AirPodsとBeats Xを買うならどっちがおすすめ?16項目を徹底比較!音質や再生時間,チップやスペックなど。

AirPodsとBeats Xを買うならどっちがおすすめ?16項目を徹底比較!音質や再生時間,チップやスペックなど。

BeatsのBeats Xと、AppleのAirPods、どっちが買いなのか悩みますよね?その違いを16項目で徹底比較しています。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、BeatsのBeats Xと、AppleのAirPodsのどちらを購入すればいいのか悩んでいるあなたに、両者のメリットデメリットを踏まえ、16項目にわたって徹底比較し、あなたにとっておすすめな方を俺的な見解から提案させて頂きます。

AirPodsについてはココ

Beats Xについてはココ

結論から言いますと、俺個人としてはAirPodsを購入し、100%後悔もなく、毎日の生活に欠かせないライフツールになっています。また、AirPodsの購入やスペックなどに関しては以下の記事にも詳しく書いていますので合わせてお読み下さい。

【関連記事】AirPodsに関連した記事のまとめ,概要や性能,機能,使い方,音質について。

BeatsのBeats XとAppleのAirPodsの違いを徹底比較

AirPodsとBeats Xの画像

では、俺的見解を含めながら、ひとつひとつ詳しくご紹介とあなたに最適な方をご提案させて頂きます。

デザインや形状を比較

AirPodsのデザインや形状

ワイヤレスイヤホンという名の如く、両耳のイヤホンをつなぐ有線さえもなく、ワイヤレスになっています。そのおかげもあり、デザインもかなり先進的な形状になっています。

Beats Xのデザインや形状

こちらはiPhoneやスマホなどのプレイヤーとはワイヤレスでありますが、イヤホン単体はそれぞれFlex-Formケーブル(有線)でつながっています。なので、デザインはありきたりな印象もなく、特質性もないので、オーソドックスな形状であると言えます。

デザインや形状で選ぶなら?

AirPodsのデザイン的に先進的な形状が気に入ったのなら、迷わずAirPodsを買うべきです。しかし、デザインには特にこだわりはなく、機能性に優れている方を選びたい方は、とりあえずここは保留です。

搭載されているチップ(CPU)

AirPodsのチップ

  • Apple W1チップ

Beats Xのチップ

  • Apple W1チップ

AppleのW1チップって?

「AirPodsのこのような驚きはすべて、専用に設計されたAppleのW1チップがもたらします。このチップは接続とサウンドの質を向上させるために、極めて効率の良いワイヤレス接続を生み出します。さらにW1チップは非常に優れた方法でバッテリー駆動時間を管理するので、1回の充電で5時間聴き続けることができます。」

引用元|Apple

これは、AirPodsに限らず、同じW1チップを搭載しているBeatsXにも同じようなことが言えるわけです。つまり、W1チップは、単なるイヤホンという概念ではなく、音(音楽や通話含め)を聴くために、それらの状況や情報に応じて音質やバッテリーなどを最適化してくれるということですね。

搭載されているチップで選ぶなら?

搭載されているチップはどちらも同じ「W1」でありますが、そのW1チップの恩恵を多く受けているのは紛れもなくAirPodsですので、先進的な機能を使用したい場合は、迷わずAirPodsを買うべきです。ただ、W1チップの恩恵を特に考えていないなら、ここは保留です。

連続再生時間を比較

AirPodsの連続再生時間

  • 単体なら5時間ケース併用なら24時間以上使用。

Beats Xの連続再生時間

  • 単体で8時間

単体のみの連続再生時間には、約3時間の開きがあります。仮に、耳に装着したまま5時間以上も使用し続ける機会(コチラの記事で書いた長距離のウォークラリーならあり得る)を考慮すれば、8時間の連続再生という数字は驚異的な数字であると言えます。通常のイヤホンなら、iPhoneやスマホなどのプレイヤーのバッテリーが続く限り使用できますが、両者あくまでもワイヤレスイヤホンです。

連続再生時間で選ぶなら?

連続再生時間が長ければ長いほうが良いと考えているあなたなら、迷わずBeats Xを買うべきです。ただ、連続再生時間はそれほど必要としていないなら、ここは保留です。

急速充電について比較

AirPodsの急速充電

  • 15分充電で3時間再生(15分の充電で3時間再生可能。(付属のケースで4回以上フル充電が可能))

Beats Xの急速充電

  • 5分の充電で約2時間再生(5分の充電で2時間再生可能(Lightningケーブルで充電))

単純に計算してみると、Airpodsを1分間充電した場合は12分ほど再生可能になるまで充電できます。そしてBeatsXを1分間充電した場合は24分再生可能になります。もちろん、計算通りにはいきませんが、粗方の指標としては考えることができます。

急速充電で選ぶなら?

毎日、1分1秒も無駄にできないという意識で過ごしている方(ササッと充電し、ガッツリ使用したい)なら、迷わずBeats Xを買うべきです。ただ、それほど長時間使用することを必要としていない方は、保留です。

充電方法について比較

AirPodsの充電方法

  • 本体を付属のケースにしまう

本体ではなくケーズ自体もバッテリー(充電機能)が備わっているので、ケース自体の充電は必要になります。ケースを充電する方法は、LightningケーブルとAC電源です。

Beats Xの充電方法

  • Lightningケーブルを本体に直接接続して充電

AirPodsと違い、ケースはありますが、それは保護ケースという役割のみで、ケース自体にバッテリー(充電機能)はありません。

充電方法で選ぶなら?

Lightningケーブルを使用することは同じだとしても、AirPodsの場合は、専用のケースがあればいつでもどこでも充電できるというメリットがあります。逆に、Beats Xは充電する手間(AC環境が必要)はありますが、AirPodsのように専用ケースがなくても充電できます。AirPodsは専用ケースを紛失したり置き忘れていると充電すらできません。

充電方法に関しては、機動性を選ぶならAirPodsを買うべきです。しかし、専用ケース紛失という恐ろしい事態も考えると、Beats Xは無難なところでもあります。

重さについて比較

AirPodsの重さ

  • 本体(左右各):4 g(両方で8g)
  • 専用充電ケース : 38 g

Beats Xの重さ

  • 本体: 20g

重さで選ぶなら?

1gでも軽いワイヤレスイヤホンをお探しの方なら迷わずBeats Xを買うべきです。AirPodsは本体だけであればかなりの軽さですが、専用ケースを持ち運ばなければならないので、40gを越えます。とは言え、耳に装着している時は、AirPodsの方が軽量でありますので、どちらも一長一短ですね。

イヤホンの形状について比較

AirPods イヤホンの形状

  • 開放型(オープンエアー型)

BeatsX イヤホンの形状

  • 密閉型(カナル型)

イヤホンの形状で選ぶなら?

耳への負担を考えれば、今が主流でもある開放型(オープンエアー型)AirPodsを買うべきです。しかし、 Beats Xのカナル型は密閉型なので、いわゆる”音漏れ”がありません音漏れに敏感な方は、Beats Xを選びましょう。

音漏れについて比較

AirPodsの音漏れ

  • 開放型(オープンエアー型)なので、音漏れしやすい

Beats Xの音漏れ

  • 密閉型(カナル型)なので、音漏れしにくい

音漏れで選ぶなら?

音漏れの少ない密閉型(カナル型)であるBeats Xを買うべきです。これ関してのこだわりや不安がある方は、Beats Xを買うのは必須です。

耳からの外れやすさについて比較

AirPodsは耳から外れやすいのか

  • 耳から外れにくいが落下のリスクはある

普段、ランニングやスケートボードの際に使用しているんですが、外れて落下したことはありません。ただ、例えば脱衣場で衣服を脱ぐ時に、AirPodsを耳に装着していることを忘れ、衣服を脱ぐ際に手や服があたり落下させそうになったり。つまり、AirPods自体に触れなければ、激しい運動をしたとしても、耳から外れることはありませんが、何ががAirPodsに触れた瞬間に、あっけなく外れてしまうことになります。

BeatsXは耳から外れやすいのか

  • 外れるけど落下のリスクは防げる

左右のBeatsのイヤホンが有線でつながっているので、Beats Xを装着している状況でも、有線が首から下げている状態になっているので、イヤホンが耳から外れたとしても、本体が地面などに落下することはほぼ皆無であることが言えます。

落下するリスクで選ぶなら?

AirPodsは、Beats Xのように有線でつながってういないので、耳から外れると確実に地面へのと叩き落とされます。それに対してBeats Xは、有線でつながっているので安心です。なので、落下するリスクを考えた上で使用する場合は、落下のリスクが少ないBeats Xを買うべきです。

ちなみに、以下のようなサードパーティ性のAirPodsのアクセサリーを使用すると、Beats Xのように地面に落下するリスクをかなり減らすことができます。

本体のカラーについて比較

AirPodsのカラバリ

  • ホワイトのみ

BeatsXのカラバリ

  • マットゴールド
  • マットシルバー
  • マットブラック
  • ホワイト
  • グレイ
  • ブルー

5色展開です。

カラーで選ぶなら?

イヤホンのカラーは自分の好み(普段の自分のスタイル)に合わせたい方は、迷わずBeats Xを買うべきです。これだけのカラバリであれば、自分にマッチする色があるはずです。

音量の調節の方法について比較

AirPodの音量調節方法

  • イヤホンをダブルタップしてSiriを起動して音声で指示

BeatsXの音量調節方法

  • RemoteTalkケーブル部分の物理ボタンで操作

音量調節方法で選ぶなら?

AirPodsは音声で指示することができるので簡単だと思われがちですが、音声で指示をするためには”ダブルタップ”する必要があるので、動作⇒音声で音量調節することになります。しかし、BeatsXは、ワンタッチで操作可能なので、これらを考慮すると、音量調節に関しては比較的操作のしやすいBeats Xを買うべきです。

操作方法について比較

AirPodの操作方法

  • イヤホンをダブルタップしてSiri、もしくはタップでの操作をカスタム可能

【関連記事】 AirPodsレビュー|通話や音楽再生スキップの機能解説と設定方法。

BeatsXの操作方法で選ぶなら?

  • 再生停止、音量調整もすべての物理ボタンで可能

あらゆる操作方法で選ぶなら?

Siri対応RemoteTalkリモコンで、音量調節・再生停止はもちろん、次の曲・前の曲・早送り・巻き戻し・通話・Siri起動とボタン操作のみで行えるので、AirPodsの物理☓音声という操作よりも、物理的にすべての操作を行う方がまだまだ快適と言えるので、快適にな操作を求めている方Beats Xを買うべきです。

音質について比較

AirPodsの音質

高音については、先代の”EarPods”と比較しても特に遜色なく、同等のレベルです。つまり、低音については期待してはいけません。しかも、開放型(オープンエアー型)ですので、周辺の音も聞こえます。ただ、もちろん”悪い”というわけではなく、ココの記事にも書いているように、”音楽や通話”の音質は普段使いには申し分のないクオリティです。

【関連記事】 AirPodsのレビュー|AirPodsの音質(音楽、通話)は実際どうなの?って話。

Beats Xの音質

高音部分が高い。低音はそれほど感じられませんが、付属のイヤーパッドを変えたりすると低音も効いてきます。これは、密閉型(カナル型)という特徴上、低音は聴き取りやすいとも言えると思います。ただ、バランスはあまり良くないようです。

音質で選ぶなら?

密閉型(カナル型)という部分を踏まえてお、音楽のみを楽しみたい方Beats Xを買うべきです。

起動までの時間を比較

AirPodsの起動まで

  • 専用ケースから取り出し、耳に装着すると自動で起動

Beats Xの起動まで

  • 右側のイヤフォンの下のケーブルに電源ボタンがついている(1 秒ほどのオンオフで起動)

起動までの時間で選ぶなら?

イヤホンを耳につけるという動作だけで起動する、AirPodsを買うべきです。Beats Xだと、”耳につけるという動作+物理ボタンを1秒押す”とちょっと手間です。

Bluetoothの効き具合

AirPodsの音切れについて

Apple公式サイトのQ&Aでは、約100mもiPhoneと離れても接続は切れないとあります。しかし、実際のところ、10mくらい離れると「プツプツッ」と切れる調光(音飛びが頻発)があり、20m以上離れると、ほぼ完全に無音になっていました。結果、100mは無理だけど、10〜20mは確実にいけます。

Beats Xの音切れについて

BeatsXのBluetoothはClass1に対応。Class1は有効範囲がおよそ100m程度と言われています。しかし、これについてはAirPods同様に100mは無理!です。

Bluetoothの効き具合で選ぶなら?

どちらを選んでも同じです。

価格/定価のお値段

AirPodsの価格

  • ¥16,800 (税別)

BeatsXの価格

  • ¥14,800 (税別)

価格で選ぶなら?

BeatsXの方が2000円ほど割安です。この2000円の価格の差は、これまでのスペックなどのメリットデメリットを考慮して、あなた個人の金銭感覚で考えてみましょう。

ちなみに俺としては、高級ワイヤレスイヤホンとしての2000円の価格差は、素うどんを食べるか、カレーうどんを食べるか程度の違いだと思うので、価格の差は全く気にする必要はないと思います。つまり、価格でどちらかを決めることではないということですね。

最後に

では最後に、16項目をすべてまとめてみます。

  1. デザインや形状を比較で選ぶなら、AirPods
  2. 搭載されているチップで選ぶなら、AirPods
  3. 連続再生で選ぶなら、Beats X
  4. 急速充電で選ぶなら、Beats X
  5. 充電方法で選ぶなら、AirPods
  6. 重さで選ぶなら、Beats X
  7. イヤホンの形状で選ぶなら、AirPods
  8. 音漏れで選ぶなら、Beats X
  9. 落下するリスクで選ぶなら、Beats X
  10. カラーで選ぶなら、Beats X
  11. 音量調節方法で選ぶなら、Beats X
  12. あらゆる操作方法で選ぶなら、Beats X
  13. 音質で選ぶなら、Beats X
  14. 起動までの時間で選ぶなら、AirPods
  15. Bluetoothの効き具合で選ぶなら、どちらでも。
  16. 価格で選ぶなら、価格の差は全く気にする必要はない。

俺の見解での16項目の結果は、AirPods:5Beats X:9どちらでも:2、でした。この項目を考慮すると、Beats Xの方が買いであります。

ただ、人それぞれのライフスタイルがありますので、16項目の評価を踏まえ、以下にそのライフスタイルによってのおすすめな方について書いておきます。

AirPods、Beats Xどちらがどんな方におすすめなのか?

AirPodsがおすすめな方

ワイヤレスイヤホンを普段から通話やiPhoneと連携して使いたい方で、音楽を聴くというよりもライフツールとして使いたいならAirPodsを買うべきです。

Beats Xがおすすめな方

ワイヤレスイヤホンを音楽専用に使うミュージックツール、さらにはスポーツなどにもガンガンに使いたい、ミュージック&アクティブツールとして使いたいならBeats Xを買うべきです。

それでもどちらを買えばいいのか迷っているなら、俺はAirPodsをおすすめします。

その理由は、俺個人としてはAirPodsを購入し、100%後悔もなく、毎日の生活に欠かせないライフツールになっているからです。AirPodsの購入やスペックなどに関しては以下の記事にも詳しく書いていますので合わせてお読み下さい。

関連記事:AirPodsがようやく発売。|AirPodsをポチりましたって話。
関連記事:AirPodsに関連した記事のまとめ,概要や性能,機能,使い方,音質について。
関連記事: AirPodsレビュー!開封の儀&デザイン&緑色と赤色の点滅の意味と周辺アクセサリーについて紹介。
関連記事:AirPodsのレビュー|AirPodsの音質(音楽、通話)は実際どうなの?って話。
関連記事:【AirPodsレビュー】iPhoneで音楽を快適に聴くために、WWDC2017でAppleが発表したiOS11で、AirPodsが神アップデート。ついでに気になる2つのこと。
関連記事: AirPodsレビュー|通話や音楽再生スキップの機能解説と設定方法。

あなたのワイヤレスイヤホン選びの参考になれば幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

AirPodsについてはココ
Beats Xについてはココ

|その他におすすめのワイヤレスイヤホン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AirPodsとBeats Xを買うならどっちがおすすめ?16項目を徹底比較!音質や再生時間,チップやスペックなど。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA