2021年の新型iPhone13 最新情報!

YouTube|iPhone&ガジェット情報を毎日配信中!

MacBook 12インチが持ち歩く(持ち運び)なら最高と言える3つ理由。

macbook-12-carry-around-review
iPhone13を買おう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

MacBook 12インチを、外出先へ持ち歩いたり持ち運んだりするのって実際はどうなの?

デザイナーを本業にしながら、ブロガーやライターの活動もしている僕の相棒は「MacBook 12インチ」。その「MacBook 12インチ」を1年以上も色々な場所に持ち歩いた僕なりのレビューをお届けする。

Apple MacBook (12インチ, 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5, 512GB) – シルバー
Apple(アップル)

では、まずは結論からご紹介しておく。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(テック系Twitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


結論|MacBook 12インチは持ち歩く(持ち運び)のには最高

MacBook12インチの蓋を閉じた写真

MacBookやノートパソコンを選ぶ時、どのような目的や用途で購入しようか誰しもが悩む。スペックやサイズ、仕事の場所や状況によって選び方は多岐に渡る。

今回レビューするMacBook 12インチを選ぶひとつの基準としては、「毎日のように持ち歩くことを前提とした使い方をするならMacBook 12インチは最適かつ最高のマシンとお伝えしておきたい。

では実際に、なぜMacBook 12インチが持ち歩くのに最高なのか?について詳しく僕の見解をレビューしていく。

MacBook 12インチが持ち歩く(持ち運び)のに最高で最適な3つの理由

MacBook12インチの蓋を開いた状態の写真

軽いしコンパクトだし取り回しが最高なサイズ感

MacBook-size-image
画像引用元:Apple

MacBook 12インチのサイズは、高さが0.35〜1.31 cm、幅が28.05 cm.、奥行きは19.65 cm重量は0.92 kg。数字で見てもかなりコンパクトサイズだと言える。

全体的に非常に収まりが良いサイズ

ササッと持ち出せるという面について、僕としてはとても好感を抱いている。一部では「コンパクトなのに重い」という意見も耳にすることもあるけれど、1Kgを切る重さは、特別に重いとは全く感じない。

「バッグにMacBook 12インチだけを入れて持ち歩くならまだしも、他のガジェットもあるのでやはり重いのではないか?」

僕の答えとしては、外出先や持ち歩いた先で使うメインのパソコンなのだから、そこにばかり妥協せずに、MacBook 12インチを持ち歩くために、他に持ち歩いている余計なガジェットなんかを削ぎ落としてミニマムに持ち歩くものを選別し直すべきだと思う。

そして最も決定的な持ち歩くことに最適な事を言っておくと、MacBook 12インチの中身には機械式(駆動する)のものが一切ないのだ。つまり、多少の衝撃で中身のファンが故障すると言ったこともない。それだけ安心して持ち運べるということだ。

そして、Macユーザーであればお気づきかと思うが、現段階でのMacのラップトップのラインナップの中ではナンバーワンの軽さとサイズなのだ。

キーボードの打鍵感が慣れれば最高に良い

ブロガー 写真

最初は打鍵感のないキーボードに戸惑った。

打ち込むというよりも、滑らせるというタイピングであるMacBook 12インチのバタフライ式のキーボード。どこかで「打ちづらさ」というものを感じつつも、せっかく購入したのだから使い続けてきた。

するとどうだろう。いつの間にかそのバタフライ式のキーボードに慣れてしまい、逆にHHKBなどの打鍵感のあるキーボードでは全く打ちにくくなってしまった。これはMacBookやMacBook ProのTrackpadに慣れてしまい、マウスが使いづらくなってしまうことと同じだ。それが良いのか悪いのかではなく、明らかにこれは功を奏している。

僕はMacBook Proを自宅では愛用している。そうつまり、MacBook Proでさえバタフライ式のキーボードなのだ。そして、マウスよりもTrackpadに慣れていた方が、先ほどお伝えした「軽いしコンパクトだし取り回しが最高なサイズ感」という部分での、持ち運ぶガジェットなどに外付けのキーボードもマウスもいらないのだ。

要は、MacBookのバタフライ式のキーボードに慣れてしまえば、最高な環境が整うということになる。つまりそれは、「MacBookのバタフライ式のキーボードに慣れるまで使う」ということで、その先に見えるMacBook 12インチを持ち歩くということにマッチングしていくことにもなった。

ここまでの話をまとめると、MacBook 12インチは、サイズ感も最高キーボードも最高なので、持ち歩くには最高であると言えるわけだ。

そして次に、その性能やスペックはどうだろうか?持ち歩いたとしても、性能やスペックが悪ければ使い物にならないわけだ。

スペックや性能は必要十分であり ほとんどのアプリも使いこなせる

MacBook12インチのボディサイズの写真

僕の仕事はこちらに(著者|石原 一平)書いているようにデザイナーでありブロガーであるので、文章を書いたり企画書を書いたりすることも多い。

「ブログ(企画書)を書く=文章を書く(ライティング)」時に、スマホで書いたり、パソコンを使ったり、タブレットを使ったりと、色々なガジェットでブログや文章を書くことができる時代であるのは確かだ。

先ほどお伝えした通り、バタフライ式のキーボードに慣れてから僕は、ブログや文章を書く時は、ほぼ100%の確率でMacBook 12インチを使っている。

MacBook 12インチには「適度な機動力」がある

僕が愛用しているMacBook 12インチのスペックについては、こちらの記事『MacBook 12インチレビュー,CTO購入(価格)&開封の儀,それと使用感をサクッとご紹介!』に詳しく書いている通りだが、以下にサクッと紹介しておく。

  • 12インチMacBook 256GB シルバー
  • 第7世代の1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • 16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • Intel HD Graphics 615
  • CTOモデル価格|合計 207,684円

こちらのスペックと僕のライフワークスタイルとがマッチングしている。

ブログを執筆する、そして画像を加工編集する、そしてちょっとしたデザイン作業をするのに、このMacBook 12インチはササッと使えるだけのCPU/スペックが備わった機動力があるのだ。

MacBook 12インチで僕が主に使っているアプリ

  1. Adobe Photoshop
  2. Adobe Lightroom
  3. Evernote
  4. Ulysses
  5. Things

Thingsであらゆライフワークのタスクやスケジュール管理をし、Evernoteであらゆる情報を一挙に収集し管理し、その情報を元にUlyssesで文章を書く。そしてAdobe Lightroomで写真をしっかり現像し、必要に応じてAdobe Photoshopでデザインをする。

僕のライフワークであるデザインとブログの執筆をする上で完璧なプロセスを、MacBook 12インチですべて賄えているのだ。もちろん、MacBook Pro 15インチでは、それ以上に重たい作業、例えばAdobe Premiere ProAdobe IllustratorFinal Cut Pro Xを使うこともある。しかしそれは毎日行わなければならないことではない。腰を添えてしっかりと作業する時は、MacBook 12インチではなくMacBook Proを使っている。

まとめ

改めて結論|MacBook 12インチは持ち歩く(持ち運び)のには最高

MacBook12インチの蓋を閉じた写真
  1. 軽いしコンパクトだし取り回しが最高なサイズ感
  2. キーボードの打鍵感が慣れれば最高に良い
  3. スペックや性能は必要十分であり ほとんどのアプリも使いこなせる

このような3つの理由から、「毎日のように持ち歩くことを前提とした使い方をするならMacBook 12インチは最適かつ最高のマシンという結論に至った。

もしあなたが、MacBook 12インチって本当に持ち歩くのに最適なのか?と悩んでいるなら、僕が今回ご紹介したことに少しでも共感したことがあれば、それは明らかにあなたのMacBook 12インチを持ち歩くことへの悩みの一つが消えたとも言える。

ということで今回は、デザイナーを本業にしながら、ブロガーやライターの活動もしている僕の相棒は「MacBook 12インチ」。その「MacBook 12インチ」を1年以上も色々な場所に持ち歩いた僕なりのレビューをお届けした。

あなたのMacBook 12インチの購入の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次はこちらの記事『MacBook Pro専用スタンド「Kickflip」で使用環境&作業効率が上がる!』でMacBook 12インチをさらに使いやすくするガジェットについてチェックしておきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone 12を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



macbook-12-carry-around-review

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。