あなたの大切なMacbook proの本体を傷から守るためのシェルカバーケース開封レビュー【moshi iGlaze Pro】

あなたの大切なMacBook Proの本体を傷から守るための最高のシェルカバーケースを探しているなら「moshi iGlaze Pro」。

今回は、MacBook Proのユニボディを守りつつ、できるだけ本体のデザイン性を損なわない究極の薄型のスリムフィットハードシェルカバーケース「moshi iGlaze Pro」を手に入れたので、その開封レポートとインプレッションレビューをお届けしたい。

ではまずは、「moshi iGlaze Pro」の特徴などをサクッと紹介する。商品の概要は知っているので、実際の商品の写真や開封レポートやインプレッションから読みたい方は、以下の目次からあなたの必要な項目をご覧ください。


MacBook Proにおすすめのシェルカバーケース

moshi iGlaze Proとは?

MacBook Pro moshi iGlaze Pro 15

ミニマリストスタイルで設計製造された Moshi の iGlaze Pro は、新型 MacBook Pro(Late 2016/ Mid 2017/ Mid 2018)のための、究極のスリムフィットプロテクター。

保護機能を高めスタイリッシュにデザインされたMoshiの iGlazeは究極のMacBook 用スリムフィットハードシェルケースです。精密加工されたケースは薄く軽量でかつ極めて耐久性に優れており、使用中に不意の衝撃からMacbookを保護します。スリップ防止のゴム足によりどこの上に置いても滑りません。またゴム足によって MacBookを浮かせる構造となっているため機器の下で常に空気が循環されています。本ケースではマイクロ・クリップデザインを採用しているためすみやかにかつ簡単に取り外しが可能です。iGlazeの表面は傷がつきにくいように特殊コーティングで加工され、MoshiのMacBook 用アクセサリ製品と完全な互換性があります。

  • 対応機種:Touch Bar搭載 MacBook Pro 15 (Late 2016〜)
  • ハードシェルカバー 仕様:材質=ポリカーボネートなど
  • サイズ: トップカバー:約34.9 x 24.3 x 0.8 cm
  • ボトムカバー:約35.2 x 23.5 x 1.5 cm

引用元:moshi

商品の5つの特徴について

  1. お使いの MacBook のための超スリムで軽量で丈夫な保護ケース
  2. どんな面の上でも滑らないスリップ防止ゴム足
  3. 簡単に着脱できるユニークなマイクロクリップデザイン
  4. 傷が付きにくい特殊コーティング
  5. 熱放散性を向上させる背面の換気スリット。

それぞれの「moshi iGlaze Pro」の特徴の項目について詳しい概要を知りたい方は、以下の記事に解説していますのでチェック。

記事はコチラ:ミニマリストが好む!MacBook Pro 15㌅のカバー・ケースのおすすめは?Moshi iGlaze Pro!

では早速、「moshi iGlaze Pro」の開封レポートとファーストインプレッションレビューをお届けする。

moshi iGlaze Pro 開封レポ

パッケージ/外箱

moshi iGlaze パッケージ

透明のプラスチックケースに入っているので、ひと目でどんな製品が入っているのかわかる。

今回僕が手に入れた「moshi iGlaze Pro」は、こちらの記事:Touch Bar搭載 MacBook Pro 15㌅ レビュー開封&評価!でも紹介している紹介している15インチ用のシェルカバーケースなので、表のパッケージに”15”と表記されている。

シェルカバーケース本体

moshi iGlaze 本体

MacBook Proの全体を保護するために、表と裏にシェルカバーケースは分かれている。これらを天板と裏蓋に装着する形になる。

色はステルスクリア

moshi iGlaze 本体写真

moshi iGlaze Pro」には、ステルスクリアとクリアの2色が用意されている。僕の所有しているMacBook Pro 15インチはスペースグレイなので、本体とシェルカバーケースを統一した色合いにしたかったので、ステルスクリアを選択してみた。

シェルカバーケース装着

装着前のMacBook Pro

シェルカバーケース装着前

こちらが「moshi iGlaze Pro」の装着前のMacBook Pro 15インチ。

装着後のMacBook Pro

シェルカバーケース装着後

こちらが「moshi iGlaze Pro」の装着後。

実際のモノと写真の色合いをできるだけ近づけた写真を掲載してはいるが、もちろん100%それに近い色合いは実際に目にしてみないと保証はできない。

ステルスクリアという色なので、MacBook Proの本体がうっすらと見えているのがお分かり頂けると思う。

特にアップルロゴの光沢感がなくなっていることが大きな特徴のひとつになるだろう。そしてもちろん、MacBook Proのアルミニウムボディの質感は損なわれてしまう形となる。しかし、それほど大きな外観の形状の変化もなく、「moshi iGlaze Pro」とMacBook Proのフィット感には好感が持てる。

装着後の裏側

シェルカバーケース裏側

こちらがMacBook Proに「moshi iGlaze Pro」を装着した裏側。四隅にスリップ防止のゴム足がついている以外の他に装飾はない。

コネクタ周辺とフィット感

シェルカバーケース周辺

左側:USB Type-C×2

シェルカバーケースコネクタ周り①

MacBook Pro本体の左側にはUSB Type-Cのコネクタが2つある。いずれも容易にアクセスがしやすいように、大きめにくり抜かれた仕上げになっている。

右側:USB Type-C×2とイヤホンジャック

シェルカバーケースコネクタ周り②

MacBook Pro本体の右側にはUSB Type-Cのコネクタが2つとイヤホンジャックのコネクタが装備されている。いずれも容易にアクセスがしやすいように、大きめにくり抜かれた仕上げになっている。

ヒンジ部分

シェルカバーケース裏

ラップトップである以上、ヒンジ部分までシェルカバーケースで覆ってしまうとボディと干渉してしまい開くことができないので、かなり大きくくり抜かれている。

シェルカバーケース裏②

moshi iGlaze Pro」のヒンジ部分の保護性能に関しては、本体を完璧に保護するという目的に至ることができないのは仕方ないことか。

細部の仕上がり&フィット感

シェルカバーケースの仕上がり

MacBook Proの洗練されたアルミニウムボディの美しいフォルムをほぼ完璧に近づけた形状で作り上げられている。この「moshi iGlaze Pro」を手に入れたら、この仕上がりには満足することは間違いない。それほど「moshi iGlaze Pro」の形状も洗練されたものになっていると感じる。

放熱する部分

シェルカバーケース放熱部分

放熱する部分もしっかりとくり抜かれている。ザックリとではなく、MacBook Proの放熱部分の形状に合わせた形状なので、外観はそれほど悪くはならない。

指を引っ掛ける部分

シェルカバーケース外観

MacBook Proはラップトップなので、「開く」という動作を行う必要がある。写真のように、天板を上に開ける時に使う指を引っ掛ける部分についてもしっかりとくり抜かれているので問題なく動作する。

質感や手触り

材質はポリカーボネートなので、もちろん高級感というよりはカジュアルな印象を持っている。手触りについては「サラサラ」。これ以外の言葉は見つからない。

MacBook Proを開いた状態

カバー装着状態で開閉

こちらは「moshi iGlaze Pro」をMacBook Proに装着したまま開いた状態。

スリムフィットという名前だけあって、MacBook Proのフォルムからほとんどはみ出さないデザインなのがみて分かって頂けると思う。とても素晴らしい精密な作りなのが伺えるだろう。

シェルカバーケース写真③ シェルカバーケース写真④

MacBook Proの本体から2mmほど「moshi iGlaze Pro」が出ているが、それほど差し迫って問題があるようには思えない。MacBook Proの本体フォルムを忠実に製作されていることが見て取れる。

シェルカバーケースを装着するメリットとデメリット

メリット・良い点

  • 本体に直接装着するので、外的な傷防止になる
  • 落下時に、ボディが触れる前にカバーで少なからず耐衝撃できる
  • バッグやリュックに入れる際にインナーケースが不要
  • 他者のMacBook Proを差別化するためのカスタマイズになる
  • 使用時の安心感が上がる

デメリット・悪い点

  • MacBook Proのデザインや質感が多少損なわれる
  • 本体の重量にカバーの重量がプラスされるので重くなる
  • ボディが覆われる形になるので少なからず放熱性が低くなる
  • カバーの影響で差し込みドッグ(サードパーティ製)は使えないかも
  • ヒンジ部分から仮に落下した場合は外傷に注意が必要

では最後に、MacBook Proに「moshi iGlaze Pro」のシェルカバーケースを取り付ける方法を解説しておく。

カバーの取付/脱着方法

カバーを取り付ける方法

トップカバー取り付け③ステップ

moshi iGlaze Pro Mounting method
  1. コンピュータを開き、アップルロゴをお客様の方に向けて上部カバーを取り付ける
  2. Moshiロゴを左上隅にくるようにして、カバーをコンピュータに合わせる
  3. カバーのエッジを、 所定の位置でカチッと音がするまでしっかりと押す

ボトムカバー取り付け②ステップ

moshi iGlaze Pro Mounting method 2
  1. MacBook を裏返します。ボトムカバーを、MacBook の背面に向かって換気孔と合わせる
  2. カバーのエッジを、所定の位置でカチッと音がするまでしっかりと押す

カバーを取り外す方法

ボトムカバー取り外し②ステップ

moshi iGlaze Pro Mounting method 3
  1. 換気口がお客様の方を向くようにして、底面カバーを取り外す
  2. 底面カバーを動かしてリリースするために、上記の図に示すようにサイドのマイクロチップの下に指の爪を置く

トップカバー取り外し②ステップ

moshi iGlaze Pro Mounting method 4
  1. コンピュータを開き、アップルロゴをお客様の方に向けて上部カバーを取り外す
  2. マイクロクリップを外すと上面カバーが外れる

まとめ

moshi iGlaze 本体写真

ということで今回は、MacBook Proのユニボディを守りつつ、できるだけ本体のデザイン性を損なわない究極の薄型のスリムフィットハードシェルカバーケース「moshi iGlaze Pro」を手に入れたので、その開封レポートとインプレッションレビューをお届けした。

あなたの大切なMacBook Proの本体を傷から守るための最高のシェルカバーケースを探しているなら「moshi iGlaze Pro」は本当におすすめできる製品なので、ぜひチェックしてみてほしい。

次におすすめする記事はこちら

MacBook Pro キーボードカバー【moshi Clearguard】

MacBook-Pro-Clearguard-thumbnail

この記事では、Touch Bar搭載MacBook Pro(MacBook各シリーズ含む)のキーボードカバーである「moshi Clearguard MB with Touch Bar」をご紹介している。

キーボードカバーを使えば、お使いの MacBook Proなどを超薄型 ClearGuard キーボードプロテクターで保護すれば、手指の脂分が付着せず、食べ物のかすをこぼしても、キーボード自体を汚すこともないので安心だ。

記事:MacBook Pro キーボードカバーのおすすめ!薄型&保護力で選ぶなら【moshi Clearguard】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。