iPhone XS / XS MaxのCPU「A12 Bionic」のスペック性能!どうなの?

iPhone XS / XS MaxのCPU「A12 Bionic」のスペックや性能について解説しています。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、iPhone XS / XS Maxのスマートフォンの中で最も賢く最もパワフルなチップ「A12 Bionic」のスペックや性能について詳しく解説していきますので、あなたがiPhone XS / XS Maxの購入の際の参考になると思います。

A12 Bionic

A12 bionic.image

画像参照元:Apple

まったく新しいレベルのインテリジェンス。Appleの次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicは、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。リアルタイムの機械学習を使って、あなたが写真、ゲーム、拡張現実などを体験する方法を進化させます。
参照元:Apple

A11 Bionic(詳しくはコチラ)の登場により、あらゆる革新的な機能と性能を駆使した次世代の生活をiPhone Xでは届けてくれました。それからさらにバージョンアップしたA12 Bionic。次世代の回路を小型化する製造技術を採用しているとのことです。これでAR技術を採用したアプリケーションなどが一段と発売されることでしょう。

圧倒的なパワー

A12 bionic.image

Appleが開発したCPU。2つの性能コアが負荷の高い演算タスクに取り組み、4つの効率コアが日常的なタスクを引き受けます。Appleの最新のパフォーマンスコントローラが、これらのコアの間で作業を動的に振り分け、圧倒的なパワーが必要な時には6つすべてを使えるようにします。

参照元:Apple

iPhone XS/XS MaxはCPUが6コアあるので、それらのコアを効率的に動かすために、2つの性能コアで負荷の高いタスクの処理、4つの効率コアで日常的なタスクを処理する。そして圧倒的なパワーを必要とするゲームアプリなどにすべてのコアを総動員させることでより高い処理能力を発揮できるようです。それらをきちんとチップで自動的に制御していくわけです。

業界初搭載の7nmプロセス採用が何よりの大規模な進化

新型iPhone発表イベントで、マーケティング責任者のPhil Schiller氏は、A12は7nmの製造プロセスを業界で初めて採用すると語った。
引用元:japan cnet

A12 Bionicに搭載するということは、新しいiPhoneすべてに搭載される画期的な進化だと言えます。

>69億個のトランジスタ搭載

A12 Bionicチップは69億個のトランジスタを搭載しています。

トランジスタとは?
増幅、またはスイッチ動作をさせる半導体素子で、近代の電子工学における主力素子である。 transfer(伝達)とresistor(抵抗)を組み合わせたかばん語である。
引用元:Wikipedia

GPUグラフィックス性能の進化

Appleが開発したGPU新しい4番目のコアとロスレスメモリ圧縮は、ゲーム、ビデオ編集、高度で複雑な表示が求められるアプリケーションのグラフィックス性能に大きな進化をもたらします。

  • 4コアのGPUグラフィックス性能
  • 最大50%高速(A11 Bionicとの比較)
  • Metal 2向けに最適化

参照元:Apple

パソコンのスペックなどに詳しい方なら”GPU”が向上することで、マシンのパフォーマンスにどれだけの恩恵を受けるのかは理解していると思います。僕もGPUに関してはコチラの記事『MacBook Pro GPUグラフィックボード Radeon Pro 450/455/460とは?性能やカスタムポイント!』にも書いていますが、MacBook Proを買う際に悩みました。それくらいGPUのスペックが高いほど、特にゲームやビデオの編集や再生などのものすごく複雑な表現ができるようになります。

A11 Bionic(詳しくはコチラ)よりも最大50%高速になったと公称で謳われている通り、確実にグラフィックスの性能は上がっていることが伺えます。僕がiPhone X(A11 Bionic)を使ってる時に、動画編集アプリや複雑なゲームアプリを行っている時に、画面がフリーズしたり、ブラックアウトしたりすることがたまにありましたので、このA12 Bionicならそんなことも明らかに少なくなります。

機械学習に特化したニューラルエンジン

Appleが開発したNeural EngineAppleのNeural Engineは、リアルタイムの高度な機械学習のために作られています。つまり、iPhone XSはあなたと同じような方法でパターンを認識したり、何かを予測したり、体験から学ぶことができるのです。

Neural Engineは驚くほど高速なので、毎秒5兆の演算処理を行えます。驚くほど効率が良いので、リアルタイムで様々な新しいことをこなせます。そして驚くほど賢いので、あなたは臨場感あふれるARの世界に飛び込んだり、探している写真すべてをすばやく見つけることができます。それが犬の写真でも、ビーチの写真でも、赤ちゃんの写真でも。

さらに私たちは、Neural EngineをCore MLのプラットフォームに公開したので、デベロッパのみなさんもパワフルなリアルタイムの機械学習を自分たちのアプリケーションに組み込めます。学習の舞台は、あなたのiPhone上です。

  • 8コアのアーキテクチャ
  • 毎秒5の演算処理
  • Core MLの動作最大9倍高速(A11 Bionicとの比較)

参照元:Apple

近い未来に、あなたの行うすべてのパターンをiPhoneのニューラルエンジンが意図して行うことがあるかもしれません。

前作のA11に搭載されていたニューラルエンジンと同様に、顔認証でロックを解除をしたり、カメラで読み取った人の表情をアニメーション化された絵文字に変換したりする時などに力を発揮します。

ニューラルエンジンのAR技術は、画像を認識するにあたりかなり高速の処理を行うことが求められますので、このニューラルエンジンの開発の状況により、アルゴリズムデータの解析や分析が高速化されるにつれ、どんどん僕らの生活の原動力となっていきますので、今回のA12に搭載されているニューラルエンジンは、前作の倍以上にiPhone XS/XS Maxの性能を遺憾なく発揮させてくれると思います。

強化されたISP

先進的な深度エンジンを搭載した画像信号プロセッサが、ポートレートモードで驚異的なディテールをとらえます。スマートHDRを使えば、あなたの写真のダイナミックレンジが目を見張るほど広がります。
参照元:Apple

A12 Bionicの力

iPhone XSを驚くほど高性能にしているのは、A12 Bionicの処理能力と知能です。しかもこのチップは効率性を考えて作られているので、そのパワーをフルに使ってもバッテリーは長持ちします。
参照元:Apple

カメラのAR

バックカメラとフロントカメラAR画像

参照元:Apple

>バックカメラのAR

シーンの中から平面をより速く検出するので、あなたは臨場感あふれる拡張現実の世界に飛び込めます。

>フロントカメラのAR

アプリケーションはTrueDepthカメラとA12 Bionicチップを使って、豊かで精細な背景を作り出したり、3Dエフェクトを生成することができます。

ゲームとカメラ

ゲームとカメラの画像

参照元:Apple

>臨場感あふれるゲーム

新しいGPUにより、グラフィックスを駆使した3Dゲームをはじめとする様々なゲームがより高速に、よりなめらかになります。iPhoneがかつてないほど楽しくなりました。

>スマートHDR

強化されたISPが、カメラセンサーから集めたデータをさらに多く処理します。これにより、動いている被写体の一瞬をより美しく切り取る一段と広いダイナミックレンジや、十分な明るさがない場所での優れたノイズリダクションなど、様々な進化がもたらされます。

TrueDepthカメラによって

TrueDepthカメラの画像

参照元:Apple

>進化したFace ID

TrueDepthカメラとNeural Engineが連係してあなたを認識します。帽子をかぶっても、ひげを生やしても、メガネをかけても問題ありません。

>表情豊かなミー文字

A12 BionicとTrueDepthカメラが一体となって50以上の顔の筋肉をとらえ、動きもリアクションもあなたそっくりのミー文字を作ります。

実際にCPUのパフォーマンスのスコアを確認する方法

細かい数値でお手持ちのiPhoneのCPUのベンチマークスコア(性能)を知りたい方は、以下の記事にベンチマークを測定するアプリをご紹介していますので、合わせてお読み下さい。

>>iPhone X,iPhone 8 CPUの性能&スコア&バッテリーの状態を確認するApp2選!

iPhone XS ブラウザ向けベンチマークスコアが「iMac Pro」を上回る

ベンチマーク画像

画像引用元:gori.me

ユーザーによるウェブアプリケーションの各種操作をシミュレーションし、その応答性を計測するベンチマークツール「Speedometer 2.0」の測定結果によると、「iPhone XS」のスコアは「iMacPro」を上回っていることが明らかになった。

iPhone XS」のスコアは「125」、「iMac Pro」の10コアモデルのスコは「119」となっている。「iPhone 8」および「iPhone X」よりも45%も高速化され、「MacBook」の2017年モデルの約2倍ものスコアを叩き出している。

参照サイト:gori.me

最後に

もはや、”パソコンで仕事をこなす”ではなく、すでに”スマホで仕事をこなす”方も増えていますので、iPhone XS/XS Maxのようなスマホは、”使用する側の工夫やアイデア”を駆使して使いこなすことで、それらは容易に実現できる時代になったと言えますよね。

ネットビジネスやWeb関連のデザイナーもそうですが、特に俺みたいなブロガーなんかは、スマホ一台でブログを書き、いつでもどこでも更新することは、容易に実現可能な時代です。

ということで今回は、iPhone XS / XS Maxのスマートフォンの中で最も賢く最もパワフルなチップ「A12 Bionic」のスペックや性能について詳しく解説しました。

|iPhone XS/XS Max/XRの最速予約&最速購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS Max/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS Maxのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

あなたのiPhone XS/XS MAX/XRのモデルの購入検討の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またお会いしましょう。

その他のiPhone XSに関連た記事を書いています。⇒iPhone XS関連記事はコチラ

参照サイト:japan cnet

|iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhone関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA