YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

HDDとSSDの違いを比較!世界最小SSD「FlashGet」とメリットとは?

auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

amazon-black-friday
★開催:11/22[金] 9:00 – 11/24[日] 23:59
★時間:計63時間のビッグセール
★特別企画:クロいものセール(特別価格)
★人気のKindleやPrime Video作品など96円
★日用品,家電.ファッションの人気商品セール
★エントリーで5,000ポイントが抽選で当たる
★数億種類の商品がポイントアップチャンス

ブラックフライデーはこちら

MacやWindowsなどのパソコン、またはiPad Proなどのタブレット端末、さらにiPhoneなどのスマホで重宝される外部ストレージがいよいよ本格的に外付けHDDから、外付けSSDの時代へ。

ということでこの記事では、「FlashGet」という世界最小クラスSSDのご紹介します。実際に導入してわかったんですが、この「FlashGet」はもはや最強と言える外部SSDです!

※2019年12月25日まで※
こちらはクラウドファンディング製品なので、今ならお手頃な価格ゲットできますので、外付けSSDの購入を考えているなら迷わずチェックしておきましょう! 

クラウドファンディングで支援する

あなたがポータブルな外付けSSDを探しているなら参考になります。

ではまず、「FlashGet」の話をする前に、そもそも外部ストレージにはSSD最強におすすめな理由についてサクッとお話しておきます。

当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


外部ストレージ(外付け)HDDとSSDの違いは?SSDが圧倒的に良いメリットとは?

FlashGet-image

写真:FlashGet

手軽さと処理性能と耐久性で圧倒的にSSDが良い

  1. 持ち運びやすい
  2. 処理速度が早い
  3. 耐久性がある

外部ストレージを購入する時に悩むのは、まずHDDかSSDでしょう。HDDはSSDよりも安価ですが、処理速度(性能)耐久性で言えば圧倒的にSSDです。

しかも外部ストレージは「持ち運ぶ/持ち出す」ことが前提にもなってきますので、ここはどう考えても外部ストレージは【SSD】選ぶできです。しかも、近年のSSDの普及により、どんどんその価格差は縮まっていますので、以前よりは格段に手に入れやすい価格になってきました。

しかも今回ご紹介するのは世界最小クラスSSDなのでパーフェクトな外部ストレージであることは間違いありません!

では早速、「FlashGet」の主な特徴と実際の使い勝手についても合わせてご紹介(レビュー)します。

世界最小クラス外付けSSD「FlashGet」とは?

flashget-ssd-image

「FlashGet」の最大の特徴とは?

  1. サイズわずか70mm/20g、持ち運び楽々
  2. 最大500MB/s高速データ転送
  3. 最大容量1TB
  4. パソコンだけでなく、スマホ、PS4やXBOXなどでも使用可能
  5. 優れた静音性・省エネルギー
  6. 耐振動性も実現

この6つの点が、「FlashGet」の最強に優れている特徴です。

文章ではなく、1分30秒程度の動画でサクッと確認することもできますので、合わせてチェックし下さい。

では、以下よりそれぞれを詳しく解説していきます。

本体のサイズわずか70mm/20g、持ち運び楽々

flashget-ssd-3
  • 重量:20g
  • サイズ:70mm

重さも20gなので、全く問題ないレベルの軽さを実現していることに加え、70mmという最小サイズなので荷物になることは全くありません。本当に最強に最小であり、胸ポケットや財布なんかにもスッと収まってくれるサイズです。

flashget-ssd-8

これ以上小さくしてしまうと、紛失していまいそうですので、明らかに持ち運びやすいちょうど良いサイズです。

僕は1TBのものを導入させて頂いたんですが、このサイズで1TBなんてもう開いた口が塞がらない状態です。

容量が大きいHDDやSSDのケーブル説毒不要

flashget-ssd-6

500GB以上のものになると、HDDでもSSDでも、USBケーブルを接続するものが多い中、こちらはUSB規格(形状)になっているので、ケーブル接続も不要で、「FlashGet」本体そのまま各デバイスに接続することができます。

flashget-image-4

このようにType-C・Micro-USBの変換コネクターもオプションで用意されていますので、USB Type-Cというグローバルスタンダードのコネクタにも対応しています。

つまり、パソコンやスマホやタブレットなどのUSB規格にほぼ対応している製品なので、安心してより多くのファイルの保存や移行なども行えるので本当に便利です。

最大500MB/s高速データ転送

reading-ssd-hdd

もはや説明不要だと思いますが、一応説明しておきますと、SSD電気動作によりフラッシュメモリにデータを記録するため、物理的動作で磁気ディスクにデータを記録するHDDとは、圧倒的にデータ転送の速度が違います。

HDDと比較すると約5倍の高速データ転送が可能

flashget-ssd-7

しかもこの「FlashGet」は、USB3.1(Gen2)接続により、最大500MB/sという外付けSSD最高レベルの転送速度を実現していますので、今まで外部ストレージを使ってきた方々なら全くストレスを感じることなく、高速に使うことができます。

この高速転送って、意外とかゆいところに手が届くみたいに、いくつかの画像や動画を従来の外付けHDDからパソコンに転送すると、「転送まで5分」とか表示されるのが普通だったんですけど、この「FlashGet」を使いだしてから、それが1/5以下の転送時間になったので、とても効率的になりました。

そしてその高速転送はファイルの保存やデータ移行だけにとどまらない使い方ができます!

システム起動ディスクとして使用できる

mac-start-up-image

予め「FlashGet」のSSDにMacOSやWindowsのシステムOSにインストールしておけば、「FlashGet」からシステム起動ができます。

もしHDDなどのストレージのパソコンをお持ちの方は、この「FlashGet」にシステムOSをインストールしておけば、買い換える必要もなく、動作が明らかに快速になり、使い勝手が向上します。

例えば、「HDDのWindowsパソコンのOSを最新のWindows10にアップグレードしたいけど、HDDの処理速度などに問題があるから、新しいパソコンに買い換える必要がある」という時に、「FlashGet」にWindows10をインストールすれば、全く問題なく従来のパソコンでも快適に使うことができます。

要は、お手軽にシステム起動ディスクとして使うことができるわけです。

これはつまり、システムだけにとどまらず、ソフトウェアやアプリケーションを使う時にも高速なSSDで使うことができるので、データの読み込み速度が早くなり、使い勝手が向上するというわけです。

PS4やXboxなどにも対応

ps4-xbox-image

各種ゲーム機に対応していますので、ロード時間が短縮されてゲームプレイも快適になります。

実際に僕は、ガジェットを中心に好きなモノゴトを動画で情報発信する時の動画データの保存やデータ転送に「FlashGet」を快適に使っています。

しかも1TBでこのコンパクトさはもはや神です。

最大容量1TB

SSDといえど、容量によっては大きさが異なってしまう場合がありますが、こちらの「FlashGet」は、128GB/256GB/512GB/1TBすべてが同サイズ展開となっています。

最大1TBもあれば、旅先での写真の保存などの心配もいりませんし、もはやメインのデータ保存メディアとして使用できます。ちなみに僕はメインで使っています。

容量によってのデータ保存数(すべて+した結果)

容量 写真 ビデオ 音楽 ファイル
128GB 7200枚 320分 800曲 32GB
256GB 14400枚 640分 16000曲 64GB
512GB 28800枚 1280分 32000曲 128GB
1TB 57600枚 2560分 64000曲 256GB

検証結果元サイト

おおよそこれほどのデータを保存することができます。

優れた静音性・省エネルギー

flashget-ssd-9

「FlashGet」はSSDなので、物理的な駆動部品がありませんので、HDDと違い、ほとんど動作音がありませんので、ものすごく静かです。また、それによって、消費電力も大幅に軽減できるので、データ転送中や使用中でも、パソコンやタブレット、スマホのバッテリーを気にすることはありません。

実際に僕も使用していて特に気にしたこともなく、普通に使えています。そして、ものすごく静かだし、ストレージ自体が熱くなることもありません。

耐振動性も実現

Vibration-resistance-flashget

冒頭で、HDDよりもSSDが優れている点として「耐久性」ということをお伝えしましたが、HDDは内部で駆動する物理的な部品が入っており、それが衝撃などにより破損する危険性があります。

しかし、「FlashGet」はSSDなので、物理的な駆動部品がありません。なので、高い耐衝撃性に優れ耐振動性の実現がされています。しかも!この「FlashGet」は、防水・防塵規格のIP55規格なので、雨や埃からも大切なデータを守ってくれます。

【結論】「FlashGet」は手軽さと処理性能と耐久性で圧倒的におすすめ!

flashget-ssd-image-2
  1. 持ち運びやすい
  2. 処理速度が早い
  3. 耐久性がある

では改めて結論です。

持ち運びやすさ処理速度(性能)耐久性で言えば圧倒的にSSDでの使い勝手は最強であり、その中でも「FlashGet」は世界最小クラスものすごく使いやすいす

「FlashGet」パーフェクトな外部ストレージであることは間違いありません!

※2019年12月25日まで※
こちらはクラウドファンディング製品なので、今ならお手頃な価格ゲットできますので、外付けSSDの購入を考えているなら迷わずチェックしておきましょう! 

クラウドファンディングで支援する

どでかい外付けHDDに大切なデータを保存するのではなく、コンパクトで最小最軽量のSSDに保存することがより安心です。

また実際に、「FlashGet」を買うと専用ケースと巾着袋が同梱されてきますので、「FlashGet」を持ち運ぶ時に便利です。

FlashGetを持ち運ぶ時に便利

FlashGet専用ケース

ssd-FlashGet-box

ペンケースのようなアルミのケースです。中は、しっかりと本体を固定できる仕様になっていますので、まず持って破損することはそもそもありません。

flashget-purse

またこのような巾着もついてきますので、使用環境やお好みに合わせて使い分けることもできます。

最後に

ということでこの記事では、「FlashGet」という世界最小クラスSSDのご紹介しました。

あなたのポータブルな外付けSSD選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

製品のクラウドファンディングで支援する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone11,11 Pro Max,公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。