ロジクールのbluetooth&ワイヤレス キーボードをレビュー ・評価!【Craft KX1000s 】

Logicool CRAFT KX1000s keyboard

どんなキーボードを選んだならいいのか?と悩んでいるなら、僕がおすすめするキーボードを参考にしてみませんか?

僕は企業の企画広報や印刷物のチラシやWebバナー、さらにはWebディレクション(Webサイト制作)などなど、デザイナー兼クリエイターのような仕事しています。だから、普段からパソコンと向き合う時間が自ずと長くなります。

だからこそ、とても重要になってくるのが”キーボードとの相性”です。

ということで今回は、そんな僕のライフワークを支えてくれている超おすすめのキーボード「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」の商品の概要や特徴、開封からレビュー・評価、さらには僕のキーボードへのこだわりについてお届けします。

あなたがキーボード選びで悩んでいるなら、絶対に参考になると思います。

結論から言いますと、「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」は、スムーズな打鍵感と高級で重厚な質感、そして万能な機能を搭載した高性能なキーボードで、僕との相性はとても良いです。

ではまず、「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」の商品の概要や特徴についてお届けします。

Logicool Craft KX1000s

ロジクール Craftとは?

logicool KX1000s thumbnail

概要/特徴について

ロジクールCraftキーボード本体

クリエイティブ作業をより簡単に、より直感的にしてくれる、bluetoothキーボードが登場。筐体の左上にあるクリエイティブ入力ダイヤルを使用すれば、必要な瞬間に必要なツールに瞬時にアクセス可能。Premier ProやIllustratorなど、Adobe Creative Cloudのアプリでは、より効率良く、素早くご活用いただけます。また、WindowsのMicroSoft Officeアプリでも様々にご活用いただけます。Mac/Windows OS 双方に対応。

引用元:Logicool

主な特徴

  • ユニークなクリエイティブ入力ダイヤルを搭載、必要な瞬間に必要なツールに瞬時にアクセス
  • 主要なクリエイティブおよびドキュメント作成/表計算アプリ向けに最適化
  • 生産性、安定性、精確性を考慮して設計された高機能キーボード
  • 近接センサー、自動バックライティング機能を備えたスマートイルミネーション
  • Mac、Windows両対応のデュアルレイアウト、最大3台のデバイス間を切り替え可能なマルチデバイス、マルチOS

*Mac OS XとWindowsではLogicool Optionsが必要。logicool.co.jp/optionsよりダウンロード可能。

これらの特徴を以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてチェックして下さい。

Mac&Windows 無線キーボードおすすめ!高級,高機能で打ちやすい【Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 】

では次に、実際に「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」を開封しながらレビューしていきます。

開封&レビュー

CRAFT KX1000s Multi-Device Wireless Keyboard thumbnail

パッケージの表

Logicool ロジクール CRAFT KX1000s  パッケージ表

黒の背景の中に際立つCraftキーボード。キーボードのデザインが一目でわかる正当なパッケージデザインだと思います。

パッケージ内容/同梱品

Logicool ロジクール CRAFT KX1000s  付属品
  • 製品本体
  • Unifyingレシーバー
  • 充電ケーブル
  • 保証書、保証規定
  • 保証情報:2年間無償保証本体サイズ:高さ x 幅 x 奥行き:32mm x 430mm x 149mm
  • 重量:960g

キーボード本体 表

Logicool ロジクール CRAFT KX1000s  本体

キーボードのボディには陽極酸化アルミを採用しているので、非常に上質であり、実際に見ているだけで高級感がヒシヒシと胸に伝わってきます。キートップも、精確性を上げるためのコーティング加工が施されているので、見た目にも安っぽさは微塵もありません。

Craftキーボード使用感レビュー

Logicool ロジクール CRAFT KX1000s  入力ダイヤル使用中

キーボードのタイピング

  • キーピッチは19mmでちょうど良い
  • アイソレーションキーボードは無難な仕様
  • キーストロークは1.8mmと浅いけど打ちやすい印象

実際に僕もタイピングしてみて、あまりに浅すぎても打鍵感がなくなってしまいますし、深すぎても軽快が損なわれますので「ちょうど良い」という印象を受けました。

打鍵感と打鍵音

  • パンタグラフを採用で打鍵感は良い
  • 球状のキーのくぼみが指先に馴染むので打ちやすい

パンタグラフ式は、押下圧も最小限になっているので、軽快にタイピングすることができ、さらに指先に馴染むと言えます。打鍵音は、許容できる範囲で収まっていると感じます。

クリエイティブ入力ダイヤル

Logicool ロジクール CRAFT KX1000s  入力ダイヤル

軽く指先で触れてダイヤル(クラウン)を回せるので非常に軽いタッチで操作も快適です。このクラウンでは、「タッチ」、「回転」、「押下」の3種類の入力操作を行うことができます。

AdobeやOfficeなどのアプリ対応

動画ののように、MicrosoftのWordやExcel、AdobeのPhotoshopやIllustratorなど、Craftキーボード対応のアプリケーションごとに、独自の動作や操作を割り当てることができます。クリエイティブなシーンでAdobe製品を使っている方なら、生産性が高くなることは間違いないでしょう。

さらに詳しくレビューを解説した記事を書いていますので合わせてお読み下さい。

ロジクールおすすめキーボード!Craft KX 1000s 実際の使用レビュー!【CRAFT KX1000s Multi-Device Wireless Keyboard】

では次に、「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」が僕のキーボードの3つのこだわりを兼ね備えている理由をご紹介します。

キーボードに求める3つのこと

タイピング/打鍵感

keyboard typing

やはり、なんと言ってもキーボードは打鍵感が命です。タイピングしながら打鍵感が悪いと、爽快感もなく、タイピングが味気ないものとなります。そうなってしまうと、キーボードでタイピングするという動作自体も億劫となり、ブログも書かなくなってしまいます。

やはり、ブログにテキストをキーボードでタイピングしていくというプロセス自体が僕は好きなんだと思います。

キーボードのアルファベットを打つことで、目の前のディスプレイに打ち込んだ文字が可視化されながら表示されていく様は、「鉛筆やペンで文字を書く」ことよりも遥かに「キーボードでテキストをタイプする」という方が爽快感があり、僕は好きです。

この「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」は、「1ミリでも快適なタイピング環境」という僕のこだわりの打鍵感とマッチングしています。

外観/デザイン

keyboard Design

ブログ以外のライフワークは、企画広報や社内外のデザイナーをしています。WebディレクションやWebデザインなんかも行っているんですが、職業柄と元々の「デザインへのこだわり」の意識が高く、いくら打鍵感が良くても、デザインが気に入らなければ使いません。

「デザイン」については、ファッションや家具なんかにも精通している、誰にでもあるこだわりでもありますね。

だからこそ、自分が気に入ったデザインのものを使いたいです。

特にこの「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」の非常に重厚感と高級感を併せ持ったデザインに、僕は息を呑むほどの美しさを感じています。

機能・操作性/作業効率

keyboard Work efficiency

どんな仕事やライフワークであっても、できるだけ作業効率を上げていきたいですよね。だからこそ、マルチタスクが可能なデバイスをできるだけ選ぶことは、自然な向上心でもあります。

こちらの記事『MacBook Pro 2016モデルのレビュー|新機能「Touch Bar」が導く、新たな効率化。』でも紹介しているように、MacBook ProがキーボードにTouch Barという新しい機能を搭載しています。つまり、「キーボードはテキストを打ち込むだけのもの」という時代は終わりました。また、音声入力という時代も怒涛のごとく押し迫ってもいます。

「キーボードはテキスト打ち込むもの」と「音声でテキストを入力する」ということを最大限に広げるためにも、キーボードに新たな機能を搭載させたものが色々と登場しています。

だからこそ、普段から愛用するキーボードに搭載されている新機能(新基軸)は、自分とマッチングしたものを使いたいですよね。

この「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」に搭載されている先ほどご紹介したクリエイティブ入力ダイヤル=クラウンという機能を使えば、5秒かかっていた編集や調整の作業が1秒になるので、僕の人生においての限られた時間の過ごし方を変えてくれました。

以下に詳しく「僕のモノへのこだわり」について解説した記事を書いていますので、合わせてお読み下さい。

ブロガーおすすめのモノ,アイテム!Logicool Craft キーボード!打鍵音,デザイン,作業効率良し!

そのすべてがこのキーボードにはある

この動画は、「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」の僕なりのこだわりをPRしています。

このように「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」は、スムーズな打鍵感と高級で重厚な質感、そして万能な機能を搭載した高性能なキーボードで、「打鍵感」、「デザイン」、「作業効率」という僕のキーボードへの3つのこだわりとの相性もとても良いです。

最後に

Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 本体

ということで今回は、そんな僕のライフワークを支えてくれている超おすすめのキーボード「Logicool ロジクール CRAFT KX1000s 」の商品の概要や特徴、開封からレビュー・評価、さらには僕のキーボードへのこだわりについてお届けしました。

あなたのキーボード選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次はこちらの記事『 Mac、Windows、iPhone、Androidなどのマルチデバイスに対応したおすすめのキーボード|logicool K480の話』で、ロジクールのその他のキーボード製品もチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

Logicool CRAFT KX1000s keyboard

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA