AirPodsのレビュー|AirPodsの音質(音楽、通話)は実際どうなの?って話。

AirPods音質の話

皆さん、AirPodsの音質って気になりますよね?

2016年12月中旬に突如となく発売されたAppleのAirPods、俺も少し出遅れながらもポチりまして、AirPodsが手元に届いて約1ヶ月、マジ便利すぎて毎日使ってますよ(笑)。

本記事【AirPodsレビュー|AirPodsの音質(音楽、通話)は実際どうなの?】を読む前に、以下のAirPods関連の記事も合わせて読んでみて下さい、

AirPodsレビュー|その前に、開封の儀。

AirPods|Time誌が選ぶ2016年の発明ベスト25に「AirPods」が選ばれたって話

AirPodsの発売日が延期になったって話。

iPhone7には必須!Appleのbluetoothワイヤレスイヤホン「AirPods」がもうすぐ発売。その価格や音質は?買いなの?

どもどもぺーやんです。

そこで今回は、マジで便利すぎるAirPodsの、”音楽を聴く””通話をする”際の”音質”について、実際に使用してみてどうなのか?という話をしたいと思います。

AirPodsの音質レビューの前に理解しておきたいこと

Apple公式HPからのキャプチャ画像

その話をする前に、先んじて理解しておかなければならないことがあります。

それは、AirPods”オーディオ専用”のワイヤレスイヤホンではないということです。

こちらのの関連記事AirPodsがもうすぐ発売。その価格や音質は?買いなの?にも書いたとおり、”先進的なハイテクノロジーの製品”という捉え方を前提にした”音質の評価”をしなければなりません。

つまり、そもそもAirPodsの音質に「オーディオの質」だけを求めてはいけない!ってことですね。

実際に「オーディオの質」にこだわってイヤホンなどを選ぶのであれば、AirPodsの音質の評価云々の前に、それこそオーディオ専用の音質に特化した別の製品を選ぶことが賢明でしょう。

兎にも角にも「AirPodsの音質が悪い=使えない」ではないってことですね。

だからと言って、「AirPodsの音質が悪いから」って言ってるわけでもありませんし、音質レビューのハードルを下げているわけでもありません(笑)

AirPodsでの再生音源の環境としては、ハイレゾ音源などではなく、Appleが提供しているAppleMusicのサブスクリプションでのダウンロード|ストリーミングの再生音源の環境(MP4)にての評価になります。

ハイレゾなんていう音源すら聴いたことない、俺ですよ(笑)。

ハイレゾ聴いてみたいですけどね〜、今はいらん(笑)

でも、俺は音楽が好きで、昔はバンドやDJ、現在はDTMなどの宅録なども趣味で楽しんでいます。

もちろん、プロのミュージシャンを目指していた時期もありましたが……他にやりたいことがあったんで(笑)

諦めたクセに!なんて言わないで(笑)

悲しい過去を思い出させないで(笑)

と、青春という名の夢は心の奥の大切な場所に閉まっておくとして、今では「もっと違う夢を持とう!」と、人生を諦めないことに意気込んでいるおっさんになってます(笑)

まぁまぁ、落ち着け俺(笑)そういう話はさておき(笑)

なので、俺は音楽(曲)を聴くと、ビートやドラムス、ギターやベースライン、それにシンセサイザー、ボーカル、コーラスなどのそれぞれの音やコードは、それなりに聴き分けられます。

自慢とかではなく、このくだらない素人ブログにおける信憑性が、少しでも読んでいる方に伝わればと思っての自己アピールです(笑)

AirPodsの「高音」や「低音」の音質について

Apple公式HPのキャプチャ画像

高音については、先代の”EarPods”と比較しても特に遜色なく、同等のレベルですよ。

ただ、高音域から中音域までは、ある程度はクリアではありますが、「本当に本当に嘘偽りなしにクリアか?」と言われれば、それはこもってますよ、はは(笑)

突き抜けているはずがないです、はは。

でも、Bluetooth接続(ワイヤレス)ということを踏まえれば、かなりの音質を実現していると思います。

が、しかし!低音についてはクソですね(笑)。

先代の”EarPods”の方もクソですけど、このAirPodsはもっとクソです。

ピクリともしない、微動だにもしない、心なんか到底動かない、重低音の無さでございます(笑)

笑い事ではありません。

というか、笑うしかありません(笑)

しかし、本当に質の悪いワイヤレスイヤホンはいくらでもありますが、このAirPodsが最低な音質と言うわけではなく、紛れもなく”良い音”ではありますので、多少の俺のAirPods慈愛を許してやって下さい。

だって……

AirPodsの音の傾向について

Appleの公式HPからのキャプチャ画像

 

音の傾向として、ドンシャリ(低音と高音を強調)、かまぼこ(中音を強調)、フラット(低音〜高音まで均一)という表現でいうなら、まさにAirPods”フラット”な音の傾向ですかね。

ただ、”低音についてはうんこ”ではありますので、重低音が心地いい音楽(ダンスミュージックやエレクトロニクス系)には、あまり向いていないと言えますね。

それでも、可もなく不可もなくといったところです(笑)。

ですが、それは最高なことなんですよ。

本当に質の悪いワイヤレスイヤホンはいくらでもありますが、このAirPodsが最低な音質と言うわけではなく、紛れもなく”良い音”ではありますので、多少の俺のAirPods慈愛を許してやって下さい。

だから……

AirPodsの遮音性について

遮音性については、無視して下さい。

百歩譲っても、一億歩譲っても、その件に関してはみんなで集団無視をしましょう(笑)

「AirPodsの遮音性については、一切の関与を避ける」ように、徹底をお願いします。

AirPodsを耳に装着して音楽聴いていても、通話していても、ガンガン周りの環境音やくだらない学生のイチャイチャ効果音、家族が見ているくだらないメロドラマのテレビの音、嫁さんのため息など、もれなく聞こえます!

ちょっと言い過ぎていますが、聞こえます!

つまり遮音性については、期待しないで下さい。

でも、AirPodsで音楽を聴く振りをして、色々な人の陰口を見知らぬ振りで聴くのには最適ですね!(笑)

まぁそんなこと言っておりますが、本当に質の悪いワイヤレスイヤホンはいくらでもありますが、このAirPodsが最低な音質と言うわけではなく、紛れもなく”良い音”ではありますので、多少の俺のAirPods慈愛を許してやって下さい。

そうなんです!

もうこの画像やめてくれー!(笑)

すみません、しつこいのは性格です。

AirPodsでなんちゃってDJプレイ

AirPodsを左右装着した状態で、なんとなんと!なんちゃってDJプレイができるんですよ。

そのなんちゃってDJプレイとは、「アイソレーター」機能

アイソレーター機能とは、高音/中音/低音だけをそれぞれカットする機能なんですが、AirPodsで言うなんちゃってDJプレイの場合は、”低音のみしか”カットできないアイソレーター機能です(笑)

そのアイソレーター機能が、いとも簡単に手軽に遊べちゃうんですよ(笑)

ヒップホップやブレイクビーツやテクノなど、いわゆるエレクトロニックな音楽は、よくアイソレーターを使った演出がみられますよね。

簡単に言うと、”低音がないシャカシャカ音”ですね(笑)

てか、そもそもAirPodsは低音がクソだと言っていますが、なんちゃってDJプレイの「アイソレーター機能」は、低音ほぼゼロにできます(笑)

AirPodsで音楽を聴きながら、下記の写真のように耳に装着したAirPodsの低音を鳴らすスピーカー部分を、指で塞ぐと、アイソレーター機能のように”低音がカット”されます。

自分のタイミングで、その低音が鳴るスピーカー部分を指で塞いだり〜指を離したり〜すると、なかなか楽しいですよ(笑)

気分がクラブで踊っている感覚で、数分くらいは楽しめますよ、ははははは(笑)

そうそう、くだらねー小ネタでしたよ、ははははは(笑)

AirPodsの”通話”としての「音質」は?

Apple公式HPからのキャプチャ画像

これはね……ちょっとね………ノイズがね……ありますが……そうですね………うんうん……まぁまぁ………通話はできるレベルって感じですね。

特に通話することに関しては、ワイヤレスの恩恵や、ハイテク技術が注ぎ込まれた最高のW1チップを搭載してますので、電話をかける動作(下記に掲載)については本当にすばらしいんですが、 相手と話しながら、ふと……ノイズが気になることが多々ありますし、相手の声も途切れてしまうことがあるので、安定した通話は期待できません(笑)

現に、何度も通話中に、突如となくAirPodsから相手の声が聞こえなくなることがありました。

しかし、それは通話が切れているわけではなく、AirPodsから声が聞こえなくなっただけで、iPhoneに持ち替えて通話を再開すれば問題ありません(笑)

そんな症状が頻繁に出る時は、さすがに通話相手も電波の状況が悪いのかな?と勘違いして、1度電話を切り、かけ直してくることもありました。

そういう状況について「実はAirPodsの接続の調子が良くなくて、電話の電波状態が悪いわけじゃないんだよね。」って説明すると、「えっ?AirPodsって何?」という返答に対しての回答をするという無駄な労力を割かなければならないと思うので、そんな状況になった場合は「電波悪いね」っていう可愛い嘘を言うだけにしてますよ、当たり前ですが(笑)

だからと言って、それが頻繁にあるから「AirPods最悪!使えねー!」と困っているわけではありません。

強いて言うなら、10回に2〜3回くらいは起こっている症状ですかね、現段階としては(笑)

そうは言っても、AirPodsでの通話は実用レベルですので、俺はAirPodsを耳に装着している時は、すべてAirPodsで通話しています。

まぁこの辺は、今後のソフトウエアアップデートに期待ですね。

両手が自由なままで、通話ができるのは最高ですしね。

”着信の応答もAirPodsをダブルタップするだけ”で通話を開始することができるんで、電話という動作が効率的です(笑)

このAirPodsのおかげで、iPhoneを手にとって、通話アイコン(緑のボタン)タップ、iPhoneを耳に近づけるという当たり前にやっていた動作が、完全消滅してしまっているんですからね。

すべての通話はAirPodsをダブルタップして完結です。

しかしながら、AirPodsで通話をする際の明らかな問題点を指摘するならば、”誰からの着信”なのかが分からないということですね。

”誰からの着信”なのかを確認するには、iPhone、もしくはApple Watch上で確認するしかありません。

Siriさんが「◯◯さんから電話です」というアナウンスをしてくれれば問題ありませんが、現時点では実装されていません(笑)

アナウンスしかり、何かしらのインジケータが必要ですので、今後に期待するしかないですね。

それでも、AirPodsで通話するということが常識的な形になれば、AirPodsを耳に装着していない場合、iPhoneを手に取るのではなく、AirPodsを取り出して耳に装着して通話するということが、”電話の概念”に取って代わる時代が遅かれ早かれ来るでしょうね。

ていうか、電話機能が耳の近く(皮膚内部)に埋め込まれるというシステムが想像されているこの時代ですから、携帯おスマホはもちろん、AirPodsやイヤホンなどで電話が完結してしまう時代なんて、ただの通過点にしかすぎないことでしょうけど。

AirPodsの音質の総評

価格と音質について考えた場合は、オーディオ専用のワイヤレスイヤホンとして、コスパ悪いでしょ、絶対(笑)

この音質で、16800円は詐欺ですよ。

でも、価格を考えずに、その音質だけに焦点を絞ると、オーディオ専用のヘッドフォンやモニターアンプなどと比較した場合は、なにわともあれ及第点ではないでしょうか。

曲の再生開始や、次の曲がかかるまでのほんのコンマ何秒の無音の世界で、「ス~」っというノイズ音がしますが、これはワイヤレスイヤホン特有にあるものなので許容範囲でしょう。

俺のAirPodsの使用状況からすると、”音楽をじっくり聴く”ということでAirPodsを使用することはありません。

AirPodsの音質以外で、AirPodsの様々な先進的なテクノロジーを使用する場合が多いので、音質を求める部分についての使用状況と言えば、ランニングや運動、仕事の作業に集中したい時、いわゆるBGM程度の使用環境ですね。

AirPodsの価格は、音質だけではなく、そこに先進的なハイテクノロジーが備わっての価格だということを、もう一度伝えておきますね。

つまり音質は及第点。

つまり、俺的に音質GOODです(笑)

AirPodsの音質以外の部分のレビューについては、また別の記事に書きたいと思います。

音質にこだわった、とにかくおすすめな俺的ヘッドホンベスト3

さんざんAirPodsの音質を軽々しくもディスっていますが、この”音質”にこだわるのであれば、以下の3つの製品を俺はおすすめしますよ。

価格もお手頃でコスパが非常に高い印象です。

では、またお会いしましょう。
See you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AirPods音質の話

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。