MacBook 12インチレビュー,CTO購入(価格)&開封の儀,それと使用感をサクッとご紹介!

MacBook12インチの開封の義と使用レビューの記事のアイキャッチ画像2

悩みに悩み抜いた末、手に入れたモノほど喜ばしいモノはない。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事の内容▼ 

  • 悩みに悩み抜いて購入したMacBook 12インチが、ようやく手元に届きましたので、その開封の義と、使用感などの雑感レビューについての記事です。

結論から言いますと、「MacBook 12インチは最高にして最適なサブマシン」であると言えます。

買ってよかった、ホッとしました。

では、まず俺が購入したMacBook 12インチのCTOモデルのシステム構成(スペック)をご紹介します。

購入したCTOモデルの構成/仕様

MacBook12インチの写真
  • 12インチMacBook 256GB シルバー
  • 第7世代の1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • 16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • Intel HD Graphics 615
  • CTOモデル価格

合計 207,684円

以上のCTO(=システム構成)で20万円以上したMacBook 12インチの紹介と購入理由を、以下の記事に詳しく書いていますので合わせてお読み下さい。

【詳しくはこちら】 MacBook 12インチをCTOで買ったら,スペック性能の割に価格が高額になったシステム構成と,購入理由をご紹介!

では、早速開封して参りたいと思います。開封なんて興味のない方は、さらに下の方に開封の様子とデザインビューを動画でまとめていますので、そちらまですっ飛ばして下さい。

MacBook 12インチ開封の義

いつも通りの超速便

MacBook12インチの梱包ダンボールの写真

Apple製品のほろんどは超速便で自宅に届きます。

超速便という響きだけで、Appleのユーザーに対しての誠実さを感じてしまうのは俺だけでしょうか。

パッケージ/外箱

MacBook12インチのパッケージの写真

パッケージはいつもホワイトベースに。本体の写真がプリントされ、製品名が側面部分に書かれています。

いつ見ても好感が持てますね。

MacBook12インチの本体

MacBook12インチの本体の写真 MacBook12インチ蓋を開けた状態の写真

周辺コネクタ

USB-Type Cポート

MacBook12インチのUSB-Type ポートの写真

このMacBook 12インチには、USB-Type Cがひとつのみついております。

一つだけじゃ足りない!という声が聞こえてきますが、俺はMacBook Pro 15インチのUSB-Type Cの4つのポートを同時に2つ以上使用したことはありませんので、全く問題ありません。

逆にポートを使いすぎている方は、もっとAirDropやiCloud経由でのデータのやりとりに切り替えて行く方が賢明であると思います。

なぜ、Appleがこのようなポートを作り、iCloudを充実させているのかを考えてほしいですね。

データは物理的ではなく、早くワイヤレス化を推進しなければなりません。

イヤホンジャック

MacBook12インチのイヤホンジャックの写真

俺はイヤホンジャックは必要ありません。

強いて言うなら、ここにもうひとつUSB-Type Cのポートをつけてほしかったですね。

俺がなぜイヤホンジャックが必要ないのか?という答えは簡単です。

AirPodsがあるから!

【関連記事】AirPodsレビュー|その前に、開封の儀。

付属品

MacBook12インチの周辺機器の写真
  • MacBook12インチの簡易的な説明書
  • USB-Type CTOケーブル
  • 電源ACアダプタ

開封&外観ビュー動画

また、その他にもスケボーのVLOGやスニーカーの紹介動画などもアップしておりますので、俺のYouTubeチャンネル「俺的デザインチャンネル」にも遊びに来て下さい。

»»俺的デザインチャンネルはこちら

MacBook 12インチ使用感

MacBook12インチの蓋を閉じた写真

MacBook 12インチが到着して、1週間ほど使ってみた使用感などをつらつらとレビューしていきたいと思います。

処理性能について

Photoshopが普通に動く

ブログの執筆や簡易的なデザインの案件処理や画像の処理なんですが、1週間ほどブログ執筆アプリUlysessや、Photoshop、それにLightroomなどをバンバン使った感じでは、比較的キビキビと動いてくれています。

もちろんこれは買ったばかりの新品なので、徐々に処理性能は落ちていくと思いますが、思っていたよりももっさり感はなく、普通に使えるレベルです。

持ち運びは快適・モバイル性

こちらの記事でも書いている通り、俺がMacBook 12インチを選んだ理由は、その「最強の機能性を兼ね備えたモバイルPC」であるからです。

詳しくは以下の記事を合わせて読んでほしいのですが、本当に”持ち運び”に関しては、驚異的な手軽さです。

【関連記事】 MacBook Pro13インチとMacBook12インチ性能比較!どっち買う?購入に迷ったので、優れた特徴の違いを考察した。

賛否を呼んでいる発熱

もっぱらキーボードをタイプすることが多いので、比較的パームレスト部分に手の平を置いておくことが多いはずなんですが、全く「熱い」感じたことがありません

なので、これに関しては特にまだ気になっていません。

サイズについて

ディスプレイサイズはどうか?

MacBook12インチディスプレイサイズの写真

ディスプレイサイズは”12インチ”ですが、特に作業効率が悪くなったという印象はなく、Retinaディスプレイなので、写真やデザイン処理も、非常に鮮明に表示され、美しいことこの上ありません。

とは言え、マルチタスクというスタンスで使うことを考えた場合は、非常にディスプレイサイズが小さいことは致命的になります。

つまり逆を言えば、ひとつのタスクに注力したい場合は、ディスプレイが小さいことで、その分無駄なスペースがないので、非常に効率的な作業が行えるとも言えます。

俺は実際に、ブログの執筆であったり、写真の編集加工もしかり、”何か別のことをしながら〜”ではなく、ひとつひとつをしっかり終わらせて、次のタスク処理を行うのにMacBook 12インチを使用していますので、ディスプレイサイズが小さいことに関しては、逆にメリットしかありません

もちろん、マルチタスクで作業をしなければならない時など、いわゆる広告関連のデザインなどでガッツリAdobe製品を使う場合は、メインマシンであるMacBook Pro 15インチを使用しています。

【関連記事】 MacBook Pro 15インチ1年使用レビュー!最高だと言える5つの理由。

ボディサイズはどうか?

MacBook12インチボディサイズの写真

先述した通り、「最強の機能性を兼ね備えたモバイルPC」であることは当たり前とした上でも、このボディサイズの小ささには驚くばかりです。

  • 高さ|0.35〜1.31cm
  • 幅|28.05cm
  • 奥行 |19.65cm

「MacBook Airよりもものすごく小さく薄い」これだけでもかなり価値のあることだと言えます。

重さについて

MacBook12インチのボディサイズの写真
  • 重量|0.92kg

軽い、軽すぎます。ボディサイズも小さく、1kgきる重量であることは、もはや革新的なことでしかない、素晴らしいことです。

「親指と人差し指でつまむように持てるラップトップPC」

重いですか?と聞かれても、100人中100人が「軽い」と答えることでしょう。

キーボードについて

MacBook12インチのUSキーボードの写真

USキーボード

メインマシンであるMacBook Pro 15インチはJISキーボードなんですが、このMacBook 12インチでは”USキーボード”を選んでみました。

選んだ理由は、”タイピング””デザイン”という2つの理由からです。

結論としては、「デザインはもちろん素晴らしい」といった印象です。

タイピングに関しては、JISキーボードからUSキーボードにしたことでキーボード配列が変わり、それには多少の慣れが必要かもしれませんが、今のところ「タイピングは非常に快適」だと言えます。

やはり、returnキーが、JISのenterキーよりも横長になったことが、タイピングが快適的になったわかりやすい要因なんだと思います。

トラックパッドについて

MacBook12インチのトラックパッドの写真

マウスは必要ない

トラックパッドのサイズは、横11.5cm☓縦7cmと大きいとは言えないサイズでありますが、逆に大きすぎてしまうと、タイピングの際の邪魔になってしまうので、必要充分で適度なサイズ感です。

特に使いにくいという印象もなく、マウスを使わずに、トラックパッドを自然に使えているので問題ありません。

バッテリーについて

バッテリーの公称値は ー

  • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
  • 最大12時間のiTunesムービー再生

となっています。

買ったばかりの新品ですので、丸1日まったく問題なく使えています。

朝から100%充電で、丸1日MacBook 12インチを使用し、日中はキーボードをタイプする処理などを行った場合で、実質6時間ほど使用しても残り50%ほど残っており、公称値よりも遥かに長く使用できている印象です。

まとめ

MacBook12インチの蓋を開いた状態の写真

MacBook 12インチの評価

以下の記事でも書いてある通り、メインマシンはMacBook Pro 15インチを使い、今回購入したMacBook 12インチはサブマシンというスタンスでの運用を考えた場合の評価としては ー

完璧にそのスタンスでの運用の期待に応えてくれています。

こちらの記事に書いていますが、MacBook Pro 13インチと悩みに悩みましたが、MacBook 12インチを買って本当に満足しています。

【関連記事】 MacBook Pro13インチとMacBook12インチ性能比較!どっち買う?購入に迷ったので、優れた特徴の違いを考察した。

俺にとって「MacBook 12インチは最高にして最適なサブマシン」であると言えます。

ということで今回は、悩みに悩み抜いて購入したMacBook 12インチが、ようやく手元に届きましたので、その開封の義と、使用感などの雑感レビューについて書きました。

あなたのMacBook 12インチの購入の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

 ▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼ 
 
MacBook12インチの記事のアイキャッチの画像

【記事はこちら】MacBook 12インチをCTOで買ったら,スペック性能の割に価格が高額になったシステム構成と,購入理由をご紹介! 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

MacBook12インチの開封の義と使用レビューの記事のアイキャッチ画像2

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。