新しいiPadを学校教育で活用しよう。教育者や学生向けサービスも充実!「Let’s take a field trip.」

Appleと教育が融合すると、明らかにクリエイティビティが加速していく。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事がおすすめな読者▼ 

  • Appleが発表した「新しいiPad」について知りたい方
  • Appleが発表した「Appleと教育」について知りたい方
  • Appleが2018年3月27日に発表した「Let’s take a field trip.」イベントすべてを知りたい方

 ▼この記事の内容▼ 

2018年3月27日に、Appleが開催したイベント「Let’s take a field trip.」で発表された「新しいiPad」「Appleと教育」について、そしていくつかの新しいアクセサリーについてまとめた記事になります。

主に以下の新製品と新プログラム、アプリのアップデート、さらにいくつかのサービス変更、新しいアクセサリーが発表されました。

  1. Apple Pencilに対応した新しいiPad 9.7㌅
  2. 生徒の創造力を刺激するEveryone Can Createカリキュラム
  3. iWorkのアプデ!Pages,Numbers,Keynoteで手書きや本の作成が可能
  4. Apple純正のアクセサリー「マウス」「トラックパッド」「キーボード」
  5. iPad専用アクセサリー「キーボードケース」「ペンシル」

ではまず、「新しいiPad」からご紹介していきます。

新しいiPad 9.7インチ

new ipadの画像

コンピュータの新たな形を

もしも今コンピュータが発明されたら、それはどんな一台になるでしょう。

あらゆるタスクをこなせるほどパワフルで、どこへでも連れて行けるほど持ち運びやすい。そして、指先のタッチやキーボード、さらにはペンシルまで使って直感的に思いのままに操れる。それはもはや、あなたが知っているコンピュータではありません。新しいiPadです。

Apple Pencilに対応

思いのままに描く

iPad-9-7-inch-Apple-Pencil-image

これまでもiPadは、頭の中にあることを記録するための優れた方法であり続けてきました。これからは、そこに新しい方法が加わります。Apple Pencilです。メモを取ったり、水彩画を描いたり、契約書に署名したり。そのすべてをピクセルレベルの精密さと反応の良さでこなせます。鉛筆のような自然な使い心地で、鉛筆よりもずっと多くのことができるでしょう。

Apple Pencilについてさらに詳しく»

Apple Pencilの購入はこちら»

A10 Fusionチップ搭載

A10 Fusionチップ搭載イメージ画像

64ビットアーキテクチャ。4つのコアを持つ設計。33億個を超えるトランジスタ。一言で言うと、驚くほど高速なiPadになりました。4Kビデオを編集したり、グラフィックスを駆使したゲームをプレイしたり、最新のARアプリケーションを体験する時に、このスピードが力になります。

複数のアプリを同時に使用

iPad-9-7-inch-split-screen_複数アプリ使用の画像

iPadには、複数のアプリケーションを一度に使えるパワーが詰め込まれています。だから、インターネットでリサーチをしながらビジネスプランの資料をまとめ、同時にチームのメンバーにFaceTime通話をかけることもできます。すべてが想像以上に簡単です。

ARで臨場感が広がる

iPad-9-7-inch-AR-sensors_拡張現実の参考画像

拡張現実(AR)は、仮想オブジェクトを現実の世界に連れてくる新しいテクノロジーです。ディスプレイから処理能力、そしてカメラからモーションセンサーまで、iPadのあらゆる部分はARアプリケーションで今までにない魔法のような体験をするために作られています。

ARアプリケーションは、あなたにできることを根本から変えます。教室の中でも外でも、新しいことを学べるようになるでしょう。日々の問題を解決したり、エンターテインメントやゲームの世界に飛び込んだり。iPadと拡張現実を一緒に活用すれば、その可能性は無限に広がります。

拡張現実についてさらに詳しく»

二つの優れたカメラ

新しいiPadのカメラや写真の参照画像

内蔵されたフロントカメラとバックカメラを使えば、目を奪うほど美しい写真や映画のようなビデオを撮影できます。書類をスキャンしたり、FaceTime通話をかけたり、拡張現実を活用して部屋の模様替えをする時にも活躍します。

Bluetoothキーボード

新しいiPadのキーボードの参照画像

机に向かって研究論文やEメール、次にヒットする映画の脚本を集中して書きたい。そんな時にはiPadの直感的なオンスクリーンキーボードだけでなく、あらゆる種類のBluetoothキーボードを活用することができます。

美しい3つの仕上げ

薄く、軽く、頑丈。

新しいiPadの美しい仕上げ参照画像

わずか469グラムという軽さ、7.5ミリという薄さのiPadは、どこへでも軽々と連れて行けます。しかも耐久性の高い設計なので、安心して好きな場所に持ち運べます。シルバー、スペースグレイ、新しいゴールド。3つの美しさから選べるのも魅力です。

1回の充電で10時間

iPadのバッテリーは一日中持続するので、一回の充電でより長い時間ネットサーフィンを楽しんだり、文章を書いたり、絵を描いたり、仕事をしたり、買い物をすることができます。やりたいことを、好きなだけどうぞ。

新しいiPadの仕様

カラーについて

New iPadのカラーバリエーションの参照画像
  • シルバー
  • ゴールド
  • スペースグレイ

ゴールドについては、前モデルよりも新しいゴールドの仕上げになっています。前モデルよりも肌色に近いゴールドになった印象ですね。

モデルについて

New iPadの通信モデルについての参照画像
  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fi+Cellularモデル

容量|ストレージについて

Wi-Fi、Wi-Fi+Cellularモデル共に ー

  • 32GB
  • 128GB

サイズと重量について

New iPadのサイズと重量についての参照画像

Wi-Fiモデル

  • 高さ:240 mm
  • 幅:169.5 mm
  • 厚さ:7.5 mm
  • 重量:469 g

Wi-Fi+Cellularモデル

  • 高さ:240 mm
  • 幅:169.5 mm
  • 厚さ:7.5 mm
  • 重量:478 g

ボタンとコネクタ

New iPadのボタンとコネクタについての参照画像

  • コネクタ|Lightning

前モデルとの違いは?

サイズや重量などはほぼ変化はありませんが、前モデルのiPad 9.7インチ(2017モデル)との違いはスペックにあります。

モデル 前 iPad 9.7㌅  新しいiPad 9.7㌅ 
チップ

A9

A10 Fusion

Apple Pencil

非対応

対応

画像処理の速度が50%ほど向上しているようですので、より画像の変形や情報を取り出すための処理がスピーディーになったということです。これはApple PencilをiPadに活用してもらうための基本的なスタンスであることは間違いありません。

上記の2点が、前モデルとの主な違いになります。その他は、耳をかすめる程度の変化にとどまっているようです。

iPadの購入について

AppleでiPad 9.7インチを購入する»

AmazonでiPad 9.7インチを購入する»

Everyone Can Create

すべての生徒の可能性を解放

Apple_iPad_Schoolwork_の画像

すべての子どもは、あふれるほどのクリエイティビティを持って生まれてきます。

その力を育むことは、教育者がすべき最も大切なことの一つです。

クリエイティビティは、生徒たちのコミュニケーションや問題解決のスキルを高めます。彼らが今日の世界で成功し、明日の世界を形作るための備えとなります。

Appleは40年にわたり、教師のみなさんが生徒一人ひとりの潜在的なクリエイティビティを引き出せるように支援してきました。そして今、そのための方法はこれまで以上に豊富にそろっています。

パワフルな製品だけでなく、ツール、インスピレーション、カリキュラムの数々によって、あなたも魔法のような学習体験を作り出せるようになるでしょう。

Appleの提案する教育についての詳しい内容は以下の公式ページへアクセスしてご確認下さい。

Everyone Can Createについてさらに詳しく»

学ぶための製品についてさらに詳しく»

教えるためのツールについてさらに詳しく»

コードを教えることについてさらに詳しく»

教師のためのプログラムについてさらに詳しく»

ITと導入についてさらに詳しく»

iWorkアップデート

pagesについての参照画像

Apple Pencilへの対応により、iPadでの文書、スプレッドシート、プレゼンテーションの作成がさらにクリエイティブになりました。

  • Apple Pencilで直接、描画やスケッチ、文章を書ける
  • Apple Pencilで、絵に対してカラーややテクスチャを簡単に追加できる
  • Pagesに新搭載されたスマートアノテーション(コメントや校正がテキストに動的に付加)
  • iOSでもmacOSでも、pagesで本の作成が可能になった(iBooks共有)
  • pagesの発表者モード(調整したスピードでテキストが自動スクロールするなど)
  • Boxとの連携により、Pages、Numbers、Keynoteの書類をリアルタイムで共同作業が可能になった

その他にも様々な新機能が追加されていますので、ぜひアップデートして使ってみましょう。

Pagesはこちらからダウンロード»

Keynoteはこちらからダウンロード»

Numbersはこちらからダウンロード»

純正アクセサリのカラバリ追加

iMac Pro アクセサリの写真

「iMac Pro」に同梱していた「Magic Mouse 2」と「Magic Trackpad 2」と「Magic Keyboard」のスペースグレイのカラーモデルを、ようやく単品で販売開始しました。

Magic Mouse 2

Magic Mouse 2 スペースグレイの画像
  • 価格|10,800円
Magic Mouse 2の購入はこちら»

Magic Trackpad 2

Magic Trackpad 2のスペースグレイモデルの画像
  • 価格|15,800円
Magic Trackpad 2の購入はこちら»

Magic Keyboard

Magic Keyboardのスペースグレイモデルの画像
  • 価格|15,800円
Magic Keyboardの購入はこちら»

新しいiPadに新アクセサリー

新しいiPadキーボード

新しいiPad専用の新しいキーボードケースLogitech Rugged Comboの画像

image:気になる、記になる

Appleは、Logitech製の「新しいiPad」専用の新しいキーボードケース「Logitech Rugged Combo」を発表しました。

スタンド機能とキーボードを兼ね備えたデザインになり、iPadのタブレット型からラップトップ型のデザインになっています。こちらの商品は、学校や教育機関向けに開発されたことは間違いないと思います。

logitechruggedcollageの画像

image:Macworld

しかしよく見ると、ケースの角が尖っているので、子供が落として怪我をしないのか心配なところです。みたところ、シリコンケースではなく、ハードケースのような素材になっています。

  • 価格|99ドル

新しいPencil

新しいiPadのPenci「lLogitech_Crayon」画像

image:Trusted Reviews

Pencil対応になった新しいiPadに、児童などの生徒向けにPencilアクセサリ「 Logitech Crayon (クレヨン) 」を発表しました。

新しいiPadのPenci「lLogitech Crayon」の画像2

image:Engadget Japanese

児童向けのPencilですので、Apple Pencilよりも半額となっています。

形状としては、Apple Pencilは細身(通常の単色ボールペンほど)であるのに対して、Logitech Crayonは平になっており、転がって落下してしまわないようになどの配慮が成されています。

  • 価格|49ドル

その他の発表について

iCloud200GB学生無料

通常は5GBまでは無料で使えるiCloudですが、すべての学生に限ってはiCloud200GBが無料で使えるようになりました。

iPad AppleCare+値下げ

新しいiPadが発表され、新たに保証サービスの価格が値下げされました。

  • 9,400円→8,400円

まとめ

Let's take a field tripのイベント画像

ということで、2018年3月27日に、Appleが開催したイベント「」で発表された「新しいiPad」「Appleと教育」について、そしていくつかの新しいアクセサリーについてまとめてご紹介させて頂きました。

新しいiPad、そして新しいサービスなどを活用して、よりよい人生のクリエイティビティを発揮したいですね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

またお会いしましょう。

 ▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼ 
 
iPadの活用術「Appスイッチャー」の記事のアイキャッチ

【記事はこちら】  iPad Pro活用術!ちょっと便利な操作方法「App切り替え」を紹介! 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。