iPhone おすすめアプリ Audible活用!通勤時間が人生を変える時間になる!オーディブルで本を聴こう!

Audible article thumbnail

無駄で億劫な通勤時間が、有意義ある待ち遠しい時間に変わるかもしれない。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

時間を効率的に使うために日々奮闘中のデザインブロガーPEITAです。
(SNSこちら⇒インスタTwitter

毎朝、職場へ向かうためだけに通るその道。

夕方、家に帰るためだけに通るその道。

仕事への通勤のためだけに通っていた道が、あなたの人生をより良い方向へ導いていくための道になったとしたら、めちゃくちゃ通勤時間が楽しくなって有意義ある時間になると思いませんか?

この記事では、そんな無駄で億劫だと感じている職場へ行く時間=通勤時間を、iPhoneやスマホで手軽に使える、本を聴くサービスである「Audible(オーディブル)」というアプリを使って”人生を変える時間にするためのライフハックインプット術”にする方法についてご紹介します。

本を聴くサービスである「Audible」を使うことで、一億歩譲っても無断な時間だと思っていた「朝夕の通勤時間」が、あなたの人生の一歩をより深める時間に変わります。

無駄な通勤時間を最高の一時に

本を聴く Audible

一億歩譲ったとしても「職場への通勤時間が無駄なこと」には変わりはないと思います。もちろん僕も、朝夕40分、往復80分かけて自宅と職場を毎日い移動しています。僕は職業柄(サービス業)でもあるので、否応なしに通勤時間という概念が存在します…………ドラえもん、早くどこでもドアをくれ。

とは言え、その無駄な時間を有意義なことに活用できないものか?という思いを誰しも抱いていると思います。

僕らは基本的に以下のようなことをして、無駄な時間を有意義に過ごそうとしています。

  • 好きな音楽を聴いている
  • 好きなラジオ番組を聴いている
  • 好きなポッドキャストを聴いている
  • 好きな本や新聞・雑誌を読んでいる
  • スマホでニュースサイトをダラダラ読み流している
  • 自転車、車、バス、電車、徒歩で移動しているあなたなら、きっといずれかの行動をとって、無駄な時間をできるだけ有意義に過ごそうとしていると思います。

もちろん、その過ごし方が良いとか悪いとか言っているわけではありません。

今回冒頭でお伝えしている”「Audible」を使って、人生を変える時間にするためのライフハックインプット術”で、もう少し踏み込んだ通勤時間の使い方をしてみると、本当に無駄で億劫な通勤時間が、逆に毎日の楽しみに変わるくらい待ち遠しい時間=最高のひとときに変わるかもしれません。

では、「本を聴くサービスであるAudible」を使ったインプット術をご紹介します。

本を聴くというスタイル

普段から本を読んでいる人でも読まない人であっても、”本から得る情報”に関して”非常に重要なインプット=本を読めば自分の知見となる”という認識が少なからず誰にでもあるかと思います。

しかし、なかなか普段の生活の中で、「本を読む」という習慣をつくることは難しかったりします。

とりわけ僕も読書家と胸をはれるほど月に何十冊も読む方ではないんですが、人生において、本からのインプットなし人生のアウトプットはないと考えています。

事実、本から得る”情報=インプット”には驚くほど凄まじいものがあります。

本を読むと聴くとの違い

本を読むには、手のひらで本を開き、目でテキストを追いかけ、そして脳に情報をインプットしていくことになります。それには本を読むための明かりも必要だし、両手を使っているために、本を読む以外の事はできません。そのため、どうしても”腰を据える”必要だってあります。

そう考えてみると、やはり「本を読む」という時間を作ることがそもそも難しい方も多いと思います。

つまり、本を読んでいる最中は、どうしても以下のデメリットが考えらます。

  1. 両手が使えない
  2. 視覚を奪われる
  3. 腰を据えた時間の確保
  4. 明かり/光がある場所が必要

これらの4つの事以外にも、人によっては色々な制限などがあると思います。

しかし、本を読むのではなく、本を聴くというスタイルで読書を楽しめるとしたら、先ほどの4つの本を読む際に起こるとされるデメリットはどうなるでしょうか?

本を聴く4つのメリット

  1. 両手が使える
  2. 視覚が使える
  3. 聴ける環境なら時間を気にしなくてOK
  4. 暗い場所でも聴く環境があればOK

このように、本を読むということで考えられるデメリットが、本を聴くというスタイルに変わると、すべてがメリットに変わってきます。もちろん個人のライフスタイルなどで変わってきますが、僕の読書という体験は、読むよりも聴くという方が、より効率的になると言えます。

つまり、Audibleで本を聴くというスタイルは、明らかに効率の良い、人生を有意義にするための自分に対しての人生のインフラになると言えます。

通勤時間に本を聴く

このスタイルこそが、無駄で億劫だと感じている仕事へ通勤する時間を、本を聴くサービスである「Audible」を使って”人生を変える時間にするためのライフハックインプット術”という時間に変えることができます。

自転車に乗りながら、集中して本を読めますか?

車を運転しながら、集中して本を読めますか?

バスに乗りながら、集中して本を読めますか?

徒歩であっても、集中して本を読めますか?

無駄な通勤時間に、本から得る情報をインプットできることは、読書をすることをもっと気軽に快適にしただけではなく、効率的な時間の有効活用の方法に対して新しい読書スタイルを確立しました。

では、そのAudible(オーディブル)について詳しく解説致します。

Audible「オーディブル」とは?

Audible Banner

Amazonアカウントで利用できるAudible(オーディブル)

それはボイスブックサービス

人の声で読んだ本のこと。抑揚のない機械の読み上げちは違い、内容やストーリーに沿って、俳優や声優が豊かに表現する耳で聴く本です。

アプリで本の朗読を持ち歩く

Audible book app

人気作家のベストセラーから名作まで、プロの声優や著名人の朗読で楽しめる。

ビジネス、自己啓発、小説、英字新聞、落語、洋書など、20万冊以上の豊富なラインアップ。

お好きな1冊から気軽に、会員プランなら特典も。まずは無料体験から。

引用元:Audible(オーディブル)

いつでもどこでも自由に聴ける

Audible anywhere

あなたのスマートフォン、パソコン、タブレット、Amazon EchoやApple Watchにも対応していますので、あなたのお手持ちのデバイスで「本を聴く」ことができます。

専用アプリはiOS、Android、WIndows10に対応。ダウンロード方式で、電波のない場所でも聴ける。PCサイト(Windows、Mac)なら、ストリーミング再生で気軽に楽しめる。さらに、EchoやApple Watchにも対応しました。

引用元:Audible(オーディブル)

目も両手も使わない読書

Audible Banner 3

家事や通勤、ジョギング中やベッドでも。例えば、家事をしながら直木賞作品を楽しんだり、通勤や通学中にビジネス書や語学を聴いたり。Audibleは生活の様々な場面に本や物語に触れるチャンスを増やしてくれます。

引用元:Audible(オーディブル)

Audible「オーディブル」の楽しみ方

Audible Banner 2

聴いて自分を磨く

自己啓発やビジネス書、集中力を高める瞑想や英語の勉強まで。オーディブルな通気時間やスキマ時間を自分を磨く時間に変えられます。

僕は、その無駄な時間を”人生を変える時間“に使っています。

カラダと心をオフにする

忙しい毎日の中で、心をちゃんとオフにするのもオーディブル。リラックスのための瞑想や、心を豊かにする名作のストーリー。声の力に身を任せるだけ。

耳で楽しむ 新たしいエンタメ

漫才やコントを始め、伝統芸能落語で笑い、直木賞など話題作を聴いて楽しめるのもオーディブル。あなたがエンターテイメントを楽しむ新しい方法として加わります。

Audible会員になると

Audibleはコイン制

毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入できる

コインで購入したオーディオブックは、「いつでも返品制度」というサービスがあり、あなたの期待に反した(ハズレ)作品の場合は返品できます。

いつでも返品制度とは

  • 気に入らなかったオーディオブックを返品できる
  • 返品制度を利用するには、会員であることが前提
  • 返品は365日以内
  • コインで購入した場合はコインが戻る
  • クレジットカードで購入した場合は、クレジットカードに返金される
  • 戻ってきたコインは発行日から6ヶ月以内であればいつでも他のオーディオブックに交換できる

しかし、ひとつ注意して頂きたい点は、返品回数に制限があるというところです。

ウェブサイトから返品いただける回数に制限があります。制限回数を超えた場合は、 返品ボタンが表示されず「返品不可(詳細)」と表示されます。このメッセージが表示された場合は、カスタマーサービスまでご連絡ください。返品手続きおよびお客様が次にお楽しみいただける作品が見つけられるよう、お手伝いさせていただきます。

引用元:Audible(オーディブル)

このように、期待に反した作品を何度も無制限には返品交換はできないということです。

Audible 料金 月額1500円

月額1,500円、いつでも退会できるようになっています。退会方法は後でご正藍します。会員なら追加料金なしで楽しめるコンテンツや、30%OFFでの単品購入もできる。

Audibleの登録&解約方法

Audibleを無料で登録

30日間は無料で登録できますので、登録した直後(日)に、25日後のカレンダーに「Audible継続の有無を検討する」というスケジュールを組めば、無料登録後の自動更新前に、継続か退会かきちんと精査し、無駄な出費を防ぐことができます。

Audible(オーディブル)

Audibleに登録後に、iPhoneやスマホ、タブレットで使うために、Audibleのアプリをインストールしましょう。

登録してから25日後に、Audibleを継続して利用していきたいならそのまま自動更新されます。もし、Audibleを解約したいと考えたなら、以下の手順で簡単に解約することができます。

Audible 解約/退会する方法

Amazonのトップページの一番下に以下のようにAudibleのページへのリンクがありますので、そちらをクリック、またはAudible公式ページへ。

Audible サイト

Audible公式ページから、以下のように進めば退会できます。

  1. Audible(オーディブル)にアクセスしログイン
  2. ログインが完了されましたら、ページ右上に表示される、「~さんこんにちは!」から、「アカウントサービス」を選択。

2. 「会員タイプ」の枠下にある「退会手続きへ」をクリックしてください。

3.  退会理由を選択し、「退会」ボタンをクリックしてください。

本当に退会されたかどうかの確認は、もちろんメールなどでも確認できますが、実際のAudible公式ページのAmazonアカウントでサインインした場合に、以下のように、【会員タイプ:未入会】となっているはずです。

Audible 会員 確認

尚、Audibleのアプリからは退会できないので、必ずAudible公サイトから退会手続きを行って下さい。

Audible(オーディブル)

最後に

Audible article Sumally

通勤時間(無駄だと思える時間)にAudibleを使うことは、

ー 本を聴いて 人生を変えるチャンス

ー 本を聴いて 時間を有効活用チャンス

このように明らかにあなたの読書体験が変わり、人生の質を上げることができる確率が増えていきます。

いかがだったでしょうか?

ということで今回は、そんな無駄で億劫だと感じている職場へ行く時間=通勤時間を、iPhoneやスマホで手軽に使える、本を聴くサービスである「Audible(オーディブル)」というアプリを使って”人生を変える時間にするためのライフハックインプット術”にする方法についてご紹介しました。

本を聴くサービスである「Audible」を使うことで、一億歩譲っても無断な時間だと思っていた「朝夕の通勤時間」が、あなたの人生の一歩をより深める時間に変わります。

今なら無料登録で使えますので、ぜひこの機会に一度お試し下さい。

Audible(オーディブル)

あなたが「Audible」を使うことにためらっている間にも、僕は毎日「Audible」で有意義な時間を作っていますし、すでに「Audible」を使っている方々は、より良い今日を作ることにストイックになっています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

|その他のAmazonの便利なサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

Audible article thumbnail

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA