【価格比較】iPhone12シリーズの値段予想はアイフォーン11と同じ。

iphone-12-price-announce
iPhone12が発売!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年10月16日に予約開始!
発売日は10月23日と11月中旬!

予約や購入はお早めに

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

iPhone12シリーズの値段のリークが改めて出たので、iPhone11シリーズとの比較を解説します。また、iPhone12のカメラユニットの配置についてや、2020年内に発売されるiPhone12以外のApple製品にA14が搭載されるというリークなどなど盛りだくさんとなっています。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone12 値段が出た・アイフォン11と比較など

こちらの動画で、この記事の内容を詳しく解説していますので合わせてチェックしてください。

また以下より、文章でも詳しく解説していきます。

2020年後半に発売予定のApple製品のいくつかA14搭載か

iphone12-model-lineup

2020年の大注目であるA14という最新のチップの話なんですが、以前の動画でもお話しましたが、このA14 が、2020年内に約8000万個出荷される予定とされています。

A14が約8000万個ほど使われる可能性がある

つまり、まだA14自体は世の中に出回っていませんので、これから2020年後半にかけて、A14が約8000万個ほど使われる可能性があるということが言えます。

そこで登場するのが、iPhone12なんですが、iPhone12だけにそのA14が搭載されるわけではないようです。

Appleのリーカーがツイートで、「2020年はA14の年だ」とつぶやいたことで、どうやらiPhone12だけではなく、他のApple製品にA14が搭載されたモデルがあるように示唆しています。

A14のチップが搭載される可能性の製品は?

それを踏まえて、秋に発表予定のApple製品のラインナップから考えてみると、iPad、そしてAppleシリコン搭載のMacBookやMacBook Proに、A14のチップが搭載される可能性が出てきました。

例えば、このA14が発売が噂されているAppleシリコン初搭載のMacBookに搭載されるとすると、MacBookが、いわばiPhoneのようにサクサクに動くことになります。

昨今では、MacBook Proの性能を、ベンチスコア上では、iPhoneやiPadが超えたとされていることから、もしA14がAppleシリコン搭載のMacなどに搭載されれば、iPhone、iPad、そしてMacの連携というか、シンクロがめちゃくちゃ良くなりそうです。

もしそれが本当なら、MacBookほしくなってきます。

Source:有没有搞措(@L0vetodream)/Twitter

Source:https://iphone-mania.jp/news-304310/

LiDARスキャナ搭載のiPhone12 Proのカメラの配置は?

iphone12-pro-image

2020年10月に発売が噂されているiPhone12シリーズですが、別の動画でもお話しした通り、

iPhone12シリーズ では、モデルごとでカメラのスペックが異なっています。

iPhone12シリーズのカメラスペック比較

  • 5.4㌅ iPhone12 デュアルカメラ
  • 6.1㌅ iPhone12 Max デュアルカメラ
  • 6.1㌅ iPhone12Pro トリプルカメラ+ LiDARスキャナ
  • 6.7㌅ iPhone12 Max トリプルカメラ+ LiDARスキャナ

このように、そもそもカメラの数が違いますし、LiDARスキャナ搭載は非搭載かで、カメラユニットの配置も変わってきます。

iPhone12のデュアルカメラは予測可能

いくつかのコンセプト動画を見る限り、カメラユニットは、iPhone12のデュアルカメラについては、iPhone11と同じようなカメラユニットの配置になることはおおよそ想像がつきます。

しかし、iPhone12Proシリーズのトリプルカメラ、かつLiDARスキャナ搭載のカメラユニットについては、カメラとLiDARスキャナの大きさが違うものや、均等に配置されたカメラユニットなど、なかなかどうなるのかを予測するのは難しいところです。

LiDARスキャナの配置はどこになるのか?

iphone12-4-model

こちらのiPad Pro 2020 モデルはデュアルカメラですが、LiDARスキャナが搭載されています。このiPad Pro 2020 モデルのLiDARスキャナの大きさや色を見てみると、色はブラックですね、大きさはカメラとほぼ同じですが、あまり目立たないというか、控えめな印象で、少し離れてみると、LiDARスキャナの存在はもうわかりません。それは、カメラユニットの背景が、ブラックであることで、存在がわかりにくい感じがします。

つまり、このLiDARスキャナが搭載されたiPad Pro 2020モデルのカメラユニットの配置やデザインから考えてみると、LiDARスキャナの存在をまざまざと見せつけるようなデザインにはならないのかなと思います。

iPhone12 Proのカメラデザインを示す画像公開

皆さんもこのカメラ部分に関しては、色々想像されていると思いますが、ここにきて、AppleのリーカーであるKomiya氏が、iPhone12 Proのカメラ部分のデザインを示す画像を公開しました。

リーク画像

leek-image

LiDARスキャナが下にきて、上のマイクとフラッシュを挟んで超広角レンズがあります。

このカメラユニットの配置デザインは、旧モデルとなるiPhone11Proのデザインに、LiDARスキャナを搭載したバージョンとのことです。

なのでもちろんこれが正解ではないのですが、僕としてもこのようなカメラユニットの配置になればいいかなと思います。

やはり、トリプルレンズとLiDARスキャナがこのように均等に並んでしまうと、集合体が嫌いな僕としては、なかなか胸がズンとなってしまう感じです。

Source:Komiya(@komiya_kj)/Twitter

Source:Apple

iPhone12の値段はiPhone11の値段から据え置きに?

iPhone12の値段については、いくつかお伝えしていますが、こちらの記事でお伝えしていた値段については、最安で5.4㌅iPhone12が649ドルからで、iPhone11の最安モデルよりも若干安いとされていました。

iPhone12いつ?全解説・モデルの違い比較・値段・発売日・スペック!

そしてさらに、その649ドルから、100ドル近く値段が高くなる可能性もお伝えしておりました。

そしてここでさらにiPhone12シリーズの値段のリークがありまして、その値段が、iPhone11シリーズとほぼ変わらない値段であると伝えられています。

そのiPhone12シリーズとiPhone11シリーズの値段がこちらです。

iPhone12とiPhone11シリーズの値段比較

iPhone12 5G(5.4インチ)値段

  • 64GB:699ドル(約73,500円)
  • 128GB:749ドル(約79,000円)
  • 256GB:849ドル(約89,000円)

iPhone12 Max 5G(6.1インチ)値段

  • 64GB:799ドル(約84,000円)
  • 128GB:849ドル(約89,000円)
  • 256GB:949ドル(約100,000円)

iPhone12 Pro(6.1インチ)値段

  • 128GB:1,049ドル(約110,000円)
  • 256GB:1,149ドル(約120,000円)
  • 512GB:1,349ドル(約142,000円)

iPhone12 Pro Max(6.7インチ)値段

  • 128GB:1,149ドル(約120,000円)
  • 256GB:1,249ドル(約131,000円)
  • 512GB:1,449ドル(約152,000円)

iPhone11 値段

  • 64GB:699ドル(74,800円)
  • 128GB:749ドル(79,800円)
  • 256GB:849ドル(90,800円)

iPhone11 Pro 値段

  • 64GB:999ドル(106,800円)
  • 256GB:1,149ドル(122,800円)
  • 512GB:1,349ドル(144,800円)

iPhone11 Pro Max 値段

  • 64GB:1,099ドル(119,800円)
  • 256GB:1,249ドル(135,800円)
  • 512GB:1,449ドル(157,800円)

iPhone11シリーズは3機種展開だったのに対して、iPhone12シリーズは4機種であると予測されていますので、その値段の幅の設定がかなり難しいところではありますが、両モデルの最高値については、

iPhone12シリーズとiPhone11シリーズの最高値

iPhone-12-11-camera

iPhone11 Pro Maxの最高値

  • 512GB:1,449ドル(157,800円)

iPhone12 Pro Max(6.7インチの最高値

  • 512GB:1,449ドル(約152,000円)

※いずれも現在(2020レート)で計算

このようになっており、iPhone市場最大のディスプレイとなる6.7㌅のiPhone12 Pro Maxの方がスペックや巨体の大きさなどなど進化しているにも関わらず、5000円ほど安くなっております。

iPhone12はiPhone11とほぼ同じ値段で買える

つまり、10月に発売される見込みのiPhone12シリーズは、iPhone11シリーズとほぼ同じ値段で買えるということになります。

例えば、今、iPhone11 Pro Max 512GBを157,800円で買うよりも、後2ヶ月ほど待ってから、その値段よりも安くiPhone12 Pro Maxを買う方が良さそうです。または、iPhone12シリーズが発売された後で、iPhone11を買うほうが値崩れしてお得になりますのでおすすめです。

iPhone12の値段や発売については、こちらの記事にまとめて解説していますのでぜひそちらもチェックしてみてください。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

iphpne12-pro-Design-13

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max クリアケース カバー 片手持ち スマホリング付き TPUケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

iPhone12 /12 Max /12 Pro /12 Pro Max TPU カーボン調 ケース
keitaiichiba
  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

iPhone12 ケース 軽い 超薄型 高透明TPU 全面保護 ケース
Frusde
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



iphone-12-price-announce

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。