air&MacBook比較

MacBook Air & MacBook

ディスプレイ/画面サイズ

以下の比較表は、僕が実際に使用しているMacBook(左側)と新型MacBook Air(右側)のCTOも含めたものになります。

  Macbook   2017 新型 Macbook Air 
CPU

1.4GHz
Intel Core i7

※Intel7世代
デュアルコア

1.6GHz
Intel Core i5

※Inte第8世代
デュアルコア

最大GHz 3.6GHz 3.6GHz
メモリ 16GB 8〜16GB
(選択可能)
ストレージ 256GB 128GB〜1.5TB
(選択可能)
ディスプレイ 12インチ
Retina
ディスプレイ
2,304×1,440
ピクセル
13.3インチ
Retina
ディスプレイ
2,560×1,600
ピクセル
バッテリー 最大10時間
〜12時間
最大12時間
〜13時間

では、早速それぞれの項目について比較考察していきます。

CPU/性能について

  • 僕のMacBookのCPU
    1.4GHz Intel Core i7
  • 新型MacBook AirのCPU
    1.6GHzIntel Core i5

パッとGHzの数字だけで見る限り、新型MacBook Airの方が高いですが、デュアルコアで言えば、僕のMacBookの【Core i7】の方が高いことがわかります。しかし、数字上の差異はあるにせよ、そのCPUの性能を言語化できるほど、差し迫っての違いはないと言えるでしょう。

Kaby LakeとAmber Lake 

CPUの決定的な違いを強いて言ういならば、僕のMacBookは2017年モデルの第7世代のIntel【Kaby Lake】、新型MacBook Air 2018年モデルは第8世代のIntel【Amber Lake】という違いがあります。しかしこれも、そのCPUの性能を言語化できるほどの違いを表現するのは難しいでしょう。

【僕の結論】
両者のCPU/性能に関して、差し迫るほどの決定的な違いはないのでMacBookで必要十分。

メモリについて

  • 僕のMacBookのメモリ
    16GB
  • 新型MacBook Airのメモリ
    8〜16GB(選択可能)

僕の愛用しているMacBookのメモリは先ほどご紹介した通り、CTOカスタマイズで16GBにしています。つまり、新型MacBook Airの最大のメモリカスタマイズも16GBなので、比較するまでもありませんが、僕のMacBookと新型MacBook Airのメモリに違いはありません。

強いて言うならば、先ほどご紹介した第7世代のIntel【Kaby Lake】と第8世代のIntel【Amber Lake】との違いがありますので、それぞれのCPUがどのくらいまでメモリ可動が効率的に使えて、相性が良いのか?というところになります。しかしこれも、16GBを積んでいれば、体感できるほどの差はないと考えられます。

【僕の結論】
両者のメモリに関しては、差し迫るほどの決定的な違いはないので、MacBookで必要十分。

ストレージ/容量について

  • 僕のMacBookのストレージ
    256GB
  • 新型MacBook Airのメモリ
    128〜1.5TB(選択可能)

僕はクラウド(Cloud)派

MacBook ストレージ 容量 画像

ストレージの容量については、クラウドを主に使っている僕としては、256GBの容量であっても、上記のMacBookのストレージ使用率でわかるように、それほどまでローカルの容量は必要としていません。つまり、新型MacBook Airの最大ストレージ1.5TBなど必要ないので、256GBで必要十分です。

【僕の結論】
両者のストレージに関しては、MacBookの256GBで必要十分。

ディスプレイやサイズについて

  • 僕のMacBookのディスプレイ
    12インチ Retina 2,304×1,440
  • 新型MacBook Airのディスプレイ
    13.3インチ Retina 2,560×1,600

以下の記事でMacBook 12インチモデルのディスプレイについては”ある一つのことだけに集中する”という目的で言えば”最適だ”だと書いていますが、実際に12インチというディスプレイサイズを使用していく中で、あらゆる作業を快適に効率的に行うには、やはり小さすぎます。

12インチMacBook使用レビュー,大きさ,サイズ,持ち運び,軽さ良し!毎日使った実際の使用感をご紹介! 

その点MacBook Airは13.3インチなので、12インチに比べると確実に作業効率の上がるディスプレイサイズだと言えます。つまり、12インチと13.3インチのディスプレイサイズを比較するということで言えば、”使用環境に依存した選び方になる”ということが言えると考えられます。

サブ機としてなら12インチ

以下の記事でも書いていますが、僕のMacBookの使用環境はあくまでも”サブ機”なので、ディスプレイサイズが小さいことに越したことはありません。

MacBook12㌅かMacBookPro13㌅をサブ機として買いたい理由。もっとカジュアルに、どこでも作業をするために。

僕のメインマシンは、MacBook Pro 15インチです。MacBookをサブ機として使う理由は”カジュアルに使いたい”という利点を求めているので、以下の2つのことが重要なんです。

  • 自宅でもカフェでも外でも中でも、”どこでも気軽に作業”ができる
  • メインマシンのデザイン関連の作業も”ある程度の処理を完結”できる

この2つのことを考えると、MacBook Airの13.3インチは少しディスプレイサイズが大きくなります。そうなると、13.3インチと15インチのディスプレイの比較まで考えなければなりません。

【僕の結論】
両者のディスプレイに関しては、使用環境に依存します。僕の場合は、メインマシンではなく、”サブ機”として両者を比較した場合、MacBookの12インチで必要十分。

バッテリー駆動時間について

  • 僕のMacBookのバッテリー
    最大10時間〜12時間
  • 新型MacBook Airのバッテリー
    最大12時間〜13時間

誰でもバッテリー駆動時間は、少ないよりも多い方が良いと考えると思います。もちろん僕もバッテリー駆動時間は多い方がいいです。MacBookとMacBook Airを比較すると1〜2時間のバッテリー駆動時間の違いが見えます。

とは言え、バッテリー駆動時間が4〜5時間も変わるわけではなく、あくまでも公称値は1〜2時間の差ですので、それほど差し迫って違いはないと言えます。

【僕の結論】
両者のバッテリー駆動時間に関しては、1〜2時間の駆動時間の違いにすぎませんので、MacBookの12インチのバッテリー駆動時間で必要十分。

では、僕の所有するMacBookと新型MacBook Airを、この記事で項目毎に比較して分かってきた、新型MacBook Airの購入に向いている方について、最後にまとめておきます。

新型MacBook Air おすすめな方

new macbook air thumbnail
  1. メインマシンにしたいと考えている
    高性能なスペックを必要としていないけど最新の世代のCPUを求める
  2. 効率の良い作業環境を求めている
    ディスプレイサイズがある程度大きいことが必要な環境を求めている
  3. カジュアルに持ち運びたい
    MacBookのように気軽に持ち運んで使いたいので軽さを求めている

この3つの理由のどれかに当てはまるのではあれば、新型MacBook Airの購入をおすすめします。また、メインマシンにiMacやMacBook Pro 13インチや15インチを使っていて、あくまでもサブ機として使うことを考えている場合は、僕が使っているMacBookは”どこでも気軽に作業ができて、ある程度の処理を完結できる”ので、そちらをおすすめします。

最後に

MacBookを使用している時の写真

僕はMacBookを使い続ける

  1. CPU/性能
    1.4GHz Intel Core i7で問題なし
  2. メモリ
    16GBで問題なし
  3. ストレージ
    クラウド派なので256GBで問題なし
  4. ディスプレイ
    サブ機なので12インチで問題なし
  5. バッテリー
    最大10時間〜12時間で困ったことがない

以上の5つの理由から、新型MacBook Airを買う理由はなく、MacBookを使い続けるという選択をしました。

ということで今回は、僕が新型MacBook Airの購入(買い替え)をせず、なぜMacBookを使い続けることを選択し、MacBookを使うことがより自分のライフワークに最適であると判断したのか?という理由を紐解きました。

新型MacBook Airを購入する上で、新型MacBook Airか?それともMacBookか?という選択肢で迷っている方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次はこちらの記事『新型MacBook Air 買いか?スペック性能や特徴!旧型との違いを比較!』で、さらに詳しく新型MacBook Airについて知っておきましょう。

新型MacBook Air 購入はこちら

MacBook Airと一緒に買うべき周辺機器

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

MacBook AirとMacBookどっちが買い?記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA