自分の人生を変える本。「永遠を旅する者〜ロストオデッセイ 千年の夢〜」著者 重松清さんの本で、”永遠の命”を”体験”してみよう。

「人生で経験することのないことを、体験したい」って思っているあなたに、読んでほしい本がある。

泣くぞ!泣くハメになるぞ(笑)

震えるぞ!震えることになるぞ!(笑)

いつも”俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITA(デザインブロガー@PEITA)です。

日本では、人生80年と言われていますが、この記事➡「明日って、あと何回来るんだろう?」にも書いた通り、人生には限りがあります。

人生で長い生きしたって、生きている中であらゆることに挑戦したって、どんなことを経験したって、世の中には”経験できない”ことが多く溢れています。

そのひとつが、”永遠の命”という経験です。

今回は、心温まる、そして心締め付ける、人生とは?命とは?というところで、と〜っても深い、”永遠の命”にスポットをあてた1冊の本をご紹介致します。

それは、重松清「永遠を旅する者〜ロストオデッセイ 千年の夢〜」

という、SFのファンタジー小説です。

重松清「永遠を旅する者〜ロストオデッセイ 千年の夢〜」とは?

内容紹介

『その日のまえに』『カシオペアの丘で』などの著作を通じ生きることの意味を問い続けてきた著者が、初めて「いつか、どこか」の世界を舞台に書き下ろした壮大な叙事詩です。主人公は1000年の長きに渡って生き抜いてきた不死身の戦士、カイム。戦乱の世を憤り、ときに嘆きつつ、カイムは短い命を精一杯生き抜く人々に、慈しみの目を注ぐのです。この作品には、重松清という作家が書き続けてきた生への素晴らしい賛歌が唱われています。

『ファイナルファンタジー』の生みの親・坂口博信氏がゲーム『ロストオデッセイ』のために著者に「主人公の心に眠る千年の記憶」をオファー、キャラクターデザインを担当した井上雄彦氏(『バガボンド』著者)が本書のカバー画も描き下ろしています。

Amazon商品ページより引用

読むほどに、儚さが胸を打つ

この本は、主人公である”不死身の男カイム”の千年に渡る物語。

場所や時代の全く違う31話の短編集になっています。

それぞれの話の中で描かれるまったく解釈の違う”哀しみ”が、限りある人生の素晴らしさ、そして、”儚さ”を伝えてくれます。

俺はこの本を読んで……自分では絶対に体験できない”永遠の命”を体感し、毎日の中に「深み」がつき、そして「苦味」を知りました。

鼻くそほじほじしながら読んでも、うんこぶりぶりしながら読んでも、俺の足こんな臭かったっけな…と不安になりながら読んでも、普通に読んだって、千年を生きる男の「感情描写=気持ち」を、深く深く考えることになります。

その結果、泣くこともあります。

その結果、鼻水がズルズルになります。

その結果、ティッシュを使い切ることになります。

その結果、人生に限りがあることの意味を知ります。

そして、読むほどに心を揺さぶられることになります。

気分が落ち込んでしまうこともありますんで、これには俺も困りました(笑)

でも、それ以上に得るものも大きいです。

長生きが良いことではなく、”生きている”という部分的なパズルが、いかに大切で、愛おしいものなのか、それを改めて実感することができます。

③つの必読ポイント

言い出せばきりがないほど、良いところはたくさんあるんですが、よりポイントを絞っていくと、以下の3つの必読ポイントがもっともこの本をオススメするのに最適なところだと思いますので、ご紹介しますね。

ポイント①「著者:重松清さんの異例の作品」

この小説は、遥か遠い昔に、家庭用ゲーム機でその名があまり轟かなかった?(笑)Microsoft Xbox360 (ゲームハード機)のゲームソフトとして発売された”ロストオデッセイ”というゲームタイトルとリンクされた小説です。

俺、このゲームにドハマリしました(笑)。

非常にストーリーも良かったですし、ゲームシステム自体も、往年のFFシリーズを彷彿させるようなタイムバトルシステムで、すごく良かったんですよ。

この小説は、ゲーム中で、主人公の”カイム”の知られざるサブシナリオ的な要素も持っていましたので、このゲームのストーリーと一緒に、この小説をゲーム中に読み解いていくことになっていました。

重松清さんの小説とゲームとの異例のコラボです。

つまり、ファンタジー作品でもあるので、これも重松清さんの作品の中では、珍しいカテゴリでもあります。

ポイント②「31話の短編で非常に読みやすい」

”永遠の命”という連続的な刹那を表現しつつ、1話1話完結の話なので、非常に読みやすいんです。

もちろん1話1話すごく面白いというか、どれも逸品で素晴らしい作品です。

1話1話の読み応えは相当ですよ。

特に印象深い話は、「ハンナの旅立ち」「さかのぼる民」「さらば相棒」「グレオ爺さんの話」で、俺の大のお気に入りの話です。

まずこの4つの話から読んでもいいですし、どれから読んでも、短編だから問題ありません。

1話完結なので、自分の中で、「合わないな」と思う短編は、スルーしてもまったく問題ありません。

1話1話にギュッと詰め込まれた様々な感情。

これらすべてを感じることができます。

ポイント③「永遠の命という未体験の世界を体験できる」

冒頭でも少し触れましたが、人生の中で”経験できない”ことはたくさんあります。

どれほどの科学の進歩があろうとも、”永遠の命”という経験は、人間の尊厳についても逸脱した”経験”となりますので、これを生きている上で実際に経験することは”ゼロ”に等しいですよね。

だからこそ、誰しも一度は”永遠を生きてみたい”という浪漫というか、漠然とした”夢”に、思いを馳せるものです。

この本の主人公である”カイム”が、全編通して”永遠に生きている”という背景を抱えながら、その生きる苦しさ、その素晴らしさ、その刹那を、それぞれの話の中で感情描写していきます。

それは、実際に俺たちが感じることができない感情です。

その感情というのが、まさに”永遠の命という未体験の世界”という経験を、読者に体験させてくれます。

永遠に生きるなんてそもそもできるわけがないから、体験なんて大それたこと言いすぎてますか??

それなら、”永遠の命”を体験しないままの人生を生きて下さい。

俺は、”永遠の命”というものを体験した人生となりました。

終わりに

俺は、この本が大好きです。

人生に迷っている人、一度手にとってみて下さい。

”生きる”ということはどれほどまでに切なく、儚いものなのか。

ファンタジーであり、もちろんフィクション作品です。

しかし、ファンタジーはリアリティの中から出た、人々の”夢”です。

それを体験して、人生について改めて考えるべきだと思います。

「この本で泣けたなら、あなたは感性で生きている」

「この本で泣けなかったら、あなたは理屈でいきてる」

どちらの生き方が正しいとかではなく……

ただ………

では、またお会いしましょう。

See you next.

⬇カテゴリ”ブックス”の関連記事はこちら⬇

【防犯用】【小型カメラ検知】【盗聴器カメラ発見器】 盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器 マルチディテクター (R-226) 1MHz〜6500MHz

【防犯用】【小型カメラ検知】【盗
聴器カメラ発見器】 盗聴器・…

¥12,800(税込)

・この商品は、配送希望日と時間帯をご指定可能です。・配送希望日は出荷目安(最長)の 2 – 30 日後の間でご指定ください。・最短でのお届けをご希望の場合は「指定なし」を選択してください。※沖縄・離島へのお届けの場合は配送希望日のご指定をお受けできかねます。※…

拡大画像を見る
【防犯用】【小型カメラ検知】【盗聴器カメラ発見器】 盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器 マルチディテクター (R-226) 1MHz〜6500MHz【防犯用】【小型カメラ検知】【盗聴器カメラ発見器】 盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器 マルチディテクター (R-226) 1MHz〜6500MHzをカートに入れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA