MacBook Pro 2016モデルのレビュー|新機能「Touch Bar」が導く、新たな効率化。

MacBook Pro 2016の発売から1ヶ月後、ようやく俺のところにも無事に届き、1週間使用したところ、体がゾクゾクするような感覚が走ったんです!

Touch Barすげーぞ!!ってな感じで!

どもどもぺーやんです。皆さん、明けましておめでとうございます。

本年も、俺的デザインログを何卒宜しくお願いします。

今回は、そのMacBook Pro 2016 15㌅モデルのTouch Barについて、体がゾクゾクした理由を書いていきたいと思います(笑)。

MacBook Pro 2016関連記事MacBook Pro 2016モデルのレビューの前に、開封の儀。

MacBook Pro 2016のTouch Barとは?

あなたのMacを操る、革命的な新しい方法。

まず長い間キーボードの上部を占領していたファンクションキーを取り去りました。そして、はるかに多才で有能なものに置き換えました。Touch Barです2。このガラスの帯は今していることに合わせて自動的に変化し、あなたがすでに使い方を知っている、その作業に関連したツールを表示します。音量や明るさといったシステムコントロール。コンテンツを調整したりすばやく探すためのインタラクティブな方法。絵文字や予測入力などのインテリジェントな入力機能。そのほかいろいろなものに変わります。しかもMac上で初めてTouch IDが使えるようになったので、ウェブサイトなどでのログインが一瞬で完了します。Apple Payを使ってオンラインで安全かつスピーディーに支払いを済ませることもできます*。

※公式ホームページより転載

Touch Barとは、こちらの記事(MacBook Pro 2016モデルのレビューの前に、開封の儀。)にもTouch Barの雑感を書いていますが、MacBook Pro 2016モデルに新たに搭載された新機能のことです。

キーボードの上部にあったファンクションキー(Escキーなどがある部分)に代わって搭載されたタッチセンサー式のディスプレイのことです。

従来のキーボードに搭載されていたファンクションキーは、使い慣れている人、使い慣れていない人、そもそもファンクションキーという役割自体が分からない人など、PCは一家に一台、一人に一台となってきた時代において、一般的にはあまり定着していないというのが現状でしょう。

現に俺も、ファンクションキーって…ほとんど使っていませんし。

覚えが悪い!ということではなく、”定着しなかった”というだけで、ファンクションキーが不便だったわけでもありません。

結果として、その利便性を上手く活用するまでに至らなかっただけだと思います(笑)。

だからこそ、そこに改めて着目したんですね、Appleさんは。

つまり、今回の新機能「Touch Bar」は、Appleさんがファンクションキーという概念を再定義し、そこに新たなイノベーションを作り、”新たな効率化”を定着させようとしているんだと思います。

MacBook Pro 2016のTouch Barが導く、新たな効率化とは?

その”新たな効率化”という部分で、ハッキリしていることは、そのTouch Bar機能の”マルチコントローラー化”ですね。

Touch Barは、作業に合わせて表示内容を変えることができます。

動画でも分かるように、インタラクティブなディスプレイです。

※Apple公式ページキャプチャ画像

 

システムコントロールやiPhoneやiPadでの通話やFaceTime、さらにはPagesやKeynote、メールやメッセンジャーなどの各アプリケーションのコントローラーとして使用できたり、キーボードの標準のツールバー、そして従来通りのファンクションキーとしても動作します。

※Apple公式ページキャプチャ画像

その他にも、Macのロックを一瞬で解除できるTouch IDを搭載し、ネットショッピングも、Apple Pay簡単安全に購入することもできるようになってます。

つまりこのTouch Barは、俺たちが想像している以上に、どんどん新たな次元が加わることで、これからさらに進化していく”マルチコントローラーディスプレイ”になっていくってことでしょ、でしょでしょ!

”マルチコントローラー”と言ってしまうと、従来のファンクションキーのように、複雑な印象を受けるかもしれませんが、決してそうではありません。

※Apple公式ページキャプチャ画像

 

この画像のように、Macのファンクションキーは、Windowsのそれとは違い、F1やF2という文字は小さく表示し、視覚的に判断できるようなアイコン(音量やディスプレイの明るさ調整など)を全面に出していましたので、直感的に操作することができていました。

そのために、”F1〜F12”の「fn」キーを押しながら操作するという、本来のファンクションキーの機能が隠れてしまい、その使用について”直感的ではない=複雑”という印象をMacユーザー(俺も含め)は持ってしまったのかもしれませんね。

しかし、この新機能「Touch Bar」により、その”直感的”という長所の部分がしっかりフューチャーされ、新たな階層が生まれても、止めどなく直感的に操作ができるので、”新たな効率化”を図るべく進化した機能と言っても過言ではなく、先進的でありながら、とんでもない正統進化だと言えるんじゃないですかね。

褒めすぎ!俺!(笑)

先進的とか正統進化とかいう言葉を並べれば良いと思ってる、バカタレ俺!

でも、それ以外に表現する言葉が見つからないのも事実ですよ、ね!

MacBook Pro 2016のTouch Barは、非常に実用性も高い

Touch Barに関して、発表当初は悲観視されることが多くありましたので、俺も少々不安には思ってました。

もちろん実際に使ってみると、非常に実用性が高く、瞬間的なタッチ操作時もスピーディーに反応するので、使用する分での遅延は全く感じません。

ディスプレイも60×2170の高精細なRetinaディスプレイになっており、その画面のクオリティも高く「小さく細長いから見えにくいんじゃない?」なんてことは全くありませんよ。

また、キーボードの延長線上に配置されていますので、タッチ式ディスプレイのPCと違い、腕をディスプレイ画面の方に伸ばさなくても、マウスなどを使ってカーソルを動かさなくても、腕や指の動作を最小限に抑えられ、指で自然なタッチ操作できます。

また、このTouch Barと併用して、マウスじゃなくてトラックパッドを使いこなせれば、腕や指、そして手首の動作をさらに最小限に抑え、Macを自在に操ることができるようになるかもしれませんね。

タイピングして〜画面をタッチ、またはマウスを動かす〜そしてまたタイピングして〜を繰り返すよりも、Touch Barの操作に慣れることで、かなり効率的になることは確かでしょ!

Touch Barネガティブに思って、新型MacBook Pro 2016を購入してない方は購入するべきだし、Touch Bar非搭載モデルを購入した方は後悔するべきですよ、全く(笑)。

MacBook Pro 2016や、その他アクセサリーの紹介

では、またお会いしましょう。

See you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA