MacBook12㌅&MacBook Pro 13㌅ ベンチマーク性能の違いを比較!

MacBookとMacBook Proどっちを買う?の記事のアイキャッチ
iPhone14を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

MacBook 12㌅とMacBook Pro 13㌅のどちらを購入するかを迷ってるなら、この記事はあなたの参考になります。

この記事を読むと ―

MacBook 12㌅とMacBook Pro 13㌅どちらを購入するのが望ましいのか?について、ベンチマークや性能を比較検討し、どちらを買うかを決断する参考になります。

iPhone14の予約・購入はこちら

この記事の目次

iPhone14の予約開始・発売日時

■発表日 : 2022年9月7日(日本時間で9月8日 午前2時)

■予約開始日 : 2022年9月9日(金)

■発売日 :2022年9月16日(金)

■iPhone14/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MAXは

■発売日 :2022年10月7日

■iPhone14 Plus

キャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)のiPhone14シリーズも同日時で予約・発売されます。

すぐにiPhone14を予約する

auでiPhone14を予約・購入する方法

au

au Online ShopでiPhone14を予約する方法は以下の通りです。

予約方法

  1. au公式サイトにアクセス
  2. 画面左上のメニューから「au Online Shop」をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「予約する」をタップ
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「手続きに進む」をタップ
  6. 「au Online Shopで契約・購入」をタップ
  7. au IDでログイン
  8. お客様情報を入力して次へ進める
  9. 申し込み完了メールが来たら予約完了

ドコモでiPhone14を予約する方法

予約方法

  1. 予めdアカウントでログインしておく
  2. docomo Online Shopにアクセス
  3. 画面左上のメニューから「機種をさがす」をタップ
  4. 希望のiPhone14モデルをタップ(「予約する」と表示されていれば予約が可能です)
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「予約する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来る
  8. 機種変更予定の電話番号から「0120-131-226」(通話料無料・自動音声・24時間対応)へ電話尾かけて予約完了

ソフトバンクでiPhone14を予約・購入する方法

Softbank

予約方法

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
  2. 画面上のメニューから機種を選ぶ。「iPhone14 Pro/Pro MAX」は左をタップ。「iPhone14/Plus」は右をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルの「購入する」をタップ
  4. 手続内容を選択後「自宅で受け取る」をタップし進む
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「予約情報を入力する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来たら予約完了

楽天モバイルでiPhone14を予約・購入する方法

予約方法

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセス
  2. 画面右上メニューから「製品」→「iPhone」とタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「iPhone14を購入する」をタップ
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「カートに追加する」をタップ
  6. 楽天会員情報でログイン
  7. 契約者情報・申込内容を確認して次へ進める
  8. 申し込み完了メールが来たら予約完了


MacBook12㌅&MacBook Pro 13㌅ ベンチマーク性能の違いを比較して出した僕の結論!

MacBook12インチに画像

僕ははMacBook12インチを買います!

では、なぜ僕がMacBook Pro 13インチではなく、MacBook12インチの購入を決めたのか?を以下に、それぞれのベンチマークや性能を比較、また環境などを考慮して詳しくご説明します。

まず、僕のMac(マシンなど)&ライフワーク環境を簡単にご紹介します。

MacBook12㌅かMacBook Pro 13㌅か?

それらのベンチマークの性能の違いを比較する前に僕の環境をご紹介

  • 広報企画に関連したプロジェクトの企画書など
  • 印刷物のポスターやチラシなどの広告デザイン
  • サイトやブログのwebデザイン
  • ブロガー&ライター
  • クリエイター(動画制作など)
  • フォトグラファー(写真編集などの処理)
  • なんちゃってミュージシャン(DTM)

以上のようなライフワークを日々行っております。

そんなライフワークを行う上で、使用しているMac(マシンなど)環境を次はご紹介しますね。

僕がメインで使っているのはMacBook Pro15インチ

MacBookPro2016の写真

僕がメインで使用しているのは、ハイスペックCTOモデルのMacBook Pro 15㌅です。

主に使っているアプリやソフトについては、各種デザイン案件時にAdobeのIllustratorやPhotoshop、動画制作についてPremiere、文章などの制作やブログの執筆などでUlyssesなどを使っています。

記事MacBook Pro 2016モデルのレビューの前に、開封の儀。
記事MacBook Pro 15㌅ 2016レビューまとめ|どこが変わった?これだけは抑えておきたい!進化した⑤つのポイント。

Macbook Pro 15インチと併用して使っているLG Ultra Fine 5K Display

MacBookProとLG 5K displayの写真

メインマシンのMacBook Pro 15㌅LG UltraFine 5K Displayの組み合わせでデュアルディスプレイ環境を構築しています。

LG UltraFine 5K Displayを購入してからしばらく経ちますが、5Kというだけあって、興奮するくらいにディスプレイが美しいので、作業しているだけで気分が良いんです!

作業するスペースが広いほど、それだけ作業の行程を整理するのも大変ですが、それ以上に作業効率を上げつつ、さらにPDCAをしっかりと見極めることが大切になってくるので、何かと勉強にもなります。

そしてやはり、細部までデザイン制作をこだわるなら、外部ディスプレイは良いものを選んでおく方が賢明です。

記事外部ディスプレイならこれでしょ!LG UltraFine 5K Displayの開封の儀と雑感レビュー
記事MacBook Pro おすすめ ディスプレイ| LG Ultra Fine 5K displayと4K displayの決定的な3つの違い。

仕事と趣味など幅広く使っているiPad Pro 9.7インチ

iPadProの写真

こちらは、仕事でも使いますが、趣味や娯楽用というスタンスが主ですが、ブログや写真の編集などの簡易的なワークで使ったり、必要な書類をデータにしておき、iPad Pro9.7㌅でその資料を閲覧しながら、会議などに出席したり、資料の確認をしたりしています。

言わば、紙媒体の資料や、それらのデータを持ち歩く、ファイルケースのような感覚ですね。

EVERNOTEなどでスキャンして紙→データ化して、iPad Proですべてのデータ閲覧が行えるようにしています。

記事Apple iPad proのおすすめキーボード| Apple製のiPad Pro9.7㌅用Smart Keyboardの打鍵感についての話。
記事 iPad Pro iOS 11新機能レビュー!9つの便利な魔法を動画でご紹介。

これらの駆使したライフワークをする上で 一つの不満がある

この3つを使い、日々のライフワークをこなしているわけです。

一見問題なさそうな作業環境ではありますが、ひとつだけ不満がありました。

それは、デスク以外の場所で作業する時を考えた場合、”どこでも気軽に作業”というわけにはいかないという不満です。

MacBook Pro 15㌅は大きすぎてモバイル性に欠ける

MacBook Pro 15㌅は大きすぎてモバイル性に欠けますし、LG Ultra Fine 5K Displayはそもそも据え置きディスプレイであるし、iPad Pro9.7㌅は本当に簡易的にしか使えない。

つまり、食卓の片隅や、ソフォーに腰掛けながら、フローリングにうつ伏せになりながら、ササッと気軽に完結できる作業ができないんです。

決まったデスクを選ばなくても、ある程度の作業が完結できるくらいの環境を作れれば、さらに日々のライフワークの作業の効率化は飛躍的に上がると思います。

つまり、自分の環境下において、”どこでも気軽に作業ができる””ある程度作業を完結できる”という環境を構築するために、”サブマシンが必要””MacBook 12㌅とMacBook Pro 13㌅”のどちらかの購入を検討するということに至ったというわけです。

その備忘録については、以下の記事に詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

MacBook12㌅かMacBookPro13㌅をサブ機として買いたい理由。もっとカジュアルに、どこでも作業をするために。のアイキャッチ画像 記事 MacBook12㌅かMacBookPro13㌅をサブ機として買いたい理由。もっとカジュアルに、どこでも作業をするために。

では、その2つのこと(”どこでも気軽に作業できる””ある程度作業を完結できる”)をマッチングさせた環境に必要なマシンの選択肢として、MacBook Pro 13㌅ではなく、なぜMacBook12㌅の方の購入を決めたのか?について、性能やベンチマークの視点からご紹介していきます。

MacBook Pro 13㌅とMacBook12㌅の価格をほぼ同一にカスタマイズしたらどうなる?

まず、購入の検討する際に、20万円という予算を設定し、CTO(カスタマイズ)モデルでの購入を検討し、MacBook Pro 13㌅とMacBook12㌅の価格をほぼ同一のカスタマイズにして考えてみました。

20万円相当分CTOスペックを比較

MacBook Pro 13㌅ 

CTO MacBook Pro 13㌅ の画像

CTO MacBook 12㌅

CTO MacBook 12㌅の画像

MacBook Pro 13㌅とMacBook12㌅の価格をほぼ同一にカスタマイズした時のスペックの違いを比較

モデル MacBook 12㌅ 2017 MacBook Pro 13㌅ 2017
ディスプレイ
  • 12インチ
  • 2,304 x 1,440ピクセル
  • 226ppi
  • 13.3インチ
  • 2,560 x 1,600ピクセル
  • 227ppi
  • 広色域(P3)
CPU
  • 第7世代|KabyLake
  • 1.4GHzデュアルコア
  • Intel Core i7プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大3.6GHz
  • 第7世代|KabyLake
  • 2.5GHzデュアルコア
  • Intel Core i7プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大4.0GHz
GPU
  • Intel HD Graphics 615
  •  Intel Iris Plus Graphics 640
RAM
  • 16GB 1,866MHz
  • LPDDR3
  • 29.8 GB/s
  • 16GB
  • 2,133MHz
  • LPDDR3メモリ
SSD
  • 256GB SDDストレージ
  • 128GB SSDストレージ
キーボード
  • 第2世代バタフライ構造
  • 第2世代バタフライ構造
バッテリー容量
  • 41.4Wh
  • 54.5Wh
ワイヤレス
  • 802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth 4.2
  • 802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth 4.2
電池持ち
  • 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
  • 最大12時間のiTunesムービー再生
  • 10時間のインターネット閲覧
  • 10時間のiTunesムービー再生
外部ポート
  • USB-C × 1
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • 外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル(60Hz)
  • USB-C × 2
  • 外部ディスプレイ最大で5,120 x 2,880ピクセル(60Hz)
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
サイズ
  • 高さ|0.35〜1.31cm
  • 幅|28.05cm
  • 奥行 |19.65cm
  • 重量|0.92kg
  • 高さ|1.49 cm
  • 幅|30.41 cm
  • 奥行|21.24 cm
  • 重量|1.37 kg
CTO価格
  • 207,684円
  • 213,624円

以上のスペックを考慮して、”どこでも気軽に作業できる””ある程度作業を完結できる”という視点から、両者どちらを購入することが最も望ましいのかを考察していきます。

MacBook12㌅&MacBook Pro 13㌅のベンチマーク性能の違いを比較して考察する

どこでも気軽に作業について

これについては言うまでもなく「持ち運びやすさ」ということが重要になってきます。

どちらもスリム化&軽量化されているので、明らかな差があるとは考えにくいので、一見それほどまでに両者に「持ち運びやすさ」に変わりはないと思いがちです。

しかし、その「持ち運びやすさ」というところでのスリム化&軽量化以外に、群を抜いて素晴らしいポイントMacBook12㌅にはあるんです。

最強のモバイルPCと言える

それはMacBook12㌅がファンレスになったことです。

MacBook12㌅のCTOモデルでなくても、MacBook12㌅には浮力で動いているものが一切ないので、「持ち運びやすさ」に不可欠な要素である「中身に機械式なものが一切なくなった」わけなんです。

ハードディスクドライブは、HDD(機械式)からSSDになり、ファンを排除(ファンレス)したことで、くるくる回転するものもないし、内部にホコリもたまりません。

「物理機構がない=物理的に動いているものがない」ので、「持ち運びやすさ」のさらにその先にある「カジュアル(=気軽)な持ち運びやすさ」が備わった最強のモバイルPCになったと言えます。

それにはどんなメリットが?

「持ち運びやすさ」という面で、スリム化&軽量化という概念を越え、iPhoneなどと同じような感覚で使えるPCとして、ある程度の衝撃が本体に起こっても、内部で動作している機械式なものが全くないので、故障のリスクが劇的に抑えられるということです。

HDDが搭載されたPCや、ファンが回っているPCだと、ちょっとした衝撃でそれらが破損してしまう恐れがあるので、持ち運ぶのに気が引けてしまいますよね?

でも、MacBook12㌅なら、そんなことを考えなくても大丈夫というわけです。

MacBook Proシリーズは、CTOでHDDからSSDにカスタマイズできますが、どうあがいたとしても、ファンレスにすることはできません

なので、”どこでも気軽に作業できる”という部分で選択するとなると、MacBook12㌅に軍配が上がるということになります。

もちろん、”どこでも気軽に作業できる”という最強なモバイル性をMacBook12㌅が得た分、スペックやコネクタ周りやキーボードなどの部分で、人によっては悲劇的に失ったモノがあると感じてる場合もあるかと思いますが、ここではそこに焦点は当てていません。

また、ファンレスになったことでのもう一つのメリットは、MacBook Proよりもさらに洗練されたスリムなボディだということを忘れてはなりませんね。

つまり、MacBook12㌅は、従来のあらゆるメリットである部分を削ぎ落とした(失った)からこそ実現できた、最強モバイル性能を研ぎすませた革新的なマシンだと言えます。

ある程度作業を完結できる

俺が購入を検討している両者のスペックをおさらいしましょう。

モデル MacBook 12㌅ 2017 MacBook Pro 13㌅ 2017
CPU
  • 第7世代|KabyLake
  • 1.4GHzデュアルコア
  • Intel Core i7プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大3.6GHz
  • 第7世代|KabyLake
  • 2.5GHzデュアルコア
  • Intel Core i7プロセッサ
  • Turbo Boost使用時最大4.0GHz

両者とも第7世代のデュアルコアIntel Core i7プロセッサでありますが、”GHz”の数字に多少の差が出ています。

しかし、Turbo Boost使用時については、体感では感じることができないくらいの数字の差=気にすることはないくらいのスペック差だとも言えると思います。

メインマシンで考えているのであれば少しでもパフォーマンスの良い方を選ぶべきだと思いますが、俺はサブマシンとしての運用を考えているので、そのスペックの差はほとんど気にならないと思います。

CPUベンチマークの性能の比較はどうか?

モデル MacBook 12㌅ 2017 MacBook Pro 13㌅ 2017
ベンチ
  • 6819
  • 9795

参照元|iMac・MacBook・MacBook Pro 2017と旧型モデルのCPU性能を徹底比較!

ベンチマークをみると、もちろんMacBook Pro (13-inch 2017) Core i7- @ 2.5 GHz (2 cores)の方が高いパフォーマンスを示しています。

しかし、多少の体感の違いはあると思いますが、先述しているCTOモデルでMacBook12㌅のメモリを16GBにカスタマイズするので、印刷物のチラシデザインの完結作業やPremiereでの動画制作などの重たい処理をしなければ、それほどの違いがあるとは言い難いですかね。

少々、MacBook12㌅の肩を持つような展開になっていますが、このスペック比較の根本的な勝敗の落とし所は、”ある程度作業を完結できる”ということです。

何度も言うように、俺はサブマシンにハイパフォーマンス性能を求めているわけではないんです。

なので、”ある程度作業を完結”できるという部分で選択するとなると、MacBook Pro13㌅までのスペックは必要はないけれど、あっては損はない、しかしMacBook12㌅のスペック的には申し分のないパフォーマンスを期待できると思いますので、ここではMacBook12㌅に優位性があるという結論に至りました。

Macbook 12インチのパフォーマンス検証の動画

MacBook 12㌅のパフォーマンスについては、iPhone・Mac・ガジェットブログ “monograph(モノグラフ)”というサイトのブロガーの堀口英剛さんが紹介した動画で、Photoshopでのウェブサイト制作もキビキビ動いているようです。

参照記事|macbook12インチCTOモデルでPhotoshop CCを動かしてみる

まとめ

ということで、自分のライフワークをこなすMac(マシン)環境において、それぞれの特徴の違いを考察した結果、MacBook 12㌅を購入することで、「”どこでも気軽に作業ができる””ある程度作業を完結できる”」環境を構築できる!という答えが出ました。

だから、僕はMacBook12㌅を買います!

追記

以下の記事は、MacBook12㌅をポチりました!の報告記事になります。

記事MacBook 12インチレビュー,CTO購入(価格)&開封の儀,それと使用感をサクッとご紹介! 

あなたにのMacBook12㌅とMacBook Pro13㌅の購入の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

 ▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼ 
 
MacBook12㌅かMacBookPro13㌅をサブ機として買いたい理由。もっとカジュアルに、どこでも作業をするために。のアイキャッチ画像 記事 MacBook12㌅かMacBookPro13㌅をサブ機として買いたい理由。もっとカジュアルに、どこでも作業をするために。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

新しいiPhone14を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



MacBookとMacBook Proどっちを買う?の記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。