AirPodsは防水なのか?運動時(ランニング)の汗やお風呂にも耐えるほどの性能と機能がある。

AirPods-waterproof-image

AirPodsってどのくらいの防水性能があるのか気になりませんか?

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、AirPodsを先進的に使い続けているデザインブロガーPEITAです。

今回は、AIrPodsを装着したままのランニングなどの運動時の防水性能、さらにはお風呂や洗濯してしまったらどうなる?また潜水時の防水性能はどうなのか?というところを、自分で実際に購入して毎日のように使い続けているので、AirPodsの実際の使用に際しての防水性能についてレビューをお届けします。

結論から言いますと、想像以上に驚異的な防水性能がAirPodsにはあると言えます。

AirPodsの防水性能について

AirPodsに防水機能はあるのか?

airpods

出典:PAKUTASO

公式サイトAppleを見る限り、どこにも防水防塵機能があるとは記載されていませんので、「防水機能はない」というところが公式な答えにはなります。

こちらの記事『AirPodsに関連した記事のまとめ,概要や性能,機能,使い方,音質について。』にAirPodsの性能や機能をまとめていますが、もちろん防水機能については書いていません。しかし、そうは言いつつも、AirPodsを運動の時に僕はガンガンに使っています。

AirPodsを所有している人の多くが、運動の時にも使っているのではないでしょうか?

実際に僕は、AirPodsをこちらの記事『デザインブロガー愛用!本気でおすすめするガジェット10選!』の中でもご紹介している通り、毎日のように使っています。僕のライフワークであるスケボーやランニングの際には、必ずと言っていいほどAirPodsを使っています。

AirPodsの運動やランニング時の防水性能は?

僕はこちらの記事『AirPodsレビュー!開封の儀。』でもAirPodsの購入を書いてから、ずっとランニングや運動の時に使い続けています。それは1ヶ月に15回のランニングの時間に使ったかもしれないし、1週間に7回のランニングに使ったかもしれない。

けれど、壊れることなく今も愛用してます。

音楽を視聴したりする時の音質などについてはこちらの記事『AirPodsの音質(音楽、通話)は実際どうなの?って話。』に詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

airpodsの防水性能は汗は全く問題ない?

ランニング時に、まさか「汗をかかない」わけにはいきません。ランニングで5kmも走れば、すぐに汗は滝のように流れ出します。そんな時、AirPodsに1滴たりとも汗で濡れていない!とはい言えません。現に、ランニングしながら曲をスキップする際に、汗だ濡れた指先でAirPodsをダブルタップしてますし、ランニング終了後に汗まみれになった手で、汗まみれになった耳から、汗まみれになった髪の毛をすり抜け、AirPodsを外します。

その時、AirPodsが1滴たりとも汗にさらされることはない!なんて言えません。

けれど、壊れることなく今も愛用しています。

こちらの記事『AirPodsの通話や音楽再生スキップの機能解説と設定方法。』で通話や音楽の再生に関しての機能をご紹介していますので合わせてお読み下さい。

AirPodsの防水性能はお風呂でも大丈夫か?

AirPodsは装着していることを忘れるくらい、あらゆる意味でワイヤレスを実現しています。だから、装着したままお風呂に入ることだってあります。AirPodsを装着したままお風呂に入ったらどうなるのか?それはもちろん、洗髪の時に手がAirPodsにあたり、泡と水が渦巻く浴室の床に落下することになります。

「やべ、壊れたかも?!」

という最悪な事態を想定しながら慌てて水を拭き取り、AirPodsを装着して音楽を鳴らしてみましたところ、生きてました。

だから、壊れることなく今も愛用しています。

僕のAirPodsの防水性能の評価

実際の経験から言えば、驚異的な防水性能がAirPodsにはあると思います。

実際に僕は、ランニングやスケボーといった汗を絶対にかいてしまう状況で使用していますし、お風呂でAirPodsを装着したまま洗髪をし、しかも落下させても壊れなかったんです。これらを踏まえてAppleは、AirPodsを制作する段階で「AirPodsを運動時には装着しないだろう」という想定の中で誕生させたとは考えにくいわけです。つまり、”生活防水程度の防水機能は備わっている”のではないか?という仮説を立てることができます。そうでなければ、僕のAirPodsの使い方ではすぐに壊れてしまうことになりかねません。

そんなこんなで、AirPodsには防水機能が備わっている!?という仮説のもと、色々と調べたところ。AirPodsをぶっ壊し兼ねない、AirPodsの防水性能を試している実験動画を発見しました。

AirPodsを落下、洗濯、浸水させた実験動画

実験結果

  • 顔の高さからAirPodsをケースの中にいれたまま落下させたら?
    ケースには傷がついたけど、AirPodsの動作に影響なし。
  • 3mの高さからAirPods本体を落下させたら?
    AirPodsの動作に影響なし。
  • AirPodsをズボンのポケットにいれたまま32分間洗濯したら?
    AirPodsの動作に影響なし、ケースも問題なし。
  • そしてそのまま乾燥機で乾かしたら?
    ケースから飛び出していたにも関わらず、AirPodsの動作に影響なし、ケースも問題なし。
  • 5分間、水に浸したらどうなる?
    AirPodsの動作に影響なし、ケースも問題なし。

まとめ

AirPods-image

僕の使ってきた実際の経験、そして実験動画の結果からも分かる通り、冒頭でもお伝えしましたが”想像以上に驚異的な防水性能がAirPodsにはある”ということが言えます。

AirPodsの防水性能を気にして、運動やランニングなど汗をかくシーン、もしくは多少なりとも水に濡れるシーン(土砂降りの雨)で使用したとしても、壊れてしまうという心配をするよりは、あまり神経質にならずガンガンに使っていきましょう。もちろん、故障した場合は自己責任ですが、僕はこれからもAirPodsをガンガンに使っていきます。

せっかくAirPodsを買ったんだから使わなくちゃ!先進的なテクノロジーを使って、自分の生活をより先に導きましょう。こちらの記事『Airpodsで電話/通話は使えるの?実際の使い方,音質&品質レビュー!』で電話や通話に関してのレビューもしていますので、合わせてお読み下さい。また、こちらの記事『AirPodsとBeats Xを買うならどっちがおすすめ?16項目を徹底比較!』では、AirPodsとBeats Xを徹底的に比較したり、こちらの記事『AirPodsに関連した記事のまとめ。』でまとめ記事を書いていますので参考にして下さい。

またAppleが公式のAirPodsサポートをみておきましょう。

ということで今回は、AIrPodsを装着したままのランニングなどの運動時の防水性能、さらにはお風呂や洗濯してしまったなどの潜水時の防水性能はどうなのか?というところを、こちらの記事『』で書いている通り、自分で実際に購入して毎日のように使い続けているので、AirPodsの実際の防水性能についてのレビューをお届けしました。

あなたのAirPodsを使う上で参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。またお会いしましょう。

また、お会いしましょう。

PEITA
僕にとってAirPodsは、ただ音楽を聴くためのイヤホンではなく、日常生活動作をよりスムーズにしてくれるツールです。

| AirPodsの関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AirPods-waterproof-image

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA