iPhone XS 耐衝撃性ケースおすすめ!ガジェットブロガー厳選の8個!

iPhone XSを購入したら、毎日使うものだからこそ大切に使っていきたいですよね?

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、iPhone XSのケースを選ぶ際に、特に気になる”耐衝撃性”の高いケースを販売しているiPhone XSのケースブランド「Spigen(シュピゲン)」から厳選して8つのケースを、ガジェットブロガーである僕が厳選してご紹介しています。

iPhone XSのケース選びの参考にしてください。

iPhone XS おすすめ耐衝撃性ケース

Spigen 耐衝撃性 スリムアーマー

>商品の特徴

  •  Military Grade(米軍軍事規格)を取得
  • 衝撃吸収性の高いプレミアムTPU素材
  • 背面パネルで補強する二層構造(デュアルレイヤー構造)
  • 衝撃吸収力&Spigenオリジナルデザイン
  • 背面パネルにはキックスタンド搭載
  • フチ(ベゼル)の部分を高く設計
  • メタリック仕上げの高級ケース

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
見た目のデザインは見ての通りカッコいいの一言です。TPU素材を使用しているのと米軍軍事規格を取得しているので衝撃吸収性は抜群です。背面のAppleマークも見えるところもポイントが高いです。

Spigen 耐衝撃性 タフアーマー

>商品の特徴

タフ・アーマーは、Spigen製品の中で最も衝撃吸収が高いので、破損や傷が不安の方に最適なケースです。

  • Military Grade【米軍軍事規格】を取得
  • デュアルレイヤーシステム
​衝撃吸収性の高いプレミアムTPU素材
インナーケースに硬質ポリカーボネート素材
二層構造(デュアルレイヤー構造)を採用。
  • エアクッションテクノロジー

    ケースの各コーナー内側部分に落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術(エアクッションテクノロジー)を採用。
  • 液晶画面・背面を守るこだわりの設計
    
前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。
  • 背面パネルにはキックスタンド搭載

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
見た目のデザインは先程のスリムアーマーと同じですが、こちらは”タフ”という名前がついている通り、エアクッションテクノロジーを採用した最強の耐衝撃性を備えたケースです。iPhone XSをどこまでもアグレッシブに使いたい方にとっては有力なケースになると思います。

Spigen 耐衝撃 リキッドエアー

>商品の特徴

  • Military Grade(米軍軍事規格)を取得
    
MIL-STD 810G-516.6規格に則り、米軍軍事規格をクリアしたと証明されました(第三者機関による試験実施)
  • 特殊ソフトTPU素材

    高温でも変形しにくい性質のを使用したソフトケースです。本体の発熱で変形しにくい特徴があります。
  • 考え込まれた工夫

    より効果的に衝撃を吸収するために、ケースの内側にクモの巣状の衝撃吸収加工をしています。
  • エアクッションテクノロジー

    ケースの内側四隅に、衝撃を効率よく吸収するための技術(エアクッションテクノロジー)を採用。 ケース内側四隅にある空間(エアクッション)で吸収するので、衝撃を最小限に抑えます。
  • 液晶画面・背面を守るこだわりの設計
    
前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。
  • スリムでスマート

    リキッド・エアーはスリムなつくりのため、端末本来の姿を楽しむことができます。グリップも快適で、よりスマートな使用ができます。
  • シンプルなデザイン

    リキッド・エアーは、モダンでシンプルなデザインなためビジネスや業務上、携帯電話の使用が多い方にもおすすめなケースになります。

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
見た目のデザインは先程のスリムアーマーと同じですが、こちらは”タフ”という名前がついている通り、エアクッションテクノロジーを採用した最強の耐衝撃性を備えたケースです。iPhone XSをどこまでもアグレッシブに使いたい方にとっては有力なケースになると思います。

Spigen カード収納型 スリムアーマー

>商品の特徴

  • Military Grade(米軍軍事規格)を取得
    MIL-STD 810G-516.6規格にのっとり、米軍軍事規格をクリアしたと証明されました(第三者機関による試験実施)
  • 衝撃吸収性の高いプレミアムTPU素材
    インナーケースに硬質ポリカーボネート素材の背面パネルで補強する、二層構造(デュアルレイヤー構造)を採用。
  • 充実したカード収納機能
    ケース背面がカードホルダーになっており、スライドさせることで、最大2枚のICカードが収納できます。
  • エアクッションテクノロジー
    ケースの各コーナー内側部分に落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術(エアクッションテクノロジー)を採用。本体の落下時に伝わる衝撃をケース内側の四隅にある空間(エアクッション)で吸収するので、衝撃を最小限に抑えます。
  • こだわりの便利機能
    前面も背面もフチを高く設計し液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。収納スペースの内側にドットパターンがあり、カードの出し入れ時の摩擦を減らすので出し入れがしやすくなっています。

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
こちらのケースは、なんと言ってもカード収納機能が搭載しているところが特徴です。最大2毎のICカードが収納でき、かつ耐衝撃性にも優れているので、カードが収納できる手帳型ケースよりも、カードを収納しながらタフに、そしてアグレッシブに使うことができます。

Spigen シン・フィット360 

>商品の特徴

iPhone XS シンフィット 360は,強化ガラスフィルムとケースパーツで構成されており、​端末を360°全面保護できる薄型の軽量ハードケースです。保護力が高く、スリム操作性に優れた全面保護が特徴です。
  • 細部にこだわった設計
    全てのボタン部分は、ぴったり合うだけではなく、操作がしやすい最適サイズに作られています。
  • 端末本体の保護
    付属の専用ガラスフィルムで液晶画面をキズから保護します。※付属品以外の液晶保護ガラスフィルムをご使用の場合はケースと干渉してしまいます
  • 更に鮮やかな色味
    SFコーティング技術を利用しており、ブラックがもつ固有の色味を一層引き立たせており、柔らかい触り心地で、滑ることを防止できます。
  • 便利な新機能バックパネル
    隙間には高性能マグネット式スマホ車載ホルダー【Spigen エアーヴェント】をセットする際のメタルシートを貼り付けることができます。日常とドライブシーン、それぞれの用途に合わせたケースの選択が広がります。

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
iPhone XSのすべてを守るケースです。ディスプレイも背面側、そして隅々に至るまで、ケースが保護してくれます。それに加え、用途に応じてバックパネルを使い分けることができるのもポイントです。

Spigen 耐衝撃性 ネオ・ハイブリット クリスタル

>商品の特徴

  • Military Grade(米軍軍事規格)を取得
    MIL-STD 810G-516.6規格に則り、米軍軍事規格をクリアしたと証明されました(第三者機関による試験実施)
  • ネオ・ハイブリッド クリスタル
    現代的直線美で端末のラインを生かし、シンプルさとモダンさを生かしたデザインになっています。
  • 耐久性能を向上させた保護システム
    透明TPU素材と、ポリカーボネート素材の背面パネルを組み合わせたインナーケースに、PC素材のメタリック・カラー バンパーを補充したハイブリッド・デュアルレイヤー構造によって衝撃吸収に優れています。
  • ネオ・ハイブリッド クリスタルの保護機能
    角部分をより深く設計することで、衝撃吸収と耐久性能をさらに向上させた。
  • Spigenこだわりの設計
    iPhoneのために設計し違和感なくボタン操作ができます。背面パネル下部の角に小さな穴を追加したことにより、​ケースがiPhoneに貼りつく現象を防ぎます前面と背面のフチを0.08㎜高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
iPhone XSの本体の曲線ラインを見事に捉えたケース。また、背面のフチを0.08㎜高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護してくれるという配慮は非常にユーザビリティの高さも伺えます。

Spigen 耐衝撃性 ウルトラ・ハイブリット

>商品の特徴

  • 米軍軍事規格
    MIL規格(STD 810G-516.6)規定にのっとり取得しています。(第三者機関による試験実施)
  • 2重構造のハイブリッドケース
    TPU素材のバンパーにポリカーボネート素材のクリア背面パネルを組み合わせた。
  • エアクッションテクノロジー
    ケースの各コーナー内側部分に落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術”エアクッションテクノロジー”を採用。
  • 本体の落下時に伝わる衝撃
    ケース内側の四隅にあるエアクッションで吸収するので、衝撃を最小限に抑えます。
  • 好みのカスタマイズ
    背面は質の良いポリカーボネート素材でできているため外側にはシールを貼ったり、またケースの内側には写真、切り抜きなどを入れるなど自由度の高いカスタマイズが可能です。透明度の高い仕様のため、そのままでも端末の美しさを引き立てます。
  • 液晶画面・背面を守るこだわりの設計
    前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
iPhone XSの背面側にシールを貼ったり、ケースの内側には写真などを入れたりと、自分らしいカスタマイズの応用もきくケースです。大切な家族や恋人の写真、自分のブランドシールなど貼ったりと楽しみも膨らみます。

Spigen 耐衝撃性 ネオ・ハイブリット

>商品の特徴

  • Military Grade(米軍軍事規格)を取得
    MIL-STD 810G-516.6規格に則り、米軍軍事規格をクリアしたと証明されました(第三者機関による試験実施)
  • ネオハイブリッド
    Spigen製品の代表商品として長く愛され続けているケースです。新iPhone ネオハイブリッドは、ヘリンボーンパターンの追加とバンパーの改良を行いさらにスタイリッシュになりました。
  • 保護力の高いTPU素材
    インナーケースにポリカーボネート製のバンパーを組み合わせた2重構造により衝撃性能を向上させたケースです。
  • Spigen こだわりの設計
    より効果的に衝撃を吸収するために、ケースの内側にクモの巣状の衝撃吸収加工を採用しています。前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。最も使用頻度の高いボリュームボタンと電源ボタンは精密に作られタッチ感に優れております。

>ブロガーおすすめの一言

PEITA
インナーケースとバンパーを組み合わせた二重構造になっているので、見た目も耐衝撃性も抜群なケースです。この見た目&デザインのスタイリッシュさだけでも使ってみる価値は高いです。

最後に

iPhone XS 本体 写真

ということで今回は、iPhone XSのケースを選ぶ際に、特に気になる”耐衝撃性”の高いケースを販売しているiPhone XSのケースブランド「Spigen(シュピゲン)」から厳選して8つのケースを、ガジェットブロガーである僕が厳選してご紹介しています。

あなたのiPhone XSのケース選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またお会いしましょう。

PEITA
次は、iPhone XSのケース選びに迷っているなら、こちらの記事『iPhone XS おすすめ純正ケース!シリコン,レザー,手帳型の特徴を解説! 』でAppleが公式で発売している純正のケースをご紹介しいていますので、合わせてお読み下さい。

|iPhone XS/XS Max/XRの最速予約&最速購入を考えている方は以下の各キャリアまで。
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

|iPhone XS/XS Max/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS Maxのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧

|iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

|iPhone関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。